612012 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

青 天@ Re[2]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) CLG2009さんへ コメント、ありがとうござ…
CLG2009@ Re[1]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ >>>古事記の上の巻(神…
青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…
青 天@ Re:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 文字列を目で追いかけながら、心の声で読…

Freepage List

Headline News

全6件 (6件中 1-6件目)

1

サイクル

2015.04.08
XML
カテゴリ:サイクル

「記憶」という言葉を使うと、どうしても過去のことを現在に呼び出しているというイメージなのだが、「未来の記憶」というのがあるのか考えてみた。

私のライフワークのひとつである折紙は、日本や支那、そして西ヨーロッパで脈々と受け継がれてきた芸術である。西欧では、特に布(ナプキン)を折ったものも多く伝わっている。

折紙の面白いところは、ひとつの作品が出来ると、それを他の人が複製することが可能になること。作曲家が紡いだ旋律を、演奏家が奏でるのと似ている。つまり、一度作品が出来てしまえば、それをコピーすることは容易であるということだ。私は折り方を写真で解説したものをネットで公開しているので、世界中の人が私の作品を折ってくれる。

私が始めて五角バラを考案したのが2008年である。これは川崎ローズからインスピレーションを受けていて、元々は四角の作品を五角形の紙で作ろうとしたものだ。川崎ローズが無かったら、私が五角バラを作ることもなかったかも知れないが、私がその年に五角バラを創作する事は、何年も前に既に運命として決まっていたのだろうか。川崎ローズは世界中で有名になっていたから、私が創作しなくても、五角バラを誰かが創作していたかもしれない(その場合、川崎先生ご自身の可能性大)。

毎日毎日、新しい曲、新しい歌が出てくるのと同じく、折紙の世界でも新作は毎日生まれている。最近は数学の知識を駆使した作品も多く、折紙の可能性がまだまだあることを感じさせる。創作をする折り紙作家達は、未来の記憶を手繰り寄せ、それを日々形にしているのかも知れない。






Last updated  2015.04.09 00:31:08
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.21
カテゴリ:サイクル

言語を使えることになった人間は、記憶のサイクルが見えるようになった。そして、もっともっと深い記憶のサイクルを知りたいと思うようになった。これが人間の好奇心の根源であり、科学知識への入り口である。

記憶のサイクルというのは、その名の通り「循環する周期」であり、常に流れている。生命レベルではこれを「生きている」と表現できるが、物質レベルでも「常に変化している」のである。生命体の認知レベルでは、個々体の一生の間では、常に更新されている。

サイクルということは、結果として順番が決まるということである。つまり記憶には「付加逆性」があるということになる。しかし、本当に全てが順番に起きているのかというと疑問が残る。「現在」というサイクルの差がせめぎ合う場においては、この差によってサイクルが前後する可能性が十分考えられる。そして、この差こそが記憶の進化の原動力となると考える。






Last updated  2015.01.21 10:22:19
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.20
カテゴリ:サイクル

我々の意識は基本的に記憶、つまり過去を持続的に再構築することで成立している。この点は動物の認知と同じであるのだが、人間には言語を操ることからも分かるように、記憶を進化させる能力を持っている。

我々の周りに存在する物質や生命体は、物質レベルそして生命レベルで常に記憶のサイクルが更新されることで、その存在を保っている。つまり「記憶のサイクルの更新」が「現在」を支えている。そして我々も、この「記憶のサイクルの更新」の中で存在しているわけであり、更新がなかったら文字通り「一寸先は闇」ということになる。

物質的記憶と生物的記憶の更新があることが我々の生存にとって不可欠である。つまり、我々は既に過去に生きていることになる。しかし、全ての原子や分子、全ての生命体が、「個々」の枠の中で記憶の更新をしているが、この更新のサイクルは全ての個々が同じではないだろう。「個々」であるということは、お互いに差があることを意味する。まだこの個々間の差がどのような意味を持つか分からないが、まず間違いなくこれが記憶進化の推進力になっているはずだ。

人間にも「記憶進化のメカニズム」が備わっている。人間の認知も、動物的な認知の上に成り立っているが、このメカニズムのおかげで「意識」のレベルにまで引き上げられることができる。言語を単に理解することは、受身な意識(人間の記憶)の進化であるが、人間には能動的な記憶進化を起こす力がある。これが、科学技術や社会制度の発達に結びつく。

