598735 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…
ともちゃん@ とらわれない心 佐藤さん 『いつもの通りですが、人間を…

Freepage List

Headline News

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

離散性 discret

2015.04.27
XML
カテゴリ:離散性 discret

「離散性」という概念に最初に注目したのは、言語学で「commutation」という概念に出会ったときだ。
それから、色んな思索を続けてきたのだが、多分これが一番理解去れていない概念ではないかと思う。
自分の中では、感覚的にわかっているのだが、これを言葉でどう説明すればいいのか、多分これが今の一番の課題だと思う。






Last updated  2015.04.27 05:09:37
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.24
カテゴリ:離散性 discret


この世の全てのものが離散化で成立しているということになれば、我々が「物理的に存在している」と考えているもの全てが「バーチャルなもの」であると考えざるを得なくなるだろう。

物理学者に、ここまで歩み寄ることが出来るのだろうか。






Last updated  2014.10.25 04:23:34
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.09
カテゴリ:離散性 discret


「離散化フロー」に対するフランス語訳は今のところ、「flux discretisateur / flux discretisant」の2つの候補がある。どちらにしろ、私の造語だが、意味的には微妙な違いがあり、どちらにするか、もう少し考えようと思う。

これに対し日本語では「フロー」という部分にかんして、「流れ」とか「潮流」みたいな用語を使えるかも知れない。ただ「力」というのは、今後は使わないことになるだろう。

「流れ」はあるが、まだ「離散化された記憶」という形で存在が固定されていない状態、そして一旦記憶が発生した後も、記憶の裏で常にうごめき、記憶の進化の方向性を決定付けているものが「離散化フロー」ということになる。

これを「モデル化」することは可能なのだろうか。可能だとしても、今の人類の科学的知識では無理のような気がする。となると、また何百年も時間を費やして、そこまで行く努力をしなければならないということになる。

このモデル化への方向性を、今の世界のアカデミズムに定着させること。これが私の課題だ。






Last updated  2014.10.09 21:26:16
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.15
カテゴリ:離散性 discret
日本語でもフランス語でも、数学者()と言語学者以外にはほとんど馴染みのない「discret/離散性」という概念に注目するようになってから大分経つ。

自然数や音素の間の換入(コミュタシオン)の記述のために必要である概念なのであるが、今はこれ事態が何かの「力」のような気もしてきた。

しかし物理学で考えられているような「力」とは違うだろう。しかしこれを「宇宙の摂理」とかで片付けてしまうのも、あまりに短絡過ぎる気がする。

離散性を考えることは、科学と哲学の境界線をなくすことにつながるだろうことは予想がつく。しかし、それをどのように行うか、これはわれわれにかかっている。






Last updated  2014.07.15 15:48:50
コメント(0) | コメントを書く
2013.02.18
カテゴリ:離散性 discret
最近になって、フラクタルが離散性の数学的根拠になるのではないかということが分かった。まだ、これから少しずつかためて行かなくてはならないが、まず間違いないだろう。







Last updated  2013.02.18 18:49:12
コメント(2) | コメントを書く
2012.08.01
カテゴリ:離散性 discret
新しい言語学理論を構築する上で、まず始めにしなければいけないのは、離散性の正しい説明である。

言語現象として観察される離散性は、音声言語の音素の離散性であろう。ところが、この離散性は全く間違った理解をなされている。本来なら、音素の離散性は、隣接する子音と母音との間にまず観察されるものであるが、音声学の(一種の)延長線上に位置している音韻論では、子音と母音という2つのカテゴリーは、始めから存在するものであり、この2つがどうやって生まれたかに関する考察は無い。強いて言えば「発声器官を使って音声を出す」のであるから、子音と母音に分離するのが当たり前という考え方である。(音素が存在しないと、音声学も存在しない。こうなってしまうと、タマゴが先か、鶏が先かの議論である。)

