000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JoonMania ( 俊狂亭 )

JMF応援隊からJM語録VOL.1

こちらは、JMF(JoonManiaFamily)応援隊の皆さんがまとめてくださった
わたしの過去の日記からの「JoonMania語録」です。
>皆さん、ありがとうございます~。



JMFの壁パス vol.1 「心に残るジュンマニ語録 2005」

        あるときは少女のように またあるときは厳かに。
        もどかしい気持ちを鮮やかに代弁してくれた あの場面、あの言葉。
        それは、彼の魅力と同じくらいの光を放ち わたしたちの胸に響いています。

        俊狂亭を訪れるみなさんのご協力を得て、
        JoonManiaさんの日記の中から、心に残る言葉を集めてみました。
        折に触れて読み返すたび 前向きに生きる勇気の糧となりますように。
        JoonManiaさんにおかれましても また。

        いつの日も 笑顔とペ・ヨンジュンさんと、そして、JoonManiaさんとともに。


          感謝の気持ちをこめて

                              JoonManiaファミリーより



~♪♪ 第一楽章 ♪♪~

<ある日のつぶやき 編>

はじめまして~。どうぞよろしくです! 【本館2004年12月26日より】
ruruさん
私がロム専から、勇気を出して書き込んだ次の日、ジュンマニさんからいただいた言葉です。
ジュンマニさんの言葉すべてすばらしいのですが、私はこの言葉をいただいた時に、
その日はすごくうれしくて、ジュンマニさんが、すご~く近くに感じました。
Date: 2005/01/23/12:49:08

(きっぱり) 【本館2004年6月27日より】
mizuiroさん
JoonManiaさんの表現、かわゆいですね。
中でもこの(きっぱり)は、大好き(笑)
本館の文章に、たくさん出てきます。

実は、私が真似して使い始めたら、
私のメル友の中で流行っています(笑)
ヨンジュンssiが(きっぱり)おっしゃる方ですもんね。
みんな(きっぱり)言ってみたいって言う潜在的なものが現れてきたのかしら?
Date: 2005/01/21/13:28:06

『恋わずらい、ああ、恋わずらい、恋わずらい。誰がなんと言っても、これはもうコイワズライ!』 【本館2004年6月12日より】
『きゃーきゃーきゃー。(←最近、これ多い・笑)』 【本館2004年6月7日 他】
『いやーん』『うふん』など 【本館】
『ジニョンよ、そんなにしがみつくなぁ~、 とっとと、自分で立って、離れて離れてっ、ほれ!』 【本館2004年7月24日より】
『こら!そこの上戸彩!近づき過ぎ!と画面に向かって声を挙げそうになりました(笑)。
「う、うでをヨンさまの首に回すなあああ」と心の中で叫んでいたのは私だけではないでしょう(笑)』
 【本館2004年6月7日より】
yokojoonさん
ペヨンジュンにカルチャーを見るといった
JoonManiaさん視点での分析にも、う~んと感心させられる心に残る言葉たくさんあると同時に
ペ・ヨンジュンという人〔最初はミニョンさんですね〕を好きになった JoonManiaさんのかわいい女心を綴った言葉も大好きなんです。
・・・共感&同感II!!って感じで嬉しくなるんです。
思わずニッコリしちゃうんですよ~JoonManiaさん。
Date: 2005/01/31/03:14:05

はぁ~、ふう~、ふぇぇん、ぬぁにぃ~、いや~ん、など 【あらゆる場面で】
うっかりジュンマニ兵衛 【本館2004年12月7日より】
たくママさん
かわいいので、これっ!
ん~~~っもっ~、ジュンマニさんったら可愛いだからっ♪
王子の代わりにはなれないけど、ハグハグしたくなります!!
あっ12月7日の「うっかりジュンマニ兵衛」
も可愛い。やっぱりハグハグしたいよ~。
その他いろいろありますけど、ここまでにしときます。
もしかして一番乗りかな?
Date: 2005/01/20/07:22:06

