585564 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

佐藤直幹@ Re:ゾウの時間 ネズミの時間(07/27) New! ともちゃんさんへ 動物は全て同じ時間を…
ともちゃん@ ゾウの時間 ネズミの時間 New! 桜葉さんの「振動」に関する考察を読んで…
佐藤直幹@ Re[1]:何故、生命体は動くのか、認知の起源は何か。。。(07/27) 桜葉佳代さんへ コメントありがとうござ…
桜葉佳代@ Re:何故、生命体は動くのか、認知の起源は何か。。。(07/27) 先日はありがとうございました。 ツイート…
佐藤直幹@ Re[3]:何故、生命体は動くのか、認知の起源は何か。。。(07/27) ともちゃんさんへ ご理解いただきありが…

Freepage List

Headline News

全10件 (10件中 1-10件目)

1

チョムスキーの評価

2016.06.08
XML
時々、気分の変えるためにユーチューブで言語関係のビデオを視聴する。その時のキーワードは、language であったり intelligence である。

Langage theory で検索すると、大体チョムスキーのビデオが引っかかる。今日、久しぶりに色々と聞いてみて、自分の考えている記憶言語学との違いがあまりにもあることがわかった。

まずは、言語の定義。チョムスキーは言語を基本的にコミュニケーションの道具あるいは特殊能力としてか見ていない。記憶科学では、人間はビッグバンで生まれた記憶を進化させるための3つ目のバトンを受け取った存在であり、言語を使って「記憶」を進化させている。

チョムスキーの場合、言語を特殊能力と定義し、それを実行する能力を人間は脳に生まれながらに持っているとしている。ここで、実は研究の対象が微妙にずれる。彼の理論では、言語が何かを探るのではなく、全ての言語はある一定の構造をもっていて、子供たちはその構造の基礎を生まれながらに知っているため、地球上のどんな言葉であっても、それを学び取ることができるという言語習得に関心が移ってしまう。

そして言語のモデルは、現存している全ての(聴覚)言語である。つまり、子供が英語やフランス語、あるいは日本語やタガログ語を話せば、人間は言語を話すことができるという論理展開になる。つまり、言語とは何であるかという根本的な問いが置き去りになっているのに、誰もそれを問題にしていないのだ。

ここで「ランゲージアクィジションデバイス」があるという反論が出てくるのだろうが、これは、聴覚言語の構造を解析して、言語には名詞と動詞があって、その順序を組み合わせて意味を作っている程度の説明しかできない。しかも、それは無意識に働くというのだから、完全なブラックボックスである。

しかし、こういうプレゼンテーションをした方が、「それらしく」思えるだろうことは予想がつく。我々は、太陽系の誕生から記憶の進化のバトンを受け取る形で言語を話すことができるようになったというのはあまりに突拍子がないだろう。

しかし将来、チョムスキーは、中世の錬金術師と同じような扱いを受けることになるだろう。それは間違いない。






Last updated  2016.06.08 08:02:37
コメント(3) | コメントを書く
2015.09.17
チョムスキーは、言語に共通する深層構造があるとした。これが所謂、普遍文法である。そして、その1つの例として「リカージョン(再帰性)」を挙げている。

チョムスキーのいう「リカージョン」は、私の考える「意識における自己同一性の確立サイクル」のことである。この点では、彼の指摘は間違ってはいないが、彼の仮定の最大の問題は、これを人間が持っている固有の特徴としてしまい、それ以上の議論を受け付けなかったことにある。つまり、どうしてこの特徴が人間という種に生まれたのかに関してはチョムスキーは全く言及していない。

これに加えて、彼が「リカージョン」を1つの独立した「文」の中に起きると考えたことも、不毛な議論を生むことになった。これに対する「例外」として、既にアマゾンのピダハン語の例が挙げられる。ピダハン族は、「永遠に続くリカージョン」を、1つの文の中で実現は出来ないが、れっきとした言語を話す。これはチョムスキーが文法という人間(特に文字を発明し使用する人間)が作り上げた概念にとらわれてしまい、言語の本質を見失ってしまったを示している。

チョムスキーの犯した間違いのもう1つは、言語を定義するときに聴覚言語を優先し、視覚言語(手話)をないがしろにしたことである。このため、チョムスキー言語学をベースにしているアメリカの手話言語学者達は、手話を「聴覚言語の視覚バージョン」と見ている節がある。手話を、1つの独立した言語とみなしていないのである。

様々な言語に普遍的な共通点があるという指摘自体には私も賛同する。しかし、同じ人間であるのだから、これは一種当たり前のことである。わざわざ取り立てて指摘することではない。指摘するとすればどうしてその共通点が存在するのだということだろう。

