627013 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) みゅうさんへ 開けてよかったです。 こ…
みゅう@ Re[2]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) CLG2009さんへ ありがとうございます! …
CLG2009@ Re[1]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) みゅうさんへ 正しく分節化できるように…
みゅう@ Re:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) 分節化して言語を理解するというのは、た…

Freepage List

Headline News

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

離散融合更新循環

2016.12.26
XML
カテゴリ:離散融合更新循環
記憶科学は、言語活動の解析から「離散融合更新循環」という原理を導き出し、それを宇宙(あるいは太陽系)の誕生に適用することまで来た。しかし、記憶が進化するのであれば、その中間にあたる、生命活動と認知活動にも適用ができるはずなのだが、今のところブラックボックスとなっている。

生命活動においては、遺伝子の組み合わせだけでなく、その読み取り方に「離散融合更新循環」が関わっていると推測しているが、今の段階ではそれ以上はわからない。

認知活動は、ダイレクトに言語活動へとつながるという点で、言語活動を生んだ「離散融合更新循環」の無かった状態を逆算するという手法を取っている。

認知活動というのは、まず第一に、記憶を利用した活動であるが、我々が知覚として分類している活動も記憶であるということから理解する必要がある。

知覚というのは外界からの物理的かつ化学的な刺激を認識することであるが、光、音、温度、化学物質から受ける刺激をまず「記憶」する必要がある。そして記憶され内在化された物理的化学的刺激と同じ刺激があったときに、知覚されることになる。

知覚は、運動系と直結している。知覚は、運動を促すからである。認知活動の無い物質同士の接触の場合、物質自体が持つ物理的かつ化学的な属性が、物質同士の「コミュニケーション」の展開を決めるが、認知主体は、自分が記憶している対象を認識して、それに対して選択的な行動をとることができる。基本的な行動としては、光や酸素から「逃避」する行動をとることが挙げられる。

ここでいう「選択的」というのを「離散的」と表現することを考えている。まず最初は、「動かない/動く」という二者択一であるが、実際は選択肢は一つだけである。記憶した物理的刺激の量をあるレベルを超える超えないかが行動を起こすための基準である。つまり「オール・オア・ナッシング」であり、離散的であると表現が可能である。

認知活動というのは、単なる「知覚をうけての反射」ではない。行動を起こした後の結果がフィードバックされ、知覚と一緒に記憶されるのである。これが「離散化の結果として生じた行動が、再び融合され知覚記憶が更新」されることだと考える。

これにより、それ以降に、同じ量の物理的刺激が認識された場合、前に取った行動が、自分に快い結果をもたらしたのであれば、当初プログラムされた行動を積極的に取ることになり、不快な結果をもたらした場合、その行動を取ることを躊躇することになる。

行動による結果の知覚により「融合更新」された知覚記憶は、同じ知覚を受けて行動を起こす度に更新され、次に同じ知覚をした場合に、離散化としての行動をとる際の基準として使われる。この知覚記憶も、一つの知覚情報だけでなく、複数の知覚を統合することにより、様々なパターンの知覚記憶が可能になるはずである。従って「同じ知覚」でも、別の知覚情報による「差」が認められる場合、どの行動を取るかの判断基準として機能する。

これを相互すると、認知主体の意識の中では、過去の記憶と現在の知覚記憶との差を利用して、離散化反射としての行動を取るために「思考」していることになる。そして、行動がもたらした結果は知覚記憶を更新し、同時に蓄積することで、その主体の生存のための「意味ある行動」が洗練されていくようになる。これが人間の考える「知性」あるいは「知能」である。

ただし、この段階では、知覚記憶は更新され蓄積されていくが、それは行動(離散的反射)をとるための基準として利用されるだけである。認知主体における「思考」というのは、次にどういう行動を起こすかの判断をしているだけであるが、言語主体も、この認知活動を基本としているということをきちんと押さえておく必要がある。

人間の意識の中で次に何が起きるかについては、後程。






Last updated  2016.12.26 16:48:21
コメント(12) | コメントを書く
2016.12.14
カテゴリ:離散融合更新循環

進化記憶の下の人間の平等。。。

への知ちゃんさんのコメントで、面白いのがあったので、紹介します。



「日本人の思いが集まる」とは、
いったいどう言う事なのでしょうか?
私は、その事をずっと考えて来ました。

これを、西洋流に判り安く考えて見ます。
イエス・キリストは、「全知全能の神」を体現した者です。
これが、三位一体説です。

「父(天地創造の神)」と「子(イエス・キリスト)」と
「精霊」は、同じものの違った側面です。
つまり三位一体とは、「あるもの」を第一の視点から見れば「父」になる、第二の視点から見れば「子」になる、
第三の視点から見れば「精霊」になると言う意味です。