ちょいゆるJoonMania 【本館2004年10月12日】
うっふんなJoonMania 【本館2004年12月16日】
まったりJoonMania(HN) 【本館2004年12月9日】
ずっとお掃除していたいJoonMania 【本館2004年12月30日】
まったくおちゃめなJoonMania 【本館2005年1月5日】
まやこりんさん
ジューンマニア冠修飾語編。
JMさんの冠修飾語にいっつも、ノックダウン状態。大好き!!!
JMFCGのみなさん、ごめんね、ここ、1ツリー1タイトルの禁をやぶっとります。
Date: 2005/01/29/14:20:25

一日一王子 【本館2005年1月31日より】
rittymomさん
これも、語録に入れたいと思って、投稿します。
この頃では、一日に一回はお顔を拝まないと、禁断症状が出ます。
それも、だんだん、動いているお姿とお声とが無いと。
だから、韓国では、かえって、フラストレーションもあったぐらい。
韓国の家族の方は、ずっとこの状態に耐えているんですよね。
Date: 2005/01/31/10:11:30

こちら 【本館2004年6月7日から始まっています】
サラさん
これは、語録には、ちょっとふさわしくないかもしれませんが、何かを貼り付けてくださる時のジュンマニさんの、綺麗な言葉使いです。
「こちら」を。ポチっと押す時の、ワクワク感が大好きです。
そして、この言葉使いが、何より、大好きです。
Date: 2005/01/31/02:23:40

今日のおまけ 【本館2004年6月21日から】
サラさん
しつこく、もう一つ、すみません。
これは、日記の最後に、ジュンマニさんが、ヨンジュンシーの写真を貼り付けて下さる時に使われていた言葉です。
ジュンマニさんの、選択のセンスが素敵なので、これが毎日とても楽しみで訪れるようになりました。
へこむようなことがあった時も、この言葉に、どんなに元気を頂いたか知れません。
感謝の気持ちを込めて、書かせて頂きました。
「笑顔の壁パス」が一番好きなのですが、何人かの方がもう書かれていますので、次に私の心に残っている言葉です。
Date: 2005/01/31/02:33:07

とりあえず、ここまでで更新します 【本館2005年1月10日 他すでに消えているものも】
本屋さん
ジュンマニさんには嫌な言葉かもしれないですが、「忙しい中、今日もありがとう」「お疲れなのね。大丈夫かしら」とか、
JMさんと私たちをつなぐ大事な言葉。
パソコンの向こうでがんばっていらっしゃる姿を思い浮かべて感謝してます。
Date: 2005/01/28/18:08:39


<ちょっとデビルな乙女心♪ 編>

私の中の小さなチェリン!? 【本館2004年5月17日より】
ころ美さん

女のイヤな部分の結晶、それがチェリンですよね。
でも、私の心の中にも、小さなチェリンがいます。

<中略>
…だから、オンナは恐ろしいって?
 いえいえ、
 「小さなチェリン」は誰の心にも住んでいると
 思います。

<中略>
ま、とにかく結論。
自分の中の「小さなチェリン」を認識しつつ、
うまく賢く付き合っていくのが、よろしいかと。

(自分の中のチェリンを大きく育てると失敗する、と
 冬ソナが教えてくれている・笑)

<後略>

ジュンマニさんが日記を始めて1週間しか経っていない頃なので、
リアルタイムでは読んでいなかった日記です。
6月半ばぐらいからジュンマニさんのブログにハマり、
その後、過去への旅路をしてこの日に辿り着きました。
私がジュンマニさんのブログに感じている魅力は、
<1>王子に対するオンナゴコロを見事に代弁してくれること と
<2>洒落の効いたキャッチコピーが随所にちりばめられていること です。
最初にこの日の日記を読んだ時、うまいタイトルとその内容にひき込まれ、
「うわぁ、私の中にもチェリンいるかも!?」と笑ってしまいました。
それから事あるごとに、自分の中に"ぷち・チェリン"を見つけては、
「あー、いかんいかん。ぷち・チェリンやっちまったよ~」
と反省したり、ほくそ笑んだりすることが、マイブームになっています(今でも)。
Date: 2005/02/01/00:01:00

