000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

青梅市ホシナピアノ教室 近況ご報告

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


formusic

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News

December 24, 2009
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
●Bさんのお子さんも有名ピアノコンクール数々入賞。本人はコンサートピアニ
  ストになりたいという夢をお持ちです。それに向けて頑張っているお子さんを
  誇らしく思いながら、サポートしたいというのがBさんの思いです。
  Aさん同様にアセスメントをお願いいたしました。
  
 ☆第一回セッション 11/12

 いよいよセッションがスタート!初めて、電話をかけるときちょっぴり緊張でした。
 しかし「はい、保科です^^」という優しい声が!
 私の緊張は一気にほぐれたのでした。

 まずは、コーチングについての簡潔でわかりやすい説明
 コーチングとは~
 クライアントに夢や目標を達成するための実力を身につけさせること
 そして、誰かを輝かせる私自身の能力をあげること!
 マネイジメントとは~
 オーケストラの指揮者と同じようなもの

 目標を明確にすることで達成するエネルギーを集中させることができる。
 だから、目標を紙に書いたり公言することは大変効果的で重要!

 とのお話がありました。
 それまで、ほとんどコーチングについてての知識がなかった私にも、大変わかりや
 すく理解できました。

 つづいて、私の家族について話しました。

 我が家は夫、長女、次女の4人家族。
 長女と次女について 将来の夢や希望は~
 長女 将来は、美術関係の仕事に就きたいと漠然と考えているか、まだ決定ではな
    い。進路について模索中。

 次女 将来はピアニストになりたいと中1ぐらいから強く希望している。
    指導者の先生にも恵まれ、先生が大好き。
    生活の中心にピアノがあり、コンクールなどに挑戦中。

 私(主婦)二人の子供がそれぞれの夢を叶えてくれたらうれしい。
     そのために出来ることをできるだけサポートしたいと思っているが、これ
     で良いのかと試行錯誤の日々。

 私の話を相槌を打ちながら最後までしっかりと聞いてくださり、とても安心感のあ
 る話し方で、
「近い将来、あるいは10年後お子さんの夢が叶ったら、そのときあなた
 はどんな気持ちでしょう?」
 と保科コーチにきかれ、
 あらためて、将来を具体的に想像してみて、素直な気持ちで答えました。

 私「とてもうれしくて、誇らしい。安心するし、幸せを感じると思います。」

 初めてお話しした方なのに、こんなに素直に自分をさらけ出している自分に驚きま
 した。
 どうしても目の前にコンクールを控えていたりする次女に注目しがちだった自分を
 反省し、長女の夢について将来についてもしっかり寄り添ってあげよう!
 と思う自分がいました。

「次回は、強み についてお話ししましょう!」
 との予告で、第一回目は終了でした。
 とても充実した時間でした!

 ☆二回セッション(11/24)

 今回は、メールでの事前調査で保科コーチが気になった箇所について、はじめに
 少しお話がありました。
 そして私は、タイムマネジメントが苦手だということが改めて認識できました。
 いつも、気にはなっていたのですが、改善策をとっていなかった自分に気づかさ
 れました。(内心、普段、いかに私はだらけた生活を送っているのかと恥ずかし
 くなりました。)

 いよいよ本題。
 前回の終わりの方で、強みは行動傾向ともいい、元々その人が持っている能力、と
 いうことでした。強みを利用すれば、ゴールへ達するのが早くなる!生産性が上
 がると。
 私の強みってなんだろう?と前回の後、考えたのですが、今ひとつ浮かびません。
 好きなことには結構集中力を発揮するほうかな?と思 うのですが、やらなければ
 ならないことを先延ばしにしてしまったりする弱い部分もあり、どちらかというと
 欠点だらけです。

 今回は、予めセッションの前に保科コーチからレジュメがファックスされており
 それを見ながら進められました。

 レジュメの内容は

  ゴール
 目的(何のために)
 目標(期限)

