2006.04.04

富良野自然塾

カテゴリ:時事ニュース
昨日「ニュースステーション」で脚本家・倉本 聰さんが立ち上げた「富良野自然塾」の活動内容が放映されていた。

いま年金問題や郵政民営化よりも、自分の呼吸・未来を確保するための地球環境を何故論じないのか?と問いかける倉本さんの目は、怒りと失望と、そして自分がやらねば!という力強い光を放っていましたぐー炎

本当にそうですね。
年金問題も郵政民営化も、日本が地球があってこそ。そしてそこに人類と動物と自然が共存してこその論議です。
根本を見忘れることは、人間の一番の欠点ですが、いまはみんなで喚起し合って、しっかりと観なければならない問題です!!

私も微力ながらそのお手伝いをしたい。

1人でも多くの人に考えるきっかけを投じたいプレゼント
そんな思いでおります。さくらグッド







TWITTER

Last updated  2006.04.04 11:51:57
コメント(0) | コメントを書く
[時事ニュース] カテゴリの最新記事