600628 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

青 天@ 記憶・進化・時間から見た人の「生き死に」について New! お久しぶりです。お元気ですか? 老犬ク…
ともちゃん@ 分かりやすい書き方 New! 佐藤さん 「言語学の嘘」を読み返してい…
ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…

Freepage List

Headline News

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

個人の記憶、集団の記憶

2017.01.01
XML
今、民族ごとの文化を比較するのに、記憶の伝達・伝承ということはあまり考慮されていない。

私が知っている中で、記憶の伝承が非常に短期的であるのは、アマゾンのピダハン族である。彼らは、自分が見聞きして知っていることと自分が知っている人が見聞きしたことを聞いたことだけを記憶としてとどめる。第三者からの「また聞き」は情報として成立しないので、ピダハンには神話が存在しない。つまり、自分が生きていることの現実だけが彼らの集団の記憶として存在し得るのだ。

これは究極の例であるが、記憶の伝達・伝承方法は、民族によって非常に異なる。これを端的に表しているのが、スタンフォード大学の研究チームが出所という次の言葉だ。

「支那にとって歴史はプロパガンダ、朝鮮にとって歴史はファンタジー、日本にとって歴史はヒストリー」

今年は、この違いを、言語と絡めてもっとわかりやすい形でまとめなければいけないと思っている。






Last updated  2017.01.01 13:14:04
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.28
時々自分でも思うが、私のとっているアプローチは「結論ありき」である。

例えば、「言語は平等でない」という結論を、このブログでは展開しているが、実はまだ、それに至る説明が十分にはできていない。実際、結論というよりインスピレーションであるのだが、とにかくこれを念頭に於いて、そこに辿りつく道を探しているのだと思う。

記憶というキーワードを見つけて、すべてをこれに絡めて説明しようとしているのだが、記憶言語学ではかなりの混乱が見られる。まず、記憶というのは、言語の分野ではまず個人に帰属するものであり、大きな意味では言語共同体に属する。しかし、これを記憶科学の枠で語ろうとすると矛盾が生まれる。記憶科学における記憶とは、一種の宇宙の摂理であって、特定の誰かに属するものではない。ところが言語の場合、記憶というのは常に個人や共同体に属するものであるのだ。

人類共通の記憶という表現もあるし、ユネスコの記憶遺産など胡散臭いものもあるが、まだまだコンセンサスを得ているものではない。特にユネスコの記憶遺産など、プロパガンダに悪用されている例が多々見られる。現在の世界では、人類共通の記憶などは存在しない。これが現実である。

それでも私が記憶に拘るのは、後、何世紀かかるか分からないが、宇宙の記憶と通じる記憶を、人類が手に入れる日が来るだろうと信じているからである。リトルバンで生まれた記憶が進化しているのは、これに達するためであり、我々が一人ひとり毎日何かをしているのは、最終的にそれにたどり着くための活動なのだ。

私が日本語と日本という国を特別視するのは、宇宙の記憶に達するのに一番近い民族ではないかと思うからである。これは、日本人が人種として元々優れているというのではない。日本人でも、育った環境でどうにでも変わる。しかし、日本人というアイデンティティーを持つ人たちの集団が、試行錯誤を繰り返しながら、ある1つの方向に進んでいるような気がするのだ。ある方向とは、人類共通の記憶、つまり宇宙の記憶である。

日本も単独でこの偉業を成し遂げることはできない。日本以外の言語民族と共に歩む道が必要である。支那や朝鮮のような反対勢力も日本を目覚めさせるためには必要なのかも知れないと思う。実際私がこれに目覚めたのはアングレーム国際漫画祭の慰安婦漫画展がきっかけである。これは作用反作用の感謝の法則にあてはまるが、日本を敵としか見ない支那人と朝鮮人が世界にはびこっているのは日本人にとって不幸だと思う。

