623803 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[1]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) New! みゅうさんへ 正しく分節化できるように…
みゅう@ Re:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) New! 分節化して言語を理解するというのは、た…
チェルニー@ Re:言語というのは思い出して使うもの(記憶喚起)。。。(11/06) こんにちは、時々メールを送っていた者で…

Freepage List

Headline News

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

自己同一性

2016.02.22
XML
カテゴリ:自己同一性
「自己同一性」という表現には、誤解を生む要素があることに気がついた。アイデンティティーの日本語訳であるのだが、結局のところ「全くの同一」にはならないからだ。人間の意識というのは、経験したことが直ぐに過去のこととなり、その新しい過去と、それ以前の古い過去とが融合し、記憶の更新がなされることによって意識の「ほぼ同一性」が保たれる。そして、さらに新しいことを経験し、それが即座に記憶となって意識の更新がなされるという循環がベースにある。そしてこれは、死ぬまで続く。

しかし、実際の生活上においては、自己同一性の少しの変化はあまり問題ではない。人間はそれを「成長」であると考えるからだ。しばらく会っていなかった人が全然違った人のように思えることもあるだろう。これは、その変化が「自己同一性の閾値」を越してしまったためである。こういうとき、日本語では「人が変わってしまった」と表現する。

また、あることがトラウマになってしまい、アイデンティティーの更新に支障をきたす場合、意識が分裂してしまうことがある。多重人格というのは、自分が経験したことを受け入れることが出来なくなって、自分のアイデンティティーの保護のために、別の人格を作り出すプロセスだ。

また「自己同一性」に代わる表現として、「相違相似的」という表現も考えている。違うのに似ている、これがアイデンティティーを生む記憶の更新循環を作り出す原動力になる。この循環の振動数が、物理学で扱っている振動数であれば、物理との接点も出るかも知れない。

自然界で観察されるフラクタルの場合、前の構造は物理的に残る。これが美しい模様を生み出す元となるのだが、意識の更新の場合、前の構造が上書きされてしまうことで、前の意識の構造が残らない。このため、我々は「同じ」であると錯覚してしまうのだが、意識は記憶の更新によって、その持続性を保っているのであり、常に自分は変化していることを知っている必要がある。

この変化が、人類の記憶の進化をもたらす。つまり、一人一人の意識の更新の総数が人類の意識の進化につながる。そして、この意識の更新のために使われるのが言語による記憶の「刻印」である。我々は個人個人、「刻印」された記憶の中に「意味」を見出すことによって、社会的な活動を行っている。しかし、意識の中の記憶の進化自体は人間の意志によってどうなるものではない。人間の意志があることは必要であるが、それだけでは十分であるとはいえない。

我々人類は、意識の中に「一種、勝手に進化・成長する記憶の種」をもって生まれてくるといっていいのかも知れない。






Last updated  2016.02.22 20:22:16
コメント(14) | コメントを書く
2016.01.29
カテゴリ:自己同一性

宇宙を創りだした最初の事件が、自己同一性、つまり「自己分裂再統合サイクル」であったとすると、それが現在も続いているということになるのだろう。つまり我々は離散系の中に生きている。






Last updated  2016.01.29 09:08:01
コメント(19) | コメントを書く
2015.11.17
カテゴリ:自己同一性

ともちゃんさんからいただいた宿題があまりに大きいので、まずは出来るところから始めたいと思う。

(佐藤) まず、何故「記憶」が「自己同一性」になるかということだが、時間軸上で見た場合に、過去と現在での持続性・再現性があるということからである。つまり、雨散霧消せずに「残る」ということが記憶の原点である。

これに対して、ともちゃんさんからは「時間軸」と「再現性」がわからないとの質問をいただいた。

正直なところ、あまり用語にとらわれずにとにかく思いついたままに出てきた表現を書き留めた文だったのだが、今思い返してみると「進化」という観点が抜けていた事に気がついた。

