614588 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ 今、ふと思ったのですが、…
青 天@ Re[2]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) CLG2009さんへ コメント、ありがとうござ…
CLG2009@ Re[1]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ >>>古事記の上の巻(神…
青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…

Freepage List

Headline News

全7件 (7件中 1-7件目)

1

差異

2015.08.13
XML
カテゴリ:差異

著者エマニュエル・トッド氏のWikiのページ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%89

私はドイツに住んだことが無いが、ドイツ人と交流することもよくあり、なんとなく国民性のイメージはある。

皆まじめでおおらかで好感が持てるのだが、もっと奥深いところで何かが噛み合わない感覚がいつもあった。ドイツ系のスイス人には抱かない感覚だ(スイスのドイツ語はドイツ南部に住む人しか分からないので、スイス人は標準ドイツ語を学校で学ぶ)。ドイツ系スイス人は私の感覚ではアメリカ人やフランス人に近い。

この本で特に面白いと思ったのは、フランスのエリート層がドイツ人を理解していないということ。フランスは、もともと普遍的な平等主義の国であるから、他国も同様だとどこかでみなしているようで、ドイツの特殊性ということは国内でほとんど問題にされない。そういうことを指摘すると、差別だといわれかねない雰囲気があるせいかも知れない。

普遍主義ゆえにフランス人が異なる社会を分析する能力に欠けるという指摘なのだが、日本もその独自の普遍主義により、同じ轍を踏んでいる可能性が強い。特に、支那や朝鮮に対しては、今まで全く知識が無かったし、得ようともしなかった。

そして著者は、ドイツと中国が互いに輸出大国であるということで、現在再び再接近していると指摘している。日本は眼中に無いらしい。ヒトラーのナチスドイツが日本と対峙する蒋介石に援助をしていたというのは、ネット情報で知ってはいたが、著者もこれを指摘し、歴史は繰り返すとしている。

著書は、人類学者で人口学者でもある。統計を通じて家族形態を分析することによって、政治的経済的な傾向を読み解く。言語というつかみどころの無いものでなく、具体的な数値に基づく分析であるため、非常に説得力がある。この点は、私も今後参考にしたいと思うが、逆にいうと言語というファクターを全く除外しているということも言える。難しいところだ。






Last updated  2015.08.13 12:25:21
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.09
カテゴリ:差異
チンパンジーに手話を教えた実験を追ったドキュメンタリー映画化「プロジェクト・二ム」の最後に、実験を始めた研究者の結論として、実験に使われたチンパンジーが手話を覚えたのは結局のところ「食べ物をどうやって手に入れようという手段の一つ」であったということだとある。

今でも時々、インターネット上で言語の定義を探して読んだりするのであるが、やはり「コミュニケーションの手段」であるという定義が一般的である。手話を覚えたチンパンジーが、身振り・手振りで何かを伝え、逆に何かを理解しているのは確かである。しかし、そこには「個体としての欲望」がモチベーションとしてある。

これに対し、人間の場合、やはり「個体としての欲望」がベースにあることは否定できない。やはり「食べていかないといけない」のだ。しかし、人間には思考能力がある。これにより新しいものを想像し創造する力がある。そしてこれは「集団の記憶」として、蓄積されていく。

ただしここで1つ落とし穴がある。特定の言語を使うことで、先人達の蓄積した集団の記憶の恩恵を受けるわけだが、既に確立している集団の記憶に、創造性が封印されることがあるからだ。アイデンティティーを進化させることは、人類にとって共通の価値観ではない可能性があるということだ。

既に21世紀に入り、様々な国が近代化の道を通って経済的にも発展してきた。しかし、国力は高まっているようには見えるが「前近代的な国」が、存在する。日本にとって身近な例を挙げれば、支那と朝鮮である。

人間が平等であるということは、同じ価値観を共有することにおいて保障されるのであると思うが、それが適わない人たちが存在しているかもしれないのである。こういうことを書くと「人種差別的だ」という人もいるだろうが、彼らの行動を知るにつけ、疑問に思わざるを得なくなる。いわば、人類の進歩には目もくれず、私服を肥やすことだけに全エネルギーを注入する人たちがいるのである。そして、そうしない人たちを見下すのである。

