598241 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…
ともちゃん@ とらわれない心 佐藤さん 『いつもの通りですが、人間を…

Freepage List

Headline News

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

言語学

2015.12.27
XML
カテゴリ:言語学
私は、「日本人のためのフランス語自習室」というブログを持っている。

最近は、ほとんど更新していないのだが、このブログを作ったのは、もともと自分がフランスに来た目的を一つ達成するためであった。

私はフランスに来た目的というと、新しいフランス語の辞書を作ること。しかし、言葉の定義から一つ一つやり直すのではなく、それぞれの言葉の関係がわかるように、使い方を網羅することであった。

たとえば、動詞と補語(いわゆる目的語)の関係であるが、その組み合わせには、傾向がある。新しい組み合わせは常に生まれているから全てを記述することはできないが、少なくとも可能性が高いものに関して、その用例を示すことで、仏文の解釈に役立てようというものだ。

この他にも、動詞の活用の基本となる「法」と「時制」に関して「日本人の感覚で理解」できるように配慮することを考えていた。

なぜ、このようなことを考えたかというと、日本人にもっとフランスのことを知ってもらいたいという気持ちがあった。例えば、フランスの図書館に行けば、多くの本が並んでいる。この一部でもいいから、日本人がアクセスできるようになれば日本人の世界も大きく変わるだろうと考えたのだ。

結局のところ、日本人には「翻訳本」という手段があり、別に外国語を一から勉強する必要などないという結論に達してしまうのだが、やはりフランス語を肌で感じたいという人には役に立つブログにはなっていると思う。

興味のある人は検索してみて欲しい。






Last updated  2015.12.27 13:13:25
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.04
カテゴリ:言語学
本題とは少し離れるが、昨年の仏アングレーム国際漫画祭から丁度一年経ったので一言。

前回のアングレーム漫画祭では、韓国政府主催(少なくとも主導、でなければ大臣を送ってはこない)の慰安婦漫画(プラスアニメ)展が催されたことは日本でも大きく報道された。私も当日会場にいたのだが、日本と韓国のマスコミでごった返していた。フランスのジャーナリストがいたかどうかは記憶にない。少なくともテレビ媒体は来ていなかったと思う。

この「捏造」漫画展に対して日本から対抗するために旗を揚げた「論破プロジェクト」に私も参加した。前日に現地入りして準備していたスタッフと違い、一日遅れでアングレームに着いたのだが、前日に「論破プロジェクト」ブースの展示物がなんの断りもなく没収(盗難ともいえる)されるという事件を初めて知った。

詳しいことは省くが、この件を通して「韓国側の歴史捏造」が日本人に広く知られることになったと思う。そして、その「嘘」には、もうつきあっていられないと感じる日本人が多くなったと感じる。

ふと思った。「言語学の嘘」が暴かれ、皆の知るところとなる日が来るのか。それとも、まだまだかかるのか。

angouleme ianfu






Last updated  2015.02.04 19:44:09
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.05
カテゴリ:言語学
このブログとは別に、実はもう1つブログを持っています。


日本人のためのフランス語自習室。。。

というタイトルで、フランス語を日本人にあった感覚で勉強できることを目的にしています。

今年は、これをもう少し進めて、何かの形で発表できればと思っています。






Last updated  2015.01.06 00:33:28
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.02
カテゴリ:言語学
最近、よく仏教について考える。最初の出会いは、苫米地英人氏の、仏教に関する動画だったと思う。動画の中でも、とても面白かったのが、宮崎哲弥氏と呉智秀氏の対談番組だった。
https://www.youtube.com/watch?v=l8J8RmbvZ1g

対談では、「梵天勧請」を「仏陀が、自分が悟った内容があまりに複雑で、玄妙なので、一般の人たちには分かりっこないと断る」ということになっている。そして仏陀は「悟りを自分だけのものにしようとしたエゴイスト」ということになるらしい。

ことの真偽はさておき、仏陀が仏像を拝んだり(自分のポスターを見て喜ぶようなもの)、経典を読んだ事(残されたものは、全て他人が書きとめたもの)はなかった、という指摘には、素直にうなずいてしまう。

