624490 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[1]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) みゅうさんへ 正しく分節化できるように…
みゅう@ Re:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) 分節化して言語を理解するというのは、た…
チェルニー@ Re:言語というのは思い出して使うもの(記憶喚起)。。。(11/06) こんにちは、時々メールを送っていた者で…

Freepage List

Headline News

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

言語の起源

2016.09.30
XML
カテゴリ:言語の起源
投稿への返事だと埋もれてしまうので、ここにトピックとして投稿しておきます。


現在の人間と同じ遺伝子を持った種が誕生しても、生まれた時から記号を持っているわけではない。しかし、その時、その種の個体たちは、今のチンパンジーや ボノボに見られるように共同生活をしていたし、一種の文化の継承が行われていたことは十分考えられます。野生のチンパンジーのナッツ割りは、特定の群れに 伝わる文化ですが、誰もそれを「教えよう」とはしません。しかし、子供たちは、ナッツが食べたい一心で真似をすることで、技術を習得していくのです。

このような、擬似文化を本当の人間文化に還元するのが記号であり記憶アイデンティティーなのだと思います。

そして、それを最初に知った個体は、ヘレン・ケラーが井戸水を手に受けることによって、ウォーターという名前があることを思い出したように、瞬時にして人間になるのです。

記 号を獲得すると、その数は爆発的に増えていきます。そして、記号の持つ離散融合性により、意味がどんどん進化していき、同時にシンタックスも固まっていき ます。コミュニケーションとして言語が使えるようになるには、視覚チャンネルが一番有利です。言い換えれば、聴覚チャンネルでは、意味を伝えることができ ないため、それだけではほとんど不可能です。視覚チャンネルを軸に、聴覚情報を加味して具体的な言語のための記号が発達したわけです。

記号を知らずに大人になった個体は無理ですが、新しく生まれた子供たちなら、記号を簡単に受け継ぐことができます。こうして世代交代を重ねながら言語が発達していくのです。






Last updated  2016.09.30 07:01:30
コメント(78) | コメントを書く
2014.09.01
カテゴリ:言語の起源
ピダハン語の存在を知ったことで、言語自体が進化するという確証を得た。

聴覚言語でも、語彙の獲得に関しては、進化を伺え知ることが出来るが、既に基本語彙に関しては網羅されているという現実がある。視覚言語(手話)に関しても、状況はあまり変わらない。学校で書記言語(日本であれば書記日本語)を学習することで、新たな概念が手話を話す人々に知られることとなり、それを指すサインが必要となってくる。(ただ、これは手話の書記言語への依存性を説くものではない。一旦、手話の語彙が発達・定着すれば、書記言語とは別の知識体系として発展する。日本語は、昔、西洋語から多くを訳語として借用したが、今では独自の知識体系として成立しているのと同じである。)

これに対しピダハン語の場合、過去や未来、右左、数の概念が無くても人間のコミュニティーが存続しうることを証明してくれている。人類の初期の言語は、ピダハン語のようなものであった可能性があるだろう。

しかし、このような言語は、人間のアイデンティティーの進化を促進するための機構を持たない。これを変えるのが、革新的な個人の登場である。発明家、発見者が、言語に新しい概念を追加してきたはずである。

もしかしたら古代エジプトなどでは、位の高い人が使う言葉と、一般の人が使う言葉は全く違っていた可能性がある。統治する側と、統治される側という関係を維持する、いわゆる愚民政策であるが、絶対統治をするには非常に有効であっただろう。

ただ言語を「人間のアイデンティティーの進化のための道具」としてしまうのには問題がある。「道具」という捕らえ方では、人間の高い知性が言語という道具を使えるようにしているという解釈になってしまうからだ。

それでもコミュニケーションの道具よりはましであろう。今後、言語の役割に関して、進化という概念が浸透することがまず第一である。






Last updated  2014.09.01 17:01:25
コメント(5) | コメントを書く
2014.08.30
カテゴリ:言語の起源


今まで「記憶科学」という名前をつけてきたが、「記憶進化論」とした方が適切ではないかと思い始めてきた。これはピダハン語の存在を知り、この言語が私の考える言語像の中の「ミッシングリンク」であると考えるようになったからだ。

