000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JoonMania ( 俊狂亭 )

JMF応援隊からJM語録VOL.2

JMFの壁パス vol.1 「心に残るジュンマニ語録 2005」


~♪♪ 第二楽章 ♪♪~

<JoonManiaさん、王子をとことん語ります。。。 編>

「いまアンアンで「抱かれたい・・・」アンケートをやったら1位かな.ねっ.1位かな.そうですよねっ?」 【本館2004年5月28日より】
Joonsaranさん
ジュンマニさんのとってもかわゆ~い乙女心が表れてて・・好きですよ、ジュンマニさん。
本とにいつもいつもここに居て下さってありがとうございます。
お体大事になさってください。
Date: 2005/01/20/22:03:46

ヨン様の微笑みは永遠なのか? 【本館2004年7月16日より】
チョコちゃんママさん
私が、王子探しの旅に出て数ヶ月・・この見出しでどきっとしました!その上・・

 ヨン様の写真だって笑ってりゃいいってもんじゃないんです!

・・ってとこなんかもうまるで同じ事言ってぼやいてる~!ジュンマニさんのいつも歯に衣きせぬお言葉が大好きです!捨てられないオンナってのもなかなか・・じゃない!ここからお気に入りに入れたので、日記を開けるといつもこのお言葉がでてきます。ジュンマニさんのお言葉を一つなんて選べないマリンさんが揚げてるのも花薫さんが揚げてるのも大好きですが・・あえて、一番始めに衝撃的な出会いをしたこのお言葉を選びます!7月16日の日記です。
Date: 2005/01/20/23:37:52

「ペ・ヨンジュンに“カルチャー”をみる」 【本館2004年8月17日より】
マリンさん

自分を信じる強い気持ち、人生を前向きに生きようとする強い気持ち。そして、ファン=家族にも、そうであってほしいと願う姿勢。
わたしは、彼のファンたちが“Joon Culture”に触れているのだと思うようになりました。
彼の中には、ある種の「文化」があるのじゃないかと。
彼との出会いから、自分を見直し、自分の生き方を見直し、行動を起こす人達が身近なところから出てきています。
それは一種のカルチャーショックから、なのではないかと思うようになりました。
        (一部抜粋)

☆先日の来日でこんな私でも確信を抱きましたが、JoonManiaさん
 は既に8月の時点で、ヨンジュン文化を見抜いてらっしゃった。
 ふぅ~む さすが!
Date: 2005/01/20/13:55:44

JoonCulture 【本館2004年8月17日より】
まっちゃんbyjさん
この日の日記はホントに自分と同じ様に
感じているJoonManiaさんが嬉しくて、
完全にジュンマニ中毒になった記念の日記です。
Date: 2005/01/21/19:40:49

このひとはただものではないのかもしれん 【本館2004年8月17日より】
yokojoonさん

『彼の中に“信念”のようなものが強く存在することを感じるようになりました。
それから、です。「ううむ。
このひとは、ただものではないのかもしれん」と思うようになったのは(笑)。』


・・・この日のJoonManiaさんの書かれたこと全部素晴らしかったです。
『ううむ』・・とうなってしまいした。
この人のブログずっと見ていこう!って思いました。
Date: 2005/01/31/03:06:42

おそるべし、ペ・ヨンジュン 【本館2004年8月17日より】
Reirinさん

おそるべし、ペ・ヨンジュン(笑)。
こんな存在に出会えて、こんなに面白いことはありません。

どこまで、本当に彼が本物なのか。
やっぱり、目を離さずに、見つめていこうと思います。

そして、私自身が彼との出会いで感じた
カルチャーショックと、真面目に向き合っていこうと、
そう思い始めているところです。


ヨンジュンシに心奪われ、「私、どうしちゃったんだろう?
おかしくなっちゃったのかしら?」
と一人葛藤していた頃、ジュンマニさんに出会えて、救われました。
この言葉は、私にとってのポラリスかもしれません。
Date: 2005/01/31/12:02:59

彼には「信じられる真実」がある 【別館2004年8月27日より】
花薫さん

自分を信じる強い気持ち、
人生を前向きに生きようとする強い気持ち。
そして、ファン=家族にも、
そうであってほしいと願う姿勢。

奢らず、謙虚で、礼儀正しく。


彼の、ものの見方、考え方を自分の中で
つかみきれなかった頃、
JoonManiaさんは、静かに語ってくれました。
本館2005年1月29日での
「私たちが恋したあの人は、私たちの信頼を裏切らない、
こころに強い信念と、真実を持っている男なのだった」

あらためてうなずき、投稿します。
彼の「そうであってほしい」に応えたいですね。
Date: 2005/01/30/17:48:51

ホントに私たちはとんでもない人を好きになったのかもしれません 【本館2004年8月30日より】
rittymomさん
ミニョンからはまり、次々にドラマや画像を追い求めるようになって、
(過去に芸能人にここまではまったことはありません)
彼を知れば知るほど、驚きと確信に近い物が湧き上がってきました。
そんな、自分にもびっくりで。
そんな時に出会った、ここのサイト。
最初は「うん、うん。」とうなずくだけでしたが、同じような思いをしている人が、
たくさんいるっていうことに、とてもうれしかったのです。
今は、彼の外見に惚れただけではないってこと、断言できますね。
Date: 2005/01/31/09:53:49