チョムスキーの普遍文法に代表されるように、20世紀は、平等思想が栄えた世紀だったと思う。私も人類のもつ普遍性を全く否定する気はないが、人と人との価値観の間に「歴然たる差」が存在し、それを知識として知った上で付き合っていかないといけない世の中が来たのかもしれないと思う。






Last updated  2014.10.10 02:29:13
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.14
カテゴリ:差異


20世紀は、人々が平等に暮らせる社会を目指す世紀だったと思う。今でもそれを信じている人たちはいるが過去のものになりつつある。

21世紀になってまだ十数年しか経っていないが、これからは「適差社会」が求められるという確信がある。これは「格差社会」と「平等社会」に対するアンチテーゼである。

このブログを読んでいただけると分かると思うが、「差」は進化にとって必要不可欠なものであり、差のなくなった社会は、何のインセンティブも無い無味乾燥なものとなってしまう。

差があまりにかけ離れてしまうと問題である。アメリカのように差をつくりそれを助長することで成長する社会モデルは限界がある。逆に「平等」を目指した「共産主義」は、結局のところ「核差」を逆に作る社会に転じてしまった。

今の地球上で「適差社会」を実現している唯一の国が日本である。人が人として生きていくことを皆が考えて生きている社会、これが日本だと思う。ただ日本もこれからどんどん進化していくだろう。しかしそれは必ず「人の道」に沿った進化であると思う。

ただ日本人の考える「人の道」は、他の国の人たちの考える所謂「人道」とは違うということを私はしみじみ感じている。この折り合いを今後どうつけるか、これが課題だ。






Last updated  2014.09.14 07:04:42
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.26
カテゴリ:差異
「記憶」というものは、その定義からして「差」であることは、このブログでも何度となく書いた。そして、我々が思い出すものだけが記憶ではなく、知覚も運動も記憶で形成されている事も最近書いた。そして、今、「動きの認識」に関して考察を深めている。

「動き」というと視覚に限定されるが、感覚も全て「差」なのであるとすれば「五感全てが関係」してくるはずである。しかし「視覚情報」というのは、情報量が多く、まず「視覚の動き」を考察してから「他の感覚の動き」を考えてみたいと思う。

私事だが、私は小さい頃に「眼球振盪(がんきゅうしんとう)」と診断された。眼球が自分の意志とは関係なく動いてしまい、斜視をすると動きが収まるので小さい頃の写真はみな「やぶにらみ」で写っている。通常の生活にはなんら支障はないのだが、斜視を相手に悟られない様に緊張するとかえって眼球の動きが激しくなり、ついついあらぬ方向を見てしまい就職時の役員面接ではそれが原因で一度落とされた事があった(同じゼミの先輩の計らいで再面接の場を作ってもらい二回目はパス)。

なぜこの話を持ち出すかというと、眼球が振れる事によって私は人とは違った様に見えているだろうと思う事があるということ。特に、文字が流れるタイプの電光掲示板は、文字が途切れ途切れに見える。斜視をすれば普通に見えるのだが、時々おもしろがったどんな風に見えるのだろうかと観察してみたりする。

人の動きを「眼球振盪」状態で見ていると面白い事がある。目が動かない状態では滑らかに見えている動きが「かくかく」と下手なアニメを見ている様に見えるのである。こういう経験を持っているからかどうか、町で自動車やバイクが一定のスピードで目の前を横切るのを見ていると、一旦前に進んだ車が、次の瞬間に「後ろに後退」した用に見える事がある。最終的に前進しているのは確かなのだが「かくかく」と前後している様に見えてしまうのである。

同じ事は、アニメを見ている時に起きる。コンピュータグラフィックスでの滑らかな映像ではなく、一つ一つ手描きで描かれたアニメの場合、前のシークエンスの絵を、自分の頭で呼び起こしてしまい、ぎくしゃくした動きになる事がある。これは絵が下手だからという訳ではなく、一枚一枚の手描きの絵を楽しもうとして自分の頭が勝手に一旦見た画像を、今見ている画像にはさんで再生しているだと思う。他の人たちが、どのようにアニメを見ているかは分からないが、この視覚的経験が「動きの認識」に関して考える切っ掛けを与えてくれたのは事実である。