チョムスキーが「リカージョン」に注目した点は評価して問題ない。しかし彼は、人間とは何か、宇宙とは何かという問いに至ることはなかった。まだ存命であるようだが、彼がこの疑問を持つことは無いだろう。

アメリカという歴史の浅い国で生まれた言語学は、やはり短命に終わる運命にあったのかもしれない。






Last updated  2015.09.17 06:21:52
コメント(2) | コメントを書く
2014.10.01

このビデオを見た感想の続き。

http://www.youtube.com/watch?v=LLrvfYVXakU

エヴェレット氏の議論の中で、言語は(第一言語)は、子供のアイデンティティーを形成すると言っていた。

これはとても重要だと思うが、彼はアイデンティティーを文化と直結させてしまい、宇宙のアイデンティティーの進化の先に人間のアイデンティティーがあることには気がついていない。

チョムスキーのいうリカージョン(再帰)も、これ自体が問題なのではない。これは(ピダハン語以外のほとんどの)言語の持つ共通な現象であり、そこに何か真実が隠されていることは明らかである。

リカージョンが敵なのではない。少々作戦を変更する必要がある。






Last updated  2014.10.01 09:49:57
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.19
今朝、ようやく「ピダハン」を読み終わった。

読み終わってみて、改めて本の日本語のタイトルの意味がよく分かった。

これは完全にチョムスキーの言語学、「言語本能」に対する反論である。しかし、チョムスキーが陥った「認知の罠」に、この著者も今、正に陥りそうになっている。いやもう落ちているかも知れない。

彼は文法ではなく文化が鍵だと考えている。しかし、それはチョムスキーが文法という規則性に注目したのを、文化という社会的・認知的制約に置き換えるに過ぎない。言語の本質は、もっと先にある。小手先だけの改革では、クーンのいう「パラダイムシフト」は起こせない。

しかし、彼のピダハン語の観察があったおかげで、チョムスキー理論が、自分に都合のよいように対象を歪めることで、理論の正当性を主張していることを証明することができた。また彼らの主張が、揺らいでいることは、この本を読んでよく分かった。これについては少し安心した。

日本語で読んだので、英語での表現にもう一度触れる必要がある。それともう一つの著書も読む価値があるかもしれない。彼が、文化を「アイデンティティー/記憶」に置き換えることに気づけば、私の理論の賛同者になってもらえるかもしれない。






Last updated  2014.09.19 17:41:33
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.17
ピダハンの本を読み進めると、やはりチョムスキーの功罪がどうしても浮かんでくる。

言語の定義を確定させたことで、学問の枠が確立し、それまで研究対象でなかったものも扱われるようになる。手話に関しては、チョムスキーの仕事には確かに「功」の部分もある。しかし、結局のところは、本質からずれたところで手話が言語として定義されてしまったことで、これを修正するのが非常に難しくなっている現実がある。これは正に「罪」である。

私は、記憶の進化という、太陽系、地球の誕生を含んだ動きの中で言語を捉えようとしている。動物から人間が進化したのであり、そのどちらの状態もきちんと定義することが必要とずっと考えてきたが、チョムスキーの場合、人間しかいない状況を想定して言語を定義している。人間は言語を使う本能を持っているというが、その本能は一体どこから来るのか、彼の理論の中には、こういう問題提起さえない。

最近の投稿がチョムスキー批判ばかりになっているが、思いついたときに一つでも多く書き込んでおこうと思う。彼の理論を覆すにはまだまだ長い道のりがあるのだから。






Last updated  2014.09.17 05:18:43
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.09
以前からチョムスキーの普遍文法に関しては胡散臭いと思っていたが、ピダハン語をしることにより、普遍文法の嘘のからくりがようやく解けた。

彼の使ったレトリックは、誰もが反論できないような社会的な通念を前面に打ち出すことである。

まずは、文法という規則で言語が成り立っているという主張。これは西欧で昔から受け継がれている考え方であり、これ自体を問題視する人はあまりいないということ。また、彼の母国語である「英語」が、普遍文法のモデルとなっている点も見逃してはならない。

そして、もう一つは、全ての言語は普遍的な文法構造を持っているという点。これは、全ての人間は平等である、というのと大差ない。これに異を唱えることは、人間が平等に作られていないことを暗に示唆しかねないことになる。実際、ピダハン語研究のエヴェレット氏には、このような目がむけられている。

