000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薬の正しい飲ませ方

子供の病気のケア > 薬の正しい飲ませ方


薬の正しい飲ませ方


新生児~乳児


水薬
 そのままで飲ませてあげましょう。

粉薬
 少量の湯ざましで、だんご状にして上あごにこすりつけ、その後、水、湯ざまし、ミルクなどで与えます。
 また、水、湯ざまし、ミルクに溶かして飲ませてもよいでしょう。
 その際は、ひとくちで飲める量にします。
 1回分のミルクに混ぜると、全部飲まなかったり、ミルク嫌いになったりしますので、
 少量のミルクに溶かして薬を与え、その後においしいミルクを与えましょう。


幼児


 水薬も粉薬もなるべく他のものに溶かさないで、そのまま与える習慣をつけましょう。
あとあと薬を飲ませるのが楽になってきます。
薬を嫌がる時には、飲ませない訳にはいかないので、何に混ぜて飲ませてもかまいません。
しかし、混ぜるものによっては苦味が強くなるので気をつけましょう。

  ・牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品に混ぜると苦味が和らぎます
  ・スポーツドリンクやジュースに混ぜると、かえって苦味が強くなることがあります
  ・粉薬を水に溶かして凍らせて与えてもよいでしょう



1日3回のお薬はいつ飲ませるのがよい


 食事にとらわれずに、起きている時間の三等分を目安にしましょう。大体6時間を目安に間をあけましょう。

    ┏朝8時ごろ
 例  ╋昼2時ごろ  など
    ┗夜8時ごろ


食前か、それとも食後


食後は満腹で飲まなかったり、食べたものと一緒に吐いてしまうことがあります。
吐いてしまってはお薬の効果は出ませんので、授乳直前や食前に飲ませるようにしましょう。




© Rakuten Group, Inc.