まったくもうちの王子ってば!状態 【別館2004年10月11日より】
本屋さん

制作費4億円の写真集なんて、スマップでも作らないだろう。
収支じゃないのだ、おそらく。そりゃあ、ビジネスだから利益は出さないといけないのだろうが、今回は特別なのだ、きっと。
たしか「BYJからのプレゼント」とBOFも言っていたではないか。
おそるべし、ペ・ヨンジュン。
(内心では、まったくもうちの王子ってば!状態・笑)


この写真集の件やもちろん寄付の件以外でも、
これからも何度もこの言葉叫ぶんだろうな。
常に進化しようとしている
「ナエゲ ドゾン ハンダ」の王子のことだから。
Date: 2005/01/27/06:10:05

しなやかで、美しいいきもの 【本館2004年10月14日より】
らんどろーばー。さん
この日は「本当に、あの人はすごい、と思ったんです。あたたかくて、しなやかな、美しい生きもの、だと。」と王子のことを表現していらっしゃいました。
 美しい「人」・・・・・でもなく、
 美しい「男性」・・・でもない。
 美しい「生きもの」。
ジュンマニさんの感性の素晴らしさと、表現力の素晴らしさを改めて感じた日記でした。

また、(既に紹介されていますが)病気がわかったお友達へのメッセージが綴られていた日でもあります。実は10月14日ではなく数週間後に読ませていただいたのですが、か細くなっていた私の心まで励まされたようでした。
思い出深い日記の一つです。
Date: 2005/01/23/23:58:31

しなやかで美しいいきもの 【本館2004年10月14日より】
JU-NOさん
この表現は感性豊かなJoonManiaさんならではの描写だと思います。又この日の、どえらい人を好きになってしまった。これも私のお気に入りです。おそらく関東生まれでお育ちのJoonManiaさんが日記の中で時々口にされる大阪弁、、これはとても心が和みます。
JoonManiaさん、語録のスタッフの皆さん有難うございます。   感謝の気持ちをいっぱい込めて。。。。。。。
Date: 2005/01/29/01:08:17

しなやかで美しいいきもの 【本館2004年10月14日より】
asadogさん

そして会社からの帰り道、しみじみと、
「どえらい人を好きになってしまった」と思っていました(笑)。
そのスケールや、人間性や、いろんなことを言い表すのに
もはや「うつくしい」という
形容詞しか浮かんできませんでした。美しい生きもの。
そんな彼に接することで、どれだけ自分を省みて(笑)
自分を奮い立たせ、どれだけ周りに優しくなれたか、どれだけ勇気をもらったことか!


他の方も、お気に入りのこのジュンマニさんのお言葉。
「どえらい人を好きになってしまった」うんうん、わかります。
「美しい生きもの。」はい、おっしゃるとおりです。
そして「自分を奮い立たせ、どれだけ周りに優しくなれたか、どれだけ勇気をもらったことか!」
本当にそうです。彼に出会わなければ、ハングルにしてもPCにしても新しく何かを学ぼうとは思わなかったでしょうし、
正直な話、こんなに進んで寄付をすることもなかったと思います。(←今までの私を許してください)
Date: 2005/01/30/22:47:07

しなやかで、美しいいきもの 【本館2004年10月14日より】
めぐめぐさん
この日は私が感動し、涙した日記です。

あんなに穏やかに、おおらかに笑い、ファンを家族と呼び、誠実で、やさしい彼が、「自分に負けたくない」と言う。
本当に、あの人はすごい、と思ったんです。あたたかくて、しなやかな、美しい生きもの、だと。


そしてJoonManiaさんは「どえらい人を好きになってしまった」とも。
もう~このすばらしい表現力には感動させられました。最高です。
うんうん!と頷くばかりでした。

また、ご病気がわかったお友達へのメッセージも書かれていましたが、この日の日記は、当時ロム専の私には、JoonManiaさんや皆さんからパワーを貰い、涙した思い出深い日記となりました。
Date: 2005/01/31/00:42:08

どえらい人を好きになってしまった。 【本館2004年10月14日より】
mami♪さん

笑いながら、自分の選んだ戦いを忘れない。
「自分に負けたくない」と言う。

そんな彼に接することで、どれだけ自分を省みて自分を奮い立たせ、どれだけ周りに優しくなれたか、どれだけ勇気をもらったことか!


彼の言葉、行動ひとつひとつが私達家族を奮い立たせる。
ほんとすごい人につまずいちゃったんだなぁ。と痛感させられた日記です。

この日の日記は意味深長でそれぞれの場所でそれぞれ抱えているものがある。そんな当たり前のことを痛感した日記でもありました。
途中で文字が歪んで見えた思い出深い日記です。
Date: 2005/01/24/23:50:09

やっぱり、うちの王子は違う! 【本館2004年10月2日より】
「やっぱり、うちの王子は最高!」(笑) 【本館2004年11月17日より】
yokojoonさん

『本当に彼と同じ時代に生きていられて、うれしいと
ファンでいられて、彼の作品や言動に触れられて幸せだと
また思わされちゃいました~。』


・・・王子の家族を大切にするエピソードや、
自分に負けまいと全力で努力する姿を知っていくにつれて、彼を尊敬して愛する気持ちは高まるばかりです。
うちの王子はこんなに素敵なんだよー!ってすべての人に大自慢したい気持ちです。
Date: 2005/01/31/03:32:22