隣接する子音と母音との間の離散性は、日本語を使う人にとってはかなり身近な現象である。というのも日本語話者が、音素に分離する事をせずに「拍(モーラ)」という単位で、自分たちの行う言語現象を見ているからである。これは簡単に言ってしまうと仮名表記のことである。日本語の「か」は、音韻論的に考えれば「ka」と2つの音素(子音と母音)によって構成されているが、日本人の耳には「1つの音」としか聞こえない。これは、表記文字であるカナを習ったからという考えもできるが、歴史的に漢字からカナを発明する過程において、自然にそうなったとも考えられるから日本語話者の耳にマッチする単位だと考えられる。

これについて、私には小さい頃の面白い記憶がある。(このブログでも前に書いた事があると思うが)「あ」は、長く発音しても変わらず「あ」であるのに、「か」は、長く発音すると「か」でなくなり「あ」になってしまうし、「か」の最初の部分(子音)だけを発音しようとすると息が続かない。「か」を長く発音することができないのが、どうしても不思議だった。

これに関する答えが大人になって大分経ってから出た。これは人間の耳(聴覚的認知)が、聞いた音を時間軸上に二極化することにより、認知単位を「始めと、終わりに分離し」結果として「子音>母音」という連続した2つの座標として認識出来るからなのである。

音素の離散性に言及している言語学本はあまりないのだが、これについて書いてあるものを見ると、子音同士、しかも「k」と「g」のような「清音」と「濁音」の違いについて書いてある。つまり、フランス語の / p / と / b / の違いで、どう発音しても人間の耳には「pierre(石)」と「bière(ビール)」のどちらかに聞こえるということである。

聴覚上の離散性は、ある意味分かりやすいのだが、視覚上の離散性の理解は、少々難解である。これは、聴覚が時間軸上の二極化という形で実現するのに対して、視覚の場合、時間軸の二極化が起きる前に既に、視覚的な3次元の世界が存在しているからである。例えば、自分の視野の中に手話話者が立っている所を想像してほしい。その人は、正面を向いて、腕を体の横につけて、静止して立っている。彼/彼女から言語的情報はこの状態では発信されていない(ただ、彼/彼女が、そこに立っている事によって、一種の自己主張をしているとは言える。自己紹介にはならないが、自分の顔、体、服や服飾品を見せる事で、自身に関する情報を発信している)。この状態でも時間は経っていくが、静止画であることに違いはない。視野の中の手話話者の体は、高さ x 幅 x 奥行きという3つの軸のある空間にいる。しかし手話の場合、実はこれだけではない。手話の肉体、つまり、胴体、腕、手、指、足、首、頭、目、鼻、耳、口、歯が、座標として機能するのである。

しかも、これらの体の部位は、でたらめについている訳ではない、受精から始まる細胞分裂(今、私はこれを「細胞離散」と呼ぶ)を経て、頭と尻の軸(2足歩行の人間の場合は、頭と足)、背と腹の軸、体の中心から側面方向への2軸(人間の場合、左右の2軸)の計4本の軸の上に展開している。男女というパラメータは、大きく影響はしない。年齢に関しても、あまり幼い場合に指の動きを完全にマスターしていない場合を除けば、無視出来る要素である。同じ人間であり、大きな身体的障害がなければ(あった場合でも、手話の場合、かなり克服は可能、体をひねって話す場合、片手だけで話す人は実際にいる)、この4軸上に展開する体の部位を共有している。話し手と話相手の両方で、それが共有される事で、ジェスチャーの動きと視覚的認識の両方とシンクロナイズが可能になるのである。

