000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

青梅市ホシナピアノ教室 近況ご報告

青梅市ホシナピアノ教室 近況ご報告

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

formusic

formusic

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News

May 31, 2014
XML
カテゴリ:日記
ウィーンにテレポーテーション♬

プレ様の今夜のプログラムは、ウィーンを感じさせるものばかりでした。

まずはモーツァルトソナタK310

私には、プレ様が、モーツァルトの曲をおもちゃに、
SHIGERU KAWAIと
音遊びを楽しんでいるように聞こえてなりませんでした。

モーツァルトがウィーンでであったハプスブルク家の人々との
楽しいエピソードなどか、思い出され、
私はシェーブルン宮殿にテレポーテーションしてました。
しばしプレ様のBGMでシェーンブルン探索。
(妄想かなり入っています。しかも贅沢!)
かわいいモーツァルト少年が、ケラケラ笑いながら走り回っているのが
見える?聞こえるようでした。


rblog-20140531010355-01.jpg


ウィーンへテレポーテーションその2

お次はシューマン、ユーモレスク。
シューマンとクララの愛の物語にどっぷり浸りました。
楽友協会でみたクララの像。

どれだけシューマンに愛されたか?
女性としてそれは、やっぱり素敵なことだなぁと。
そんな愛の物語にぴったり。
プレ様のロマンティックな音がたっぷり聞けました。


rblog-20140531010355-02.jpg

ウィーンへテレポーテーションその3

最後はベートーヴェン
ソナタの10番は、ベートーヴェンの自分の未来に対する希望感とかが
感じられました。
そう!
ウィーンの生活は、もちろんいいことばかりではなかったかもしれなかったけど、
輝いていたんじゃないかしら!✨✨✨
プレ様のピアノは、そんなキラキラの音でした。

またしてもウィーンにテレポーテーション。
私が見たウィーンのキラキラに包まれました。
建造物、美術、歴史さえもキラキラ輝いていて!!


ところがこの後、暗雲立ち込めます。
ソナタの17番テンペスト。
不安や焦りや、悲劇的な何かを感じさせる和音。
胸騒ぎをおぼえる、そんなプレ様のベートーヴェン。

気づいたら、私はハイリゲンシュタットの遺書の家にいました。
ここで聞いたベートーヴェンの話・・・


rblog-20140531010355-03.jpg


ふと気づくと、拍手。
そこは津田ホール。
ウィーンへの回想旅行は終わっちゃいました。
はぁぁ。終わっちゃった。
でも、素敵な音楽でした。

プレ様ありがとう。


rblog-20140531010355-00.jpg

◆よろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  May 31, 2014 01:04:04 AM
[日記] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X