000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Coffret a Bijoux 宝石箱

PR

X

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

ブルー系

2012.01.28
XML
カテゴリ:ブルー系

年があけて、新しい仕事に就くことになりました。

とはいっても所謂「非正規雇用」社員なので、
3,4年後どうするの!?という懸念はあります。

さすがに丸1年間、無職なのも飽きてきたし。
収入ないと色石買えないし号泣

しばらくは慣れない仕事で、頭がフル回転。
家に帰るとごはん食べてお風呂入ってすぐ寝てしまいます。

そんなわけでしばらくブログの更新は控えめ気味になるとは思いますが、
心配しないでください。

落ち着いて気が向いたら、また更新させていただきたいと思います。

仕事で心が慌ててしまったり、迷ってドキドキしたりするのを防ぐには
このアクアマリン(サンタマリア)のリングが効果てき面です。

バーコードで調整後1

自分がいいと選んだ石(リングなどの製品含む)は
本当に効能ありますよね。

このリングを買おうとしたときも心身が落ち着かなくて
疲労困憊状態でヘロヘロでしたしょんぼり
(写真は過去のブログのものです)

私の場合、なぜか希少石であることが多いのですがびっくり




あんまりスピリチュアルなことは言いたくないのですが
私が感じるままのことを書きました。







Last updated  2012.01.28 19:53:13
コメント(4) | コメントを書く


2011.08.03
カテゴリ:ブルー系

パライバトルマリンを引き取った日は、
これまた抑えてあったリングを引き取ったのです。

それはこちら下矢印

タンザナイト 1.21ct.

タンザナイトです。1.21ctの割には色が濃いし、
かといってグデグデと濃すぎない青紫色です。


タンザナイトのあの青い色って無理やり加熱して
あの色出してるイメージがあってどうも好きになれなかったのですが、
これならばサイズ的にもちょうど良いかなと。

すごく濃いわけじゃないけれど、
自己主張しっかりしている藍色だし、
かといって決して薄い色ではないので
ゾイサイト(特に非加熱)に見られるようなスチール感は出にくいです。

デザインもこの大きさでのクッションカットは珍しいし。

タンザナイトは2ct以下の大きさだとどうしても色がのりにくいものですが、
この大きさでこれだけ色味がハッキリしているという点でも購入にいたりました。


タンザナイトを初めて見たときはイマイチ興味がわかず、
数年前は同じ多色性をもつベニトアイトを先に購入しています大笑い

最近ではこちらも。

購入したこのリングは多色性よりも
白色灯~白熱灯での藍~赤がちらっと見え隠れする青紫に
色が変わって見えるのが面白いです。

下のリンクだと一番右下の色合いに近いです。





さあて、しばらく石はごちそうさま、かな。

なぜならば、先日の市場暴落のおかげで
最大の損失額を出したからです。

まだマイナスになってないだけマシか大笑い







Last updated  2011.08.07 11:44:25
コメント(6) | コメントを書く
カテゴリ:ブルー系

いつものお店に行ってやっとお預け状態の品物を受け取ってきました。

早速ご紹介。

パライバトルマリン、1ctくらいでリングに出来るルースが欲しくて、
お手ごろだったこの子を見つけたもののすぐには買えずにお預け状態。

そして会社を退職、震災と
とてもじゃないですが、まともに働けるわけがなく
そんなこんなで長い期間放置してしまいました。ごめんなさい。

で、家にいるのがこの子。
パライバトルマリン(左) 0.92ct.

↑左側のクッションカットの子がそうです。ブラジル産。


右側のブラジルカボ子は色の比較対象のためにおいてみました。
色見はほぼ同じっぽいですね。

写真撮るときに太陽光のもとだと強テリ過ぎて
内側からネオン感がすごいのと、
蛍光発色しているみたいな感じになってしまうのです。

曇り空の下だともっと淡いエメラルドグリーンと水色を足した感じです。

上記の写真はその中間あたりの光具合で撮影しました。
あーむずかしいしょんぼり


そしてテンチョーを待っている間、
ショーケースを眺めていたら見つけてしまった子がびっくり
それはこちら。

ブルースピネル 0.90ct.

ブルースピネル 0.9ct.