離れてる こころの隙間に パクヨンハ 【本館2004年7月12日より】
白詰草さん
妄想劇場は初めてで、ちょっとキンチョーしています。
せっかくのJMF応援隊の皆様からの呼びかけに、
いろいろ考えていましたが、
皆様もう既に上げてくださったものばかり。
これは、お気に入りというのではないのですが、
ジュンマニさんにもこういう時があったな、
ということで。

この頃、まだヨンジュンシを知ったばかりの
私は「えー、もう違う人に行ってしまうの?」と少々あせりました。
Date: 2005/01/29/23:31:54


<捨てられないオンナ 編>

相手のために傷つくことを怖れない恋愛 【本館2004年5月30日より】
まるしあんさん
すごいことになってきましたね おめでとうございます

JoonManiaさんが 捨てられないオンナさんだったとき テーマでなく このお名前に惹かれて 
「何を捨てられないの?」とおじゃましたときからロムさせていただいています
そして ヨンジュンシのことも ジュンマニさんの言葉で だんだん私の中に入ってきたのです そのきっかけの言葉は・・・

「自分の気持ちに正直に生きたいと思う気持ちと
同じぐらいの強い気持ちで
傷つくことを怖れずに、
相手の幸せを願うこと が共存するような恋愛が、いいですね。」

                                 5月30日  相手のために傷つくことを怖れない恋愛より

ミニョンさんの愛に 参ってしまったジュンマニさんが 
自分を高めようとする瞬間の言葉
あーこんなふうにヨンジュンシを愛してるんだわ この人!と
だんだん惹かれていったのでした
Date: 2005/01/20/16:23:18

相手のために傷つくことを怖れない恋愛 【本館2004年5月30日より】
のんさん

「愛」は自分の幸せよりも相手の幸せを願うこと。冬ソナの魅力はいろいろあるけど、
私はこの冬ソナ全体に流れる“通奏低音”に惹かれています。

ああああ。
自分の気持ちに正直に生きたいと思う気持ちと
同じぐらいの強い気持ちで傷つくことを怖れずに、相手の幸せを願うことが共存するような恋愛が、いいですね。


私がとても共感した日記でした。
これまでは、ただ単に「冬ソナ」のファンとしてテレビやJoonManiaさんの日記を見ていましたが、初めてJoonManiaさんを身近に(勝手に)感じたのです。「あぁ、この人もこういう経験があるんだ」って。その後もこの話題が出たり、読み手のみなさんの様々な話も飛び出して、ヨンジュンシだけの繋がりではなく、ファミリー的なものが少しずつ芽生えてきた・・そんな気がします。
 Date: 2005/01/29/13:57:25

恋わずらい、ああ、恋わずらい、恋わずらい 【本館2004年6月12日より】
Teachaさん
この日の日記の一番はじめに書かれたことばで、その後、
『誰がなんと言っても、これはもうコイワズライ!(ため息)』と続きます。

私が『冬ソナ風邪』であちこちさまよったあげくたどりついた、この日記の過去をさかのぼる旅をして、最初に強烈に惹きつけられたことば。
『ジュンマニ中毒』なんてことばのない頃から、私は中毒患者になりました。
この人の「恋わずらい」に引きずられて、『ヨンフルエンザ』を発症したようなものなのです。
いまだに私は、ヨンジュンファンというより、JoonManiaファンなのかもしれないとよく思います。
Date: 2005/01/22/23:35:45

かなわなかった恋。。。。 【本館2004年6月20日より】
しまじろーさん
元気の出るオマジナイ。「いつも~ココロにぃ~?・・・」
ダントツ一位!これでJMにハマリマシタ。(∴新参者デス)