ミッシングリンクというと、人類の進化の歴史的過程で、類人猿と人間の間をとりもつ化石が全て見つかっていないことが前提になっているが、私が考える言語のミッシングリンクは、歴史的なものではなく、人間の言語(同時に人間のアイデンティティー)の成立の可能性という視点から見たものである。

化石人類学では、どの種がどの種と血縁関係にあったかどうかが非常に重要になるが、私の考える「記憶言語学」では、時系列的な関係を問わない。逆に他の言語との接触が無いことによる成立という逆説的な条件が出てくる。

私の最初のミッシングリンクは、もちろん手話である。まず単純に、聴覚を使わず、視覚だけで言語が成立するということは、私の考える言語観を根底から覆すものになった。私は、言語は、聴覚か、視覚かに「特化」することが出来ると考え、これをミッシングリンクとするが、今の言語学(特にアメリカ言語学)では、手話の音韻論がまことしやかに論じられ、聴覚言語との延長線上で語られており、手話の位置づけは非常に偏っている。

もう一つのミッシングリンクは、パリ8大学のIvani Fusellier-Souzaさんの「自然発生的手話(langue des signes emergeante)」の研究との出会いである。彼女はブラジル出身で、広大なブラジルの中で見つかった「聴の家族の中でただ一人の聾者が、ブラジル手話を話す聾者との接触を持たずに、家族と一緒に作り上げた手話」について研究をしている。私は彼女の中間報告しか見ていないが、こうして「自然発生」した手話が、手話の基本的な構造を全て持っていることを示してくれた。3例の報告があったが、大切なのは、それぞれの聾者が、コミュニティーの中で孤立することなく、その中でちゃんとした社会的役割(仕事や家庭)を担っていること、身振り手振りでコミュニケーションすることを、周りが受け入れることが絶対的に必要なのだ。

そして三つ目のミッシングリンクは、まだ本自体は読んでいないが「ピダハン語」の存在を知ったことである(「ピダハン 言語本能を超える文化と世界観」みすず書房)。

われわれが知っている言語には皆、未来や過去の概念があるが、ピダハン語には無い。しかし、それで十分人間らしい生活をしている。ただ、彼らの言語は「アイデンティティーの進化」を促進するツールにはならない。自然から授かるものを日々消費することで生が営まれ、昼と夜というサイクルも、大きな意味を持たない。本当に「今」を「現在」を生きているのである。

ピダハン語には、言語としての最低の条件が備わっている。名前をつけること、そして複数の名前を組み合わせて、一つの意味を作ることである。これだけで言語が成立し人間社会が成立する、これを知ったことは私の言語観に確信を与えてくれた。例えば、時間の概念も、言語が本来持っているものではなく、人間のアイデンティティーの進化とともに、言語の中に顕在化していったものであるということである。つまり「時間」は、人間の発明なのだ。

人間のアイデンティティーの進化は、人間の記憶の進化でもある。「記憶進化論」は、種だけ、言語だけに限らない。この宇宙の森羅万象全てが対象になる。いつものように大風呂敷を広げることになるが、もう躊躇はしない。






Last updated  2014.08.30 16:26:47
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.07
カテゴリ:言語の起源
今、人類が誕生してからの言語の進化を考えている。言語の形,つまり文法が語彙がどうのこうのではなくて、アイデンティティーの進化という観点でとらえようと思う。

文明が停滞したのは、言語が十分進化していなかったからなのかもしれない。今我々は当たり前の様にいろんな事を考えているが、それは全て先人が作ってくれた枠の中なのだ。

今を生きる我々の使命は、この枠を更に広げる事にある。






Last updated  2013.05.07 17:34:55
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.01
カテゴリ:言語の起源
昨日、フランスでは、言語の起源(あるいはメカニズム)に関する議論と、人間の思考の起源(あるいはメカニズム)に議論は、一緒になされる事がないことに、ふと気がついた。哲学に詳しいフランスの友人に確認してみたが、やはりそうであるとの返事があった。今更なにをと自分でも思うのだが、こんな単純な事に自分で気がついていなかったのかと、ちょっとあきれてしまった。多分、どこかで薄々は感じていたのかと思うが、こうして文で表現すると明確になる。

