000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

京都発 人材育成コンサルタントが綴る 『素敵な人生のはじめ方』実践Blog

PR

X

Profile


noririn☆

Calendar

December 9, 2008
XML
カテゴリ:今日の想い

話題の映画「レッドクリフ」を観てきました。


http://redcliff.jp/index.html


トニー演じる周瑜は、眉目秀麗で慈悲もある豊かな人間性と、音楽にも秀で、深い知恵と男気溢れる行動力を兼ね備えた人物として描かれています。


三国志の主役としては、劉備だったり、諸葛孔明だったり、曹操だったりが多いように思うのですが、今回はこの周瑜が主役でそこに諸葛孔明が絡んで、美しい女優陣が彩るといったところでしょうか。


レッドクリフの周瑜は、女性の憧れる要素をすべて兼ね備えた男なんですね。男らしくて、優しくて、美しい妻がいて、花も実もある男として描かれていますから。

その出来すぎなくらいの人・周瑜をトニーレオンが演じるとイヤミなく見えてしまうなの何故なんだろう?

とにかく、トニー・レオン、素敵でした。


素敵ついでに、トニーレオンの出演作で下記の3作もDVDを借りて観てみました。

「傷だらけの男たち」


「ラストコーション」


「インファナルアフェア」


「HERO」


彼の魅力は・・・?

すべて違うキャラクターなのに、それぞれを演じきるこの幅が魅力なのでしょうか?

どの役にも共通する彼独特の優柔不断にも通じるやわらかさなのでしょうか?


ラストコーションは、痛々しいほどに追い詰めた感がありました。実際に精神不安定にもなり、体重も9キロも痩せたそうです。



どんな作品もワンパターンが売りの役者さんもそれはそれでその人ならではなのかもしけれませんが、演じるたびに変る魅力も素敵だと思いました。



レッドクリフ、正統派トニーレオンの魅力満載です。











Last updated  December 9, 2008 12:50:25 PM
[今日の想い] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.