やっぱりうちの王子は違う! 【本館2004年12月12日より】
本屋さん

でもねー、実生活の気持ちの支えに俳優さんの、ヨンジュンシの言葉が生きてるなんて、
これって、ホントにすごいことですよねえ。

しっかり、ふかーく入り込んでいる(笑)。

ファンのクルマを追いかけた…というヨンジュンシのエピソードにもビックリしましが、

やっぱりうちの王子は違う!
と、思います。


この日の日記以外でも「やっぱりうちの王子は違う!」は使われてるかな?あると思います。このエピソードもそうだけど、他のことでも事あるごとに「やっぱりうちの王子は違う!」って言いたくなるんですよ。
JoonManiaさん、「そーだ!そーだ!」といつも大きく頷いてます。
Date: 2005/01/25/06:36:52

そのあたたかさ、大きさに触れて 【本館2004年11月18日より】
mahonokaさん

自分の痛みよりもファンへの心配りを大事に
する姿勢・・・・
 (省略)
☆不思議なチカラを持っている人だと、思います☆

秋ごろのコメントでヨンジュンシが家族に向けての手紙に対してジュンマニさんの言葉です。何なのか?ひと言では言えませんよね~
本当に不思議なチカラで魔法にかかってしまった様ですね。こんなにも大勢の人々が
・・・・ヨンジュンシにも。ジュンマニア様
にもです。
それと。。。いつもの口癖☆愛言葉☆も大好きです!(あえて、合ではなく愛言葉です)
いつも心に?ヨンジュンシ!☆ 君は僕の?酸素!☆ 僕の家族は? 走らないっ!!
Date: 2005/01/22/00:12:40

前を向いて生きるひと 【別館2004年11月22日より】
MAMIさん

このひとの寂しさを思えば… 
「自分に挑戦する」という仕事を無事に終えた達成感がありながら、「正直な話、寂しいです」と心情を漏らしたインタビューに、切なくなった。この笑顔の柔らかさ、輝き。家族やスタッフへの、そして俳優としての責任をしっかりと受け止めて、前を向いて生きるひと。私たちはこのひとから、なんとたくさんのことを学ぶのだろう。


みなさま~。おひさしぶりです。
入院中も、本館のジュンマニさんの日記を携帯でこっそり読み、「ジュンマニ語録」私も参加したくて、なんとか最終日に間に合いました。
王子に出会い、その生きる姿勢に感動し、ジュンマニさんのこの言葉に同感した日を思い出しました。
私も、これからの人生に於いて、後ろを振り返ることなく、前を向いて生きて行きたいと思っています。
王子~、そしてジュンマニさん、ありがと~~~~~!!
Date: 2005/01/31/14:41:39

「あなたの背中」 【別館2004年11月28日より】
cocoonさん
あのブログを拝見した時、大きく頷いている私がいました。「あなたは愛されるために、生まれてきた人」の背中を何処までも追い続けたい、と心から思いました。
やさしいのに強い、ブレない大きな抱擁力。そして、彼の根底にはあの「コリント人への手紙」があったのですね。
「あなたの背中」のコメント欄に、マリンさんの”若干32歳の若者に、主よ、あなたはそこまで背負わすのですか?、それほどまでに、彼を愛し、望みをかけていらっしゃるのですか?”という言葉にも、涙しました。
ジュンマニさんの心あるブログ、時には、少女のようなかわい叫び…これからも応援させてくださいね。JMFに幸あれ…。
Date: 2005/01/20/09:54:20

あなたの背中 【別館2004年11月28日より】
yokojoonさん
この日の別館に書かれたすべてが
私の心に強く残ってます。涙でそうでした。

『このときの感激を忘れない。このひとの、この背中、深々とファンにお辞儀する背中を忘れない。
このひと、やっぱりただものではないのかもしれない。
本当にとてつもなく大きなひとなんだなあ、と改めて、このひとの「本質」に触れた気がした。
やさしくて、強い。誠実で、真実がある。
やっぱり、あなたには不思議なチカラがある。あなたの前では「卑屈になりそうなこころ」や「虚栄」や「うそ」が、愛や涙に変わるだろう。
・・・またひとつ、あなたに学んだ気がする。これも“ヨンジュンシカルチャー”の一つだろう。
 こうして、いつまでもあなたの背中を追い続けていきたい、と思った。』


・・・そう思いました。彼の行く道をずっとしっかりと追っていきたいです。自分も少しでも高めていきたいと思いながら。
Date: 2005/01/31/03:18:30

王子の背中 【本館2004年10月2日より】
男の背中 【別館2004年10月2日より】
あなたの背中 【別館2004年11月28日より】
本屋さん

本館2004年10月02日
王子の背中
鍛えた身体はその答えの一つに過ぎない、のでしょう、おそらく。
それにしても、“あの背中”に金剛力士像、不動明王、果てはスパルタカスまでをイメージされた秋結さんには脱帽。なるほど!と膝を打ちました。
たしかに、いまにも爆発しそうなエネルギーが充満している…。
一枚の写真に、伝えるチカラがこれほどあるのかとも驚かされました。