日本は日本の記憶、支那は支那の記憶(プロパガンダ)、朝鮮は朝鮮の記憶(ファンタジー)を守ることにこれからも専念することになると思う。私は、日本の記憶が人類共通の記憶と一番近いと信じてこれからも論を展開していこうと思う。
















Last updated  2016.11.28 08:01:03
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.23
今度、タイムボカンがリメイクされるとのこと、初代タイムボカンのファンとしては喜ばしいことだ。

初代では、確かダイナモンドという鉱石を探しにタイムトラベルをするという設定だったと思うが、今回のは、我々が知っている歴史とは本当は違っていて、それを探しに行くというような設定らしい(最初に見つけた記事が見つからないのでうろ覚え)。

これを聞いて、非常にタイムリーな設定だと、うなってしまった。このブログでは、歴史というのは記憶であり、それが真実か嘘かは「歴史」という枠に於いては関係ないという主張をしている。つまり、嘘の歴史であっても、それを信じる人達が入れば、その人達の歴史として通用するということである。

昨年だったと思うが、中国が南京事件を虐殺としてユネスコの記憶遺産に登録した。登録に際し、何も有効な手を打てなかった外務省は真に無能だと思うが、記憶科学が浸透すれば、これはひっくり返るかも知れない。

中国は、ユネスコという国際機関の権威を振りかざして「ユネスコに登録されたんだから、我々の記憶は真実だ」とわめいているわけだが、記憶は結局のところ記憶でしかない。中国人が、「単に自分たちが信じる記憶を登録下に過ぎない」、そして「真実の歴史は別にある」という認識が世界に広まればいいのだ。

中国が、安門大虐殺を全く覚えていないことは世界中の人々が知るところである。中国の若い人たちはこの件に関して全く知らされていない。共産党保護の為の選択的健忘症と反日の為の妄想記憶作成と中国は本当に忙しい。

しかし、多分もうすぐ、易姓革命が起こったら、支那人による世紀の記憶操作を我々は目の当たりにするだろう。韓国人がいみじくも放った「歴史を忘れた民族に未来はない」というのは、そっくりそのままお隣に譲ってあげたほうが理にかなっている。

どちらにしろ、韓国で日本から運んだ材料を使って築かれた前方後円墳を認めることができずに、山を削ってそんな古墳ないものにしてしまう韓国人は、自ら人類の進化への参加を放棄している。

私が今後一切、朝鮮人と関わりを持たないと決めたのはこのためである。










Last updated  2016.06.24 02:43:46
コメント(68) | コメントを書く
2016.01.18

黎明期の人類が話していた言葉は、視覚言語であったという仮説に立っている。ただ、当時の人間の大部分は耳も聞こえたから、発声をコミュニケーションに利用していたのは想像に難くない。つまり、聾者が中心になって発展させてきた現代の手話とは多少性格が異なる可能性が有るが、しかし、「シーニュ」を基本とする言語としては、手話でしかなかったはずだ。

この言語社会では、聾者達は、社会から全く隔離されることはなかったと推測できる。耳は聞こえなくても、目と身体で手話を操ることができるからだ。目が見えなくても、話し言葉をほぼ普通に操ることができるのと同じことである。

これに対して当時の盲者達は、手話にアクセスすることもできず、分節化されていない声が錯綜する世界で完全に孤立していた可能性がある。目が見えないことは、生活をする上でのハンデがより大きい。現代でいえば、言葉の習得に関しては盲聾として生まれてくるのとほぼ同じ状況だろう。聴覚と触覚だけでどのように社会に溶け込んで言ったのかはわからないが、どちらにしろ簡単な道のりではなかったはずだ。

この状況が聴覚言語の発明と普及によって大きく変わる。今まで、社会から隔離されてきた盲者が言語を手に入れ、その逆に聾者が言語を失うということになる。

聾者のこの状況が劇的に変わるのは20世紀になってからである。フランスのド・レペ神父らによる手話教育がとりいれられるのが18世紀であるが、その後聾児教育は口話法におされ、一部を残して世界中から姿を消す。日本も例外ではなかった。書記フランス語ができた当時のフランス聾者の社会的地位は大きく向上したが、その後、その地位を追われることになってしまう。