でも、アタシの心の残る言葉は、やはりこれ。
「6月20日」の日記に登場する。。。。
「かなわなかった恋の決着付け強盗」しかないでしょ?調子にのってあらぬことまで口走ってしまったくらいですから。
でも、過去日記の旅で、たーくさんの方が、つい手を滑らせて書き込まれた現場に遭遇して、安心しましたけれど(笑)
以下ちょこっと。抜粋です。

…かなわなかった過去の恋に決着をつける。
そうか、だから私はこの物語に惹かれていたのか…?と。

だれにも失恋の一つや二つの経験はあるものです。
でも、実は私の中には一つ、うまく決着の付いていない過去の恋。

人の気持ちを動かすものは、
やはり、(たとえそれがドラマの中のことであっても)
人の強い気持ちなんだなと改めて思ったのでした。

決着の付いていない恋の相手が
死んでしまう前に、自然な形でまた出会えたら
きちんと話がしたいな、とそう思います。
【6/20の日記より】

かなわなかった恋の決着付け強盗 !?

説教強盗ならぬ、“昔の恋の決着付け強盗”みたいなことを
やらかしてしまったのでした(大汗)。
【6/22の日記より】

「ありがとう」って言ってもらえたJMさん。よかったね。
めっちゃ。この日の日記。好きです。
Date: 2005/01/22/17:45:12

ネットの海で溺れてもいい! 【別館2004年8月26日より】
マリンさん

もっと素敵なヨンさまの姿に出会えるなら
ネットの海で溺れてもいい!


☆こんな何気ない一言も素敵ですね♪
☆確かに来日時はアップアップ状態でした。
でも今は…また溺れたいよぉ~。
Date: 2005/01/22/22:02:52

決着なんか、つけるこたないわよ 【本館 2004年9月5日より】
花薫さん
迷った末、日記の中の「心に残った言葉」という意味で、投稿します。
JoonManiaさんのお友達の言葉だそうです。

どんなにいまが幸せでも、決して消えることなく こころのどこかに眠っている
「かなわなかった過去の恋」への想い。

ツワモノのお友達さんは、のたもーたそうです。

・「なんで、自分の気持ちに
 決着なんかつけなくちゃいけないのよ?」と。
・「決着なんか、つけるこたないわよ。
 ずっと好きでいてもいいでしょ。
 別にダンナに過去の恋を告白するわけじゃないし」
・「だからいつ再会しても大丈夫なように、
 いつまでもキレイでいなけりゃダメなのよっ」と。


お友達さん、大好きです~。
この日から、妙におしゃれしたくなりました。
JoonManiaさん、素敵なお友達ですね。
Date: 2005/01/31/00:55:08

みーんと泣きたいときは。。。 【別館2004年9月26日より】
しまじろーさん
↓この「みーん。」に共鳴しました!

毎日を暮らしていく中には、楽しいこともあるけれど、つらいこともある。絶句したり、うなったり、
ときには「みーん」と泣きたくなるようなこともある。
そんなとき、いつもなら「焦っても、落ち込んでも始まらない。美味しいものでもお腹いっぱい食べて、
愛しいダーリンに足でもからませながら、ぐっすり眠るのか一番だ」と思っていた。
でも、最近はこの元気回復対処法に、BGMならぬBGV(バックグラウンドビデオ)としての冬ソナが加わった。


そうか、皆んなたいへんだけど、がんばってるんだー。
JMさんのおかげで、冬ソナから王子の心の強さを知り。
日常からの逃避じゃなく、自己啓発できる強さ。教わりました。また感謝の気持ちも。

「みーん。」と泣きたいとき、これからも別館で癒させてください。
Date: 2005/01/22/18:05:47

彼に恋をしていましょう♪ 【本館2004年10月6日より】
potetoさん

彼を信じて、彼に恋をしていましょう。
秋雨の日も、青空の日も、穏やかに微笑んで。
なんて楽しい、なんてうれしい日々(笑)。


ヨンジュンssiに恋をしていると、寂しい時や悲しい時もあったりするわけです。
でも、本当は、楽しいはずで、嬉しいはずだ..と考えさせられます。
この言葉に限らず、ジュンマニさんの日記はいつも私を明るい気持ちにさせてくれます。
Date: 2005/01/31/08:31:28