厳密に言うとコバルトタイプではないので、
くっきり鮮やかなブルーではないのですが、グレー色さほどかんでないし
それでもこのきらめきとお手ごろ価格にびっくりし、一緒に持ち帰りました。

重さは上記のパライバとあんまり変わらないです。


家にあるルースを久しぶりにじっくり眺めてみたら
スピネルがそこそこ多いことが判明。

スピネルって手に乗せるとエネルギーをとても感じるし、
いろいろな色やカット、そのきらめきにいつのまにか惹かれたんだろうな。

お値段もピンからキリまであるので、
選ぶのがとても楽しかったりしますスマイル






そういえば先日、お友達へ手持ちのグレーブルーなスピネルをあげたんだ。
だからその分新しいものが入ってきたのかな?


そして相変わらずテンチョーに
「ホント、目ざといよね」と言われるエトワールなのでした(笑)







Last updated  2011.08.06 15:36:00
コメント(4) | コメントを書く
2010.10.11
カテゴリ:ブルー系
先日、ベルエトワールさんの宝石勉強会に行ったときのこと、
社長が大いに目をつけた石があるという。
みた瞬間、とてつもないエネルギーを感じたと。

社長は『Stella Esperanza(希望の星)』と商用ネームをつけたとのこと。

で、その勉強会の場でひと目見せていただいたが、
どう見ても「ヘミモーファイト」なんですよ。
ブラジルのパライバ州の近くで撮れた、と仰っていたし。

間違いなくあの色は、『ヘミモなんちゃら(うろ覚え)だろうな』と思いつつ、
鑑別にだしている最中とのことだったので、黙っていました。
実際、私もその実物を見たことがなかったので。

そしたらベルエトワールに私用で訪れたN様からの情報で
その石の正体が明らかに。
やっぱりヘミモーファイトでした。

以前アトリエCANDYさんで素晴らしいヘミモーファイトが売られていたのを
鮮烈に覚えていたのです。
でも高いし、なんかそのときは惹かれなかった。

で、どんなものか実物を見てみたいので、
いつものお店のテンチョーに大きさと予算を伝えて
みつかったら真っ先に声をかけてもらうことにしてました。

昨日、上野の芸大美術館で『シャガール展』を観にいった帰りに
ふと卸へ行くと、

ヘミモーファイト 10.23ct.

あったので買っちゃいました大笑い10ct.ちょい越してます。

先日シャチョーに問い合わせてくれたときには在庫がないって言ってたのに~。
なんで記憶になかったかというと、セールに出されていたから(笑)
それはかわいそうだ(何がだ)


そんなわけでうちにやってきたヘミモちゃん。
手のひらに乗せて右手をかざすとブワブワと暖かいものが押し寄せてきます。
アウインのような強烈な感じとはまた違うのです。

明るい水色はターコイズの緑がかったしっとりとした青とも、
カルセドニーの透明感ある青とも、これまた違うのです。
明るい青と水色が入り混じる中に白く模様が混じっていて
晴れた空のようです。

これって私に合っているのかなあ。


************************************************************

ヘミモ(ル)ファイト(Hemimorphite)異極鉱 モース硬度:4.5-5

・悪霊を払い、邪悪なものから身を守る効果
・迷いを振り払って、向上心と勤勉さを持って行動できるようにサポート。

************************************************************


今は仕事において一歩踏み込む必要があるので、そういう意味では合ってるかも




ベルエトワールの社長いわく、この石は向上心がないと
そもそも合わない、みたいなことを仰っていたのを思い出しました。

石って必要とされる人に自然と渡るんだろうなあ。
このヘミモーファイトに限ったことではないにせよ。






Last updated  2010.10.12 23:37:19
コメント(8) | コメントを書く
2010.10.07
カテゴリ:ブルー系

先日、ベルエトワールの勉強会に参加してから
家中にあるルースを片っ端から手のひらにかざしてみましたスマイル

会場でもブラックオパール、アウイン、ガーネット系は
かなりのパワーを発揮していましたが、
今の私に合う色石はこの子達
下矢印

アウインとツァボライト

きれいでしょう大笑い

写真は最近マニュアルで撮影しています。
AFだとピント合わせようとしてシャッター切るのが遅くなり
かえってピンボケのもとでした。

マニュアルならマクロでもシャッターを早く切ることができるので、
こちらで少しずつ慣れたいところです(今更かい雫)。

石はアウイン(0.17ct)とグリーンガーネット(0.52ct)です。

アウインはだいぶ前に直輸入価格のルース屋さんにて
バイヤーサプライズという企画で
タイムセールしてたときの掘り出し物。
相場よりもかなりお得な値段で購入。

私のこのブログのプロフィール画面に写っている青い石は
実はこの子のショップ画像です。

グリーンガーネットはお店で目に飛び込んできた子(笑)
テリテリギラギラ、そしてお値段も私に見合う!

