635980 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Freepage List

Headline News

全2件 (2件中 1-2件目)

1

コミュニケーション

2015.11.16
XML

現在の言語学には1つの不文律がある。それは「全ての言語は平等である」ということ。

これは、言語を、それが通じる範囲、つまり言語共同体内でのコミュニケーションのための道具とし定義しているからである。言語というのは、共同体を運営するためのプログラムであるとするならば、確かにこの定義は成り立つが、この結果として、現在の言語学は「文法言語学」に成り下がってしまい、人類の本質を突き詰めようという姿勢は始めから失われてしまった。

また、言語を平等ではないとすると、人種差別と同様に「言語差別」という悲劇が起きることを予想して、それを防ごうとしたのではないかと私は推測する。例えば、英語を使う人間は、日本語を使う人間よりも価値があると言った具合である。

言語が平等でないというのは、まず単純に考えて、ある言語で高等教育を受けられるかどうかという基準によっても明らかである。

欧米や日本では、多くの高度な学問、特に科学分野において自国語で学ぶことが可能であるが、発展途上国と呼ばれる国では、始めから外国語(英語、フランス語、ロシア語等)を利用せざるをえないという現状がある。

グローバリズムの世界であり、外国語で学ぶことに何の問題もないだろうと考える人達もいるだろう。しかし、外国語でしか勉強できないということは、外国語を勉強できる環境にいる子どもたちだけが、高等教育の恩恵を受けることができるということになる。

もうひとつ不平等を生む大きな違いは「価値観」の差である。しかしこれは非常に判定が難しい。価値観が違うからと言って単純に優劣をつけることはできないからである。

例えば今、少しずつであるが「日本型民主主義」という概念が生まれ「欧米型民主主義」と対比されることが多くなっている。そして「日本型民主主義」は、日本語を使う日本人達が実現しているのである。

「アメリカ型民主主義」では、選挙をして選ばれた人間が国を治めればそれでよいという発想である。これは、一種、人民に対する盲目的な信頼があることの裏返しである。しかし世界には、自分だけが良ければ他人はどうなってもいいと考えている民族がわんさかいるのである。その典型的な例が、支那と朝鮮である。中国と北朝鮮と韓国の政治を見てもらえば、いちいち私が説明することもないだろう。疑問がある人は、ネットで調べてみることを勧める。私も、少し前までは、これを知らなかったから。

言語が不平等だからといって、より発達した言語を単に身に付ければいいというわけではない。なぜなら言語はアイデンティティーと対になっているからである。外国語を学ぶことで、大きな知識への扉が開かれる場合もあり、これは非常に有用なことであるが、それだけでは、その言語の持っている文化や価値観を身につけることにはならない。しかも、複数の価値観を1つの意識の中に持つ状態、いわゆる「バイカルチャー」という状態は非常に不安定で、危険でさえあるのである。

「言語は平等だ」という思想は、形を変えて「言語は多様だ」という表現になっている。チョムスキーが、絶滅に瀕している言語を救おうと躍起になっているのも、これの現れである。

私も「言語は不平等だ」という結論には達したが、まだこれから具体的に何をしなくてはならないか試行錯誤の最中である。しかし、嘘は嘘。現実を見つめることからしか真実は生まれてこないと思う。






Last updated  2015.11.16 07:27:25
コメント(4) | コメントを書く
2009.04.12
言語と言えばコミュニケーション、コミィニケーションと言えば言語。この等式は我々の一般常識の中に深く根を下ろしている。私も最初は、何も考えずにそんなもんだと思っていた。言語という「道具」を使えるからお互いのコミュニケーションがとれると漠然と受け止めていた。

今はそう単純には思っていない。確かに、言語が人間間のコミュニケーションに果たす役割は大きいし、コミュニケーションをとろうと言う意思が言語を使わせていると言う事実もある。しかし、コミュニケーションの能力と意思は、既に動物に備わっている。相手を威嚇したり、危害を及ぼす相手を察知して逃げ出したり、同じ仲間を認識して種の繁栄のの為に交尾したり、いろいろである。こうなると人間のコミュニケーションと動物のコミュニケーションは違うという事になる。確かに違うはずである。では何が違うのか?

人間は、シーニュ(まあ単語としても構わないが)を組み合わせることで、構築された意味を持ったメッセージを考え、発し、伝える事ができる。同じ言語を話す集団では、まず個人個人がシーニュのもつ概念を理解し、同じ「形」を体を使って発信し、知覚・認識している。まず動物にはこれが出来ない。共通のボキャブラリーが存在しないし、ましてはシーニュを組み合わせる事もできない。

しかしこれは単なる知能・インテリジェンスの問題ではない。つまり人間は高い知能の持ち主だから、動物の使えないものが使えるのだと考えたくなるが、これはそのレベルの話ではない。人間の場合、記憶が特殊な形で生成・ストックされることにより、知能とは別の記憶操作オペレーションが可能になるのである。(この点については、かなりの説明を要するので追々書いていく予定。)つまり人間にこのメカニズムが備わった事で(生まれながらに素質はもっているが人間社会生活の中でこれを延ばす事が条件だが)動物とは違った、高度なコミュニケーションが可能になったと考える。つまり人間のコミュニケーション能力は副産物なのである。

また、言語とコミュニケーションを直結してしまうと、コミュニケーションをする欲求が高まったから、そういう方向に人間が進化し言語という道具のの「発明」に至ったと考える向きもある。じゃあ、なぜチンパンジーを訓練しても音節言語は出来ないのか等言う疑問が出てくる。全てを進化のおかげにしてしまうのは少々短絡的すぎる。

これに対し、赤ちゃんがどんな言語でも自分の周りで使われていればそれを習得する事から、人間には「普遍文法」が備わっているとするのがチョムスキーである。しかし私は彼の考えと一線を画す。人間がだれでも言語を習得できることを受け入れて理論を構築したのはよいが、文法という法則(主にシンタックス)があるとした事、つまり言語を生成する法則があるとした事で、人間自体が関与する部分を否定とまではいかないが、視野から排除してしまっている。

言語とコミュニケーション。このテーマはまだまだ熟考する必要がある。







Last updated  2009.04.12 20:45:17
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.