「記憶は差である」という所に戻るが、差が生じるためには「少なくとも2つのもの」が関係する事になる。ある状態から、別の状態への変化が差になるとすれば、これを瞬間、瞬間の差であると考えるのが普通である。しかし我々は、その「その差の連続」を単に追いかけているのではない。注意していなければ、単に目の前を流れて行き「記憶」もされないだろうが、注意して見るときは、何処から動きが始まり、その動きの一つ一つ、そしてその流れまで含めて、動きを見ている時でも思い出せるはずだ。聾の子どもに折紙を教えると、じっと私が折るのを眺めた後、自分の紙でそっくりそのまま再現する事がある。耳の聞こえる子どもは、一つ一つ言葉で教えないとほとんどの場合うまくいかない。

私は、「動きの認識」は、一種「錯綜する記憶の組織化」というオペレーションなのではないかと考えている。動物の段階と違うのは、動物が全ての記憶を一緒くたにして個体の記憶としているのに対して、人間の場合、記憶に順番を付け、自分の意志で特定の記憶を呼び起こすことが出来ると言う事だ。また、動物では「差」が物理的な刺激の知覚という時間軸に沿った連続であるのに対して、人間の場合、「時間軸を逆行する差」を手に入れた事により、一つ一つの経験としての記憶が「二極化」しシーニュが形成され、認知経験の「座標化」による知識の「組織化」が行われるのである。そして「同じ組織化された記憶を共有」する個体同士が、言語コミュニティーを作り、歴史を営んでいく。

動きはヴィジュアルで、比較的イメージしやすいと思うが、これを今後、聴覚、更には触覚、味覚、嗅覚にまで発展させる必要がある。この点からも、視覚を使う手話が、聴覚を使う音声言語と比較して初期の人類にとっては必要不可欠な存在であったということが引き出せることになると思う。






Last updated  2014.07.26 06:58:56
コメント(2) | コメントを書く
2014.07.18
カテゴリ:差異
このブログは「難解である」というコメントを時々目にする。

自分でも難解なテーマを扱っているので、時々訳がわからなくなることもあるのだが、右往左往しながらも着実に進んでいるという実感はある。この実感を他の人たちと共有出来たらと思うので、もっと分かりやすくを心がけて行こうと思う。

さて、私のブログのキーワードには幾つかあるが、その中でも「離散化」と「記憶」と「進化」は非常に密接に結びついている。

一般的に「存在」とするものを、私は「記憶」であると考える。そしてこれを作り出すメカニズムが「離散化」であり、記憶はさらに「進化」する事で存続して行く。

私の提唱する「記憶科学」では、物質も記憶という概念で捉える。記憶が生成されることで物質も生まれるとすると、まず記憶の無い状態を定義する事から始めなければならなくなるが、そこには「何も全くない」わけではない。ただ「記憶」という形で存続するものが何も無いという状態である。(「なかった」と過去形にしないのは、一般的な時間の概念に疑問を持っているからであるが、ここでは詳しく触れない。)

今の私の思考力でイメージできるのは、「波」もしくは「波動」だけがある状態であるということである。波動には緩急がある。だからこそ波なのだが、どっちつかずで曖昧な状態とでも言うのだろうか、「差」という形ではっきりと存在を固定したいのだが、これが出来ずにいる状態である。しかしこの「差以前の波動」が、最初の離散化のための下地になる。「揺らぎ」とでも言った方がいいのかもしれない。揺らいでいるだけで何も残らない状態である。

空間もないのに波が生まれるのか、波や波動は何処から来るのかといった問いが当然生まれるのであるが、私はとりあえず「時空間」を支える物質レベルの記憶の生成から始める。しかし、これを私はビッグバンとは同一視しない。ビッグバン理論では宇宙空間全体が生まれた事になるが、記憶科学では宇宙全体という大風呂敷を広げる前に、我々の住んでいる地球を生んだ太陽系の誕生から考える。そして無数の他の「太陽系」の集合体が宇宙を形成するのである。

「離散化」を、もう少し具体的に説明しようとすると「二極化」と「座標化」ということになる。誤解を恐れずに離散化をモデル化をしてみると、原始の「揺らぎ」が螺旋運動を始めることで、そこに決定的な「差」が生じさせる事になる「極」が生まれる。この「二極化」により、前と後という「時間的差」が生じ、次に、こことあそこという「空間的差」が生じる事になる。そして、この時間的・空間的差を固定するもの、つまり「記憶」が生まれるのである。これが、我々が通常「物質」と呼ぶものである。

