614075 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ 今、ふと思ったのですが、…
青 天@ Re[2]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) CLG2009さんへ コメント、ありがとうござ…
CLG2009@ Re[1]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ >>>古事記の上の巻(神…
青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…

Freepage List

Headline News

全2件 (2件中 1-2件目)

1

二重分節 Double articulation

2013.04.19
XML

前々から気になってはいたるのだが、どの言語にもあると思われる「アクセント」や「声調」が、言語の音韻体系を形成する上で重要な役割を果たしているのだと最近強く感じている。ここでいう「アクセント」は、フランス語の文の最終音節のアクセントも含める。中国語や英語などの場合、声調やアクセントの違いで大きく意味が変わる場合があるが(日本語も同様)、フランス語の場合、アクセントによって意味が変わる事がない。このためか、フランス語は、平坦、しかし明瞭な発音の言語である。

音韻体系の基本は、発声の「子音と母音への二極化」である。しかし、これだかだとあまりに静的でダイナミックな動きはない。記憶科学の基本は螺旋運動である。つまり音韻体系が螺旋運動を持つためには、何か別の力が必要なのではと考え、アクセントがこれに該当するのではないと考えたのだ。

「今、起きた事」は、聴覚であれ視覚であれ、受け止めたはじから失われて行く。これを、意識という「今」にとどめ、知覚を形成し、さらにこれを認知し、行動を起こせるのは記憶による意識の構築がなされているからである。知覚自体を記憶という概念で説明することで、人間の役割を見かけ上排除する事ができる。これは認知科学(心理学)ではなく、記憶科学であるというのは、ここになる。

最終的には、記憶がなんであるかという事を、皆が理解しない事には始まらないが、これが意識解明の鍵である事はもう間違いがないと思う。






Last updated  2013.04.19 19:15:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.17
二重分節という考え方はフランスの言語学者、アンドレ=マルチネが提唱したものである。発話は意味のある単位にまず分節され、次にそれが意味のない音素という音韻学上の単位に分節されるという考えてある。

意味のある単位に分節される事はそれでいいだろうが、問題は二番目の分節である。本当に独立した単位として考えていいのかという事である。「離散性と音韻論」のところで換入(Commutation)というオペレーションを説明したが、音声言語のシニフィアン間の差異は、あくまでシーニュが基本だという事。確かに音声言語のシニフィアンは、一定数の音素の組み合わせで構成されている。この「利点」があるからこそ音声言語を使う人達は、いち早く書記言語を獲得したのである。しかしこれを「単位」としてしまっては離散性の原則に反する。

ここで何故この2つ目の単位がまことしやかに通用するかと言うと、言語の第一条件が「音声」とされているからである。当のマルチネの言語理論の中には、音声が言語の条件に1つに入っていた。(彼の中には手話は存在しなかったようである。少なくとも私の読んだ本を書いた時点においては。)このため、始めから「母音・子音」の区別も存在している。あとは音声学上の特長の違いで説明が出来ると言うわけである。

こうなる理由のもう1つは、一般的に既に書き留められたコーパスを使って研究をする時、本来なら対話者(あるいは第三者)が発したものであるにも関わらず、研究者が自分の頭の中でコーパスを再構築してしまうため、視点が「話者」のものになってしまうと言う矛盾である。これを解消する為には、対話者(第三者)が発したものを聴覚で聞き取るというオペレーションをモデル化する必要がある。しかも相手が何を話すか予め分かっていない状況を想定する必要がある。これでないと矛盾を助長する事になる。

後もう1つ、この場合でも特定の言語の音韻システムが、話者の中でも確率されている必要がある。いくら音韻論上の知識があっても「リスニングコンプリヘンション」は、その言語に精通する事でしか得られない。つまりこれはまた別に分析する必要があると言う事。

手話に関しては、これはない。各部(頭、腕、手、指、胴体、脚等)に分節した体を視覚によって知覚する事により、既にシニフィアン識別の為の基本条件は既にそろっているのである。ただ「知らないサイン」に関しては、当然認識出来ないが、知らなくてもどういう形、動きなのかを理解し、反復する事さえ出来る。この差は大きい。







Last updated  2009.04.17 18:46:52
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.