611685 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

青 天@ Re[2]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) CLG2009さんへ コメント、ありがとうござ…
CLG2009@ Re[1]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ >>>古事記の上の巻(神…
青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…
青 天@ Re:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 文字列を目で追いかけながら、心の声で読…

Freepage List

Headline News

全7件 (7件中 1-7件目)

1

二人称の言語学

2016.09.08
XML
カテゴリ:二人称の言語学
fractalemodeさんへの回答の部分をここに抜粋しておきます。


>人間の視点を消した視点としましたが、これでは何のことか分からないので、記憶の視点としてみるという経緯がありました。

まず、人間は意識の中に「離散融合更新循環」を行う「記号」を持った認知をする動物です。ここでいう「人間の視点」というのは、こういう特殊な認知構造(意識)を持った動物が、記号を使って言語を操り、言語によって生まれる離散系である文明の中で生きていきます。科学もその文明の一部です。

ここには2つの主体が存在します。記憶の進化の一つの媒体である「記号」と、人間という動物の視点です。言語活動は、2つの視点が一致したところで展開します。そして、この活動により、まず離散系としてのラングが生まれ、同時に科学や文化も大きな離散系の枠として進化していきます。

私が人間の視点を捨てる前に、まず言語活動、そして科学を含めた知識体系を生み出しているのは、この2つの視点の一致にあることを認識することが重要です。ここから、人間の視点を捨てることで、「離散融合更新循環」を起こす「記号」のもつ視点が残ります。記号自体が、どのように進化しているかを十分に理解できたら、これを物質レベル、そして生物レベルにも応用できるはずだというのが私の考えです。

ここでいう「記号」は、記憶が進化したものですから、最終的に、物質の記憶、生命の記憶を解明することにつながるということです。






Last updated  2016.09.08 00:15:27
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.16
カテゴリ:二人称の言語学
二人称というをどう表現するかであるが、非二元性(Non-duality)を使ったらどうかと思いついた。

ただ、この場合、単純に二人称とはできない。非二元的なのだから、一/二人称となるだろう。一人称と二人称が、相互変換できるということになる。

ということは、離散性と非二元性というのは、結局は同じことだということになるのだろうか。

離散性は、数学と言語学からの応用であり、非二元性は、宗教やスピリチュアルの世界でよく使われる概念である。この二つの概念が融合するとしたら、何か新しい視点が生まれるのかも知れない。

少なくとも記憶科学では、今後使っていこうと思っている。






Last updated  2016.07.16 08:16:54
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.10
カテゴリ:二人称の言語学
David Chalmers 氏の講演に関することの続き。。。

彼は、科学は客観的だが、意識は主観的であり、元々科学は客観的なものであるから、意識を科学することはできないという人もいると言っている。

彼自身は、こういう見方に反して、なんとか意識を科学しようとしているのだが、主観/客観という二元論に囚われている限り、多分無理だろう。

彼に絶対的に足りないものは、言語のメカニズムの理解だ。今現在、言語の本質を理解している言語学者は世界にいないので無理もないことであるが、彼の講演を見ても、言語学に関する言及は皆無だ。他の、インタビューや議論の動画を見たりすると言語に関する発言もあるが、言語=コミュニケーションの道具である、という典型的な見方をそのまま踏襲している。

このブログでは「二人称の科学」を提唱しているが、これは主観的/客観的という二元論の裏に、二人称という存在が隠されているということを意味する。

つまり、三人称に行き着く前には、(一人称/二人称)という、互いに視点を交換できるという関係があり、これを拡大すると[(一人称/二人称)/三人称]という関係になるのだが、二元論に収めることが好きな人間は、この関係式から二人称を消去して、(一人称/三人称)という単純化した図式を作ってしまう。

二人称というのは「互いに視点を交換できるという関係」である。話し手と話し相手の関係では、自分と相手という関係が常に逆転する可能性を持っている。そして、自分が相手のように考えることができる。いわゆる「人の立場に立って考える」というやつだ。