  計画(楽譜の準備)
 リソース
 可能なシナリオ
 最悪のシナリオ

  組織(メンバー決定)
 チーム(メンバー、役割、準備)
 トレーニング
 モチベーション
 不足の事態
 購入しておくもの
 スケジュール  

  指導(指揮する)
 チームを指導するポイント

  コントロール(テンポ調整)
 不足の事態へ備える
 進捗状況チェック
 修正

 です。

 近々ある、次女のコンクール参加を例にした場合 ということで、セッションして
 頂きました。

 保科コーチ(以下コーチ)
「あなたが思う、子供がコンクールで成果をあげている素晴らしいお母さんの最高の
 スケジュール表(計画表)って何点 ぐらいでしょうか?」
 私  「80点ぐらいでしょうか、、」
 コーチ「では、あなたのは何点ぐらいですか?」
 私  「50点ぐらいです。。」
 コーチ「じゃあ、理想に近づくようなスケジュールにするにはどうしたら良いで
     か?」
 私  (必死に考えてみました、、、)
    「前もって家族一人ひとりの行動計画を月日にしたがって書いておくこと、
     だと思います。
    それと、期日までにやっておくことを書き出すとかでしょうか。。」
 コーチ「具体的には?例えば?」
 私  「私は買い物、ホテル、レンタルピアノなどの予約、体調管理、次女は録音し
     たり本番を想定した練習、、などです。」
 コーチ「なるほど!では、最悪のシナリオについても考えてみましょうか?
     想定していた交通手段が駄目だったら?」
 私  「あ、考えていませんでした。万が一、集合時刻に遅れるときの連絡先とか
     調べなくては~!」
 コーチ「そうですね~他に考えられる最悪の場合はなにかありますか?」
 私  「本人や家族の誰かが怪我や病気をするとか、ですね。健康管理に注意しなく
     ては~」
 コーチ「誰か、いざというとき助けてくれる人がいると心強いですね。
     そういう人を普段から見つけておくのも大事ですね。」 
 私  「はい。なるほど、そうですね。」
 コーチ「ピアノの先生が体調悪くされてしまったら?」
 私  「わあ、、その時はお手上げです><代わりの先生はいません。」

 先生が体調を崩されないことを祈ると共にもっともっと一回一回のレッスンを大切に
 させよう!と思いました。一応、レッスンのビデオも撮らせて頂 いてはいますが、
 やはり直前にレッスンが受けられないとなれば、かなり厳しいです。
 次女は、精神的にもかなり先生に支えて頂いている面があるのでなおさらです。

 最後に、自分自身がモチベーションを下げる人や場所 に近づかないということも
 大切なこと、というお話をされ、なるほど!
 コンクールに向けてモチベーションをあげていく必要のあるときには、とても大切
 なことだ!と実感しました。

 今回も、これまで私が体験したことのない未知の充実した時間でした。


 ☆第三回セッション(12/8)

 体験コーチングもいよいよ今回が最後です。
 もう、この日が来てしまった、、との思いがありました。

 今回は、マネージャーとしての私自身の目標をきかれました。
 私  「何か問題が起きたときに、ドーンと構えていられるようになりたいです。」
 コーチ「ああ、いいですね。目標が出来ましたね。
     ではあなたから見て、この人素晴らしいなあ!と思う人はいませんか?」
 私(しばし考えて)「あ、いました!長女のママ友のMさんですが、いつ会っても笑
     顔で周りにすごく気配りの出来る方です。しかもとても教育熱心なんです。」
 コーチ「なるほどね、その方はきっとニーズ(欲求)が満たされているんですね。
     マズローの5段階の欲求っていうのがあるんですが、ご存知ですか?」
 私  「いえ、、。」
 コーチ「人間の欲求はピラミッド型の一番底辺から生存、安全、帰属、自己尊厳とあり、
     一番上には自己実現という欲求があると言われています。
     生存や安全の欲求が満たされたら、次は帰属の欲求が出てきます。
     帰属の欲求が満たされないと(仲間はずれ、いじめなどの状態)、
     人から気にかけられたい、気持ちを共有したいという気持ちで一杯になり
     ます。Mさんは、きっと帰属の欲求や自己尊厳の欲求などが満たされているんで
     しょう。」
 私  「なるほど~。」
 コーチ「あなたのニーズはどうでしょう?」
 私  「人のために役に立ちたい、貢献したいという気持ちはあります。いつもグループ
     でいたいというよりは、友人は通じ合える少数がいれば満たされる感じで、ちら
     かというと、一人でいる時間も好きです。。」
    ・・・・・・
 コーチ「きっと、あなたはコミュニケーション能力は決して低くないはずだと思いますよ。
     これから、強みをもっと見つけ、それを戦略的に使っていけると良いですね。
     無駄を省いて、強みを磨くことができると使いこなせるようになります!」
 私  「がんばってみます!」

 本当に、最後?と思うとさびしい気持ちでいっぱい。
 まだまだ、保科コーチとたくさん話していたい。そんな気持ちでした。
 3回のセッションを通じて、これまで気づかなかった自分に気づかされた気がします。
 セッションの中身を自分の生活にしっかり活かし、家族のマネージャーとして頑張っていこ
 う!やってみよう!という思いも強くなって来ました。
 まずは目前に迫っている次女のコンクールに向けて実践してみます。
 そしていつもメンバー(家族)ひとりひとりへの目配りを忘れないようにしなくっちゃ。

 はじめは半信半疑で申し込みましたが、今はメールを送って本当に良かったと思っています。
 このような機会に恵まれた私は本当にラッキーでした。

 保科コーチ、本当にありがとうございます!

 陽子より
 本番前の大事な時間をこうして詳細なレポート下さいましたこと、心より感謝いたします。
 たいへん言語感覚に富んだBさん。ぜひ今度にこの強みを活かしてもらえたらと思っていま
 す。
 読者のみなさん、近日中にあるBさんの娘さんの本番にパワーを送ってあげて下さい。
 きっと素晴らしい演奏ができます!!
 Bさん、ありがとうございました。
 
 このようなマネジメントコーチングを受けたい方はどうぞ。
 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/y_hoshinapiano/view/20091220
 






Last updated  December 24, 2009 10:08:30 AM


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.