ある問題を追及する場合、まずどうやって問題提起をするのかが重要である。自分なりに言語の定義に関してずっと気になっていて、時間をかけて考えを深めていくうちに、言語と思考との切っても切れない関係が浮き彫りになって来た。言語を「記憶」というキーワードでとらえ直す事で、思考と言語(もっといろんなものが入るが)を一つの枠内でとらえる事ができるという展望が見えて来た。この枠は「意識」という概念も包括するものになる。

つまり自分の考えている事は、フランス人が別々に問題提起をして考察している問題を、一つにして考えてしまおうということになる。言ってみれば「パラダイム転換」を迫ることになる。今後は、これをどうやって「フランス人にも読んでもらえるか」が、今後の課題になるだろう。道のりは長いが、これに気がついた事でまた一つ前進した訳で、それはよしとする事にしている。







Last updated  2012.08.01 07:57:11
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.16
カテゴリ:言語の起源
フランスのテレビでは文化チャンネルがあって、自然や科学に関するルポルタージュがよく放送される。途中からしかみていないのではっきりとは言えないが、モロッコで発見された人類の祖先の子供の頭蓋骨から生前の顔を復元するプロジェクトが一つの軸だった。

中で人間の定義に触れる事があったが、この手の番組を見るといつも歯がゆい。言語が単なる人間的活動の一つとしかとらえられておらず、その本当の重要性が見過ごされている。化石人類学者達は言語学者ではないのだから、仕方ないのかもしれないが、これが早く変わらないと、彼らの研究はこれからも空回りし続けるのだろう。






Last updated  2012.02.16 10:18:06
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.20
カテゴリ:言語の起源
人間以外の動物が言語を使えるのか。もしチンパンジーに発声に必要な筋肉がないのだとしたら手話を教えたらどうだろうか。こういうところからこのプロジェクトは始まった。詳しい事は、このページを読むと分かると思う。
http://spitzibara.blog24.fc2.com/blog-category-15.html

人間の傲慢が一匹のチンパンジーの人生を翻弄した、映画はこの部分に重点を置かれて作られている気がするが、私はここで言語に関してのみコメントしたいと思う。

まず「言語=コミュニケーション」という図式が、このプロジェクトの根底にある。これは言語の理解の浅さを物語るものである。70年代の言語の理解としてしまえばそれまでだが、これはまだ現在も続いているようである。言語の定義を考える時「記憶の進化」ということを考える人はまだいない。

この研究は結局「チンパンジーには言語は習得できない」という結論を出した(これに異議があるようだが)。私はこの点は評価できると思う。人間以外の動物が言語を使えるかという問いに真っ向から答えようとしているのだ。或る意味、無謀なプロジェクトであったが、当時のアメリカであったからこそ可能であったのだろう。思索だけを巡らせても何の結論も出ないが、この研究のおかげで1つの結論が出たのだ。パイオニア的な性格はやはりあると思う。霊長類の研究に関しては女性が多いが、このプロジェクトも例外ではなかった。

言語のメカニズムがきちんと理解されていれば、こういう研究に対する客観的な評価も出来るだろうが、今の段階ではそれは難しい。結局、言語の正しい定義がなされないまま議論が進んでしまう。








Last updated  2012.01.20 06:43:40
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.21
カテゴリ:言語の起源