ソシュールも、自分で書いたものでない本が基になっているのも、これと似ているが、ソシュールは「全てを覚ってしまった」のだろうか考えてしまう。頼まれて行った、ジュネーブ大学での一般言語学講義に、初めから理解されないことをわかった上で、それを託したのだろうか。

今となっては確認のしようもないが、私は少なくとも彼は、ひとつ先を見据えていたと思う。







Last updated  2014.11.03 03:14:44
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.28
カテゴリ:言語学
フランスには多くの科学雑誌があるが、宇宙、生命、そして人間の起源について、各誌とも競って特集を組んでいる。

今日、会社帰りに手にしたのが雑誌「Pour la science(科学のために)」では、人類の進化がテーマだったが、面白いことに化石から分析する古生物学と遺伝学、そして人類学や動物行動学の観点だけで語られ、言語学的な分析が全く抜け落ちていた。

この特集は、とにかく進化が存在していることを肯定した上で、様々なデータの分析を試みているのだが、もう言語学は必要ないと切り捨ててしまったのか。今、現在の言語学では、何の役にも立たないだろうから、無視してもあまり変わりはないと思うが、この視点はとても新鮮だった。






Last updated  2014.10.28 05:32:29
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.13
カテゴリ:言語学


このブログをつけているのは、自分の考えを整理することがやはり一番であるが、あわよくば私の考えに共感してくれる人にメッセージが届けばという期待がある。

私の考える記憶言語学は、科学界にパラダイムシフトを起こすほどのインパクトを持っていると自分では思っているのだが、どうも興味さえ持ってくれないのが悩みの種である。時々、これについて会った人と話をすることはあっても、大概「ああ、そうですか」で終わってしまう。中には、非常な興味を持ってくれる人もいるが、非常に稀である。大体は、何か今の科学認識とかに疑問を持っている人が多いから、そこでやはり呼応するのだろう。

ピダハン語を研究しているエヴェレット氏は、ピダハン語にリカージョン(再帰)が無いことを証明することで言語学者たちから大きな注目を浴びた。このため、チョムスキー派の学者たちから嫌がらせを受けているという話まである。それほど、彼の主張はインパクトがあった。彼のように注目を浴びるようになるには、一体何を証明すればいいのだろうかと思うことが良くある。

ビッグバン(少なくとも太陽系の誕生)からの記憶の進化の話をすると、あまりに話が広がってしまうので辞めたほうがいいのではと思ったこともあるが、理論を突き詰めると結局はそこにたどり着いてしまうので避けては通れない。アイデンティティーの進化は、時空間が存在・継続するところから始まるからだ。

言語学で一番問題なのは、物理や生物学のように実験が出来ないことである。既に完成した言語を話す人間という対象が存在しているからだ。人間に一番近いと思われているチンパンジーを使っての研究も、所謂動物実験ではなく、心理学的・認知科学的な実験になってしまう。

チョムスキーは、人間が言語を使うという当たり前のことと、文法という規則(物理法則にならって)があることを前提とすることで、言語活動の数値化に成功したが、これでは本当に知りたいことは最初から棚上げされてしまっていて研究のしようがない。

となると今、自分のできることは、少しでも詳しく、意識の構造を記述することになるかもしれないが、今の段階では脳細胞というハードウェアのシンクロはできないため、周りからは机上の空論としか思われないかもしれないということ。

証明をするためには、証明をする側と、それを聞く側が同じ認識に立っていることが第一前提であるが、今の段階では、それさえも出来ていない。

支離滅裂になってきたので今日はここまで。






Last updated  2014.10.13 07:13:35
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.29
カテゴリ:言語学
「奇跡」というと、普通ではないことであり、われわれの日常とは無関係のように思う人が多いかもしれない。しかし、わざわざ非日常的な奇跡を探さなくても、実はわれわれが「言語を使うこと」が、宇宙の誕生や、生命の誕生のような「奇跡」の領域に入る。

人間以外の動物が言語を持たないことから考えても、これは世界にありふれた現象出ないことは分かるが、われわれは物心ついたころから常に言語を使ってきているので、どうしてもこの「奇跡」に気づくことが難しい。