歴史上では、共同体の言語の推移によって翻弄される人達がいたが、21世紀の現代、人類はそれを乗り越える知恵を獲得した。視覚や聴覚に障害があっても、人類の記憶にアクセスすることは可能であると、我々は理解した。

人類の記憶である様々な知識にアクセスできることは、人間として生まれたら保証されるべきものだろう。






Last updated  2016.01.18 16:26:18
コメント(93) | コメントを書く
2016.01.04

カンボジアに来て思うことは、この国は、クメールルージュのせいで多くの命が失われたこともあるが、同時に長年培った民族の記憶の多くを失ったということである。なぜなら、最初に虐殺の対象となったのは都市部の知識者層だったからである。教師、芸術家、医者などが、クメール文化をゼロから再スタートさせるという名目で殺された。

その中で、復活しつつある記憶もある。例えばカンボジアシルクは日本人の森本喜久男さんの尽力により、生き残った職人さんたちを集めて新たに生産を始めた。また、カンボジア舞踊は、ノロドム・ボパ・デヴィ王女殿下と数人の生き残りダンサーによって息を吹き返した。私もパリ講演を見たことがあるが、非常に美しい舞踊表現である。しかし、カンボジア映画に関しては、当時のフィルムが残っているものは少なく、ほとんどゼロからの再スタートを余儀なくされている。

実は、この国には遷都の伝統とでも呼ぶべきものがある。アンコールワットを含め多くの首都が、当時の支配者の意向で打ち捨てられ、別の場所に移動しているのだ。クメールルージュも「東洋の真珠」と呼ばれた首都プノンペンを無人の町にした。食べかけの食卓が、そのまま残されていた写真を見たことがある。やはり、歴史は繰り返すのだろうか。

今のカンボジアは、古い記憶と新しい記憶がどう融合するのかを見ることのできる実験場のようなものである。毎年、来るたびに変化を見せるカンボジア。今後どんな発展を遂げるのか楽しみだ。






Last updated  2016.01.04 13:34:48
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.14

人間の定義として、やはり記憶というキーワードが外せない。

記憶を紡ぐ者というのが、今考えている定義だ。

そして、文化と呼ばれるものは、この記憶の紡ぎ方の方法であると言える。

記憶には「正しい記憶」と「歪んだ記憶」があるが、どちらも記憶にあることには変わりはない。たとえ、嘘の記憶であっても、それを信じている限り十分通用するからである。

しかし「歪んだ記憶」には大きな落とし穴がある。なぜなら記憶をどう紡ぐかによって、未来が決まるからである。嘘の記憶を信じる者達は、人類としての真の進化からは外れることにナルだろう。

もうひとつ「他人の記憶」を拝借する場合(例えば、他国から技術移転をする場合)、この記憶が根付くか、枯れるかの分かれ目が、感謝の気持ちがあるかどうかであろう。

他人の記憶であっても、それに対して感謝する気持ちを忘れなかれば、それが社会に根付いて行くだろうが、感謝の気持ちを持てない者達の場合、折角導入しても根付かずに枯れてしまうだろう。こうなると再び「拝借」できることができなければ、それから先には進めなくなる。

