000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ココデリフォーム筑西店のブログ

2019.10.31
XML
テーマ:リフォーム(137)
ただいま当店一押しの

蓄電池工事のご紹介をします。





今回は太陽光発電を屋根に載せていらっしゃるお客様で

卒FITと言われる固定価格買取制度が終わり

余剰電力の売電価格が激減するので

蓄電池を検討されており、

たまたま太陽光のパワコンも故障したことにより

取り急ぎ蓄電池を付けることになったお客様です。

今回は太陽光発電のパワコンの交換と

特定負荷のフレキシブルタイプの蓄電池を採用していただきました。

特定負荷だのフレキシブルだの一体何なのか?

とおっしゃる方も多いと思います。

実は私たちも最近蓄電池を学び

何とか理解してきたところです。

まず今回の特定負荷のフレキシブルタイプの蓄電池の

ご説明を簡単にしますと

このタイプは太陽光発電のパワコンと

蓄電池のパワコンが別々になります。




ハイブリットタイプはパワコンが1つになります。

次に特定負荷の蓄電池は停電時に特定の回路の電気のみ

使用することができます。




今回も台所の回路のみ停電時にも使用できるようにしました。

但し、200Vは使用できません。

よってIHや200Vのエアコンは使用できません。

冷蔵庫や電子レンジ、その回路の照明器具などが使えます。

尚、全負荷タイプになりますと

停電時でも全回路が使用でき200Vも使用でき​ます。

それなら全負荷にすればと思われますよね。

しかし、やはり全負荷の方がコストが高いこともあり

悩むところです。

ちなみに今回のお客様は

オムロンの蓄電池9.8KWを採用しました。

昼間は電気を買わず太陽光発電で創られた電力を使用し

余った電気を蓄電します。

また、天気が悪く発電しない日は

深夜電力の安い電気を蓄電池に貯めます。

それを朝晩の電気で使用するのです。

また停電時には蓄電池にあらかじめ設定した

電池の残量が残されているので

それを使用して生活をします。

昼間は太陽が出ればまた蓄電されていきます。

どんな家にもメリットがあるのか?と言えば

そうでは無いのですが、少なくとも太陽光を載せている方で

卒FIT対象の方はメリットがあると思います。

詳しくはお客様の電気の使用状況を伺い

条件に合う蓄電池をご提案させていただきます。

お気軽にご相談ください。




ブログ人気ランキングに参加しました。

応援よろしくお願いいたします。

下記のバナーをクリックしてください。

​​​​​​






最終更新日  2019.10.31 22:01:25
コメント(0) | コメントを書く
[リフォーム現場だより] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.