613527 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) New! 青 天さんへ 今、ふと思ったのですが、…
青 天@ Re[2]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) CLG2009さんへ コメント、ありがとうござ…
CLG2009@ Re[1]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ >>>古事記の上の巻(神…
青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…

Freepage List

Headline News

全3件 (3件中 1-3件目)

1

宇宙離散化論

2016.12.31
XML
カテゴリ:宇宙離散化論
ユーチューブで、銀河系の全貌を見たという番組を見た。

https://www.youtube.com/watch?v=jiUd5L4EQqQ


太陽系は、移動しながら銀河系のスパイラルアームの中を通過するたびに、地球上で氷河期が起きているという内容であった(半分寝ながら見ていたの再度見る予定)。

ここでは、まず銀河系があって、その中に太陽系があるという設定になっているのだが、これを記憶科学で説明するとどうなるのであるかと考えてしまった。

特に「太陽系がスパイラルアームを通過する」という表現が気になったからだ。まるで洗濯機の渦の中に何かを落としたみたいな表現だからだ。記憶科学においてすべての運動の源は「離散融合更新循環」である。どんなに小さなものも、どんなに大きなものも、このメカニズムによって持続することができる記憶として存在する。

となると、単に太陽系がスパイラルアームに突入したから何かが変わるという表現はできなくなるはずである。

この学説自体もかなり若いようなので、今後の展開が期待されるが、記憶科学の視点というのは、現在のすべての学説に対していちゃもんを付けるものになってしまうようである。






Last updated  2016.12.31 19:42:40
コメント(9) | コメントを書く
2016.10.06
カテゴリ:宇宙離散化論
美しい螺旋を描く銀河。

しかし、その端から端まで行き来しようとしたら、宇宙最速の光でも、何千何万光年という途方もない時間がかかる。

それなのに、螺旋という図形が描けているのは何故なのかずっと考えている。

このブログで今話題になっている「二次元のコミュニケーション」が銀河を作っているのだとしたら、光の速さなど全く関係なく、物質のレベルでは、すべてがほぼ同時に連動している可能性が高い。

というか、それこそが離散系なのであるから当たり前と言ってしまえば、そのとおりである。






Last updated  2016.10.06 08:59:14
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.26
カテゴリ:宇宙離散化論


人類の進化のシナリオは、「木から降りた類人猿は手が自由になった、だからそれが脳の発達を促して人間に進化したのだ」という類のものが多い。

これは、ダーウィンの命名した「進化論」の流れを組んでいるからである。環境が進化の原動力になり、それに自然淘汰が加わり大きな進化のうねりになるという考え方である。

ダーウィンの進化論で1つ大きく欠如している部分がある。それは進化の方向性が示されていないということである。生命自体が物質から生まれた意味を語らないのはまだしも、下等な生命体から人間にまで至った進化を貫くベクトルに関して全く沈黙しているのである。

こうなると人類の進化論は「状況証拠」が鍵になる。つまり古い人類の化石を調べていくとアフリカのジャングルから出発したことになるから、その移動の流れそって人類が進化したというシナリオが生まれる。簡単に言ってしまえば、木から降りた猿が人間になったということなのである。

宇宙離散化論では、生物の進化も「記憶の離散化」の一過程に過ぎない。単に下等生命体から、高等生命体に「複雑化」したのではなく、自己認識性を高めることでアイデンティティーのレベルが高次元化していると考える。記憶とは自分を知ることである。自分を知りたいと思った欲求がこの世の誕生の原動力なのである。

ダーウィンの進化論は、状況証拠をまとめたという点では我々に様々な考察を与えてくれたが、あまりに状況証拠がもっともらしく見えることで本質を完全に見失っているのではないか。私にはそう思えてしょうがない。

猿が木から降りたのではない。単に人間になったから、新しい地平を求めて探求のために自分の意志で木から降りたのだ。この視点を変えることでダーウィンの進化論にも新風を吹き込むことが可能になるかもしれない。







Last updated  2016.01.26 11:06:12
コメント(54) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.