別館2004年10月02日
男の背中
 まさに「男の背中」を見せてくれたヨンジュンシ。モノクロームの光と影の中で描き出される力強い筋肉と汗、そしてエクスタシーへの予感。
 ビデオレターの中のあどけない少年のような表情から、スクリーンの中のプレイボーイの冷酷で好色な視線、そしてこの荒々しい肉体…。どのあなたもまったく別人のように写る。いったいあなたはいくつの「顔」を持っているのだろう、そして、どこまで私たちを惹きつけてやまないのだろう


別館2004年11月28日
あなたの背中
 このときの感激を忘れない。このひとの、この背中、深々とファンにお辞儀する背中を忘れない。
 …そして、今回の「事故」への対応でも、あなたがホテルのスタッフの人たち一人ひとりに頭を下げてお詫びしたと聞き、絶句した。
 このひと、やっぱりただものではないのかもしれない。
本当にとてつもなく大きなひとなんだなあ、と改めて、このひとの「本質」に触れた気がした。
 ヨンジュンシの大きさや人柄、その真実に触れるたびに、わたしは絶句していくような気がします(笑)。でも、できることなら、この背中を追いかけ続けて、絶句し続けていきたい(笑)。そのうち、わたしのほうが変わっていることに気づくかもしれません。


長い抜粋ですみません。でも、あなたの背中、男の背中、王子の背中・・・どれもこれも反応してしまうんです。
きっぱりと、歩いていくよと言って出て行った後姿。
全ての責任を自分で負った謝る姿。
SHで初めて見せてくれたショットは背中でしたね。
王子の決意、心意気、寂しさ、色気。全てを含んで後ろからガシッとしたくなるようであり、そんなことはきっぱり拒否されているようでもあり・・・
ほんと、いつまでもあなたの背中を追い続けていきたい。
彼の背中の美しさに気付かせてくれたJoonManiaさんに感謝します。
Date: 2005/01/30/07:09:33

どこにいても自分の場所で最善を尽くす 【本館2004年12月11日より】
ゴジリンさん
王子の生き方でもありますね♪
この邦訳が私の心にピッタリ入って今では座右の銘です。ジュンマニさんありがとう!
Date: 2005/01/20/20:42:15

もうあなたを知る前の 自分には戻れない 【本館2004年12月31日 本館2005年1月11日】
本屋さん
私たち彼の魅力を知ってしまったんです。
なのに、また新たな面を見せ付けられて、いつもアタフタしてしまいます。でもジュンマニさんの「もうあなたを知る前の自分には戻れない」の言葉に、「知らない頃にはもどりたくな~い」と「山」「川」のように反応してしまいます。

本館2004.12.31
そう、彼を深く知らない人にはわからない。
「微笑の貴公子」は、その笑顔の裏に、
人一倍の強さや誠実さを持っている。
強靭な信念に裏打ちされた、やさしさを持っている。
でもそれに触れない人には
「彼の魅力はわからない」のだと思っています。
そして、それに触れてしまったわたしたちは…
もう、彼を知る前の自分には戻れないのです(笑)。


本館2005.01.11
皆様においてもまた、きっと同じでしょう。
「彼を知る前の自分にはもう戻れない」し、
「戻らない」で、前を向いて生きていくことが
彼と出会った私たちの、
“役目”または“運命(?)”なのかもしれません。

 Date: 2005/01/21/15:07:42

彼を知る前の自分には戻れないのです 【本館2004年12月31日より】
たこな。さん

そう、彼を深く知らない人にはわからない。
「微笑の貴公子」は、その笑顔の裏に、
人一倍の強さや誠実さを持っている。
強靭な信念に裏打ちされた、やさしさを持っている。
でもそれに触れない人には
「彼の魅力はわからない」のだと思っています。
そして、それに触れてしまったわたしたちは…
もう、彼を知る前の自分には戻れないのです


今現在 もっとも実感しているこの言葉。
知れば知るほど 深みにはまってゆく・・・
「外柔内剛」のヨンジュンシ、もう彼のいない世界なんて考えられない自分になってしまいました(笑)
Date: 2005/01/26/22:01:56

もう彼を知る前の自分には戻れないのです。 【本館2004年12月31日より】
yokojoonさん

『そう、彼を深く知らない人にはわからない。
「微笑の貴公子」は、その笑顔の裏に、
人一倍の強さや誠実さを持っている。
強靭な信念に裏打ちされた、やさしさを持っている。
でもそれに触れない人には「彼の魅力はわからない」のだと思っています。
そして、それに触れてしまったわたしたちは…
もう、彼を知る前の自分には戻れないのです(笑)。』


・・・もうJoon Maniaさんて何て素敵な言葉で私の気持ちをこうもズバッと表現してくれるんだろう!
ってもう感激しきりでした。
Date: 2005/01/31/03:09:18

彼の魅力はわからない 【本館2004年12月31日より】
Reirinさん

そう、彼を深く知らない人にはわからない。
「微笑の貴公子」は、その笑顔の裏に、
人一倍の強さや誠実さを持っている。
強靭な信念に裏打ちされた、やさしさを持っている。

