2008.07.08

アプローチを取り戻す!

(6)
カテゴリ:Golf練習記録
ゴルフを始めたころ、まだゴルフのなにものもわかっていない頃、
(いまもまだまだわかっていませんが・・・)
クラブがボールに当たり始めたと同時に、80Y以内の打ち分けが出来た私。
距離感がいいとか、なんとか、色々褒められていたような・・・スマイル



それが、ラウンドを経験するごとに、
アプローチが苦手になった下向き矢印
苦手になったというより、自信がなくなった。


果ては、アプローチをどうやるのか、わからなくなった ゴルフ


ちょうど、そんな思いがピークだったのが、前回のラウンド雫




セカンド、サードショットで、ラフからラフへ
フェアウェイを行ったりきたりしていたのと、パターが原因。
という自分の印象は少し違っていて、

犬 「アプローチがショートすることも多かったね」

と、ダンナサマは言う。

単なる「届かなかった~」というのとは、違っていて、
「打ててない」というアプローチのショート。
これは、パットの悪さを助長することにもなる。




そうか・・・。そうだったか~。
それを確認してからというもの、

くま 「ここで、パターとアプローチをものにしなければ!」

と、焦りではない、ふつふつとした、やる気・集中力が湧いてきたいなずま




以来、パターは朝の5分間練習を続けて、少しずつ自分の形が見えてきた。
形が見えただけで、ラウンドで通用するかは、まだ分からないけど、
形が決まったことで、不安なままクラブを振ることがなくなった。


せめて、アプローチも、こういうレベルまでいきたい!!




だから、1つ1つできないことを具体的に考えて、
1つ1つ、出来ていないポイントを、潰していくことにしました グッド


やみくもに練習するのではなく、1つ1つ目標・目的を持って練習する。
こんな当たり前のことを、私は厳密にはこれまでやってきていなかった・・・と気づく。






うまくいくか分からないけど、手ごたえを感じて、

多少なりとも、(その時のレベルに)自信を持って

次のラウンドに臨みたいから、


いままで1度もやらなかったくらい、

これでもかっていうくらい、毎日毎日、

ゴルフのことを考えてみようと思います。



1度くらい、こんな時期があったっていい。。。 手書きハート手書きハート

ですよね?
 














「ロハス」とは、
Lifestyle of health and sustainabilityという英語の略。
「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」の意。

アメリカ生れの造語です。

ロハスなライフスタイルとは、
「安ければいい」 「効率がよければいい」
という従来型の選択基準とは異なり、
「それは、自分や他人のカラダに悪い影響を与えないものか?」
「それは、地球環境にとってマイナスにならないものか?」

をまず考え、それによって消費や行動を選択していくものです。

そもそも、「健康」と「地球環境」は切り離せないもの。
自分と他の生命体が暮らす「地球」がボロボロで
自分だけ健康なんて、あり得ないですもんね。




みなさん、今日も笑顔溢れる 快適な一日を 目がハート


↓ 応援のクリックをお願いしますm(__)m!!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ






TWITTER

Last updated  2008.07.08 09:50:42
コメント(6) | コメントを書く
[Golf練習記録] カテゴリの最新記事