どんなクリスチャンでも、
イエス・キリストに直接的に会う事は出来ません。
祈りの時に語りかけて来るのは、あくまでも「精霊」の声です。

これと同じで、人間は全知全能の神を見る事は出来ません。
しかし、精霊の声を聴く事によって、イエスの愛、
全知全能の神の偉大さが理解できます。

これは、あたかも、「ある一つの者」が、
第一の視点から見れば、「アイデンティティ」に見え、
第二の視点から見れば「進化」に見え、
第三の視点から見れば、「記憶」に見えるのと同じ意味だと思います。


これに対する私の答えです:


記憶科学の三位一体ですか。確かに、今までずっと、この三つは私にとって1つでした。しかし、俗世間の定義では全く別物になってしまいます。今、少しずつですが、これが一体になりつつあります。

と言って私は教祖になろうとは思いません。しかし、そういうことになっていくのかも知れません。先のことは特に考えてませんが。


ーーー

多分、私の中では、既に視点の移動がコンスタントに起こっており、記憶、進化、アイデンティティーが、我々の生きている現実世界の記述としては、全く別の意味になりうることが、「離散融合更新循環」といメカニズムを、それぞれ別の視点で見たと言えるでしょう。

単に思い出すことが、宇宙の摂理だとしたら、そんな単純なことと思われるかもしれないですが、宇宙の記憶という視点を受け入れることができれば、全てがこれで動いているということが理解できるはずです。









Last updated  2016.12.14 20:29:49
コメント(47) | コメントを書く
2016.12.06
カテゴリ:離散融合更新循環
日本語にはアクセントがあるのだが、これは通常「2モーラ」にならないと分からない。なぜなら、モーラ間の高低という形で現れるからだ。

例えば「木」と「気」という場合、それだけでは分からないが「木を、使う」と「気を、遣う」では、アクセントとして差が出る。

今、これが体言の活用に影響を与えているのではないかと考えている。

モーラの考え方だと、前後という差になってしまうが、アクセントを持ち込むと上下という立体的な構造が見えてくると考えている。

そしてもうひとつ、この立体的な構造は、直線的ではなくて、螺旋や循環モデルになるのではないかと見ている。

また、悪夢を見てしまうかも知れないが、しばらく頑張ろう。






Last updated  2016.12.06 09:30:39
コメント(3) | コメントを書く
2016.11.07
カテゴリ:離散融合更新循環
カオスを考えるとき、どうしても二極論に陥ってしまう気がする。つまり、秩序vs無秩序という二項対立である。

しかし、離散融合更新循環を原動力とする記憶科学では、カオスというのは、無秩序という「なれの果て」ではなく、新しいものを離散化して生み出すための母胎であるということになるだろう。

離散融合更新循環によって生まれる進化というのは、現在という「待ち状態」を必要とする。この状態のことを「カオス」というのではないか、今そう考えている。






Last updated  2016.11.07 07:23:36
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.19
カテゴリ:離散融合更新循環
今まで、ずっと考えていたのだが、今日その理由がわかった。

うろ覚えなのだが、その時のミギーのセリフ、「ここにある材料だけで、やってみたくなったんだ」。

新一の右手に寄生し、「後藤」の体内で他の寄生獣に同化する経験をしたミギーだが、その経験が悪くなかったと感想を言っているように、今度は自分だけで「離散融合更新循環」をしてみようと思い立ったのだ。

自分だけでというのが非常にミギーらしい。人間の場合、一般的に離散融合更新循環をするのは、この世界をもっと知りたいという知識欲がベースになっている。つまり、この世界で生きていくことで、様々な情報を入手し、それを吟味し理論を構築することで科学を進化させていく。ところが、ミギーには、科学とか宇宙とかを知りたいという欲望はないのだ。ただ単に、離散融合更新が気持ちよかったから、それを自分だけで実行してみたらどうかというのである。

しかし、これは他の寄生獣にはない特徴である。なぜならミギーは眠るからである。眠るとういうことは、記憶の再構成が行われるということを意味する。この、記憶の再構成という過程を、夢の中で意識的に観察するということなのだ。

ある日、ミギーが目覚めて「悟り」を開くことになるのか。それとも、なんの結論も導き出せずに、一生、新一の右手で終わるか。ミギーにとってはどちらでもいいのである。これは、田宮良子の最期の言葉とも重なる。彼女は、ここで別に立ち止まってもいいと思い、自分の命より、赤ん坊の命を優先させることを選んだのだ。この選択に迷いはない。

記憶言語学の本を書く時が来たら、「寄生獣」を副読本に指定しようと思っている。






Last updated  2016.10.19 23:46:53
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.05
カテゴリ:離散融合更新循環
今年のノーベル生理学医学賞に大隈良典教授の「オートファジー」の研究が選ばれた。

日本人受賞というおめでたいニュースであるだけでなく、細胞内でのタンパク質の合成と対となるタンパク質の分解に今後光が指すことになるのは素晴らしいと思う。その研究を50年間もやり遂げたというのだから、頭が下がる。

細胞の中で起きているタンパク質の合成と分解は、離散融合更新循環が関係している可能性が高いと思う。といっても自分では、この分野に手を出すことはできないので遠くで傍観しているだけなのだが、近いあるいは遠い将来、誰かがその関連性に注目してくれるかもしれない。

