036252 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コーチ徒然日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


シナジーコーチ

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

Freepage List

Headline News

2009.01.13
XML
カテゴリ:コーチング
みなさん、あかちゃんです。

今新聞では毎日のように「100年に一度の危機」など
不況を伝えるニュースが紙面を賑わせています。

先日ある文章を書いていたところ、
無意識のうちに「未曾有の危機」という言葉を使っていました。
これを見た私の師匠から
「お前本当に今の状況が未曾有と思っているのか」と
尋ねられました。

この質問をうけてはじめて
新聞やテレビが使っている「未曾有の危機」という言葉を
安易に使っていたことに気づきました。

未曾有とは
「いまだ曾祖父も経験したことのないような」と直訳できますが
辞書を引くと
「まだ一度もなかったこと」「空前」というような意味でした。

では第二次世界大戦のときよりも今が危機なのか?
オイルショックのときよりも今が危機なのか?
これにはいろんな意見があると思いますが
少なくとも私はそこまで考えてこの言葉を使っていないことだけは確かでした。
つまり言葉の持つ雰囲気に踊らされている自分がいたわけです。

いまマスコミなどを見ていると
言葉が非常に乱暴に扱われている気がしてなりません。
伝える人たちも真の意味を分かって使っているのでしょうか。
自分のことを棚にあげて言わせていただくと
そこに危うさを感じてなりません。

そこでまず私ができること
「常に辞書を携帯する」
今年はここからスタートしたいと思います。

みなさんはどう思われますか?






Last updated  2009.01.13 19:06:26
コメント(0) | コメントを書く
[コーチング] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.