今の中国と韓国を見ていると、記憶ということを蔑ろにしている人たちがいるんだなと逆に感心してしまうことさえある。

日本人としては、反面教師として学ぶことはあるだろうが、もう彼らに教えてやることはないだろう。

これから、何十年か経った時、記憶の紡ぎ方の差がどのように反映されるのか、きっと誰の目にも明らかな結果が出ると思う。その時、中国人と韓国人は何を思うのだろうか。






Last updated  2015.10.14 09:40:47
コメント(2) | コメントを書く
2015.09.27

人は生れ落ちたとき、両親が帰属する共同体に否応なしに所属することになる。それぞれの共同体には様々な歴史があり、多様な文化が受け継がれている。

どの歴史も文化も、その地域に根ざしたものである。好むと好まざるとに関らず、そこで生まれた人間たちは、その歴史や文化を受け継ぐことになる。

自分たちが誇れる歴史や文化がないといって嘘の歴史を捏造する必要はない。逆に捏造なんかしたら、必ず罰が当たる。

過去を見つめ、その反省を未来の発展に生かすことが出来れば、10年後50年後、その共同体の歴史も文化も変わっているだろう。

「歴史を忘れた民族に未来はない」、正にその通りである。






Last updated  2015.09.27 19:11:04
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.26


基本的人権という言葉が日本に普及して久しい。

これに対して、個人ではなく、人の集団に関して権利が発生するのだろうかと最近よく考える。(福沢諭吉先生の「権理」の方が私は訳語としては適切であると思う)

日本人は、集団になって行動することのメリットを十分心得ている。集団意識が過度に発揮されることもあるが、これが日本人の国民意識の根底にあると考えていいだろう。日本人の国民意識の誕生に関しては諸説あるようだが、やはり天皇の存在が大きいのは否定できない。

人は独りでは生きていけない。だから、家族や同族、地域社会なのの共通意識をもとに集団を形成する。しかし、この集団意識が「国民(ネーション)」という域にまで達する民族は世界中では少数派だといっていいだろう。

特定の地域の中で、誰かが大将になる権利を持っているのであれば、その大将に力ずくでもなろうとする個人が出てくることは当然なことである。こうなると基本的人権など論外になるのは目に見えている。

集団になって国を作ることは、今の国際社会では1つのスタンダードである。欧米の植民地支配への反省から出てきた一つの教訓ではあるが、このために国民不在の国が乱立する状況となっている。

今までの世の中は、集団が個人の生存を脅かすことがまかり通ってきた。基本的人権という考え方は、これに対して生まれたといえるだろうが、集団であることがあくまでも悪であるという考えはどこか歪んでいる。

特に日本の中では、サヨクと呼ばれる人たちが、日本という国の存続さえ危うい目に合わしても、自分たちの主張する権理を通そうとする。国がなくなってしまったら、個人の権利など無きも等しいのだが、それが全く分かっていない。

個人と集団というのは、実は切っても切れない関係にある。個人の人権だけを主張するのは、社会の歪みを助長するだけになりかねない。集団であることは権利ではないだろうが、ここに新しい個人と集団の関係を論じる必要があるように思う。

これは私が長年に渡って抱いていた基本的人権に関する疑念に対する一つの答えである。






Last updated  2015.09.27 00:41:26
コメント(0) | コメントを書く
旧約聖書のアダムとイブは、「知恵の実」を食べたとされるが、私流に言えば「記憶の実」を食べたといえる。人間は、過去を知り、過去を利用することによって、知性を身につけてきたのだ。

過去というのは、我々の意識の中だけに存在するものであり、これを捏造することはたやすい。しかもそれを日常的に行っている民族さえある。

我々が「人間らしい」進化を遂げるためには、過去を真摯に見つめることが非常に大切である。

過去に目を背ける民族に未来はない。






Last updated  2015.09.26 19:19:37
コメント(4) | コメントを書く
2015.09.19
「基本的人権」という概念があるのであれば、それに対して「集団的人権」があってもおかしくはないとふと思った。

これがここ数年ずっと抱いてきた「基本的人権」に対する違和感のようなものを解決する突破口になるのかも知れない。

少なくとも、バランスのとれた「人権」論議が必要になる時代がそこまで来ている気がする。






Last updated  2015.09.19 08:51:57
コメント(0) | コメントを書く

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.