でもそれに触れない人には
「彼の魅力はわからない」のだと思っています。

そして、それに触れてしまったわたしたちは…
もう、彼を知る前の自分には戻れないのです(笑)。


ヨンジュンシへの心ない言葉や冷たい批判を聞いた時、
この言葉を心の中で、呪文のように呟きます。
ジュンマニさんのおかげで、少し強くなれたかも。
どの言葉も、自分ではうまく表現できなかった気持ちを
まるで代弁してくださったかのように、見事に表現してくださって、
ジュンマニさんに感謝感謝!です。
Date: 2005/01/31/12:20:03

「いつも謙虚でありたい」 【本館2005年1月4日より】
cocoonさん

『ペ・ヨンジュンという俳優さんは、不思議な魅力を備えていて彼を見つめる者、触れる者に、ポジティブな(前向きな)エネルギーを与えてくれるようです。

ときには、彼に出会って「生きる姿勢」までも変わってしまうことがあります。常に前向きであろうとする姿、一日一日を大切に生きようとする姿、そして同じ姿勢を、ファン(家族)にも求め、それを信じる姿…。

こんな稀有な俳優さんに出会ってしまった私たちはせっかくですので(笑)、この強力な魅力にしばし酔い、追い続けていきましょう。

今日、いま、この瞬間もあの人は微笑みながら「最善を尽くす」ことを考えているに違いありません。』


ぺ・ヨンジュンという人の全てを語って余りある言葉ですね。「冬のソナタ」に魅せられたのはもちろんですけど、4月に羽田に下りたったあの黒い鶴は、神が私達に遣わした使者のようにも思えるのです。背負うものも一段と重くなっているであろう昨今、愚痴も言わず、いかなる時も謙虚で、最善を尽くすこの若者に、心から引かれていくのは、皆同じですよね。
ジュンマニさんの絶妙に綴られたブログに敬服いたしました。
 Date: 2005/01/25/10:13:27

王子の言葉の海で溺れる 【本館2005年1月9日より】
本屋さん

あ、皆さん昨日もたくさんのコメント&情報を
ありがとうございます~。
ヨンジュンシの言葉の数々に、うれしくなってました♪
そう、うれしいのは、ものすごーく嬉しいんですけど(ホントに)
一方でこっそり、まとめる量の多さに、くらくらし始めてます(笑)。
王子の言葉の海で溺れるのだー!(あははは)


王子の言葉の海で溺れるなら本望でございます。
みなさん一緒に溺れましょう!
JoonManiaさん His word まとめて下さってありがとうございます。
王子はやっぱり愛に溢れた すごい人だー!!
 Date: 2005/01/26/06:33:09

彼は「家族(ファン)を成長させる男」 【本館2005年1月22日より】
秋結さん

今は想像できないけれど、
この先、
いつか誰かにまた恋をするようなことが万が一あったとしても(笑)

ペ・ヨンジュンというひとを好きになったことで
自分の中に起きたこの“変化”は、このままずっと変わらない。
そんな気がふと、しました。

彼を信じる強い気持ちのせいで、
わたしはもう、以前の私より強くなっているのかも、とも思います。

うーん、
彼は「家族(ファン)を成長させる男」なのかも(笑)。


2005年1月22日早朝(本館)
Xファイル流失事件についての冷静さを欠く新聞報道について 述べられた際の言葉

まったく其の通り、どんなに困難な時も、僕の家族は走らない!の心意気を代弁してくださって、溜飲を下げました。
 Date: 2005/01/22/05:36:42


<勇気100倍 心が熱くなる言葉 編>

信じるか疑うか、自分を通すか相手を優先するか 【本館2004年6月20日より】
Teachaさん
「冬ソナ」11話からの恋愛論。もし自分がサンヒョクやチェリンだったら・・・などといろいろ考えて、

4人とも一生懸命生きているし、
だれのこころにも、4人はいるんだと思います。
そしてやっぱり、愛する相手を信じて、相手の幸せを願う
ミニョンさんに美しさを感じてしまいますねー。


と続き、そして最後に、かなわなかった過去の恋の話に触れる。。。

この日の日記が好きな理由を聞かれても、私にはうまく表現できません。恋愛について、自分を客観的に見るということをしてこなかった私は、冬ソナの4人に自分の一面を見ているということに初めて気付かされたのかもしれません。だから、主役ではなく、脇の2人にミョーに肩入れしたくなる気持ちにも、整理がついた気がしています。でも、おかげで過去の恋をことある毎に思い出す羽目になっていますけど。
 Date: 2005/01/24/17:42:50

だれかの気持ちに火をともす 【別館2004年9月23日より】
花薫さん

さーて、今日も一日、笑っていきますか!
だれかの気持ちに火をともす、そんな仕事がしたいと、秋空に顔をあげて思うのでありました。


同じ出典をお見受けしましたが、こちらの言葉に
JoonManiaさんの暖かさとしなやかさを感じました。
だからJoonManiaさんのところを離れられないんです。
Date: 2005/01/23/19:53:04