時間的・空間的な差が、存続することの意味は、同じものは2つと存在しない事を意味している。形を持ったものは常に変化している。我々の目には同じ様にみえている物体も実はその内部で変化しているのである。これは同じ元素と分類される原子や、同じ化合物と分類される分子に「同じものは無いという事」を意味する。これは「一つ一つが個」であり「差」を持ってはいるが、それらが集まると同じカテゴリーに属する「全体/団体」を作る事になる。フランス語で言う所の、単数の定冠詞「le / la」と複数の定冠詞「les」が、これに非常に近いと考えている。一つ一つは差を持ち違うが、同じカテゴリーに分類されるもの、これを私は「個体性理論」とし構築しようとしている。

「揺らぎの離散化」によって生まれた記憶は、引き続き「揺らぎを原動力」として「進化」を続ける。離散化というのは、物資的記憶の発生で終わるのではなく、記憶を更に進化させるため常に働いているのである。ある一定量の物質を外側に吐き出した後も、揺らぎは螺旋運動を続け、太陽を中心として公転運動をする惑星が形成され、地球上で生命を生み、最終的に人間という「個体の記憶を進化させる媒体」を作るに至る。

「揺らぎ」自体は、何の「力」も持たないものだろうが、これが螺旋運動で集約されることで、外の「揺らぎ」を一種の推進力として利用する事が可能になると考える。つまり、揺らぎを利用した一種の「エンジン」の様なものであるが、これは永久機関ではない。それは離散化によって生まれた「外側の揺らぎ」をとりこむことで運動が持続されるからである。

記憶に議論を戻そう。記憶というのは「差」が作るものであり、「差」が記憶そのものであるとも言える。前と後が違う事が「持続すること」が時間を作り、こことあそこが違う事が「持続すること」が空間を作る。生命体の「経験の記憶」という概念にとらわれていては理解が出来ない。存在というのは、記憶なのである。この場合、「存続」とした方が分かりやすいかもしれない。

続く。。。






Last updated  2014.07.18 07:59:29
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.25
カテゴリ:差異
今,漠然と考えているのだが、離散化は「差」を原動力にしているという事。これをもう少しこれから整理する必要がある。






Last updated  2013.03.25 21:53:08
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.16
カテゴリ:差異
ソシュールのシーニュ理論の核をなすのが「差異」という概念である。1つ1つそれぞれのシーニュは、それ自体では存在することができず、同じシステムを構成する他のシーニュとの関係において定義される。つまり他のシーニュではないということで、逆にその存在が明らかになるということ。これをnegatifであると表現するが、これは一般的な「否定的」という意味ではないので気をつけて欲しい。

このことを言語学の授業の最初の方で習った人もいると思いますが、おかしな事に、それが終わると全く言語学では扱われなくなってしまう。音韻論の音素の説明で、離散性と一緒に少し出てくるものの、一元後の音素が全部弁別出来た段階でやはり出番がなくなってしまう。差異で出来ている関係が一体なんなのか、どうしてそうなるのか、探ろうという人はあまりいない。物理学では原子の発見にあきたらず、その先に何があるのかを知ろうと言う学者が多いが、それとは対照的である。

もうひとつ、言語が差異で出来ていると考えられていることは、実は大変な事なのである。科学認識論上の一大事であると考えていい。これは、一般の「科学」には適用しない概念なのである。というのも、科学の対象物は皆、それぞれ個別に定義が可能であって、他の構成要素に依存しているとは考えられていないからである。

この点から考えても、言語の科学(言語学ではない)のもつ将来性は大きいと思う。今は詳しく説明出来る自信がないが、そのうち考えたまた熟したら書きたいと思う。将来、この論理で成り立っているのが、言語だけではないと分かる日がきっと来るはずである。そのとき、今の科学を超えた新しい科学が出来る、つまり大きなパラダイムシフトが起きるだろう。その時がいつになるか分からないが、科学が進歩しているのであれば、いつかそこまでいくはずである。







Last updated  2009.04.16 06:51:48
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.