これを言葉で表現しようとするとどうなるのかだが、今考えているのは、Inter-subjectivity(インター主観的)だ。ただうまい日本語訳が見つからない。

二人称は一人称と比べて、自分ではないものであり、一種「非主観的」と言えなくもないが、これも何か違う気がする。

今日はとにかく思いついたので投稿してみた。










Last updated  2016.07.19 23:38:38
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:二人称の言語学
David Chalmers氏の講演の動画を何度も見ているのだが、色々と面白い指摘をしている。

その中の1つが、意識というのは主観的な経験で、科学というのは客観的なものである、というのがある。これは別に彼が新しく言い出したことではないと思うが、今の私に言わせてみれば、実はどちらも人間の言語活動に直結しているのであり、何の違いはないということだ。

客観的に見える科学も、今まで何度も歴史上の転換点、つまりパラダイムシフトを経験している。つまり科学的事実などは存在しない。人間の見方が変われば科学も変わる。ソシュールも言っている、「我々の見方が、研究対象を定義する」と。

彼の一番の問題は、言語学的なアプローチが抜けていることだろうが、それを今の言語学者が果たすことができると言ったら不可能である。そうなると私の出番かも知れないが、まだ分からない。

月曜日に、もう一人の友人と会うので、その時にもう一度深く議論して、Charlmers氏への手紙を感性させたいと思っている。






Last updated  2016.07.19 23:37:12
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.28
カテゴリ:二人称の言語学
先週購入したフランスの科学雑誌「La recherche」の「知性特集号」に、ベルギー人科学者のLuc Steels 氏のインタビュー記事があった。彼のことは全く知らなかったのだが、彼のビデオをユーチューブで探して色々と見てみた。

彼の言語の定義時自体は、コミュニケーションが言語の機能であるという伝統的な言語学者のものと同じであるのだが、ロボット同士の知覚と運動を通して、言語の発生を促すという手法はかなり面白い。その中でも、概念の発生について言及している点とロボット同士が共通の認識の場を作り出していると考える点は興味深い。

私は常々、言語はコミュニケーションの道具ではあるが、それはあくまでも副次的なものであると主張してきた。コミュニケーションが成立するためには、同じ意味が生成される場が互いに共有される必要があるのであり、その場(あるいは座標系)の形成が必須条件であるからだ。

コミュニケーションをする主体は人間であるが、この場を形成するのも人間である。この場には、意味や概念といったものが「乗る」ことになる。そしてこの乗り物というのがソシュールの言う「シーニュ/記号」であり、それを支えているのが「離散的なアイデンティティー」、つまり「二人称の関係」である。

ここでいう「二人称の関係」というのは、単なる人間関係の自己と他己ではない。人間の意識という完結した世界の中の「シーニュ」同士の離散的関係という形で現れる。「シーニュ」同士は二人称の関係であるのだが、一旦、シニフィアンという知覚的記憶(視覚/聴覚)という形を得ると、それは「三人称」になる。そしてあたかも、この世に物理的に存在するものを象徴するものであるように我々の目に映るのである。

「離散的関係」というのは「二極的関係」と言い換えることができる。これにより、上下左右など物理的な価値観だけでなく、善悪とか美醜といった抽象的な価値観をもった概念が固定することになる。

動物のレベルでも物理的な時空間と生物的な身体の座標系を共有することによって、運動の座標系を作ることが可能になる。実際、人間も動物として空間認知を制御できるようになることが、言語を使う上での必要条件である。なぜなら、運動をする(述語的動作)という衝動が、意識の中でシーニュ同士の二人称的/離散的関係の成立を促し、それが高じて人間のアイデンティティーにつながっているからである。Luc Steels 氏のロボットの実験で、「参加する」ロボットは2体とも全く同じ形をしているのは、物理的・認知的座標系を共有するためである。

彼の実験では、まだまだ動物の認知レベルでを出てはいないが、概念の萌芽の誕生を促すという目的は、言語の本質に1つ近づいていると思う。人間の意識は、認知活動から進化したわけであり、その部分を抜きにしては語れない。今後も、この部分をもう少し考察していきたいと思う。















