247344 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

青梅市ホシナピアノ教室 近況ご報告

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


formusic

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News

July 17, 2010
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
コーチングサロン 横浜 担当:木下尚子

「コミュニケーションによるタイプわけ2回目」

 ~ アナライザーをもっと知ろう ~



私自身が「コミュニケーションのタイプ分け」を知って

とても役立っていることは3つあります。

1 人に対する抵抗感や緊張感が少なくなったこと。

2 人を好き、嫌いや苦手意識で判断することが少なくなったこと

3 自分や人の行動のくせを理解することで、感情的な反応が

  少なくなったこと。



今回は「アナライザー」タイプを参加者と掘り下げてみました。

タイプ分けは人を4つのタイプに分けるのが目的ではなく、

比較的強く出てくる行動のタイプを大切にしつつ、他の要素も

バランスよくいくことが大切だと思います。私も4つのタイプを

持っています。ただ、多く出てくる行動のくせはサポーター、アナライザー

がここ5年間の間には変化ありません。

(もうここまでの説明からもアナライザー的ですね)



参加者の中で4名のアナライザー傾向の強い方を中心に

インタビュー、グループでのディスカッション、失敗談

などから「アナライザーってどんな人か」「見分け方」

「してほしいこと」「してほしくないこと」など率直な意見を

出していただきました。



キーワードは、「具体的に」、「明確に」、「たくさんの情報」、「ゆったりと」

「安心の中で」「こだわりへの理解」。参加者の皆さんの体験談や

具体的な事例などからアナライザーさんを活かすためのヒントが

たくさん出てきました。



最後に具体的な人を対象に、どんなコミュニケーションをとって

いきたいかをコーチングしあいました。

アナライザーはクールだけど熱い人なのですよ。









Last updated  July 17, 2010 11:50:47 PM

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.