やっぱり、これは恋。 【別館2004年10月11日より】
ゆめさん

・・・ああ、わたしは本当にこの人に恋をしてるんだな~と“わかる”のだ。
いやもちろん「俳優に恋だなんて馬鹿じゃないの?」という感覚も持ち合わせてはいるつもりだけれど、ここだけは別(笑)。・・・


主人と子供の為に平凡に生きて来た私。
ある時ふと「きゅっとときめくような恋は、もう無いんだろうなぁ」と思い始めた矢先、王子との出会いが・・・
このときめきは恋?いえいえこれは俳優さんに対するただの憧れ!そう思い込ませてきた私にジュンマニさんのこの言葉。
そう『やっぱり、これは恋』だったんだと確信する事が出来た一言。
 Date: 2005/01/20/16:50:55

目が、耳が、手が、彼を探して、熱くなっていた!(笑)。 【本館2004年10月13日より】
pappさん

いつのまにか、
募る恋心に突き動かされて、嗚呼、
次から次へと“彼”の新しい情報や映像を追う様になって
睡眠不足も何のその。追いかけていきます、どこまでもっ!
と、目を吊り上げていたような毎日でした。

目が、耳が、手が、彼を探して、熱くなっていた!(笑)。


いつも JoonManiaさんの日記には
うんうん!そうそう!って頷いている私ですが、
この日のこのコメントは、正にこの頃の私のことでした(笑)。
あ~、おんなじだ~ってJoonManiaさんを身近に感じられて嬉しかったです。
 Date: 2005/01/24/21:44:23

こんなに確かに、気持ちが動く。胸が熱くなる。涙が出る。 【本館2004年10月15日より】
くらくらさん

こんなことが、本当にあるんだ…という驚きもありました。

ネットでの、言ってみればこの画面に表示される文字だけで
つながった「かかわりあい」のはずなのに、
こんなに確かに、気持ちが動く。胸が熱くなる。涙が出る。
こんなことってあるんだ、と。天の恵み、人の輪。
ありがたいことです。


前日の10/14の日記で私たちの心が一つになって、ジュンマニさんのお友達へのパワーにつながり・・・
ジュンマニさんはその日記を“たからもの”と言って下さいましたが、同時に私たちにとっても“たからもの”となりました。
この二日間 本当に感動し、「ジーン」となっていたので、このジュンマニさんの言葉が胸に沁みて涙が出ました。。。
Date: 2005/01/29/22:33:49

ヨンジュンシの胸にDive…はぁ。 【本館2004年10月16日より】
みゅうさん
今でも我が家で利用させていただいてる一言です。
ジュンマニさんがまだ彼にこのブログのことがバレてなかったころのかわいらしい胸の内がよーくあらわれていました。
このあとすっかり開き直ってましたね。
うちでは、ダンナがそのあとに出てくるジウちゃんの胸にダーイブ♪がお気に入りで
よく発してます。
Date: 2005/01/21/09:54:54

今日もあなたを少しだけ想って眠ろう 【別館 2004年11月07日内 11月08日AM01:02 ご本人による投稿より】
花薫さん
JoonManiaさんのしなやかさを再認識しました。
柔らかく、暖かく、包み込むようで。
全文を投稿したいのですが、そうもいきませんよね。

結びの「今日もあなたを少しだけ想って眠ろう」と、
それに続く余白の静けさが、深夜にいっそう
胸を打ちました。
JoonManiaさん、この夜は良く眠れましたか?
Date: 2005/01/22/22:50:19