私にとっては「記憶」は「進化する」という属性をはじめから持っている。つまり進化しない記憶というものは存在しない。この進化というフィルターを通してみると「自己同一性」というのは正しい表現でないことがわかる。

「再現性」というのは「周期性」と言った方が適切である。物質の元となる原子や分子は、常に同じ状態ではない、固有の周期を持って常に変化している。我々人間のスケールから考えると「不活性(inert)」に見えるが、同じ状態を維持しているわけではない。

「自己同一性」というのは、周期的に自分が「ほぼ同じ状態」であることを確認するメカニズムでると言える。更に踏み込んで言えば、自分を更新していることになる。長い目で見て、全く同じではないということに樹店を置くのでれば、「自己相似性」と言った方がいいのかもしれない。

原子の中には、二つの状態があり、それがまるで追いかけっ子をするように代わりばんこに現れる。脱皮を繰り返すバッタの様なものをイメージすればわかりやすいかもしれない。ただしバッタは大人にはならないで、原子のままをずっと繰り返す。原子核の回りを電子が回っているのを、私流に解釈するとこうなる。

この周期というのは不可逆性であり、更新された原子は、前の原子とは厳密に言うと違う。この二つの状態を二極として軸が発生し、これが時間軸になると考える。

これが進化する記憶に関する私のイメージである。






Last updated  2015.11.17 16:04:07
コメント(4) | コメントを書く
2015.11.15
カテゴリ:自己同一性


「記憶」という用語の選択に関して、自分としてはベストであると考えているのだが、人に説明することを念頭においた場合、誤解を招く表現であることは重々承知している。

この「記憶」という概念を「自己同一性/アイデンティティー」という表現で置き換えることは、前々から考えてはいるのだが、これをもう少し進めて見たいと思う。

まず、何故「記憶」が「自己同一性」になるかということだが、時間軸上で見た場合に、過去と現在での持続性・再現性があるということからである。つまり、雨散霧消せずに「残る」ということが記憶の原点である。

人間の様に、自分の意志で好きな記憶を思い出せる様になるには、「自己同一性」は幾つかの進化の段階を経ることになる。

まず第一が、「物質的自己同一性」である。これが時空間を生む。

そして次に来るのが、「地球の自己同一性」である。これは地球が太陽の回りを公転しながら自転していることに由来する。これにより、毎日毎日朝が来、夜になる。そして一年という周期が生まれる。私は、このサイクルも「自己同一性」につながるのではないかと見ている。

その次は「生命的自己同一性」である。これは「遺伝子」による、身体の再現を指している。

さらに進化すると「認知的自己同一性」が発揮されるようになる。外界の刺激に対して、特定の反応を示すようになる。

そして今現在の段階が「意識的な自己同一性」である。これが人間の「アイデンティティー」である。過去の人間のアイデンティティーが、現在の人間のアイデンティティーへと引き継がれていく。

少々足早に見てきたのは、それぞれの段階の考察がまだ進んでいないということがある。しかし、今「自己同一性/アイデンティティー」の定義として、「記憶を更新しながら進化していくメカニズム」であるという考えに達した。






Last updated  2015.11.15 19:48:56
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.26
カテゴリ:自己同一性
ソシュール言語学のシーニュ(記号)というのは、自己同一性の離散統合メカニズムに知覚(聴覚と視覚)というパラメータが加わったものと考えることが出来る。

シーニュは、動物の認知レベルの記憶自動喚起と同じメカニズムを持っているが、ここに「自己同一性の離散統合メカニズム」が生まれ、それが聴覚と視覚と言う知覚パラメータに特化し、直線的な時間軸を最終的に手に入れる。

自己同一性というのは、認知上で離散差異を発生させることにより、時間軸上のズレとして定着させる。そしてこれが知覚の時間軸上の二極化という形で実現することで、シーニュが誕生することになる。

