8934232 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JoonMania ( 俊狂亭 )

Joon's

はじめに、このブログについて


皆さま、ようこそ「JoonMania」ブログへお越しくださいました。
こちらは韓国の俳優、ペ・ヨンジュンさん(BaeYongJoon)の非公式ファンブログです。


●「俊狂亭」の「俊」は
「勇俊」(ペ・ヨンジュンさんの漢字名「裴勇俊」)を表し、
「狂」は、「常軌を逸した」という意味ではなく、
「世間に同調せず、自分の世界に身を置く=世間様からはちょっと
“やまひ”がかかっていると言われようと、そんなものはどこ吹く風、
私は私の信じるところで生きてまいります」(笑)、というような
亭主の「志」(こころざし)を表すつもりで使っています。

またこちらに集う皆さまも、
日々の暮らしの中では、家事や子育て、仕事に、
ご家族のご病人の介護やご自身の病気など、さまざまな事情を抱えて、
現実と向き合っておられることと思います。
それでも、ペ・ヨンジュンさんの前では胸をときめかせる乙女に戻る、
女性とはなんと、たくましい生き物でしょう。

こちらは、そんな妻でも母でもない、会社の肩書きもない、
“素の女性として”楽しめる場所としたいと思っております。


●このブログについて
基本的には、ヨンジュンシの最新のニュースや映像などを
ご紹介しつつ、日々の出来事や思いなどをつづっています。

また、ヨンジュンシを通じて、その誠実で真摯な生き方や姿勢から
“ヨンジュンシカルチャー”(別項参照)に触れ、
わたしたち自身が前向きに力強く生きる勇気を持つこと、について
考察する場としてもこの場所を、お楽しみいただければと思っております。


●ペ・ヨンジュンという名の道しるべ
彼は季節が変わっても同じ場所で輝きを増しています。彼こそがポラリス。
その星のもとに集うことを、一緒に楽しんでまいりましょう。

そう、彼を深く知らない人にはわからない。
「微笑の貴公子」は、その笑顔の裏に人一倍の強さや誠実さを持っている。
強靭な信念に裏打ちされた、やさしさを持っている。

でもそれに触れない人には「彼の魅力はわからない」のだと思っています。

そして、それに触れてしまったわたしたちは…
もう、彼を知る前の自分には戻れないのです(笑)。



●ペ・ヨンジュンさんの呼び方について
韓国では「~さん」と相手に敬称をつけるときに「~ssi」(シ)と
名前に続けて言います。そのため、このサイトのなかでは、
ペ・ヨンジュンさんのことを、「ヨンジュンシ」と呼ぶことが多いです。

または、「うちの王子」ともよく言います(笑)。

●コメント欄などで「JMさん」と出てくるのは私、JoonManiaを略して
呼んでいただいているもので、「JMFの皆さん」と出てくるのは
JoonManiaファミリー=こちらのブログを訪ねてくださった皆さんのことを
意味しています。そう、いまここを読んで下さっているあなたも
JMFのお一人です。


●こちらのブログでの合言葉・かけ声について
このブログ内では以下の3つの合言葉がよく出てきますので
ご紹介しておきます。

「いつも心に?」「ヨンジュンシ!」
「君は僕の?」 「酸素!」
「僕の家族は?」「走らない!」


「いつも心にヨンジュンシ」とは、日記のタイトルにつけるなどしていた
フレーズで、恋する私たちの気持ちの在りようを表現したものです。
また、「君は僕の酸素」とは、ヨンジュンシとチェ・ジウさんが共演した
JMグローバル浄水器のCMで、ヨンジュンシが言うセリフです。王子が
私たちにとって“酸素”であることに掛けて、これも合言葉となりました。
そして、「僕の家族は走らない」については、王子ファン(家族)の皆さま
には説明の必要がないと思いますが、2004年11月26日の再来日の折に、
王子が日本テレビの密着取材で放った一言が元になっています。
「空港にはファンが大勢来ていましたが、大きな混乱もなくて良かったです
ね」と記者が話しかけたときに、「僕の家族は走ったりしないよ」と、
一言、彼は言ったのでした。ファン(家族)を心から信じていてくれる王子
の信頼ぶりに感動しました。彼の信頼に恥じぬファン(家族)でありたいと
そう思っています。

折に触れてこれらの合言葉を、口にして、胸に刻み、
日々を楽しく過ごしたいと願うものです(笑)。



●このブログを始めたきっかけ・これまでの経緯など
このブログを始めたきっかけや、これまでの経緯については
別館の2004年8月30日の日記に、書いています。ご興味がおありでしたら
どうぞ、ごらんください。
http://blog.livedoor.jp/joonmania/archives/6305806.html



●コメント記入について

 日記のコメント欄には、ヨンジュンシの作品や活動についての
 感想・ご意見などをお願いします。

 (「荒らし」コメントなどについては、JoonMania代理人に
  コメントの削除作業を依頼しています。)
 

 皆さま同士の一対一のやりとりや、おしゃべり・妄想劇場(笑)は
 新設の「妄想劇場」掲示板で、お楽しみください。

 →JoonMania妄想劇場・掲示板へ

 ↑こちらの掲示板は、
 JoonManiaFamily応援隊の有志の皆さんによって
 管理・巡回パトロールされています。

 ※JMF応援隊は当ブログでの募集に応募してくださった有志の皆さんです。




●俊狂亭・別館について
俊狂亭には「別館」がございます。
別館は当初、本館(ココ)の画像や映像などの保管蔵として
作ったものですが、本館とは趣を変えての日記や
皆さんとの散文、詩などの交歓の場としたいと思っております。
もちろん、普通に感想などを書き込んでいただいてもOKです。
そちらも併せてお楽しみくださいませ。

俊狂亭(別館)はこちら。
http://blog.livedoor.jp/joonmania/


俊狂亭・亭主より



--------- お願い ----------


※このブログへのトラックバックは
ペ・ヨンジュンさんに関する内容、読者の皆さんに
有用であると思われるものに限ってお願いします。
商用のものはご遠慮願います。

※相互リンクについても、
ペ・ヨンジュンさん、または韓流俳優さんに関する
内容のファンサイトさんに限らせていただいています。
ご了解くださいませ。

※また、コメント欄には皆さんからの
ペ・ヨンジュンさんに関する情報(URLなど)を歓迎いたします。

※コメント記入については
不特定多数の顔の見えない同士が利用する場です。
仲良く、楽しく、優しく…礼儀を守って、あたたかく、
気持ちの良い場所にしてくださればと思っています。

ただし、いずれもこの場にふさわしくない、と思われるものは
管理人JoonManiaの判断で、削除させていただく場合が
ありますのでご了承くださいませ。

※皆さん全員にコメントのお返事ができない場合が多いです。
ごめんなさい!でも、とても嬉しく読んでいます。

※ご質問・ご要望などがあればJoonManiaへのメッセージで
お願いいたします。(左の「メッセージを送る」機能で)
お返事が遅れるかもしれませんが…。


皆さまのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。


●著作権について
写真などの著作権・肖像権について、著作権所有者に対し、その権利を
侵害する意志のないことを誓います。掲載上、問題があると思われる
権利所有者様は、ご連絡下されば速やかに対処いたします。


以上、ご不明な点があれば
左の「メッセージを送る」機能でお問い合わせください。
ただし、メールチェックのタイミングは深夜になることが多く
返信に時間がかかることもあります。その点はどうぞ、お許しくださいませ。



© Rakuten Group, Inc.