243870 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

羅駆転ブログ~雷武怒阿(または汐菱Q)のブログ~そいつぁよかった!

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

映画随録!

2020.08.07
XML
カテゴリ:映画随録!
八月の狂詩曲!

1991年制作の、黒澤明監督作品!

戦後45年、長崎の、夏!

おばあちゃんと、4人の孫たち!

ハワイにいる、パイナップル農場経営者、春野錫二郎という男が、余命いくばくもなく、死ぬ前に、兄弟姉妹の生き残り、鉦に会いたいと言う!

このおばあちゃんが、鉦だ!

おばあちゃんには、十数人のきょうだいがいたが、錫二郎という兄の記憶がない!

鉦の子ども、孫たちの親たちが、ハワイに行ったが、鉦が行かないと意味がない!

孫たちは、何とかおばあちゃんを説得し、一緒にハワイへ行こうと画策する!

心中した二本の杉の木、ピカの目、鈴吉とカッパ、おばあちゃんの話は、ちょっぴり怖くて、民話のよう!

長崎の原爆を学び、孫たちはひと夏で成長する!

今年、戦後75年の夏!

新型コロナに翻弄されつつも、原爆の記憶は風化しない、させない!

錫二郎の息子のクラークが、鉦の夫が原爆で死んだと知り、日本にやって来る!

リチャード・ギアだ!

片言の日本語をしゃべる、リチャード・ギア!

こんな作品にも出てたんだね!

ある夜、雷の音と光で、おばあちゃんが壊れてしまう!

映画って素晴らしい!

そいつぁよかった!

あの頃映画 松竹DVDコレクション 八月の狂詩曲






Last updated  2020.08.07 23:29:42
コメント(0) | コメントを書く


2020.07.24
カテゴリ:映画随録!
コロナもあるので、この4連休は、オイラも4連休だけど、外出せず、録画してたまってる映画を観ることにした!

初日の昨日観たのは、次の3本!

1.海底47m
2.宇宙戦争
3.武士の献立

1と2は、以前にも観たことのある映画!

3は、初めて観た!

面白かったけど、タイトルから想像する、料理が中心の映画ではなかった!

包丁侍と呼ばれた、江戸時代の藩主に仕える料理人の話ではあるが、料理のレシピとか、調理方法については、話のメインではなかった!

上戸彩は、年下の亭主から、古狸と呼ばれてたけど、そう言われてみれば狸顔かも知れないが、古狸だなんてもったいない!

最後はよく探したな、と思うが、そんな気持ちはお前が消し去った!というセリフには、グッと来た!

映画って素晴らしい!

そいつぁよかった!

武士の献立






Last updated  2020.07.24 18:58:25
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.15
カテゴリ:映画随録!
『午後のロードショー』で鑑賞!
何か聞いたことのあるタイトルだと思ったら、1、2年前の録画も残ってた!
まだ観てなかったよ!

1975年の映画?!
スタローンの『クリフハンガー』みたいな筋肉ムキムキの登山スパイアクションサスペンス映画を、クリント・イーストウッドがやってたんですね!
本人は、007みたいな映画をやりたい!と思ってやったそうですが!
なるほど!クリント・イーストウッドは、頭もいいし、教養もあって、女にもてて、スケベで、強くて、完璧で、どうだ!俺、カッコイイだろ!?感満載です!
嫌味なくらい、自己満足!?

さて、主人公は、殺しを依頼されて、それを引き受けるのですが、ターゲットが誰かわからない!だけど、今度アイガー北壁にアタックする国際パーティーの3人の中にいるのは、何故だかわかっている?!
そして、足が悪い、というヒントもわかっているが、でもやっぱり何故だか誰かはわからない!
誰かを突き止めてそいつだけ殺すのか、いっそのこと皆殺しにするのか?!
まあ、元元困難な登山なので、全滅したって不自然ではないからね!
あ、自分だけは助からないといけないか!
で、最後に、真犯人はお前だったのか!!となるのですが!

オイラ、最近、テレビを見るとき、字幕を表示することが多い。
この映画も、字幕、映画の字幕ではなくて、テレビの字幕を表示して観ていた!
この字幕は親切で、画面に顔が映っていないときとか、誰がしゃべっているのか判別できないときに、字幕に誰が言ったセリフなのか、名前を表示してくれる!
映画の冒頭で、誰かが誰かに殺される場面があるのですが、犯人のうち一人の顔は出て来ない!
でも親切に、喋ってる人物の名前は表示されていた!
そのときは何とも思わなかったけど、のちのち主人公のターゲットがその冒頭の殺人犯の二人となり、そのうち一人が誰かわからないという謎となっていき、最後にお前だったのか!となったのだが、よく考えてみたら、最初に名前が出ていた!
改めて最初から再生して観ると、確かに犯人の名前が出ていて、完全にネタバレしとるやん!
ええんかいな!

1975年にしては、ドローンもCGもないのに、どうやって撮影したのかわからないような、高い所が苦手な人には、ヒヤヒヤする場面がたくさんあります!
オイラも、高所恐怖症ではないけれど、高い所に立ったりすると、足の裏がむずむずしてしまうのですが、この映画を観て、そうなったことが何度かありました!
クリント・イーストウッドはもちろん、ジョージ・ケネディも、よくあんな所に登ったなぁ!
実際に登ったのではなくて、ヘリコプターで行ったんだろうけど、それでもオイラはダメだなぁ!
ギャラにもよるかな?
役者魂で、演技だと思えば行けるのかも?!

映画って素晴らしい!
そいつぁよかった!

アイガー・サンクション






Last updated  2020.03.15 12:29:57
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.