035891 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コーチ徒然日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


シナジーコーチ

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

Freepage List

Headline News

全195件 (195件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

2009.05.10
XML
カテゴリ:コーチング
「固定概念」
これはなかなかやっかいな奴です。

自分のこだわりって、
表現を変えれば思い込みだったりします。

「固定概念」って案外分かっていて、
でもまったく分かっていない
指からサラサラと零れ落ちる砂のようなものかもしれません。

本当の自分の姿、怖い、でも見たい
そんな複雑な思いが交錯します。

私にとって「固定概念」に気づくことは
「未知の私」と出会う瞬間です。
また自分を超えられた!!
生きている喜びを心から感じます。

みなさんはいかがですか?






Last updated  2009.05.10 22:51:33
コメント(37) | コメントを書く
2009.05.06
カテゴリ:コーチング
きょう、NHKの番組で35歳の今の現状を
特集していました。

リストラされた方とか、
仕事はあっても給料が大幅に下がり
家族を養うのに苦労している姿を紹介していました。
みなさん将来に対して不安を持っているという論調で、
キャスターも不幸な方を何とかしなければと訴えていました。

しかしそこで一つ疑問が沸きました。
この方たちは自分たちのことを不幸だと思っているのだろうか?
確かに金銭的には苦しく、苦労されていると思います。
ただこの番組のように不幸だと決めつけていいのだろうか。

ある場面でお父さんと子供がブランコにのっている様子が
映し出されていました。
2人は本当に笑顔で心から楽しんでいるように見えました。
あすにむかって懸命に生きる希望が感じられました。

苦しい生活の中でも懸命に生きている人たち、
私も決して生活は楽とはいえません。
でも妻と2人、共に生きている毎日を心から愛しく思っています。
お金がないからといって、仕事がないからといって
不幸だと決め付けて欲しくない。

みなさんはどう思いますか?






Last updated  2009.05.07 00:15:28
コメント(2) | コメントを書く
2009.04.28
カテゴリ:コーチング
みなさんのまわりにはどんなつながりがありますか?

最近、いろんなつながりが増えています。
独立した当初はつながりが広がらず、本当に苦戦していましたが
自然に広がりだした、そんな感じです。

ありがたいことにいろんな人が仕事を持ってきてくれることも増えました。
大切な人を紹介してくれたり、紹介がまた紹介を生んだり、
信頼されているんだなーと実感する瞬間です。

そして先日、あっと驚くつながりがありました。
こんなところまでつながるのかと・・・
詳しくは守秘義務がありいえませんが、
また一つ大きな夢が叶いそうです。

今思えば会社員のころは、あまりつながりを作ろうと
していませんでした。
つながりがなくても食べていくことができましたしね。

でも独立して、望めばどこまでいけるのではと思っています。
そしていろんなつながりが自分を成長させてくれています。
自信が積み重なる感じでしょうか。

果たしてどこまでつながるのか?
思いを馳せるとき、胸が躍ります。












Last updated  2009.04.28 22:49:12
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.27
カテゴリ:コーチング
実は私「打たれ弱い」のです。

人に厳しく言われるとかなりへこみます。
または逆ギレしたりとか・・・
自分でもどうしたものかと手を焼いていました。

そしてきょうある人に、
人からのアドバイスを素直に聞けないことを相談していたのですが、
「それって打たれ弱いってことだよね。
自分もそうだったけど、打たれているうちに絶対打たれ強くなるよ」と
言われました。

そういわれて、「打たれ弱い」という言葉がぴったりはまったのです。
打たれないようにそういう所に踏み込まなかったり、
聞きたくないことをいわれないように
無意識のうちに防御していたような気がします。

昔から人一倍自分のことを責める癖があったので、
人から責められることに耐えられなかったのかもしれません。
元来正面からぶつかりたい私は、
一方で非難されるかもしれないときに、
正面からぶつかっていなかったことにどこかで違和感を覚えていました。

「打たれ弱い」自分に気づいて、
ぜひ「打たれてみたい」と心から思っています。
何事にも自分の心を開いて受けとめるという感じでしょうか。

これから雨に打たれて泣いてみようと思います。
それって極端ですか(笑)

でも自分の違和感ってなかなか分からないものですねー






Last updated  2009.04.27 23:08:52
コメント(1) | コメントを書く
2009.04.24
カテゴリ:コーチング
相手と本当につながろうと思うとき、一歩踏み込むか悩む。

傷つけたくない、嫌われたくない。
でも大切に思うからこそ伝えたいことがある。

きっと分かってくれる、勇気を振り絞る。

とても苦しい瞬間、生きていると感じる瞬間でもある。

人はつながることを求めていると信じている。

だって寂しいから、弱いから。

大切なことを伝えられなかった夜、1人で孤独をかみしめる。

これもまた生きている瞬間だ。

あすこそは伝えよう。そう心に誓う。







Last updated  2009.04.24 23:49:36
コメント(1) | コメントを書く
2009.04.23
カテゴリ:コーチング
みなさん、あかちゃんです。

「生きる意味」って何でしょうか?

