614253 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ 今、ふと思ったのですが、…
青 天@ Re[2]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) CLG2009さんへ コメント、ありがとうござ…
CLG2009@ Re[1]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ >>>古事記の上の巻(神…
青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…

Freepage List

Headline News

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

離散性理論

2015.09.03
XML
カテゴリ:離散性理論
ディズニーランドにある「トゥモローランド」を題材にして作られた映画だ。ネタバレになるので、内容には触れないが、映画を見ていて一つ感じたことがあった。

この映画のテーマは「夢」である。夢を持っている人間というのが重要な役割を果たす。夢を持っていることで、よりよい未来を築くことが出来るという考えが貫かれている。

私も未来には興味がある。人類の記憶の進化が次に何をもたらすのかに関して非常に興味がある。しかし夢があるかと聞かれれば「否」と答えてしまうと思う。少なくとも「地球を救う」という夢は持ち合わせていない。

私を突き動かしているものは純粋な好奇心である。私が創作した折り紙のバラが世界中の人に楽しまれるのを見て、とても嬉しく思うが、それが本来の目的ではなかった。美しい作品を作ったら、それを気に入ってくれる人がたまたま多くいたというだけである。

一瞬、私はマッドサイエンティストの素養があるのではとも考えてしまう。この世が滅びても、心が痛むことなく自分の研究を続けそうな気がする。

最後に、映画を見ていて「銀河鉄道999」と「火の鳥 復活編」を思い出してしまった。やはり、日本の漫画はすごい。






Last updated  2015.09.03 15:53:58
コメント(4) | コメントを書く
2015.09.01
カテゴリ:離散性理論


お二人のインターネット番組での対談をまとめた本。内容が非常にうまく整理されている上に、補足的な説明もあり、今後の日本を作ろうとする人には必読書だと思った。

この本を読んであらためて考えさせられたのが、離散性理論の中の「進化」という考え方が、歴史観とどうクロスするかということ。

社会や国家にとって何が進歩であるかというのは、ばらばらであるのが現実である。それを一つの科学的理論の下に、統合することが可能になるのか、複数が並列することで問題がないのか、いろいろと考えている。

ただ現在離散性理論の自己同一という概念に一番当てはまるのが日本民族であり日本という国家であるということから、日本型の進化というモデルを構築することは可能かもしれない。

日本を特に見習う必要は無いかもしれないが、日本が持っている力の源が科学的に説明されると知ったら、やはり模倣をしようという国も出てくるかも知れない。






Last updated  2015.09.01 11:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.22
カテゴリ:離散性理論


脳のメカニズムを理解するのに、心理学をベースにした認知科学ではなく、離散系という考え方を利用したらと考えるようになった。

これをするには、まず「知覚刺激を運動に移すメカニズム」を理解することが必要になる。これも一つの「自己同一性維持のための離散化サイクル」であると考えているのだが、まだ具体的なイメージが湧かない。

しかし少なくとも知覚があって運動があるのではなく、運動するメカニズムが知覚刺激によって引き起こされると考えている。

これが新たなメカニズム解明の第一歩になるという確信はあるが、まだまだ道のりは長そうだ。






Last updated  2015.08.22 16:10:05
コメント(4) | コメントを書く
2015.08.12
カテゴリ:離散性理論


私は「自己同一性の進化」という結論に、言語に関する様々な疑問に対する答えを見つけようとしたことで到達した。言語学者になりたいと思っていたのだが、言語の枠をはるかに超える理論が見えてきたのである。しかし、この新しいパラダイムを誰が受け入れてくれるのか、私には今のところ全くわからない。

この世は全て「信じる」ことで成立している。教育も噂も、誰も信じなければ実効性はない。アインシュタインの相対性理論を理解している人は少ないだろうが、多くの人は、この理論があることを信じている。