人の気持ちを動かすチカラ 【別館2004年9月23日より】
マリンさん

はて、わたしの日々のヨンジュンシ情報に、そんなチカラ(人の気持ちを動かすチカラ)は備わっているのだろうか?と、疑問がわいた。
浅田次郎が書いている。「少なくとも読者を勇気付けることはいやしくも言葉で飯を食うものの使命であろう」
そしてまた、「頭と身体には限りがあるが、勇気は全能だ」とも。
ううむ。おそるべし。言葉はひとを勇気付けるチカラを持っている。これって、すごいことだと思いませんか?わたしは単純に感動して、そうだよなあ、と真剣に思う。
さーて、今日も一日、笑っていきますか!
だれかの気持ちに火をともす、そんな仕事がしたいと、秋空に顔をあげて思うのでありました。
それは忙しいとか、忙しくないとかそういう次元にとらわれず、わたしの根本的なところで私のお尻をたたくのでした。マル。


☆そんなチカラを十分受け取らせて頂いてますよ,JoonManiaさん。
 そしてまた、さりげなく「わたしの根本的なところで私のお尻をたたくのでした。」とおっしゃる点・・・肩肘張らずに、自然体で自己啓発をなさっている素敵な女性!
 Date: 2005/01/21/16:03:31

ヨンジュンシの輪! 【本館2004年10月2日より】
本屋さん

わたしは皆さんから元気をもらって、皆さんはヨンジュンシから
勇気をもらって、ヨンジュンシはまた私たちを驚かそうとしてくれる。
…これって、ヨンジュンシの輪!とでも名付けられそう(笑)。
面白いですね~。あったかい気持ちは循環して
ひとを幸せにするチカラを持ってるんですね。


年齢も住んでいる所もバックボーンも違うのに、
同じことに感動したり、自由に意見が言えたり。
ヨンジュンシの名のもとに、ジュンマニさんの名のもとに、
集えることを感謝します。
ヨンジュンシの輪!のあったかい気持ちは、ひとを幸せにする感染症ですよね。
Date: 2005/01/20/22:16:46

ヨンジュンシの輪 【本館2004年10月2日より】
あるある探検隊さん

わたしは皆さんから元気をもらって、皆さんはヨンジュンシから
勇気をもらって、ヨンジュンシはまた私たちを驚かそうとしてくれる。
…これって、ヨンジュンシの輪!とでも名付けられそう(笑)。
面白いですね~。あったかい気持ちは循環して
ひとを幸せにするチカラを持ってるんですね。


ほんとにヨンジュンssiを知ってから、世界が広がって・・・
ジュンマニさんのサイトにも出会えて、毎日の楽しみも増えました。自分が書き込むなんて想像もつかなかったけど、このジュンマニさんの温かさにつられて、ついふらふら~と・・・
ほんとにヨンジュンシの輪がどんどん広がっていく感じがします!
 Date: 2005/01/28/14:30:51

ヨンジュンシの輪 【本館2004年10月2日より】
rittymomさん
ここのサイトにお邪魔するようになって、たくさんの才能あふれる(詩作、はたまた、妄想)
みなさんと出会えて、うれしいです。
また、写真展で並んでいたり、韓国のレストランなどでも、家族だというだけで、
前からの知り合いのような、一体感を味わえました。
Date: 2005/01/31/10:01:50

頭や身体が疲れることはあっても、勇気だけは全能だ 【本館2004年10月14日より】
mizuiroさん
検査入院されるお友達に向けてのメッセージなのですが、私も励まされた言葉です。
以下抜粋

ヨンジュンシと出会えた、私達はもう今までの私達じゃない。
元気をもらい、優しさをもらい、勇気をもらったんだと。
こうして気持ちを同じくする仲間もいる。

だから、頑張れる。不安や怖さとも向き合える。
「自分に負けたくない」というヨンジュンシに心を奮わせた
私たちは、まだまだ頑張れるんだと。

頭や身体が疲れることはあっても、勇気だけは全能だ、と
ありったけの想いを込めて、送ります。

Date: 2005/01/21/13:21:52

頭や身体が疲れることはあっても、勇気だけは全能だ 【本館2004年10月14日より】
花薫さん

「頭や身体が疲れることはあっても、勇気だけは全能だ、と
 ありったけの想いを込めて、送ります。」


お友達への想いを込めた、JoonManiaさんの願い。
自分を信じて強い気持ちでいて欲しいと、
会った事のない私たちも、身内のように祈りました。
気持ちを同じくする仲間を感じましたね。

ヨンジュンシの「自分に負けたくない」をきっかけに
JoonManiaさんが聞かせてくださった、お友達の事とこの言葉。
後日、回復の報告をいただき、いっそう力強く心に残りました。
Date: 2005/01/21/16:01:05

「感謝の“壁パス”」 【別館2004年10月19日より】
マリンさん

「感謝の気持ち」や「笑顔」が持つパワーは派生する。“リンク”みたいなものだ。だれかの優しい気持ちが、優しい笑顔を生んで、別の誰かへの優しい気持ちにつながる。
できることなら私は「ありがとう」を壁パスしていきたい(壁に反射させてボールをパスする、壁パスね。自分が壁になるってことですね)
 昨日のありがとう、を今日の誰かへの優しい気持ちに代える。こんな幸せなリンクがあるだろうか。シンプルで力強いリンクである。
             (一部抜粋)

☆「壁パス」って素敵な言葉ですよね。感謝・愛・友情…
  いろんな壁パス、できるといいな♪
 (JMF応援隊さん、素敵な企画をありがとう)
Date: 2005/01/20/12:06:55

