031253 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

風―両極の挟間―

PR

Freepage List

Calendar

Archives

2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06

Category

Comments

cogito@ さなこ殿,また逢おう! お竜さんに出逢ったか!? さな子殿。ま…
風 光羽@ えぇ、どこまでもドアでした♪ >cogitoさん >無理していませんか? …
cogito@ どこ(ま)でもドア ですね。 無理していませんか? すきな飲み物を…
風 光羽@ わわわー >ポンヌさん ポンヌお姉さま!!!!…
ポンヌ@ Re:なのか目 本当におわっちゃったのですね。。。 今…
2009.06.18
XML
カテゴリ:乙女の秘密日記☆

疲労困憊して家のドアを開けたら、
さっき開けたはずのドアが目の前にありました。

私は確かに、いつものように「514号室」のドアの鍵穴に鍵を入れ、
気だるく左に回し「ガチャ」という無機質な音を聞き、
ドアを開ける習慣として当然のように取っ手を握り、
扉を開いたのです。

一連の行動の結果が、目の前のドアなのです。

しばらくその場で考え込み、一つのぼんやりした納得が頭に浮かびました。

「防犯の為、管理会社が二重ドアにしたのか!」

成程。これは泥棒視点でこの状況を見なくてはいけないのだな。

ふむ。忍び込もうとした家のドアを開けたらまたドアだった!

「もう私泥棒やめます!普通の泥棒になります!!」

良い話…!

と心が温かくなった所で、私は疲弊している事を思い出しました。

お部屋に入りたい。

「まっかろーん!じゃんぼーう!」って叫びたい。

カーテンに絡まって「DON'T TRY…DON'T TRYですよ…」って呟きたい。

「どぉおぉぉぉぉぁああぁぁああ!!!!!!!!」

ですから、また一連の動作を丁寧に行ったのですよ。

そしたら、また、ドア、なの、です、よ。

その時…アナフィラキシーショックって言うのかな?

実は私自身が蜂なのですけれど、自分の毒に耐性が無かったみたいで、
めまいや呼吸困難が波のようにやってきたのです。

流れていた音楽が歪み始め、人の笑い声が混ざり、
鼓膜の内側に流れ込んでくる不快感。
行き場の無い吐き気、目の前の流れ星、空気の無い呼吸リズム…
私のスイッチは切れました。

どうして今こうやって部屋に入れたのか分かりませんが、
明日もあの状態だったらドアを爆破してやろうと思います。

今日はそんな一日でした。        おしまい







Last updated  2009.06.18 22:30:45
コメント(11) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.