最後の一つは、普遍文法は人間が遺伝的に持っているということ。最近の類人猿学の研究を見ても、人間だけが言語を使うことが出来るということは疑いない事実であるが、チョムスキーは、その言語のメカニズムが人間の意識ないにどのようにして生まれるかという疑問を通すことなく、単に「遺伝だから」と片付ける。

チョムスキーにとって普遍文法は、彼自身の人間の定義の裏返しなのである。彼自身の定義の裏返しとも言えるかもしれない。

このチョムスキーの普遍文法に対して、ピダハン語の存在は大きな疑問を投げかける。リカージョン(再帰)を持たないということは、ピダハン語が「劣っている」とかいうのではない。言語の進化の途中で行われた最適化の一つの結果なのである。そして、このリカージョンも、人間のアイデンティティーの進化の結果、人間が発明し獲得した「文法的戦略」であるといえる。

チョムスキーは、自分が間違っているとは思っていないだろう。しかし、彼の普遍文法は、いつか過去のものとなる日がくる。そのとき、アメリカ言語学を袋小路に誘い込んだ彼の功罪が問われる日が来るだろう。






Last updated  2014.09.09 07:05:52
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.24

今、広島でホテル住まいをしている。後、数日で関西空港からフランスに帰る。

深夜、何気なくつけたテレビで、アマゾンの少数民族ピダハンの人々の話す言葉のことを扱ったルポをやっていた。ピダハン族に布教活動に来たダニエル・エヴェレットというアメリカ人元宣教師の言語学の研究が、チョムスキーが提唱した普遍文法の「リカージョン(再帰性)」に異を唱えており、これが証明されれば(アメリカ)言語学を否定しかねないという内容だった。

エヴェレット氏自体は、元々はチョムスキーの理論を学んで言語学の世界に入ったのであるが、ピダハン語が普遍文法のリカージョンを持たない言語であることの確信を持ち、チョムスキーの理論に真っ向から対抗する学説を打ち立てたのである。

(これは私にとっては、言語の本質とは全く関係のないところで行われている全くもって不毛な議論だ。これに関しては、このブログで何度も書いているので、この投稿で改めては書かないが、本当にこんな無駄な議論がいつまで続くのだろうかと思ってしまう。)

実はエヴェレット氏は、初めはピダハンにキリスト教の伝道のために来たのだが、ピダハンの世界観に触れ、無神論者になっている。その後、教会を去り、離婚し、言語学者に転向する、チョムスキー信仰一辺倒のアメリカ言語学が彼の研究の出発点ではあったが、結局彼は同じようにチョムスキー教にも反旗を翻した。彼は二度にわたり「無神論者」を選んだといえる。

余談だが、これは日本にカトリック教の布教に来た宣教師たちが、当時の日本人の世界観や価値観を前にして、キリスト教を布教することが難しく悩んでいたのと重なる。宣教師は、布教する対象を、神を知らない救われない人々と決め付けることから始まるが、当時の日本人の意識は非常に高く、彼らでは歯が立たなかったのだ。今でも、キリスト教を選択する人たちが非常に少ないのは、今の日本人がこの伝統を脈々と受け継いでいるといえるのかも知れない。

彼の著書が日本語に翻訳されているので、それを読んでみる必要があると思うが、私なりの「リカージョンが無い言語の存在理由」は考えられる。今日は時間が無いので、次回の投稿に回したいと思う。それと、大学と離れてしまったので、どうしても今の言語学に関する情報が不足がちになるのは、これから少し考えたいと思う。






Last updated  2014.08.25 02:18:38
コメント(2) | コメントを書く
2013.10.18
前々から思っているのだが、どうしてチョムスキーがもてはやされているのか、どうしても理解に苦しむ。

彼は、人間は言語を学ぶ能力を先天的に持っていると言ったと、私は理解しているのだが、人間だけが言葉を理解出来ている事は、一種衆知の事実である。チョムスキーが言わなくても、薄々皆分かっていたはずだ。

それで、どうしてそれが人間だけなのか、それが一番な問題なはずである。しかし彼はこの人間特有のメカニズムについて全く触れる事なく、いつの間にかアメリカを中心とした言語学界の基礎理論を構築した人間として君臨している。

言語に本当に興味があるのであれば、こんな曖昧ないい方でなく、もっと科学的に何が違うのかを説明するべきであろう。少なくとも私は、そう思って自分の理論を考えだした。

日本の言語学界もアメリカ言語学にかなり洗脳されているようだが、これから新しく言語学をする人、まだ大学に行っていない人、それに別の分野で新しい科学の可能性を模索している人たちとコラボレーションで来たらと思う。