Last updated  2016.06.30 00:09:48
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.01
カテゴリ:二人称の言語学
「吾輩は猫である。名前はまだない。」というのは夏目漱石の小説の有名な書き出しだが、「動物は名前がなく生きていく」ことを、あなたは想像ができるだろうか。

ペットの場合は飼い主のつけた名前がある。そして、その呼び名に反応することもある。しかし、それはペットが「聞き慣れた音」に反応しているだけであり、名前を知っていることにはならない。

名前があることを知らないということは、そのまま「アイデンティティー」がないことを示す。しかし、どんな猫にも、生まれて生きた経験の蓄積「パーソナル(あるいはインディヴジュアル)ヒストリー」がある。これは猫の個性として現れる。

これは、個体としての生物的一貫性が支えになっている。生まれてからずっと、身体を形成している物質は置換されているとしても、遺伝子によって形成された生物的アイデンティティーは一貫しているということである。物質が安定していないと生命も存続できない点を考えると、当然物質的アイデンティティーもこれに大きく関与しているといえる。

人間にも、猫のような「動物的な個性」がある。同じ言語を話す人たちの「国民性」は確かにあるが、一人一人は違っている。しかし、他の種の動物と決定的に違うのは「進化するアイデンティティー」を持っているということである。そして、この人間特有なアイデンティティーは、言語を通して他の人間と共有される。これにより、時間を越えたアイデンティティーというものが成立可能になり、人類の「歴史」が生まれる。

こうして考えると、言語というのは「進化するアイデンティティーの世代間のバトンタッチのための道具」であると呼ぶことが出来るはずだ。こうすることで「コミュニケーションの道具」という面も十分カバーできる。

余談だが、今は「記憶」という表現を意識的に引っ込める必要があるかも知れない。「記憶」という言葉の持つ日常的な意味のインパクトが強すぎるのからだ。しばらくは「アイデンティティー」という英語のカタカナ表記で日本人に対し「シニフィエ」を明確に出さないほうがいいかもしれない。






Last updated  2016.03.01 09:31:28
コメント(20) | コメントを書く
2016.02.27
カテゴリ:二人称の言語学

前の投稿からずっと考えているのだが、最初から人間の視点と記憶の視点という二重の視点で言語を論じることを読者に打ち明けてしまったらどうだろうかと考えた。

自分にとっては2つの視点の混在は全く自然なことなのだが、他の人にとっては理解が難しいらしい。私も別に精神が錯乱しているわけではなく、ただ時と場合によって、二つの視点を使い分けているだけである。

ということは、私が「記憶」の視点に立って論じている時と、「人間」つまり「話者」の視点に立って論じている場合を、きちんと分けて説明ができれば、それだけ理解が早まるかも知れない。 ソシュールはそれを多分「ラングとパロール」そして「通時態と共時態」という形で分けようとしたのだろう。しかし彼の理論には「記憶の視点」はなかった。

ということは、私が構築しようとしている理論は、一種「記憶の擬人化」を伴うかも知れない。記憶が進化という1つの方向性を持っていることから考えると、そうでないと否定もできないが、少なくとも人間の考えるような「意志」はない。ただ、人間の希望や欲望を利用して、進化の力にしているのはそのとおりである。持ちつ持たれつの関係なのだろうか。

我々の活動は、全て自分が決めているわけではない。外部から決められるものを受け入れることで自分の活動が成立している。しかし、自分の活動が、周りの環境を変えていくという側面も当然持っている。 これが人間の活動の原動力である。過去を固めようとするか、未来を拓こうとするかの違いは大きい。私は未来派である。

どうやら私はずっと「二人称の言語学」をしてきたのかも知れない。自分が何をしているかが認識できれば、それをどう他人に説明するか、より明確になるだろう。まだまだわからないことばかりだが、少し前に進めたような気がする。






Last updated  2016.02.27 08:43:57
コメント(19) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.