テンチョーには「ホント、よく見つけるよね」
と目ざといことをあえて指摘するような物言いをされましたが
ギリギリ誉められているということにしておこう。

2つとも「カーッ!」とする感じがするのですが、
アウインは、もうぶっちぎりです。
例えが変ですが、火を手のひらに乗せているような感覚。

他の石が「かなわなーい」って悲鳴を上げそうびっくり
たった0.17ctなのに。すごいパワー。

グリーンガーネットは熱いんだけどじわじわ来る感じ。

あとはパライバトルマリンもじんわり合う気がします。
ほっとする感じ。
ブラックオパールはちょっとチリチリしながら熱くなる。

先日、ミネラルフェアに行ったとき、最後に立ち寄ったブースで
大きいアウイン売っていたのだけど、あれって呼ばれてたのかな?
大きさの割にはお得な感じがしたんだよねー。

グリーンガーネットはお直しの品を引き取るときに見つけたのです。

で、この日もテンチョーといろいろ話をしたのですが、
自分に合わない石、っていうのがイマイチ分からない、と伝えたら

「石を見つけたときは、基本的に呼ばれている石ばかりだから、
家にある○○さんの石はいやな感じはしないと思う。」
だとさ。

それと
「日によって(体調、精神含めて)合う石が違うと思うよ」だと。

じゃあ、みんなかわいがってあげないとね大笑い





あとはちょっとビジネスというか生きかたみたいな話をして帰りました。
石の話しだけじゃなくてこういう話ができるから
ふらっと寄っちゃうのよね。
そしてどんどん目上の方の知り合いが増えていく。


ともかく、このままじゃ私は終わりませんよ。
せっかくなら自分が関わっていることは
結果的にはよかったね、ということにしたいし。

自分を活かすフィールドをここ数年で見つけたいところです。
まずは今のフィールドでやれることをやりますわ。







Last updated  2010.10.07 22:49:29
コメント(2) | コメントを書く
2010.09.18
カテゴリ:ブルー系
先日のカイヤナイト、某場所で好評でしたウィンク
その話は後ほど。

さて、もう一つ買ったのはこのペアスマイル

ブルームーンストーン 2.27ct

いわいるブルームーンストーンです。
実はムーンストーンを購入したのは初めて。

ライト当てなくても綺麗なものは
青いシラーがほんわりと浮かんで見とれてしまいます。

特に加工しようとか決めておりませんが、
いくらペアでもピアスにしたら大きすぎるかもしれません。
当面眺めておきます。


ムーンストーンはシラーが青、オレンジ、ピンク、紫、など、
様々な色があって飽きないですね。






ムーンストーンは残念ながら日本では
他にラブラドライト、ペリステライトもブルーのシラーが出るからという理由で
ブルームーンストーンと称して売られていることがあります。

見た目は非常に似ています。
厳密に区別されて販売されているとは限りませんのでご注意のほど。






Last updated  2010.09.18 22:11:30
コメント(6) | コメントを書く
2010.09.16
カテゴリ:ブルー系

いや~めっきり涼しくなりましたね。
相変わらず頭の回転が悪い状態ですが、
どうにか生活しておりますしょんぼり

さて先日、JJFに行ったときのルースを紹介していなかったですねー。
目玉はこちらのファセットカットされたカイヤナイト。

カイヤナイト 2.22ct.

2.22ct.なのでそこそこのボリュームがあります。
上質なサファイアに見間違うかのように
中から水色がパラパラと出てくるのです。
これには呼ばれてしまいました大笑い

よくよく見ると、縦と横に線が見られるので、
カイヤナイトとすぐ分かります。

これが数千円レベルとはお買い得。
値段が1000円下がっても他のカイヤナイトがいくつかありましたが
質も下がってしまいます。これだけは別嬪さんでした。

こちらの店主、なかなか気さくなかたなので
今度は実店舗(卸)を訪れてみようかと。

かつて、A氏のところでカイヤナイトのカボションカットを購入しています。

この石、実はひつじさんと兄弟なのよ~おひつじ座

カイヤナイトは大きさの割にはお手ごろ価格で
質の良い石に出会えるのが魅力的ですね。
ただし、カイヤナイトはたてと横で劈開が異なるため、取り扱い注意です。


それにしてもどれもきれいだなあ~。
キャッツアイも魅力的です。









Last updated  2010.09.16 21:42:05
コメント(6) | コメントを書く
2010.08.29
テーマ:ジュエリー(5715)
カテゴリ:ブルー系