ただ今考えているのは、このメカニズムを自分で意識して、言語という表現を通さずに発揮することができないだろうかということである。もしかしたら、これは「気功術」に通じるものがあるのかもしれない。今、これを思いついたばかりで具体的に何も分からないが、もしかしたら一種の魔法のように人間にも何らかの力が発揮できるようになるのかも知れない。

言語を操ること自体、私は魔法と同じレベルであると思っている。これを自分の意思で発揮するとき、何ができるのか、何を起こせるのか。まだ分からないことばかりである。






Last updated  2015.01.20 18:23:41
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.19
カテゴリ:サイクル

まだまだ議論の余地があると思うが「進化する記憶」の定義を「離散化サイクル」、あるいは「離散化周期」とすることにした。

記憶というと、静的な状態をイメージしがちであるが、私の考える記憶というのは、サイクル(周期)を持った動的なもので、サイクルが繰り返され維持されることが「離散的な存在」としての記憶を成立させるものである。これにより、空間と時間が維持され、記憶を保存する媒体かつ記憶を進化させる主体となる。

フランス語では「複数形」にすることも考えられるが、まだ思案中である。






Last updated  2015.01.19 18:48:27
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.15
カテゴリ:サイクル

言語の考察を続けていくと、やはりどうしても知覚と運動という認知に戻ってきてしまう。

生命というのは物質的なアイデンティティーを保持することが、まず第一であるが、認知により、自分以外の存在を知り、それに対して反応することで自らのアイデンティティーを構築する。この認知がどのようにして発生したのかを解かないと先に行けない。

記憶科学では、何かが発生する前、つまり進化が起きる前に必ず「差」がある。これは単なる「差」ではなく「サイクル」といったほうがいいかも知れない。時空間が生まれる前の「量子的揺らぎ」も「差のサイクル」と同じものであると考得ている。

認知を考えるとき、知覚が先にあって、それに反応する形で個が運動するという図式があるが、本当は「動き」が先にあって「知覚」は実は後からついてきたものであル野ではないかと考えている。

個体が動かなければ何も起きない。まず「動き」ありきで、それを条件付ける「知覚」が付随的に発生したと考える方が、すっきりする気がするからだ。

この動きであるが、体内部では細胞同士のコミュニケーションがあるが、それと対称刷る形で、外部と一種のコミュニケーションをしているのではないかと考える。細胞動詞を同じだと認識しているが、同じ様にして違いを認識しているとしたらどうだろうか。

免疫で見られるような認識と同列のものではないかと考えている。

どちらにしても、全てが記憶というキーワードで最終的には括られるだろう。

サイは投げられた。後は、私の考察が行く方向に進むだけである。






Last updated  2014.12.15 11:58:28
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.23
カテゴリ:サイクル

我々の存在を支えている太陽系が生まれたとき以前は「時空間」が生まれたと考えていた。ただ、ここで言う「時間」に関しては、何かが違うとずっと考えていた。時間を見ているのは「人間の記憶」であって、時間は存在しないからだ。

そこで「サイクル」ということに注目していた。これは太陽の周りを惑星が回っている運動が、発想の出発点になっている。例えば地球の公転と自転がなければ、昼夜や四季のサイクルはない。このサイクルがあるからこそ、地球環境が成立するのである。そしてこのサイクルがあるからこそ「時間の流れ」が記憶されることになるのだ。

このサイクルを生み出すのが「離散化原理」ではないかと考えている。そして「離散化」と「量子的」というのは、もしかしたら同じことを別々の角度から見ているだけに過ぎないのではと思い始めた。

例えば元素の中で一番単純な「水素」には、電子が1つあるとされているが、粒子としての電子が存在するのではなく、そこに原子というものがあったら説明が付くというだけなのではないか、電荷という原書の説明のために粒子であった方が都合がいいだけなのではないかということである。

つまり離散化原理によって元素が生まれるということは、サイクルとして安定するということ。サイクルが安定すると、それはそのまま空間を支える記憶となる。原子を作るサイクルは常に動いており、これが原子間の差を生み出すことで、時間的な差として現れる。

まだまだ思いつきだが、これが突破口になるかもしれない。






Last updated  2014.11.23 11:55:06
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.