201361 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

cocoのロングステーハウス日記

PR

フリーページ

カテゴリ

2008年04月30日
XML
カテゴリ:家族の話
”ちょっと疲れてる”
この間久し振りに様子伺いで
母に電話した時、”元気?”と聞かれ、そう答えたら
”わかっているよ。でも何も言わないで。”と言われた。

母にはラッキーの事は何一つ話していなかったのだけれど、
母は知っていたようだった。
”みんなにね、もう話さないでって言ったの”
”だって、知らなければ、私の中ではいつまでも生きつづけるでしょう”
”だからね、もしラッキーが死んでも、絶対に知らせないでね”




だから、私は母に電話をかけていない。



”ラッキー最近ずいぶん元気じゃないか。
良くなっているのかな?”
良くなることなんて絶対にありえないのに、
主人に期待を持たせるくらい、一時期元気になったラッキーは、
27日の日曜日なんて、我家に来たお客様に会いたくて
一人で階段の上り下りをして、私達を驚かせた。


”ねえ、今日はなんだか外に行きたいみたいだから、
ドライブに連れていかない?”
興奮させないようにしばらく外には連れ出さなかったけれど、
そう主人を誘って夕食後まだ明るい街に出かけたのは、
28日の夜だった。


支えられないとよたよたしていたのに、
その日は肘掛に足をのせてしっかり立って、
食い入るように景色を眺めていたラッキー。


家に帰ってきて、2階に抱っこして連れて上がって、
ラッキーをおろし電気をつけようと思ったその時、
ラッキーはドサっという大きな音をたてて倒れた。


呼吸がいったん止まり、もう駄目だと思ったのに
突然息を吹き返したラッキー。


とっさに、娘達の帰りを待つために
息を吹き返したのだと私は感じた。


どうか苦しまずに眠るように逝けます様に。
ラッキーの病気を知ってから,ずっとそうお祈りしていたけれど、
ラッキーは、眠りたくなかったんだ。
じっと私の顔を見ていた。


もう少し、もう少し頑張るんだ。
もう少ししたら、みんな帰ってくるじゃないか。
そう自分に言い聞かせているように見えた。


”もう待たなくていいから。
みんなのこと心配しなくていいから。”


最初の呼吸停止から、
2時間頑張ったラッキーの身体は、
呼吸が止まって逝ってしまったはずなのに、
しばらくして数回動いた。


逝きたくなかったんだね。
一緒に居たかったんだね。
思いっきり息をしたかったんだね。


側にいて見守ることしか出来なくてごめんね。
辛かったね。やっと楽になったね。
まっすぐ天国に行くんだよ。
私達の事は心配しなくていいからね。


静かなラッキーだったから、物音がしなくても同じはずなのに、
なんだか家がシーンと静まりかえっているような気がする。


”心配しなくていいのよ”と何度もラッキーに言ったのに、
ふとすると涙がこぼれる。


やっぱり寂しいよ~。

ラッキー
沢山の思い出と、思いやり、愛をありがとう。







最終更新日  2008年05月01日 06時58分25秒
コメント(14) | コメントを書く
[家族の話] カテゴリの最新記事

コメント新着

 cocosaiko@ Re[1]:季節は秋(11/07) ladymamiさん >お久ひぶりです〜 本当に…
 cocosaiko@ Re[1]:季節は秋(11/07) さくら9846さん >お久しぶりです。フェイ…
 ladymami@ Re:季節は秋(11/07) お久ひぶりです〜 他のブログも訪問させ…
 さくら9846@ Re:季節は秋(11/07) お久しぶりです。フェイスブログ私もやっ…
 cocosaiko@ Re[1]:家族(08/24) g-3さん >何でもない様な事が結構幸せに…
 g-3@ Re:家族(08/24) 何でもない様な事が結構幸せに思えるのは…
 cocosaiko@ Re[1]:ありがたい。ありがたい。(08/15) ★紺桔梗さん >心配してくれる人がたくさ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


cocosaiko


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.