言語学をする人たちも、この奇跡の重大さに気づいていない、だから様々な誤解が生まれ、それが定説になってしまうことがある。

この奇跡を認識するには、より大きな枠組みで考える必要がある。このブログで一人でも多くの人が、言葉の奇跡の重要性に気づいてくれたらと思う。






Last updated  2014.08.29 22:22:07
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.28
カテゴリ:言語学
言語というのは、元々、人間の個体、つまり個人個人の記憶を、シーニュによって座標化し、組織化されたアイデンティティーを形成するものである。

しかし言語と言うのは、個人だけでは存続出来ない。新生児は言葉を知らないで生まれて来る。子ども達は自分たちの育つ共同体の言語を習得して「個人としてのアイデンティティー」を構築していく。ここには、もうひとつ「集団のアイデンティティー」がある。所謂「文化」と呼ばれるものであるが、それだけではない。共同体の持つ歴史、慣習、法律、娯楽全てが関わっている。

ソシュールは「パロールとラング」という表現を使った。これをそのまま使う事は出来ないが、彼は「個人のレベルと集団のレベル」とに分類できることを知っていたと見る事が出来るだろう。

言語が単なるコミュニケーションの道具ではないことは、このブログで何度も書いた。言語は、人類という種のアイデンティティーを確立するためのものというのが究極であるが、我々が日々生きていく上において言語の持つ「集団的アイデンティティー」という側面をきちんと理解する必要がある。

個人的アイデンティティーと集団的アイデンティティーを語るのは簡単な事ではない。というのは、言語同士の「差」を扱うことになるからである。

「グローバリゼーション」の流れを受けてか、「文化に優劣は無い」というスローガンを聞く事がある。我々は全て一つの人類と言う種に属するのであり「皆、平等」であることになっている。これは、数百年続いた「欧米の植民地主義」の彼ら自身の反省からくるものだと私は考えているが、記憶言語学では、欧米の言語学が避けて通ってきた「言語同士の差」を真っ向から議論する必要がある。






Last updated  2014.07.28 07:04:04
コメント(0) | コメントを書く
2013.02.21
カテゴリ:言語学

フランスには科学雑誌が多く「定期的」に言語に関する特集が組まれる事は前にも書いた。今日見つけた、Sciences Humaines(人間科学)という雑誌の2013年3月号に Le langage en 12 questions (言語に関する12の疑問)という題で特集が組まれている。

私がこの手の特集の雑誌を買って読むのは、それなりに現在の学界の流れを把握する事ができるからである。しかし、ざっと目を通してみると、もう手詰まりという感じを受ける。言語学界の中で活躍している人たちは自分たちが最先端を行っているのだと考えているのだろうが、私から見るともどかしい。完全にボタンのかけ違いをしているのに気付いていない。

記憶から言語をとらえようとする発想は微塵も見当たらない。逆にないからこそ自分が理論を確立する価値があるのだろうが、今の学界とのあまりの格差にどれだけ人が耳を傾けてくれるのか,やはり心配になる。まあそれでもいい。やるしかないのだから。

フラクタルが言語のメカニズムの解明に使えるかもしれないということ、これが私の研究の転機になると思う。そして同時に記憶物理学を誰かと一緒に構築出来たらと思う。これはまた別の投稿で詳しく書こうと思う。






Last updated  2013.02.21 09:36:33
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.11
カテゴリ:言語学

フランスには超常現象を扱う「inexploré(拓かれていない)」という雑誌がある。数年前から、臨死体験などの現在の科学では、扱わない、説明もできない現象をテーマとしている。これは、INREESという協会(今は会社組織になっていると思うが)が母体になっており、「inexploré」は、その会誌である。

私も前から注目していて、ずっと購読しているのだが、量子力学や、進化論、生命の起源など、科学的な内容も多く結構読み応えがある。しかし、何年か購読していて一つだけ抜け落ちている事がある。それが「言語」。まるで言語が、この雑誌で扱うには、「超常」現象度が足りないかのようである。

逆に「通常科学」の領域でも、科学では扱えないようである。言語学は「人間科学」の分野とはいうが、結局は、科学ではなく心理学や哲学の領域に分類されてしまう。つまり、今の状況では科学はどちらにも属せないのである。

この宙ぶらりんな状況を早く脱出出来る様にしたいと思う。






Last updated  2012.10.11 08:42:15
コメント(0) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.