7163011 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

早寝早起き玄米生活 ~がんとムスメと、時々、旦那~

PR

Profile


六本松 さくら

Calendar

Rakuten Card

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

ガン 楽病日記 まる♪♪♪さん
ぼちぼちと。。。 yuupunさん
ゆめみんのつぶやき yumeminさん
”くぼまこ” ごきげ… makorin1204さん
YamadadaFamilia 4005ymdさん

Headline News

Freepage List

2008.04.25
XML
カテゴリ:がん・病気
はっちょまんさん、メッセージ、ありがとうございました。
しかと受け止めましたので。



以下、はっちょまんさんのメッセージを添付します。


少し前からさくらさんのHPを拝見しており,お聞きしたいと思っていたのですが,メールアドレスが分からないので,こちらに書かせていただきます。
妻が闘病生活に入って2年9ヶ月,玄米菜食(厳密ではありませんが),甘い野菜のスープ,免疫療法,ビワの葉こんにゃく罨法などを続けてきたのですが,今月に入って肺と肝臓に多発してしまいました。今,分子標的薬の治療で入院しています。
抗がん剤を使うことに疑問を感じつつも使わないことに踏ん切れず,今回も受けさせていますが,さくらさんも抗がん剤を使ってらっしゃるんですよね?
安保先生は抗がん剤に反対ですし,他の自然療法を進めている方も概ね反対しています。自然療法とは反対向きのことをしているのは分かっているのですが,さくらさんはどのようにして頭を整理されているのですか?




この件に関しては、
書くべきか、書かざるべきか。


いつも、迷っているストライクゾーンでもあります。


回答を先に言いますと、


「私の頭はちっとも整理されておらず、『何ごとにも、絶対は、ないです』」という、冷た~い回答になってしまいます。ごめんなさい。

長い治療を経た結果ですが、
私は、抗がん剤に反対はしていません。


大嫌いな物のリストナンバー3には入っていますが。


私たちは、化学的な物から恩恵を受けながら、共存しているのです。


例えば一昨年の私のように、肝臓のガンの勢いがものすごく強くなった時期に、
ちんたら自然療法しとっても、そう簡単には治らんでしょう。


大出血した時に、ごま塩舐めとっても、出血は簡単には止まらんでしょう。


すぐに死んでしまような時間勝負な病気(新型インフルとか、その他菌やウイルス性の感染症など)の時に、病院行かんでゆっくり様子見とったら、免疫力のあまりない乳幼児や体力のない老人は、死んでしまうかもしれません。


自然療法は、あくまでも、ゆっくりじっくり穏やかに、
でも確実に時間をかけて効いてくるものですから。



急を要する場合。


そういう時は、抗生物質が必要な時もあります。


抗がん剤のように、強い薬でがんの勢いを抑える必要があります。


体力が十分にあるならば、必要に応じて、ハラ切りもせないかん時もあるでしょう。


臨機応変に対応することが必要になってくるかと思われます。


私は、確かに、三大療法だけでがんが治るとは思っていません。


でも、自然療法だけで、がんが治るかどうか?
それも、私にはまだまだ道半ばなことなので、わかりません。


冷たいと、がっかりしないでくださいね。


私も、現在進行形でこのことと向き合っているのです。


ただし、自然療法だけで骨肉腫や絶対に治らないとされている難病やがんが治ってしまった人がいらっしゃるということだけは、事実です。
それだけは、情報として、お伝えしておきます。


西洋東洋混ぜますと、いろんな先生がいらっしゃいます。

それぞれに、
いろんな説があります。


しかし、何が正しいかというのは、私も、正直、わからないのです。


わかっているのは、今私がやっている全ての治療方法で、
自分の身体の調子が悪くはなっていないということだけ。


入院もせず、寝たきりにもならずに、普通に生活できているということだけ。


自分が今やっていること。


それを信じて、前を向いてやっていくしかないのです。


私の場合、抗がん剤は、本来ならば、脱毛&嘔吐や浮腫も伴う点滴の治療を勧められていた時期もありました。


が、今は副作用が少ないと言われている飲み薬を選択しています。


私には、多発性肺転移と多発性肝臓転移があります。
それにプラスして、多発性骨転移がありますので、標準的な骨の治療を勧められましたが、
それは、断っています。
何故なら、骨の調子が悪くないから。


この後、どの場所に、さらなる多発転移がないとは限りません。


あるかもしれないし、ないかもしれない。


強い抗がん剤を使うかもしれないし、使わないで断るかもしれない。


全ては、身体に聞いてから、その都度答えを出そうと思っています。


はっちょまんさんの奥様のことを思いますと、


恐らく、


今、疑心暗鬼になっていらっしゃることではないかと思います。


「抗がん剤もやってるのに。

これだけお手当やってるのに。

どうして転移するの?治らないの?

自然療法って、やっぱり、効かないじゃない。こんなんで、治るわけないじゃない」って。


私も、通ってきた道です。


自然療法に関しては、ここらで軽く語れることはないです。
学びが必要。
時間もかかります。
しかも、一年や二年ではなく、十年スパンで。


がんの転移に関しては、


原発から他臓器に転移するほど身体は良くなってくる、という説を唱える意見はよく聞いてきました。


熱や痛みを伴うほど、身体は回復へ向かうとも聞きます。


「そんなの嘘やろ」と思った時期もあったのですが。


今は「あながち、嘘ではないかもしれないな」と思ってるところです。


転移すればするほど、ココロは不安だらけになるのが人間。


でも、身体は治ろうとしているんだという理屈をちょっと学んでおくと、あとあと楽です。



んーー、


やっぱり、


一言ではお答えできない。


できることなら、直接膝を付き合わせて向かい合ってお話したい。(願望)



言葉が足りない。


説明が足りない私です。


伝えたいことは、半分以上も伝わってないかもしれません。


でも、こんな私でよろしければ、いつでも真剣に向かい合っていきたいと思っております。


奥様の病状が回復に向かうと、家族が、ご本人が信じなくて、誰が信じるでしょうか。


ご自分が選択してこられた道を、信じてください。


私はこれから、ココロの治療へ行ってくるところです。


私も、迷いながら、
日々、精進するしかありません。


はっちょまんさん!


あきらめないで、奥様と共に歩んでください。


はっちょまんさんが一生懸命お手当されていること、奥様はどれだけありがたく思われていることでしょうか。


道が開けますことを、西から祈っております。



I'm a survivor!


【Aポイント+メール便送料無料】デスティニーズ・チャイルド Destiny's Child / Survivor (輸入盤CD)


時々、デスティニーズ・チャイルド並みの物を聴いて、ガツンと気合い入れてます。
和製デスチャ目指そうかな・・・(笑った人、体育館裏に呼び出し)

ぽちっとなにほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ

ぽちっとな→人気ブログランキングへいつも応援ありがとうございます^^









Last updated  2008.04.25 16:09:52
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.