我々が時間の流れと認識しているものは、物理的自己同一性サイクルの連続。これに生物的自己同一性サイクル、更に(動物)認知的自己同一性サイクルに支えられているが、これを認識できるようになるには、最終的にこれら全ての自己同一性が、シーニュという形に到達することで完成する。

今の私には、これくらいの説明が精一杯。






Last updated  2015.09.26 19:36:42
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.24
カテゴリ:自己同一性
我々が住む太陽系を生んだ「リトル・バン」の引き金となったのは、自己同一性サイクルである。このサイクルが離散差異によって存在が維持される原子を作った。この原子が、自己同一性サイクルを連続させることで、常に変化を続ける物理的記憶が生まれ、それを我々は時間と空間と呼んでいる。

自己同一サイクルが次に作るのが生物的記憶である。これは遺伝子という形でコード化され、それをたんぱく質の生成という形で実現していく。この記憶の寿命は物理的記憶に比べてはるかに短い。

この次に来るのが生物の認知的記憶である。記憶の自動的な喚起を使って、環境に対して能動的に活動をしていく。この段階で、生物の認知には時間の概念はない。

そして自己同一サイクルが最終段階で人間の記憶に達する。こうして人間のみが、過去のことを自分の意思で呼び起こして考えることが出来るようになる。

自己同一サイクルというのは、離散差異を生む。離散差異とは、互いに相似であるが、同時に相違であるという常に変化し進化する離散系(システム)を作る。離散したものはサイクルの中で統合され、再び離散する。これが記憶を生む自己同一サイクルである。

人間が時間を意識するのは、昼と夜の交代、四季の移り変わりが基本なっている。これに自分の成長の歴史が加わる。自分はいつか死ぬという運命を理解する時、時間を意識することになる。

我々が時間として認識しているものは、連続する自己同一サイクルの生む、記憶の絶え間ない変化をである。自分の意識の中で過去との自己同一性を実現できることで、時間という名前を与えているだけである。






Last updated  2015.09.24 08:28:20
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.16
カテゴリ:自己同一性


記憶が、我々の運動も司っていると私は仮定している。

つまり、何かをする時は、その行動を思い出しているということ。

しかし、単に過去のことを思い出しているだけではない。思い出し、それを今の自分に統合することで、新しい自分を常に作り出している。行動も1つの自己同一のサイクルなのだ。

自分を動かすのは、記憶だけではない。想像力も大事である。想像力というのは一種の「嘘の記憶」であるが、これを上手に使うことによって自己同一性を更に高めていくことが出来る。

しかし、嘘の記憶で固めてしまうと、現実とのギャップをいずれは無視できなくなる。嘘の記憶だけでは、自己同一性の進化は望めない。






Last updated  2015.09.16 08:41:32
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.15
カテゴリ:自己同一性
言語学と経済学は、どちらも「価値を扱う学問」である。

経済が成り立つためには、社会の構成員が「働く」ことが不可欠である。

こう考えると、労働は「価値を生むための自己同一性活動」であるといえるだろう。






Last updated  2015.09.15 07:37:51
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:自己同一性


このブログで扱う自己同一性というものは、所謂アイデンティティーという静的なものではなくて、分離し統合を繰り返す動的なサイクルのことを指す。






Last updated  2015.09.15 07:34:19
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:自己同一性


最近、自分の周りで起こることを、認知と意識の違いで観察することがよくある。

同じことを見ているにしても、動物の認知では、ワーキングメモリーが続く短い間だだけ自己同一性が保たれる。これを超過してしまうと、刺激による記憶の自動喚起によってでしか過去のことと今の自分をつなぐことが出来ない。

これに対して人間は、言語を使って名前をつけて過去をパラダイム管理することにより、いつでも好きなときに思い出すことが出来る。二者のこの違いは非常に大きいし、決定的である。

記憶をもつのが人間だけであったということ。これだけでも世界に常識として浸透すれば、世界は変わるはずだ。






Last updated  2015.09.15 07:29:26
コメント(2) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.