公開から気になってはいたのだが、週末を利用して見に行った。発端となった映画「猿の惑星」の記憶も大分薄れて来ているが最後のシーンはとても印象に残っている。
アルツハイマー病を治療する為に、チンパンジーを使って新薬の実験をし、その結果、チンパンジーの知能が向上すると言うのが話の中心で、新薬の効果が全ての鍵を握るのであればSF映画としては問題が無いのだが、1つ気になるシーンがあった。
多数のチンパンジー、ゴリラ、オランウータンが「収容」されているセンターに、最初に知能の発達したチンパンジー「シーザー」が送られてくるのだが、そこでシーザーと一匹(1人と言う人もいる)のオランウータンがアメリカ手話で「会話」するシーンがある。シーザーの方は新薬の賜物であるからいいとして、オランウータンの方は問題の薬を摂取する前の話である。それに自分が言葉を使える事を人間に隠していたという事らしい。
類人猿に手話を教えるという試みは、割と最近のことである。猿には言葉を使えないという「常識」が本当なのかを確かめてみるというのが動機だったと思う。フランスとかでは、そんな事は確かめる必要ないだろうと思うのだが、アメリカとかでは試してみないと分からないだろうという発想である。
生まれたばかりのチンパンジーに手話のサインを教えていくのだが、ある一定の成果は得られたようであるが、シンタックスを持つ言語にまで達したという話は聞かない。それに、この研究を受けて「人間と類人猿を隔てるのは言語だけである」という結論に達しているのだ。
オランウータンの頭の中で何が起きているのかを周りから見て判断するのは難しい。知能の高いオランウータンに研究者達が「だまされていた」という見方も確かにできる。イルカやクジラに関しても、言語を持っているかもしれないという報告もある。しかしこれは全て言語の本質が分かっていない事から来ていると考える。
今、言語の定義にあらためて着手しているのだが、まず言語活動は人間の持つ本質から二次的に生まれるものだという所からスタートする。ここでやはり記憶のオーガニゼーションが出て来るが、最近はもう1つ、認識も定義に入れようと思っている。これが完璧に出来れば、猿の惑星:創世記の評価が変わるかもしれない。






Last updated  2011.09.21 05:39:00
コメント(7) | コメントを書く
2011.09.07
カテゴリ:言語の起源
先週、日本のクリエータの人と会う機会があった。世代的にもほぼ一緒なのだが、1つお互いに共通する事があった。この年になると、後世に遺そうとする仕事をしたいと考えるという事である。お金とか名声とかではなく、後世の人たちにいつまでも記憶してもらえる事、これが重要なのである。

今の私には「個体性理論」である。今、少しフランス語で書き始めていて、ちょっと停滞している。書けば書く程、あらが見えてくるからだ。でも協力してくれる友人達もいるので頑張れるかなと行った感じである。

もう1つの話題、Sciences et vies (科学と生命)というフランスの科学雑誌が、10個の科学の大きな謎という特集を組んだ。これはどの雑誌も不定期でやっている。宇宙の起源、ビッグバン、生命の誕生、言語などが毎回議題にあがる。

言語はなぜか一番最後なのだが、議論が全く前進していない。いつか私がこのページを担当する事になれば、10個,別々に扱っている謎全てが同じように扱える様になるはずだ。今はまだそこ迄はいけないが、五年先を目指して頑張ろうと思う。






Last updated  2011.09.07 07:27:35
コメント(2) | コメントを書く
2010.03.23
カテゴリ:言語の起源
このブログを始めてもうすぐ一年が経つ。投稿もこれで100件目である。時間の経つのは早い。

我々が一般的に単位として扱っているものがどうやって生まれるのかずっと考えている。この問いには、まず単位がない状態があって、次に単位のある状態に進化するという前提がある。そして、この途中に二極化による座標が生まれ、この座標が人間の認知上「単位」として扱われているということを忘れてはいけない。単位がすぐに生まれるのではないのである。このプロセスの存在を肯定することが言語の真の理解につながる。

私にとっては言語はもう謎ではない。どういうプロセスで生じるかが分かってしまったからだ。しかしまだまだ課題はある。この「進化」が何故おこるのかである。これが宇宙の摂理であるとは言いたくない。たとえそれが真理であっても科学者としてはこういう「逃げ」はしたくはないのだ。

これが宗教と科学の境目だと思う。宗教者はこれをそのまま受け止め、それに対して説明を与え信者を納得させようとする。科学者は受け止めこそすれ、その状態に満足できずに常にそのメカニズムを解明しようとする。

ただ全ての科学者がこう考えている訳ではない。いわゆるノーマルサイエンスにどっぷり浸かって、この中で自分の地位を築いた科学者達は、新たな科学の枠を作ろうとは考えていないようである。新たなパラダイムシフトがあったらそれまでのノーマルサイエンスは通用しなくなるのだが、それを自分から起こす危険はおかさないのだろう。

人間の科学は万能というには程遠い。まだ我々に科学をより発展させる可能性が残されていると考えると元気も出る。この人間の意識の進化が宇宙の進化の最終段階なのだから。









Last updated  2010.03.24 01:37:17
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.