June 27, 2011

●視点を変える1

カテゴリ:カテゴリ未分類
●視点を変える1

  富士山って、360度見るところによって、まったく違う美しさを見せま
  す。

  横の住んでいる青梅から見える富士山と、みなさんがいつもみている富士
  山では、その美しさは違うでしょう。

  指導でも視点を変えてみる・・・
  大事なことだと思います。

  でも、なかなか普段レッスンしていると、自分の視点から抜け出るのが
  困難になります。

  結果、それがうまく行けばいいのですが、折角の美しい景色を見逃してい
  るかもしれません。

  コンペの予選もいよいよという、この時期。
  視点を変えるということにトライしてみました。

  その1

  コンペ予選会場にもなっているホールで、出場生徒を集めてリハーサルし
  ました。

  ホールですることにより、
  生徒さんはとっては
  いつもと違う広いステージ、フルコン。まさに本番体験です。
  
  バランスがうまくとれない。
  音が響かない
  表現が希薄
  または無理して出してしまう
 
  などお互いに発見がいっぱいでした。

  ここで陽子はさらに【視点を変える】ことにトライ!
  それは、

  ・距離感
  レッスンでは離れてきてもせいぜい2M程度。離れて聞くことにより、より
  全体像が浮かび上がってきます。

  あれ?細かい表現はしているけど、構成がはっきりしないな?
  など。
  
  ・優先順位
  普段レッスンしていると、前回と今日の違いなどに焦点がいきがちです。
  だからこそ、成長承認してあげられるので、これは大事です。
  でも・・・

  あえて、それを今回は手放してみようと思いました。
  まっさらな気持ち、耳で聞いてみよう!
  そう!審査員のように・・・

  そうして聞く演奏は、どのように聞こえるだろう。
  どこが、魅力的に聞こえ、どこが、今後の課題として映るか・・・
 
  その中でなにを優先順位の上にするか?
  バランス?
  拍感?
  強弱?
  フレーズ感?
  音質?

  一人一人聞きながら、優先順位が上下するのを感じました。

  おまけ)
  コーチは、クライアントの視点を聞き取り、敢えて視点を変えていきます。
  そうすることで、視点が広がり、よりよい選択肢が出てくるからです。
  今、なんだか身動きできないな・・・と感じでいる方。
  ぜひ、コーチングを体験してみてください。
  その効果がわかるでしょう!!
 





TWITTER

Last updated  June 27, 2011 10:20:24 PM