094065 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

末期ガンと闘う父の徒然日誌

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


coarkun

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ブル大西@ バリ島にてw デブはモテないとかヲタはモテないとか幻…
マヨネーズ・ラテ@ 笑いが止まらんww 今日も工ロい女のおなぬー見て3マソGETw…
゜+.(・∀・)゜+.゜+.゜@ 寂しがり屋の待合室 会える最新機能! 全コンテンツ男女完全…
花鳥風月@ 陥没乳首キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! 栗弄りながら、おっぱい レロレロ チュッ…
アーバン@ 精 子の製造が追いつかんww ちょww何か知らんけど、OL系入れ食い…

Headline News

2009.01.18
XML
テーマ:闘病日記
1月9日頃から目を開けなくなり、眠ったままになった父は、
1月12日14時16分、妻、子供、孫に囲まれ幸せそうに先立ちました。

末期がん患者の最後とは思えないほど、安らかに眠ったまま自然に息を引き取りました。


癌宣告を受けてから3年4ヶ月。
父自身は抗がん剤やモルヒネなど、自分の体に変調を感じながらも、
それでも前向きに「生きること」に執着した。
その間、新たな命も芽生え、父の周りは賑やかになった。
最高に幸せな3年と4ヶ月・・・。

この日記も告知の日から書いてきました。
途中途中には父のメールなども盛り込まれていて、
あらためて読み返すことで、父を思い偲ぶことができます。

今日、気丈な母のもと、明るく和やかに葬儀を終わらせることができました。
私たちも父とは最後まで涙を見せず、笑顔で、むしろ涙は出ませんでした。

やれることはすべてやりつくし、父との絆もこの闘病期間で最大限にまで深まり、
悔いなく、逆に清清しい気持ちで送ることができたからだと思う。

もしかしたら悲しみはこれから徐々にやってくるのかもしれない。
でもそのときは思い切り悲しみたい。
父との40年間を少しずつ思い出しながら・・・父との会話を一言ずつ思い出しながら・・・
思い切り涙を流そう・・・。


私に生きることのすべてを教えてくれたお父さん。
きっと毎日どこかで見てるはず。
お父さんに笑われないように、今日からお父さんの娘らしく堂々と生きていこう。


厳しい闘病生活、家族に辛い顔一つも見せずよく頑張ったね。
お疲れ様でした。


そして・・・ありがとう。






Last updated  2009.01.18 23:10:32

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.