さて、最初の話者が「正面を向いて、腕を体の横につけて、静止して立っている」状態に戻ろう。ここで話者は自分の体(主に、腕と手と顔の表情)を使って、無限の「形」を作る事ができる。といっても、あくまで「静止画」でである。つまり時間の流れという要素はまだ入って来ない。音声言語の場合、時間の流れと言う要素が存在する事によって、初めて音韻システムを構成する座標(シニフィアン)が生まれるのに対し、手話言語の場合、時間の流れを、視覚的に時間軸上に二極化する事により「サイン」という形で概念を言語化(シーニュ化)することは変わらないが、この二極化によらない座標が既に存在しているのが大きな違いである。そしてこの座標は、音声言語では単なる「形(いわゆるシニフィアン)」を「識別」するのにとどまるのに対して、「意味(シニフィエ)」にまで及ぶ。

これは手話言語を非常に図像的な言語にするという利点を持っている。話者が自分の体を使って、世界の事象を「真似する」ことによって、より簡単に概念を対話者に伝える事が可能になる。標準サインという形で、話者と対話者の間で共有されていなくても構わない。「こんな様なもの」と、話者が身振り手振りで表現する事も、対話者は自分の住んでいる世界と経験と引き合わせて「理解」することができる(架空の事でも、当然可能)。これが、手話話者同士のコミュニケーションが、違う手話を話す場合でも、音声言語の場合と比べて「極端に」早い事を証明している。手話話者の人たちが、手話を話す人たちとの出会いを求めて世界中を旅する時に、ストレスが少ないというのはよくわかる。手話を使う人であれば、共通点を見つけて、あっという間にコミュニケーションが可能になるのである。

まだ全てを記述出来た訳ではないが、これでかなりの事は表現できたと思う。これを、足がかりにしてまた更に進めたいと思う。







Last updated  2012.08.02 04:05:59
コメント(3) | コメントを書く
2012.03.19
カテゴリ:離散性 discret
最近、いろんな事が頭の中を駆け巡っている。中々考えがまとまらないが、一つ一つ書いていこうと思う。

言語の le discret (離散性)であるが、現在の言語学では(実際は、ほぼ無視されているが)この属性は「言語」という研究対象のものであるとされている。つまり離散性が言語現象に見られると考えられている。もともと言語は人間が使う「道具」の一つと考えられているが、道具という発想がある限り、離散性は言語のものという考えから抜け出せないだろう。

私がこのブログで提案しているのは、人間の認知のプロセスに離散性が重要(必須)な役割を果たしているという事である。視覚あるいは聴覚情報から離散化プロセスを通して、シーニュ(記号)が得られると考える。音声言語の場合、音素はこのプロセスを通さないと得られない。手話言語の場合は、音素のような分節化はないが、各種サインは離散化によって初めて入手される。サインを使わなくてもシニフィエを連想させることに成功すれば、マイムの様なジェスチャーもサインと同様に離散化していると考えられる。

つまり、人間の認知のプロセスをもう一度洗い直す必要があるのである。離散化プロセスが解明されれば、コンピュータ革命が起きるかもしれない。機械が本当にモノを考える時代が来るのかもしれない。






Last updated  2012.03.19 09:44:25
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.13
カテゴリ:離散性 discret
テレビでアルツハイマー病の治療薬の可能性がマウスの実験で得られたと報道があった。ある種の物質の蓄積が記憶を破壊する事で病気が進行するらしいが、その物質を蓄積させないらしい。人間は記憶でできている。将来の実用化を願うばかりである。

このブログで「記憶」について何度か言及しているが、ここで言う「記憶」は、人間活動の記憶とは少し概念が違う。存在自体を支える記憶である。既に絶滅している恐竜の存在を今知る事ができるのは、恐竜の骨が化石という記憶となって残っているからである。化石は物質という記憶の媒体によって支えられている。だから物質の誕生でもあるビッグバンまで遡る必要がある。

この世界のベースには「記憶のない状態」がある。カオスと呼ばれるものかもしれない。宇宙はこの状態から生まれる。しかしこの状態は「何も無い状態」ではなく、単に「記憶の生まれない状態」である。そして、この世界には「離散化力 (la force discretisatrice) 」が充満している。しかしこれだけでは記憶は生まれない。これが螺旋運動を伴って極を持った構造に発展する時に記憶は生まれる。原子構造はまさにこの極をもった構造物である。