テレビのインタビューで大隈先生が若い人達へのメッセージとして「100年後のことを考えて研究を」という趣旨のことをおっしゃっていた。肝に銘じて頑張ろうと思った。






Last updated  2016.10.05 16:32:01
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.04
カテゴリ:離散融合更新循環
このブログを始めて、一番伝わっていないと思っているのは、自分が感じている「記号の気持ち」である。

言語を構成している記号を使っているのは、人間という、物質かつ生命かつ認知単位であるのだが、記号というのは記憶言語という離散系の座標を構成しながら、同時に進化しながら、座標自体も進化させていく存在である。

私は「感覚的」に、この記号の動きを理解しているのだが、これを他人に説明するのは相当むずかしいことであることを感じるようになった。

なぜなら、そんなことを知らなくても、言葉を使えるようになってしまうからだ。記憶言語学を学んだら、何かが大きく変わるという特典がないのが弱点であるとさえ思うようになってきた。

しかし言語を理解することは、宇宙を理解することに通じる。これが感覚で分かれば、それを物質、生命、認知のレベルに適用して、それぞれの場でどのように「記憶記号」がうごめいているのかがわかるようになるだろう。

これが私の夢である。






Last updated  2016.10.04 05:07:51
コメント(17) | コメントを書く
2016.09.29
カテゴリ:離散融合更新循環
我々が一般的にフラクタルと考えているのは、空間上に自己相似構造を展開するメカニズムのことをいう。

しかい、我々が一般的にアイデンティティーと呼んでいるものも一種のフラクタル構造ではないかと思われる。ただ、この場合、相似性は時系列上に展開される。「アイデンティティー」と言っても、全く同一なものが維持されることはない。同一になりたいという力(離散融合的な動機)はあるが、結果といては相似形になるということである。私はこれを「自己同一的相似性」と呼ぶことにした。






Last updated  2016.09.29 06:03:52
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.19
カテゴリ:離散融合更新循環
日本に帰った時も、本屋にAI関係の本が結構並んでいた。一時期ITで盛り上がって、結局尻すぼみになったのと同じになりそうだが、とりあえず世界中が注目しているのは事実なんだろう。

人工知能が人間を超えるかという議論もそれに乗じてあるようだが、知能とは何か、人間とは何かという問いは提起されていない。とにかく、コンピュータの性能が上がることがAIの発展につながると思っているようである。

誰かが「離散融合更新循環」のモデルを作って、AIに応用したら面白いと思うのだが、どうだろう。記憶科学では、AIが人間と同等になることは理論上不可能とするが、人工知能シミュレーションの精度を上げることには貢献するかもしれない。

しかし、運動をする衝動を常に抑えながら「思考」する機械を作ろうとするのは、いつ爆発うるか分からない爆弾を作るのと同じなのかも知れない。となると、精子の運動とか、極々単純なものから始めるしか方法が無いだろう。認知も人間の知性も、1つ1つの積み重ねの成果である。それを無視して、始めから人間の様に動く物は作れないということだ。

とにかく今はAIブームなので、この機械に興味を持ってくれる人が出てくればいいとは考えている。






Last updated  2016.09.19 16:48:40
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.31
カテゴリ:離散融合更新循環
最近、時々自分のアイデンティティーが持続しなくなったらどうしようかと思うことがある。

何かを思い立って自分で行動を起こしたが、最初の目的を忘れて立ち往生することはないかとか、誰かが自分に近づいてきた時に、その人が誰かがわからなくなって拒絶してしまうことがないかとかだ。

これはそのままアルツハイマー病の患者に当てはまる。人間、これができなくなったら自分で有ることができなくなってしまうのだ。

そう不安になる一方で、その気持ちが起こるサイクルを自分で観察してみたりする。何か自分がしようと思い立って行動に移すとき、そこから目に映る情景は、実は切れ切れであることが自分でわかった。スムーズに均一な時間感覚ではなく、あたかもアニメや映画のシーンの連続のようにとぎれとぎれではあるが、それぞれが「連鎖している」という確信があり、それが最初の動機と実際の行動との一致を保障してくれている、そういう不思議な感覚にとらわれることがある。(もしかしたら、アルツハイマーのシミュレーションをしているのかも知れない)

そこで思うのが、人間が人間足り得るのは、一つ一つの数秒しか持続しないエピソード記憶を、1つのストーリーとして連鎖することのできるメカニズムのおかげではないかということだ。

これに対して動物の場合は、本能や自己の欲求の赴くままに、記憶の連鎖をすることなく、自己が突っ走る形になる。動物の場合、個体の記憶はどちらにしても、自己の意志で選択的に呼び出せるものではない。結局、自分(と他の全ての存在)が作用して作った環境が、記憶を想起するための呼び水としかならない。

私にとって「この感覚」は、もう既に日常になっている。私は、記憶が有る場合とない場合の境目を生きていると言ってもいい。しかし、この感覚を他人にわかってもらうのは今の段階では不可能かも知れない。






Last updated  2016.05.31 08:06:15
コメント(5) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.