399080 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ

クループ(症候群)

子供の病気(小児救急) > クループ(症候群)

クループ(症候群)

クループ(症候群)とは


  一般的によくクループ(症候群)といいますが、別名急性喉頭炎といいます。風邪をひいた時にのどの奥の喉頭(声を出すところ)あたりが腫れて、オットセイの声や犬の吠えるような声のかん高い咳をするのが特徴的です。声が出なくなったり、かすれたりすることもあります。
  のどの腫れが強くなると、息を吸う時にゴーっと音がして苦しがるようになります。3ヶ月~3歳くらいの小さい子どもがよくかかります。


原因は
 

  多くの場合がウイルスによるもので、パラインフルエンザウイルスやアデノウイルスによっておきます。また細菌によっておきることもあります。


治療は


  ボスミンという薬の吸入(ネブライザー)を行い、のどの腫れをひかせます。また、飲み薬を処方し自宅で安静にします。息苦しい時には入院が必要となることもあります。


家庭で気をつけることは

 
  家庭でのケアは、基本的にかぜと同じです。夜間に症状が進むことが多いので、十分に気をつけて様子を見てください。

   ・室内の加湿

     多くの家庭で利用されるようになってきた加湿器の利用や、湯気をた
    てたり、洗濯物を室内に干すなどして空気を湿らせておくことが大切で
    す。

   ・水分捕給

     水分補給をしてのどを潤しておきましょう。咳込むときには無理をせ
    ずに、温かい飲み物を少しづつ飲ませるといいでしょう。

   ・食べ物

     苦しい時には無理をしないようにしましょう。
     息苦しさがなくなったら本人の好きなものを食べさせてあげましょう。

   ・入浴

     息苦しい時や高熱のとき以外は入浴してもかまいません。


もう一度診察したほうがいい場合
 

  ・息苦しくなった場合
  ・咳込んで眠れない場合
  ・水分を取れなくなった場合
  ・発熱が40℃近くになった場合


 病院から戻ってきてから良くなっていても、時間が経ったり、夜間になるとひどくなることがあります。まずは診察してもらった病院に電話して相談しましょう。
 電話をしないで直接病院に行っても、先生がいなくて診察できない場合があります。


参考図書


 ・お母さんに伝えたい子どもの病気ホームケアガイド第2版
 ・救急救命士標準テキスト改訂第6版
 ・Year note(2007年版 内科・外科等編)
 ・アトラス応急処置マニュアル原書第8版
 ・0~5歳赤ちゃん・子どもの病気大事典



当ブログはブログランキングに参加しています。
当ブログの救急、健康について参考になった、面白かったという方は
1日1回ランキングへの投票をお願いします。


ブログランキング.gif
人気blogランキングへ

現在猛スピードで更新中ですが、一人でも多くの方にこのブログを知ってもらい、
一人でも多くの方のお役に立てたらと思います。ご協力お願い致します。
お勧めブログランキング
ブログランキング  banner2.gif  ブログランキング 




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.