そんな問いにぶち当たることがあります。
ただなかなか答えが出ません。
コーチングでもときにこうしたテーマがでることがあります。

「生きる意味」について最近ある気づきがありました。

「生きる意味」を考えることには意味がないのではないか?
「生きる」とは積み上げていくことではないかと。

私が「生きる意味」を考えるときは決まって
何かにぶち当たっているときです。
そういうとき、よくこの問いが出てくるのです。

答えを得たいのです。
苦しみから一刻も早く逃れたいのです。

ただこういうときは決まって答えはでません。

そして私はまた動き出すのです。
現実に立ち向かうのです。
するとこの問いは消えてしまいます。

ちょっと立ち止まるために私はきょうも問い続けます。






Last updated  2009.04.23 18:28:19
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.22
カテゴリ:コーチング
みなさん、あかちゃんです。

独立しての変化、
それは可能性にどこまでも挑戦しているということです。

きょうまた新たな扉を開きました。
大きな可能性に向けた挑戦のはじまりなのですが、
扉って重いと思っていても案外開けるものです。

扉を空ける瞬間の充実感、
空けた瞬間、吹き込んでくる春の風。
きょうは胸いっぱいに吸い込みました。

「オバマさんのコーチになる」なんていうのも本気で望めば叶う。
最近ではとてつもない可能性にわくわくしています。

みなさんの可能性は?






Last updated  2009.04.22 23:30:00
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.21
カテゴリ:コーチング
みなさん、あかちゃんです。

最近お礼状など気持ちを伝えるため
手紙を出すようにしているのですが、
一つ気になることがあります。

拝啓、時下いよいよご清祥のことと申しあげます。
謹啓、陽春の候、まずますご健勝のこととお喜び申しあげます。

手紙の頭にこうした「頭語」「前文」といわれているものをつけますが
これがなかなかしっくりこないのです。

何か僕の言葉ではないような・・・
形式ばっているような・・・

だから必死に自分らしい表現を探すのに苦労します。

このことをある方に尋ねたところ、
「似合うか似合わないかは確かにある。
ただそれ以上に、
似合う人間になりたいかどうか、
そのために精進するかどうか」といわれました。

これを聞いて
とっさに「品格」という言葉が浮かびました。

品格を持つにはどうしたらいいか?
ずっとこの問いは持ち続けたいと思います。

みなさんはいかがですか?











Last updated  2009.04.22 00:56:27
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.19
カテゴリ:コーチング
みなさん、あかちゃんです。

きのう両親が我が家に遊びにきたのですが・・・
両親が車を駐車しようとしているとき事件は起きました。

母が車を誘導していたのですが車止めに足をひっかけてしまい転倒したのです。

悪いことに手に荷物を持っていて、
まともに地面に体を打ち付けてしまいました。
そしてさらに悪いことに、
鉄のポールに頭をまともにぶつけてしまいました。

結局手足のしびれを訴えるので救急車を呼び、
父親がいっしょに乗り込んで病院に向かいました。

検査の結果、手首の骨が折れていました。
ただもっとも心配していた脳波に異常は見られず、一安心しました。

事故のときうずくまる母、
私は突然のことに動揺を隠し切れませんでした。

いち早く動いたのは父でした。
すばやく母の側に駆け寄り、状態を尋ねたり
動けないと訴える母に肩を貸して
半分背負いながら部屋まで運びました。

そして母の側を片時も離れず、
ずっと声をかけ続けていました。

私の両親は母が父の世話を焼いていて、
どちらかというと父は冷たいと感じていましたが
このとき父の愛を見ました。

夫婦を40年やってきた2人の姿に
息子でありながら初めて触れました。

私は妻が同じ状況になったとき、
躊躇無く父のようにできるだろうか?

父のようになりたい、
心からそう思っています。






Last updated  2009.04.19 22:28:55
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.18
カテゴリ:コーチング
みなさん、あかちゃんです。

何かやりたいのにできないこと、
伝えたいのに伝えられていないこと、

そんなことはないですか?

忘れようと思ってもどこかでいつもひっかかかっている

逃げようと思っても逃げられないですよね。


「向き合って」みませんか?


必要なのはちょっとした勇気と、はじめの一歩、

向き合うと案外気持ちいいそうです(笑)

あなたは何に向き合いたいですか?






Last updated  2009.04.19 00:04:17
コメント(0) | コメントを書く

全195件 (195件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.