笑顔の壁パス! 【本館2004年11月11日より】
みーすけさん

このブログを読んでいる方の中には
やはり病気や、痛みを抱えている方もいらっしゃると思います。そうでなくても、落ち込んでいたり、元気がなかったりすることも。

うまく言えないけれど、
ヨンジュンシに恋する(笑)ここの皆さんの
何気ないおしゃべりがそんなときに、少しでも明るい気持ちや、笑いにつながって、
“元気の素”になるのだとしたら、なっているのだとしたら。

それって、「笑顔の壁パス」ですよね(笑)。
笑顔が、笑顔を生むという、壁パス。

(←日記の本文より、抜粋させていただきました)

この『笑顔の壁パス!』って言葉を聞いた時、
そうかぁ~!壁パスかぁ~!なんてぴったりの表現なんでしょう!と思いました(笑)
このお言葉のように、みんなの温かい想いが、どんどん壁パスとなって、たくさんの人の幸せな笑顔につながっていく世界になるといいなって思います。。
ジュンマニさん、いつも素敵な宝物のお言葉をどうもありがとうございます☆
Date: 2005/01/23/14:49:03

笑顔の壁パス! 【本館2004年11月11日より】
yokojoonさん

『ヨンジュンシに恋する(笑)ここの皆さんの何気ないおしゃべりがそんなときに、少しでも明るい気持ちや、笑いにつながって、
“元気の素”になるのだとしたら、なっているのだとしたら。
それって、「笑顔の壁パス」ですよね(笑)。
笑顔が、笑顔を生むという、壁パス』


・・・・わあ~JoonManiaさんってなんて素敵に表現してくれるんだろう!って
感激しました。大好きな心に残る言葉です。
Date: 2005/01/31/03:03:29

がんばりどころ、というのはあるものだ 【別館2004年11月13日より】
花薫さん

がんばりどころ、というのはあるものだ。皆様においてもまた。

「初めて書き込んでくれた人も、とっても多くて、ビックリ。
みんな、きっとずっと読んでいてくれた人達なのだろう。
初めての書き込みには勇気がいるものだ。皆さんの勇気を歓迎したい。」
ともありました。

疲れ果ててボロボロになっても、がんばる姿。
そんな時にも、初書き込みの勇気をたたえる気持ち。

なんと言ったらいいのでしょう。
JoonManiaさん、あなたの姿を見ると勇気が湧いてきます。
無理なく、ぼちぼち続けてくださいね。
Date: 2005/02/01/00:01:41

信じる気持ち 【本館2004年11月27日より】
まやこりんさん
ホテル前、転倒事故の翌日日記タイトル。「そして、悲しみをプラスに転じるチカラをひとは持っていると信じています。」
前日の事故で涙にくれていた私にとってこの言葉はひとすじの光でした。
しばらくパソコンの前で泣きました。
JoonManiaさんの言葉にはヨンジュンシから感じるものと同じオーラを感じます。
勇気が出て、ココロがあったかくなって前に進もうって思います。
Date: 2005/01/29/14:11:07

ぺ・ヨンジュンという名の道しるべ 【本館2004年12月12日より】
しまじろーさん
↑このタイトルからして。シビレマシタ。

ここは、ヨンジュンシのファンサイトなんですけど(笑)
いろーんな話ができる場所で、まるで
大勢の、それこそ「家族」のように頼りになる“お友達”が
たくさん集まっているみたいに思えました。
だれかが、「今日はね、こんなことがあったの」と言うと
「そうかそうか」と皆が話を聞いてくれる。
自分のこととして受け止めてくれている、ような。

しかも、みんな、それぞれの場所で
いろんなことを乗り越えて「いまの自分」をつくってきているから
頼りがいのあること、あること!(笑)
ほんとうに、こころ強い思いです。


あったかいJMさん。みんなの[心の力]を集めて。今や教祖みたい?
これからも、お世話になりまーす!
Date: 2005/01/22/17:57:29

ペ・ヨンジュンという名の道しるべ 【本館2004年12月12日より】
まやこりんさん

「ここは、まるでパソコンのデイスプレイと「JoonMania」という画面の向こう側に頼りになる友達がたくさんいるみたいです。」

うん、ほんとに。
いつも、もらうばかりですが。
いつも、ありがとう状態ですが。
頼りにしております、本当に。
Date: 2005/01/29/14:30:52

ペヨンジュンという名の道しるべ 【本館2004年12月12日より】
yokojoonさん

『ヨンジュンシの言葉を胸に、ヨンジュンシのように
みんなが前を向いて歩こうとしてる。そんなイメージです。』


・・・これも11/28別館でJoonManiaさんが書かれた文面を表現した素敵なタイトルです。そうだー!とぐっときました。
王子に導かれるように“自分の場所で自分の最善を尽くす”って言葉、今では
自分にとっても大事な標語になってるんです。
Date: 2005/01/31/03:27:08


<いつもこころに 合言葉♪ 編>

いつも こころに ヨンジュンシ 【別館2004年11月10日より】
花薫さん
座右の銘として昇華した言葉。
これ、JoonManiaさんの言葉ですよね?
ポラリスみたいに輝いています。

