614332 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ 今、ふと思ったのですが、…
青 天@ Re[2]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) CLG2009さんへ コメント、ありがとうござ…
CLG2009@ Re[1]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ >>>古事記の上の巻(神…
青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…

Freepage List

Headline News

全4件 (4件中 1-4件目)

1

離散系

2016.11.30
XML
カテゴリ:離散系
ここ、3,4年、折り紙のコンベンションで12月にイタリアにほぼ毎年行っている。

もともとフランス語とイタリア語は、語源とか文法とかが似ているので、ゆっくり話してくれれば、なんとなくわかることもあるのだが、最近少し本を見ながら本格的に学んでいる。

フランス語との違いは、母音の数の違いである。フランス語は、これでもかこれでもかと母音の数が多いのだが、イタリア語は極論すれば日本語の「アイウエオ」でも足りる。

多くの言語で母音の持つ離散的対立が、意味を確立するための交通整理をしているのだが、日本語の持つ離散的対立とイタリア語のそれとを比較しながら、この2つの言語特有の「離散融合更新循環」の一端が見えてくるかもしれない。

乞う、ご期待である。






Last updated  2016.11.30 01:08:44
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.10
カテゴリ:離散系
返信からの投稿です。

言語が離散系であるというのは、記憶を喚起するために必要な構造(座標)をもっていると言うことです。つまり、同一性的相似相違体を時間差で形成できると いうことです。音韻体系は、記憶の喚起のために存在していると言っても過言ではありません。これに対し、視覚言語では、人間の身体と、それが展開する空間 的な視野があることで、既に座標があるということです。しかも、目で見たものを直ぐにジェスチャーを使って再現することが可能です。これも「同一性的相似 相違体を時間差で形成できる」につながります。

ところが聴覚言語の場合、音韻体系は単語がいっぱい無いと、お互いの差異による離散系の座 標が形成されません。だから、最初の人類は、耳も聞こえていたが、まず視覚ジェスチャー言語を優先して使ったと推測できるのです。実際、聾者が二人いれ ば、それで手話ができます。ただしこの場合、その二人が人間の世界で生活をしていることが条件です。共同体に参加して生活することで、共同体で記号が使わ れていることを知ったら、それを使って手話ができるのです。

最初は、単独サインから始まりますが、直ぐにそれらを組み合わせることができます。なぜなら、そこにはシニフィエ(シニエ)があり、離散系の中では、それは組み合わせることで、融合され新しい意味に更新されるからです。こうして、シンタックスが生まれます。


1 つの単語を思い出す時、それは離散融合更新循環を経ていますが、本人にとっては、さっき使ったものと今使った物は同じと思っています。ところが、同じ単語 を何十年前に使った時のことを考えるとどうでしょう。発音も意味も少しづつ変わっていることに気づくはずです。つまり、さっきの記号と今の記号には、差が あるのですが、日常生活ではあまり気にならない。しかし、時々全く違う記号の使い方をする場面に出くわすこともあります。別の地方から来た人とか、外国人 です。






Last updated  2016.10.10 21:24:43
コメント(60) | コメントを書く
2016.06.07
カテゴリ:離散系
ともちゃんさんへ

まず、離散化というのは、まるっきり均一の状態なものの中に極が生まれ、それが差になり、この差が、存在を支える記憶となる過程を指します。この点においては、離散化には二極化という現象を伴うと考えても大筋において差し支えないと思います。

さらに、価値というのは、この二極化による差によって生まれる個性のことを指します。価値とは、必ず対になっていることから生まれる概念です。つまり二極化がその成立条件です。図式化すると、以下の通りです。

二極化 ー> 差の発生 ー> 価値という個性の発生

離散化の代表的な例を挙げると、細胞分裂です。受精卵は、卵子という均一のものに精子が融合することによって、細胞分裂が始まります。受精後はまだ1つですが、分裂することで内部に2つの細胞を持った個体になります。細胞分裂の場合、無秩序に分裂するのではなく、極を作りながら成長します。例えば、脊椎生物の場合、前後、上下、左右という3つの軸があります。これらの極によって差異化された細胞が、それぞれ違った役割を持つことになり、全体として1つの個体として完成します。

また、自然数ですが、これは数列という極によって生じた軸の上に、それぞれ2つの要素が大小という二極配置をしながら、全体的に一本に連鎖する概念です。更にゼロの概念を盛り込むと、マイナス方向にも軸は伸びていきます。動物も量の大小を判断することはできますが、それぞれの対の関係を連鎖させて一本にすることはできません。サルやカラスが数が分かるといっても、それは大小の違いの対を複数、並行処理して、行動に移しているだけと考えます。

ここで差についてですが、両極にあるものの違いになります。自然数の場合は、それぞれ隣り合った数の大小の違いなので、差であることはわかりやすいですが、細胞分裂の場合の時の、前後、上下、左右という場合、それぞれが極として成立しているため、差として認識することはしっくりこないかも知れませんが、私はこれも差であると考えます。つまり、同じ1つのものを構成しているのに、それそれが違う個性をもっているということを意味します。

細胞分裂の、前後、上下、左右という軸は、それぞれ前があるから後ろがある、上があるから下がある、右があるから左があるという論理構成です。逆に、後ろがあるから前がある、下があるから上がある、左があるから右があるということも可能です。つまり、前後、上下、左右というのは価値です。辞書を見れば分かりますが、右の反対は左、左の反対は右です。

ソシュールが、言語は差でできていると言ったのは、シニフィアンとシニフィエの両者とも、価値の持つ差によって成立しているということです。ここからは私流の解釈が入っているので、ソシュールのものと違ってきます。最近ソシュールを読み返していないので、一般言語学講義にどのように書かれているか自信がないところもあります。

シニフィエに関しては、細胞分裂で出てくる、前後、上下、左右という概念はそのまま価値になります。他にも、生物を定義しようとすると、動物か植物か、脊椎があるかどうか、四足か日本足かなど様々なカテゴリーによって分けられますが、これも二極化による価値の生成が土台にあります。

シニフィアンに関しては、聴覚言語の場合、発声した音が時間軸に沿って前後に二極化することにより、子音/母音、あるいは、母音/子音といった配列になることが基本です。ただ、二極化が起きた最初から、子音や母音という概念は必要ありません。なぜならこれは、発生学から音韻論が引きずっている概念だからです。二極化によって生じたのは、前にあるものと後ろにあるものという違いだけです。これを、声帯が震えるかどうかの個性で分類すると母音と子音というものに分類できるという事になります。

思いつくままに、離散化と価値の関係を書いてみましたが、いかがでしょうか。







Last updated  2016.06.07 10:29:07
コメント(4) | コメントを書く
2015.10.06
カテゴリ:離散系

物理的な離散系である時空間と記憶ノ離散系である言語は、観察しやすいのでイメージが湧くのだが、生物的な離散系である遺伝子に関しては、なかなか難しいとずっと考えてきた。

まず1つ言えることは、人間のゲノムのように一列になった遺伝子情報を解析するのではなく、この情報がどのように離散系を作って機能しているのかを考える必要があるということ。

そうなると多分、細胞自体の活動、つまり新陳代謝のメカニズムを理解することからになると思う。そして、植物的な細胞から動物的な細胞への移行は、動物の認知から人間の意識に至る道とパラレルになっていると考えている。

時空間も言語も、まず時間的な離散差位が生まれることで次元が生まれる。遺伝子にもこれが当てはまるのであれば、一体何が時間的な離散差位に対応するのかを追求することができる。

今は単なる思いつきだが、ここから新しい生物学が生まれるだろうと確信している。






Last updated  2015.10.06 10:16:11
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.