ビッグバンは宇宙の記憶の進化の出発点になる。こうして宇宙、太陽系、地球が生まれ、その上で生命が生まれ、種が栄え、人類の発生にいたる。人類を人類たらしめている「言語」の起源も、宇宙の進化の一環なのである。

言語の本当のメカニズムを理解する為には、記憶という概念を再考する必要がある。そしてその裏にあるのが離散性(le discret)である。これを一貫してどう説明出来るか。これが課題である。








Last updated  2012.02.13 08:56:20
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.08
カテゴリ:離散性 discret
le discret(離散性)が言語に存在する事は広く知られている。少なくとも言語学をかじった人なら聞いた事があるはずだ。しかし、これが言語成立においてどのような役割を果たすのかを考えた事があるだろうか。

離散性は、音声を使う言語において、シニフィアンを一線上に展開する「座標」として成立させるために不可欠である。音素の観察から離散性を導きだすのとは逆の手法である。初めに離散性ありきである。

しかし離散性はこれだけに限らない。シーニュ(記号)のもう1つの面であるシニフィエの成立もこれに支えられている。物理的裏付けのあるシニフィアンと比べて、シニフィエは所謂「意味」の世界であり定義が難しいようであるが、私はそうは考えない。しかしこれを説明するのが難しい。私の頭の中では、かなりの部分でイメージが出来上がっているのだが、これは様々な仮定が複合的に絡み合って成立している。どの1つが抜けても理解は出来ない。

シニフィエと離散性の関係をもう少し論じてみる必要があるかもしれない。この2つが何故きりはなせない双子のようなものだということを分かってもらう為には。









Last updated  2012.02.08 10:25:50
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.20
カテゴリ:離散性 discret
言語学では discret という現象が存在することは知られている。しかし、一体何が discret なのであろうか。

一般的には「音素」が discret であるという事になっている。しかし、連続しているはずの「音」を discret な「音素」に「分節化」しているのは、我々人間の耳である。

耳であるのは、音声言語であるからであり、手話であれば「サイン」を1つ1つ分節化しているのは人間の目であると言える。つまり人間の認知単位が discret であると考えた方が、モデルとしてすっきりするはずである。

ここで「二極化した認知単位」という仮定が出て来る。そして聴覚か視覚かのどちらかに「特化」することで言語として発達を遂げるのである。聴覚の場合、一次元の物理的な音が「二極化した認知単位」に乗る事によって、逆方向の軸が生まれ、前後に伸びる単位になる。前後が生まれることで「別の認知単位」との比較が可能になり、これがもう1つの両方向に伸びる軸を形成する。こうして音声は、座標上に展開する音素の集合体として認知されるのである。

手話の場合、視覚による情報量の多さが大きな利点となっている。しかも人間の体のもつ3つの軸(頭と足、腹と背、左右)があることで、チンパンジーにも認識、表現可能なサインが初めから存在している。しかも視覚的な「意味」を盛り込む事ができる。例えば「食べる」というサインは、何かを口に持っていく動作で通じる。一般的に言われる「サインの恣意性」は、実は間違っている。ソシュールの苦し紛れの命名だった arbitraire であるが、選んだ用語が悪かった。(これはまた後から投稿しようと思う。)

現在の音韻論は、発声が言語のよりどころであるという神話にのっかっている。このせいで音声学からの伝統を払拭できずにいる。音韻論の基本である「子音/母音」という対立も「二極化した認知単位」によって初めて生じるのである。何が言語を成立させるのか、これをきちんと順序だてて考えれば、もっと人間が、もっと言語の本当の姿が見えて来る。







Last updated  2012.01.21 02:45:59
コメント(0) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.