何かを信じるためには、それなりの理由が必要である。何か、誰にでも分かる発明や発見をすることができれば、量子力学のように普及が進むかもしれない。

新しい言語学の本を書きたいとは常々思ってはいるが、まだまだ新しい発見があって、全体がまとまるのはもう少し先になりそうだ。






Last updated  2015.08.12 09:49:20
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.05
カテゴリ:離散性理論


日本の帰りの飛行機で、京都大学霊長類研究所のチンパンジーの取材番組を見た。チンパンジーの「アイとアユム」の研究で知られている松沢哲郎先生とは面識がある。

このブログでも何度か書いたが、霊長類学では「知能の発達の延長線上に言語がある」という見方がある。この番組は、最近のものであったが、それは変わっていなかった。

研究自体は非常に有用であると思う。ただ、それを理解できるだけの枠組みがきちんとしているかにかかっている。今のままでは、だめだろう。

しかし松沢先生は、「入れ子構造」に注目している。これを「離散化」と結びつけて考えることが出来れば、共通認識がうまれる可能性は残っている。

将来的に、松沢先生と何らかのディスカッションができたらと思っている。






Last updated  2015.08.05 08:32:04
コメント(7) | コメントを書く
2015.08.01
カテゴリ:離散性理論


以前に、記憶の進化をソフトウェアのバージョンアップに例えた投稿をした。

今日、また新しいアイデアが浮かんだので書き留めておこうと思う。

前は、物質、生命、認知、言語と4つの段階に分けていたが、それをまず大きく3つに分類する。

1、 物質の誕生(個体間の差が生まれることで、空間と時間が存在を許される)
(ア) 太陽系の誕生(時空間の形成) v1.0
(イ) 地球の誕生(生命を生み出す環境の形成) v1.5

2、 生命の誕生(自らの組成を維持し複製)
(ア) 植物の進化(自ら移動しない) v2.0
(イ) 動物の進化(刺激に対し、自ら反射し移動する) v2.5

3、 知能の誕生(過去の経験を元に、判断して選択的に行動)
(ア) 動物的認知(問題解決型) v3.0
(イ) 人間的意識(個人の記憶、集団の記憶) v3.5

とりあえず、今日はここまで。






Last updated  2015.08.01 07:17:13
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.29
カテゴリ:離散性理論
人生の意味という問いを人間が何故持つのか、わかった。

これも、記号と同じく、人間の「自発的な」記憶の呼び出しと深く関っている。

しかし、それが分かったところで、我々が人生に意味を問い続けることに変わりはないということ。

ただ、この問いによる一種の脅迫観念を和らげることは可能になるかも知れない。

今、整理中なので、もう少ししたら投稿したいと思う。








Last updated  2015.07.29 19:46:37
コメント(2) | コメントを書く
2015.07.28
カテゴリ:離散性理論


この宇宙では、光より早いものはない。
これが、物理学者の一つの「Obsession(執着)」になっている気がする。

人間は、少しでも早く、少しでも強くという志向を持っているが、この点において「光」は頂点にある存在である。人間が活動している世界においては、その中で自分の思い通りの行動が出来ることが人間の存在を誇示する上では非常に重要になる。そしてそれが出来ないとわかると、それが出来るのは「神」のみであるというすり替えが起きる。

記憶科学においては、この宇宙は「離散化」によって顕在化した記憶の座標でしかない。確かに物理的な実態はあるが、離散化の裏側にある別の世界から比べたらバーチャルな世界だということも出来る。このバーチャルな世界には、時間と空間という座標があり、これが「距離」という概念に結びつく。人間は、この距離を克服しようと試み、例えば高速で移動できる電車や飛行機といった乗り物を発明した。

また、光の速度が一定であるということは、同時に制限があるということである。人間の発想では、一種の「枷(かせ)」をはめられた様な印象を受けるが、これこそが離散系が成立するための条件の一つであったらどうだろうか。元々、距離などという概念のない世界に離散化が起きたことにより座標が生まれ、必然的に座標間の差としての距離も発生するのは「自然」なことである。

