597680 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…
ともちゃん@ とらわれない心 佐藤さん 『いつもの通りですが、人間を…

Freepage List

Headline News

全3件 (3件中 1-3件目)

1

相似相違体

2016.11.02
XML
カテゴリ:相似相違体
今、どうやって離散系を説明しようか考えあぐねているのだが、離散系の典型的な例であるシーニュ/記号について最近特に考えている。

シニフィアン(シニアン)とシニフィエ(シニエ)では、まずはシニフィアン(シニアン)の方が離散座標化しやすいだろう。これは、聴覚(音声)言語に関して、音韻体系として客観的な形で観察することができるからである。シニフィエ(シニエ)の場合、いわゆる「意味」が関わってくるので、具体的な座標化を行うことがより難しい。

聴覚言語のシニフィアンの離散座標化だが、音声を分割するという考え方から離れて、聴覚記憶を離散的に調律するというような感覚を使ったらどうかと思う。

まだイメージしかないのだが、イントネーション等で、まず大まかに聴覚記憶を分割し、その内部に離散的な境界を複数生じさせることで、音素と言われるレベルまで離散的な座標をつくっているのだと考えている。

こ子で言う「離散的境界」とは、子音/母音の境界が基本であるが、言語によっては、例えば母音/子音という境界を使っているはずである。ちなみに日本語には、この種の境界は無いと思われる。その代わり、モーラの追加という境界があるはずである。

実は数年以上前に既に、音韻体系を離散化で説明しなければいけないとは思っていたのだが、当時は全くイメージがわかなかった。今のイメージが正しいかどうかは分からないが、日本語という特殊な言葉を使って、まずこれが実現できたら、その他の言語にも適用できるかも知れない。






Last updated  2016.11.02 06:17:13
コメント(1) | コメントを書く
2016.10.27
カテゴリ:相似相違体
ともちゃんさんから「現在」についての質問を受け、それに答えることで、また一つ前進した気がする。

記憶というのは、何かが持続するという「存在」であるという静的な部分を持っていながらも、離散系という「差位」によって成立する循環システムという動的な面を持っている。

以前は、記憶と進化とは同義語であると考えていた時期もあるのだが、矛盾することを同一つにまとめるか分からずどうしようもないでいた。

しかし今は、「相似相違体」という概念を出せるまでになった(これは、franctalemodeさんとの議論の成果である)。つまり、似ているけど違う、しかし同じになろうとする原動力が根底にあるということだ。

そして、その原動力というのは、他を知ることによって自分を知るというアイデンティティーを生む。






Last updated  2016.10.27 10:00:47
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.17
カテゴリ:相似相違体
どうも最近、fractalemode さんに、私は「離人」ということにされてしまい「俗人」には記憶科学は理解できないような流れになっているのだが、私はそれほど悲観はしていない。離散系を形作っている「相似相違体」というのは、我々の日常生活にゴロゴロしているからだ。

例えば、「左/右」という対の言葉がそうだ。「対」になっているということは同じカテゴリーに属するということである。つまり「相似体」であるのだが、その意味するところ見るとは正反対であり「相違体」である。

しかし、この2つの概念の定義というのが、実は非常に難しい。右というのは、左の反対であり、逆に、左は右の反対ということになってしまい、堂々巡りになる。子供の時に教えられた「箸を持つ手が右」というのは、左利きの人には必ずしも該当しない。私の弟は矯正されて右で箸を使うが、そうでない人もいるからだ。

「左/右」というのは、シニフィエ(あるいは、シニエ)の上での相似相違体であるが、順序がついているわけではない。日本の社会では右を優先するという事情があるが、言語の中に於いては、対等の関係にある。「表/裏」や、「上/下」などの概念も同じである。そこには、人間の視点による、優劣という考え方から、序列につながる場合もあるが、言語の中では単に「対」になっている言葉でしかない。

シニフィアン(あるいは、シニアン)に関しては、日本語の場合、「秋」と「柿」のように、1つは同じ音で、もうひとつは違う音の組み合わせで出来ている対の言葉が挙げられる。これは、日本語の音韻体系の最小単位が「モーラ(拍)」であることから来ている。日本人が俳句や短歌の字数を数えるときに使う単位である。

例えば「ホウレンソウ」は、日本語では全部で6つのモーラで出来ているが、これぞフランス人が聞くと「おへそ」と聞こえなくもない。最初の「ほ」の発音は、子音の「H」が発音されないフランス語では「お」に聞こえるし、二回出てくる「う」は、伸ばす音の無いフランス語では聞こえないし、「ん」に関しては、鼻母音を使うフランス人には聞こえない。そのままつなげると「おれそ」となるのだが、「おへそ」を知っているフランス人には、「れ」が「へ」に聴こえる(フレデリック・ボワレ著「ゆきこのホウレン草」より)。

ただし日本人にも、一般的な言語学で言われるような、子音/母音レベルの音素の聞き分けはちゃんと出来ている。それが、動詞の「五段活用」である。例えば、「書く」という同士の場合、「書・ない」「書・ます」「書」「書・ば」「書・う」というように、1つの動詞に「か/き/く/け/こ(ka/ki/ku/ke/ko)」という違う形の音がつくことはちゃんと理解できる。

これが、言語を観察する上で確認できる「相違相似体」なのであるが、問題はこれを生み出すものを意識することが非常に難しいということである。一般的には、それは「分節性」とか「直線性」とか言われているものであるが、これを「離散性」という概念で理解することができなければ、その先にはいけない。






Last updated  2016.10.17 09:42:59
コメント(5) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.