大人のオンナは「待つ」ことを楽しみに変える術(すべ)を知っているものです。 【本館2005年1月29日より】
秋結さん

“恋”とは元来、性急なものです。

とくに10代、20代の若い頃の恋は、
自分の気持ちを相手に伝えるにのに、やきもきし、
好きな男の子と目が合ったと言っては、友達に報告したり、
別の誰かとのウワサ話に凹んだり…。
ジェットコースターのような感情の起伏に乗って
すぐに相手の気持ちを確かめようとしたり、するものです。

でも、30代からこっち、「オトナの恋」は
“性急であること”の必然性を感じません。

自分が相手を「好き」だと思う気持ちになったことが
まず、天恵です。
(そうそう、大人のオンナはめったに恋に落ちたりしないのです)



そして、そういう自分の気持ちに戸惑ったりもいたします。
「わたしったら、どうしちゃったのかしら?」と。

そして、それを自分でも「恋」だとハッキリ自覚したとき
大人のオンナは、その恋に生きることを“楽しむ”のです。

夫や家族があればなおさら(笑)。

気持ちを伝え合って、深い関係になることだけが
恋の幸せなゴールではないことを、私たちは知っています。
むしろ、そのゴールを迎えた後に待っている長い時間の営みの中で
いつしか「恋」が、色を変えていくことも知っています。

だからこそ。

かの君への想いが「恋」だと自覚したときから
私たちは、この恋を生活の彩りに、潤いにしてきました。
枯れることのない泉の水のように
かげることのない、あたたかな陽射しのように。

忙しくて気持ちがガサガサするときや
周囲の人たちとの気持ちのやり取りがうまくいかなかったとき、
自分の身体に不調があったとき…。

いろんな場面で、かの君の笑顔を思い出し、言葉を思い出し
こころの支えにしてきました。

だから。
いま、しばらくの間、かの君に会えなくとも
かの君の姿を目にできなくても、不安になることはありません。
さみしいと思う気持ちも、また「恋のうち」です。

「会えない時間が愛を育てる」というのも真実。

大人のオンナは「待つ」ことを楽しみに変える術(すべ)を
知っているものです。

Date: 2005/01/29/22:06:59


<JMFのカルテ 編>

ヨンジュンシ欠乏症 【本館2004年6月30日より】
ミニョンショック症候群 【本館2004年7月3日より】
Teachaさん
他のことばとともに、フリーページの『Syndrome』にまとめられています。
ヨンジュンシを「うちの王子」と呼び、現実のダーリンさんを嫉妬させているのではないかと思うほど、王子にお熱の「うちのジュンマニ姫」ですが、実はヨンハ君によろめいたり、若い頃の王子に違和感(?)のようなものを感じたりして、こんなことばを生み出していました。このあたり、ちょうど私がロムを始めた頃でした。欠乏していると感じるほど王子に恋いこがれてもいなかったし、ショックもなにもミニョンしか知らなかった頃なので、当時は単に面白がって読んでいましたが、のちのちこのことばの意味がよくわかるようになりました。本館のコメント欄で書いた「王子病院」ネタの元はここにあったのでした。
最近は、王子を見られるものはいろいろあるのに、今この瞬間の「ヨンジョンシ欠乏症」です、私。欲張りな家族ですよね。
Date: 2005/01/28/21:31:05

発熱中 。。。  【別館2004年10月17日より】
mahonokaさん

「発熱中」とタイトルを書き込んでから「ヨンジュンシにお熱。」(笑)という意味にとれるなと・・・・・・・どちらも正解。
身体も熱いがヨンジュンシ熱も下がることはない。


体調が悪いにもかかわらず・・・ひと言でも日記を更新されるジュンマニ様!あなた様は王子熱の中でも重症の患者さんで(大変失礼ですが・・・笑)あります。熱で朦朧としてる中でも王子のこと想い描いているお姿には尊敬いたします。羨ましく見習いたく思ってます。そしてまた・・・この短い言葉の中に知的であるジュンマニアさんの中から、可愛らしさと天真さを感じさせて(これまた、失礼と存じますが・・・笑)頂きましたよ~。
Date: 2005/01/25/15:09:27



© Rakuten Group, Inc.