599632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…
ともちゃん@ とらわれない心 佐藤さん 『いつもの通りですが、人間を…

Freepage List

Headline News

全3件 (3件中 1-3件目)

1

記憶言語学について

2017.12.02
XML
私がブログで扱っている「記憶」の一番の問題は、その定義がまだ確定していないということであるが、それは、記憶という我々が普通に使っている用語、つまり「記憶とは、何かを思い出すこと」と重なる部分はあるが、かなりかけ離れた意味で使っているということである。

一般的に記憶というと、認知行動主体(例えば、動物や人間)がいて、それが自分が過去に経験したことを思い出すことという、目的語をとる他動詞的な表現としてとらえることができる。イメージ的に言うと、犬が自分で地面の下に埋めた食べ物の場所を覚えていて、掘り返して食べるという感じである。

他にも記憶というと、歴史教育に関して「記憶を継承する」という場合がある。それに、古代の生物の化石も、宇宙からの電波も、「過去の記憶」という表現を使うことができる。私の考える記憶というものは、どちらかというとこちらのイメージに近いものである。この場合、やはり思い出すのは人間であるが、その想い出す対象(物体や現象)自体を記憶と表現することができる。

私の考える「記憶」というのは、主体が「思い出す」という行為によって自らが更新されるという、自動詞的な意味合いを持っている。動物も人間も、思い出したら、その知識を何かに利用することになるのだが、私の考える「記憶」では、この部分を別にして考えている。これは、言語活動における記憶に該当する。



私にとっては、記憶と進化はほぼ同じ意味を持っている

記憶の成立しないカオスな世界

この宇宙には、ベースとして、記憶として自立しない、つまり空間も時間も継続的に存在しないカオスな世界があるというのが、私が記憶を語る上での大前提である。

このカオスな世界の定義であるが、今の私に考えられるのは「記憶の成立しない世界」という、「記憶のある世界」という表現に対する否定形でしか思いつかない。これは、記憶として成立している世界は、我々は様々な方法を使って観察することができるが、記憶が成立しない世界では、われわれが観察できる現象は全く生じないわけで、観察によって定義することが不可能であることを受けての定義である。

記憶の生成と時空間の誕生

記憶が成立しないカオスな世界から、何がきっかけで記憶が成立する世界が生まれるかは、また別の場所で書こうと思うが、記憶が成立した時に何が起こるかをまず考えてみたい。

最初の記憶は物質的記憶である。

記憶というのは、自らを組成し、継続して存在し続ける。これは、単なる存在ではない、進化する存在である。


そして、この「記憶が成立しないカオスな世界」は、我々が住んでいる太陽系、いわば記憶の世界を内包していると考えている。



宇宙の生い立ちを語るとき、所謂ビッグバンという、宇宙の誕生があり、そこから今の宇宙になったという



このカオスな世界は、宇宙の誕生の前という


私が「ビッグバン」と言う表現を使わずに、「リトルバン」






続く






Last updated  2017.12.04 03:58:20
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.26
記憶言語学の本を書く上で、まずアウトラインをここに書こうと思います。

記憶とは何か

言語と記憶

最初の言語






Last updated  2017.11.26 09:17:09
コメント(0) | コメントを書く
私が手話について、そして聾者について語ることは、おこがましいかも知れないが、手話言語学をかじった者、そして聾者の手話による教育のための戦いに関わったものとして、何か言えることがあるかも知れないと思って、この投稿を書いている。

20世紀の霊長類の実験的研究により、現存する霊長類の種族であるチンパンジーやゴリラには、言語が使えないことがはっきりした。手話のサインを使ってコミュニケーションをすることのできる個体は観察されたが、それは、その個体が食べ物を入手するという欲求(食欲)のために手話のサインを使っただけであり、そこには文法の兆しとなる統語(シンタックス)や語形変化は認められなかった。つまり、21世紀の現時点で、言語を使うことが出来るのは、我が人類だけであるという結論がこれで導きだされたのだ。

地球上で最初に言語を使ったのが「何人」であったかは私にはわからない。ホモ・サピエンスであったのが多分有力であろうが、ホモ・サピエンス・サピエンスの元となったホモ・サピエンス・ィダルトゥ、あるいは、もしかしたらネアンデルタール人も既に言語を使っていたのかも知れない。

どの霊長類が最初の言語を使ったにせよ、それが視覚言語であったことは私には疑いのない自明のことである。これは、個体間でコミュニケーションの手段として機能するためには、先ず、お互いに同じシニフィアンを共有する必要があるのだが、聴覚言語の場合は、短期間、つまり一世代で確立するには非常に難しいと言う理由が上げられる。

同じシニフィアンを共有するということは、共通の音韻体系を確立することを意味するのだが、これを毎日の生活の場で、意識的に行っていたとは考えにくい。子音と母音の組み合わせである音声に、意味を付けることは非常に難しいことは既に常識である。これは、所謂「記号の恣意性」という形で認識されている。つまり、「わんわん」などの音を真似る以外では、意味を付加することは実質上不可能であるからである。

また、共通の音韻体系は、結果として生まれるものであって、誰かが一世代でつくりあげようとするものではない。それを行ったのがエスペラント語の実験であるが、これも既に確立している西欧語の音韻体系と語彙を利用したに過ぎない。

となると、人類の最初の言語として候補と上がってくるのが視覚言語としての手話である。






Last updated  2017.11.26 09:00:44
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.