それとね。
タイトルにこの言葉を冠した日記の中には、

『なんでこんなことになったのか(←心の奥のほーうの声・笑)』

『うーむ。やっぱり、この人のブログじゃなければヤメていたと思う。
 今日は当の本人にも大声で言っておこう。さんきゅー!王子!』


と本音も綴られていて。
「JoonManiaさんって、雲の上の人じゃなくて、
フツーの恋する乙女かも。」
と、妙に親近感を持ったものでした。

私と同じ な訳はないけど、がんばってみようかなと、
背中を押された日記です。
改めて、さんきゅー!JoonManiaさん とお伝えしたいな。
Date: 2005/01/20/14:02:11

いつも心にヨンジュンssi 【別館2004年11月10日より】
bunbunさん
私は昨年、病気をして半月ほどほぼ寝たきりの時がありました。
その時、ジュンマニさんのサイトでhappymomentという王子の笑顔のフラッシュを見つけ、
つらい時いつも癒されそして、いつも心にヨンジュンssiと頑張ってきました。
だから私はいつもの合言葉
「いつも、心にヨンジュンssi」この言葉が大好きです。。
そして、さあ~皆さんご唱和下さい。。この言葉も楽しくて好き!!
こうして元気になった今、ジュンマニさん
本当にありがとうございました。。
あなたのサイトでいっぱい元気を頂きました。。
Date: 2005/01/31/21:21:33

いつも心に?ヨンジュンシ♪ 【本館2004年11月11日より】
君は僕の?酸素!!! 【本館2004年11月11日より】
僕の家族は?走らない! 【本館2004年11月30日より】
まやこりんさん
この合言葉は不滅です。
辞書「新解」さんの合言葉の例文に取り上げてほしい。
日本公式の正式合言葉にしてほしい。
うんにゃ、こうなりゃ、ペ・ヨンジュン世界公式会議の(?)の開会式の言葉にしてほしい。
Date: 2005/01/29/14:36:43

僕の家族は? (走らない!) 【本館2004年11月30日より】
yokojoonさん
この語源はもちろん王子11月来日の時
スーパーテレビ密着取材での来日初日の
「僕の家族は走ったりしないよ」ですが。
到着したホテルのエレベーターの中で
「警備もしっかりしていたし、大勢の家族にあえて嬉しかった」
「私の家族は走ったりしません」と、
さらりと笑顔で答えていた
この彼の言葉の翌日に起きたあの事故のことを
私はこれからもずっと忘れることはできないでしょう。
スーパーテレビの放映を見て
王子はこんな風に言ってくれてたんだって知って
胸が痛んで悲しくてたまらなかった。

そしたらその後すぐの日記でJoon Maniaさんが

いつもこころに? (ヨンジュンシ!)
きみは僕の?   (酸素!)
僕の家族は?   (走らない!)


って私達の標語にしてくれたんです。
“あ、そうだね。あの日のこと悲しんでるだけじゃだめだね。
昨日のことは昨日のことって王子が言ってくれた。これから日本の家族は二度と
走らないからね!二度と王子を悲しませたりしないからね”って強~く心に誓ったのでした。
ありがとうJoon Maniaさん。
Date: 2005/01/31/23:11:13

「うちの王子」 【初出は本館2004年9月14日】
Teachaさん
軽自動車のCMのメイキング映像を見ての感想で、
「こらこら うちの王子にそんなにくっつくな!」
というのが「うちの王子」という形で使われた、最初だと思います、たぶん。

その後、JoonManiaさんが何度か使われるうちに、私たちも「ヨンジュンシ=うちの王子」という
「家族」の感覚になって、自然に浸透したように思います。
JoonManiaさんが彼を呼ぶ呼び方も「ヨン様」→「ヨンジュンシ」→「うちの王子」とかわりました。「ヨンジュンシ」は今もよく使われますが、先日は「かの君」なんてのも出てきて、彼に対する想いの違いが垣間見えるようでなんとも楽しく、それと同時に自分の心ものぞかれているような気もして、恥ずかしいような気持ちです。
でも、やはり、「うちの王子」という呼び方が今はいちばん好きです、
「家族」という感じだからかしら。
Date: 2005/01/31/08:07:13

皆さま、今日もよい一日を~♪ 【別館2004年10月6日より】
まっちゃんbyjさん

・・・そうして最後に「皆さま、今日もよい一日を~♪」と書きながら、ヨンジュンシにも同じことを願う。・・・

JoonManiaさんのこの日記への思いが伝わってきます。
そして、私がいつもジュンマニさんちにお邪魔するのは夜が多いので、この言葉を読むと穏やかな気持になって、一日の疲れがとれます。ホッと出来ます。
JoonManiaさん本当にいつも有難うございます。
そしてJMF応援隊さん素敵な企画、本当に有難うございます。集計大変だと思いますが、よろしくお願いします。
Date: 2005/01/29/18:35:07



From JoonMania
>語録募集に参加してくださった皆さま、
 つたない内容を愛してくださってありがとうございます。
 そして、応援隊の皆さん、こんなにたくさん、まとめてくださって
 本当にありがとうございます。感謝感激、今日のこの感激を忘れずに
 大切な「たからもの」にします。
 ホントに皆さん、ありがとうございます!     (2005年3月3日)


© Rakuten Group, Inc.