Last updated  2013.10.18 08:18:38
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.01
友達のフェースブックにチョムスキーが5月末にフランスに来てコレージュ・ド・フランスで講演会をするという情報がのっていた。題目は28日が'Power-hunger tempered by self-deception'、31日がUnderstanding and Interpretating : Language and Beyondということ。なにやら哲学者として招待されるらしい。もう言語学者としては認識されていないのが面白い。

興味本位に行ってみようかと思うが、何か時間の無駄のような気もする。どちらにしろコレージュ・ド・フランスのサイトにビデオが載るようなのでそちらでも見ることが出来る。講演は英語なので興味のある方にリンクをつけておく。フランス語のページの audio/video タブをクリックすれば見れると思う。
http://www.college-de-france.fr

はっきり言って彼が書いた本は読んだことがない。生成文法に関するものは持って入るが全部は読まなかった。世の中には彼を20世紀の偉大な思想家と位置づける人は多いらしい。フランスもそういう運動を無視出来なくなってこういうことを企画するのだろうか。私には分からない。

彼は言語学イコール文法と位置づけてしまった。この呪縛から特にアメリカ言語学界が抜け出せる日が来るのだろうか。日本の言語学もアメリカに右へならえのようなので、心してかかった方がいいと思う。






Last updated  2010.05.01 20:31:00
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.27
既に投稿した記事の仲で、何度かチョムスキーについて書いたが、彼に対する自分の評価はあまり前面に出さなかった。今の言語学の世界で、彼ほど信奉されている人はいないだろうし、特にアメリカの言語学の影響の強い日本においてはなおさらである。逆に、ソシュールを引き合いに出す人はいても、あくまで理論の世界であって、チョムスキーの提唱した生成文法の様な応用範囲はない。

彼の目のつけどころがよかった事は、言語は人間そのものに備わっていると主張した事である。極当たり前の事かもしれないが、これを、普遍文法と言う形で理論化したわけだ。ただ、そこからの方法論に問題があった。既にここで書いたような音韻論の基礎である離散性等はそのままにされ、単語が言語の単位として採用された。単語がどのように出来ているのかについてはも言及せず(最初、意味論は彼の研究から抜け落ちていた)、単語をどう組み合わせてメッセージを構築するのかの説明に終始する事になる。しかもこれを英語で説明しようとしたから、どうしても英語の構造が理論の中心に来てしまう。それ以外の言葉は全てエキゾチックな言葉として研究対象になる(手話も同様)が、それらの言葉の特性は考慮されずに、英語を使って形式化したテストをそのまま応用するだけである。

まだ言語が何なのか自分で探っていた時、生成文法をがどういうものか知ろうと、いくつか授業もとったし、いろんな発表も聞いた。しかし、どれもどこかで言語の本質の追究から外れていると感じ、それ以降、触れていない。チョムスキーが引退(単なる教職からの引退よ言うよりは、彼の言語理論からの引退)した今、どうなっているのか私は把握していないが;きっとアメリカでは、彼の理論が一般化してしまい、スタンダードな理論として定着してしまっているようである。日本もかなりの部分であまり違いはないだろう。

フォーマリゼーション(形式化)を使って、いろんな言語に関する知識を得た点は評価に値するかもしれないが、そうして得た結果が何か人類に対して具体的な利益をもたらすかと言うとどうしても疑問に思ってしまう。理論を肯定する為に、その理論を他言語に応用し、出てきた結果で、元の理論が正しいと言っているように見えてしまう。理論の確認作業は確かに大切だが(実験科学の分野のように)、それ自体が目的になってしまうと、何故言語学をやっているのか怪しくなってしまう。科学なのであれば、人間世界に還元する成果があってもいいはずだと思うのだが、生成文法の研究にはいつも難解な数式が出てきて、数学が出来なければ何も分からない事になってしまう。今はそんな事はないのかもしれないが、私の聞いた発表のほとんどはこうであった。

個人的に私はチョムスキーの事を言語学者だと見なしてはいない。これを聞いてびっくりする人がいるかもしれないが、どうして彼の理論がこんなに広まったのか今でも信じられない。彼の真の歴史的評価が出るのはまだまだ先の事だろう。それまで、毎年彼の理論を学んだ人達が大勢大学から輩出される。これは言語学に限らない。言語を扱う他の分野の人達もチョムスキー理論を使っているからだ。言語の本質に純粋な興味をもって、このような理論を鵜呑みにしない人達が1人でも多く出てくる事を期待するのみである。







Last updated  2009.04.27 09:16:07
コメント(3) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.