今の物理学は、「離散系物理学」ということが可能かもしれない。つまり、世界の本質は、その裏にあるということ。






Last updated  2015.07.29 01:04:33
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.26
カテゴリ:離散性理論

ネットにアップされていたNHKの番組を友人の勧めで見た。

https://www.youtube.com/watch?v=MmCCHHAbogY

主旨は、アインシュタインの相対性理論は高校生でも分かる簡単なもので、現在の我々の生活の中にも応用されている身近なものというものだった。

番組は、それなりに面白かったのだが、私の考える「離散性理論」と決定的に違うのは、時空間と物質を切り離して考えているところにある。

私は、(少なくとも)我々の住む太陽系は、離散化による顕在化(記憶という形で定着)によって生まれたと考えている(ただ、記憶の誕生の元に何があるのかという問いに関してはまだ答えが無い)。

最初の記憶誕生と同時に、原子同士や分子同士の離散的座標が、我々の住む時空間を支えていると考えている。

太陽系の周りからは、光や電波が降り注いでいるが、そこから光や電波が来ることによって、我々の住む太陽系の時空間の常識で、均質な宇宙時空間が広がっているという常識を私は疑っている。(まだそれに変わる代案は無いが)。

光年で宇宙の距離を測るということは、意味が無いとも考えている。というのは、記憶の作る世界では「差」としての「距離」が観察できるが、離散化の無い世界、離散化を裏で支えている世界では、この「差」が存在しないと考えている。つまり記憶成立以前の次元では、距離など存在しないのである。

そして、太陽系が人類の進化を通して離散化を遂げれば、他の離散化を達成した太陽系と、離散化力が働く関係になるかも知れない。そうしたら、もう距離は関係なくなってしまうだろう(ただ、こうなったときに、人類に何が起きるのか想像がつかない)。


私は別に、アインシュタインの相対性理論を否定するものではない。有益なものであることが証明されているのであれば、それはそれでいいと思う。ただ、相対性理論で全てを説明することはできないという。ならば、新しい理論が必要になるだろうという。私は、ここに注目している。






Last updated  2015.07.26 17:52:58
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.25
カテゴリ:離散性理論
日本人の宗教心を支えているものは「感謝の心」や「敬いの心」であろう。食事の前に「いただきます」という言葉が自然に出るのも、恵(めぐみ)をいただく自然、そしてそれを作ってくれた農家の方への感謝の気持ちがあるからである。フランスでも、何かをしてもらったときは「Merci !」と言いなさいと躾けられるが、食べ物に対する感謝の気持ちを表すことは教わらない(昔はあったのかも知れないが、今は見かけない)。

社会的地位の上下にかかわらず、互いに感謝の気持ちを持つことは、平等な社会を作るための第一歩である。明治維新で、士農工商という身分制度が廃止されたとき、日本人の平等意識が全国民に浸透したといえないだろうか。上下関係は社会の中では歴然として存在するが、それを超えた平等意識があったため、西洋的な直接参加の民主主義への意向もスムーズに言ったとはいえないだろうか。

「感謝する心」というのは、世界が自分独りのために回っているのではないということを理解しているからこそ持てる心である。この心を持てるということが、日本人が「記憶の離散化力」を非常に効率よく発揮できることにつながっているのではないか、また、感謝という想いが、「離散化ループ」という形で、日本人の意識の中で反芻されることが日本人の創造性につながっているのではないかと思う。

キリスト教などの「愛」を否定するつもりはないが、「愛」に見られる一種の道徳的上下関係からうまれる施しという感覚を私はどうしても拭い去ることができない。

今は「閃き」だけで、この投稿を書いているが、もう少ししたらもっと適切な説明が見つかるかも知れない。






Last updated  2015.07.26 04:28:48
コメント(0) | コメントを書く

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.