暑い~しょんぼり仕事柄、午後は外出することが多いのですが、
日陰と地下街を求めて忍者のように歩いています。

さて、すっかりごぶさたしております。

前回の日記にて「色石の類は買わない!」と誓っているのですが、
そういうときに限って
「これは!」という商品に出会ってしまうのですよね。

あまりの暑さに某デパートで涼もうと思って宝飾フロアへうろうろ~。

ダイヤとパライバが交互に並んでいるハーフエタニティなんですが、
パライバの色がオールドマインで、色味が揃っていたことに
とても惹かれてしまいました。
しかもそこそこのボリュームがあるのです。
プラチナもたっぷり使われているし。


こんな感じかな?




そして「出会いですよっ」という常套句を言われて
取り置いてもらっているがあるのですが…。
残念ながらキャンセル扱いしてもらいます。

こればっかりはつぎ込んでしまったらキリが無いし。

で、数ヶ月ぶりに宝石関係のブックマークを
一通り見ていると。

下矢印



これ、いいよね。色味はもちろんのこと
ダイヤが多いし、珍しくアームが丈夫そう。




個人的にはこの商品とてもツボです。
パライバーナさんはパライバというより、すっかり
魚子シリーズ
がメインになっちゃいましたね。







Last updated  2010.08.29 15:52:25
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.23
カテゴリ:ブルー系
仕事帰りに朦朧とした頭で、お直しの品を引き取ってきました。

私が色石の世界にハマるきっかけとなった
3年前に購入したパライバトルマリンのペンダントトップです。


パライバトルマリン ペンダント


パライバトルマリンはジュエリーだったりルースだったりと、
いろいろ買ってきましたが、この子の色のノリが一番好き。
最近言われている「プールブルー」って感じ。

たった0.1ctの子ですが、存在感抜群。
身に着けていると他の人からの視線がどんどん刺さります。
あ、私の顔じゃないのね大笑い

オールドマインなブラジルの色。
これ以上の色味は他に見つかったとしても、
もう私には手の届かないものになるでしょう。

あと、スフェーンのピアスチャームを引き取ってきたのですが
ちょっと不具合があったので、再度お預け。

買えないけれど、色石観て癒されてきました。
テンチョーセレクトのインディコブルーのトルマリンで
良心的な値段の子がいたけれど
あれはすぐにいなくなるだろうなあ。

それと自身の状況をテンチョーに伝えたら
「大丈夫、○○さんは渡っていけるから、私が確信する!
あなたはそういう人だから。」

と言われました。そう言われるだけでもありがたいよね。

「本当に困ったらテンチョーのこと頼るかも~」と言ったら
「知識あるしね( ̄ー ̄)ニヤリッ」とテンチョー。

それとこれと働けるかどうかは別問題だよね~雫 











Last updated  2010.07.24 20:46:17
コメント(5) | コメントを書く
2010.02.19
カテゴリ:ブルー系
同じ日付で2つ日記を書くのは初めてです。
さてと、例のいたのに気づかなかった、だけど見つけた子を発表します。

ふと見つけてしまった子は!?

下矢印

ベニトアイト ペアルース 0.445ct. 1


ベニトアイトです。しかもペア大笑い
この石はペアにするのがとても大変なんです。
どうしても薄い色味になったり輝きが揃いにくいから。

でもこの兄弟は色の濃さと強テリ具合が素晴らしい!
よくよく見ると片方の色味が若干濃いのです。
でも2つとも色が良く乗っているのでたいした差ではないです。

↓傾けてみた。
ベニトアイト ペアルース 0.445ct. 2

ベニトアイトは多色性(たしきせい)が強く、
角度によってはほとんど透明に近い状態になります。

多色性が見られる石で青色だと、
アイオライト、タンザナイト、ベニトアイトが知られているところですが、
ベニトアイトだけは ぶっちぎり な感じがします。

さらに独特のテリが加わって藍色がきらびやかになります。
これぞベニトアイトの醍醐味です。

昔、ベニトアイトという石を初めて見たとき、とても興奮して
でもそのフェアではとんでもない値段が付けられていたため
即刻いつものお店に電話してルース確保した子が
このベニトアイトのリングになりました。






さてお値段はペアで片手しないのにはびっくりでした大笑い

プラチナのペンダントトップ枠に乗せたら、
さらに輝きを増して美しかったです。

ペンダントトップか、ペアの特性を生かしてピアスにするか、
ちょっと迷ってます。
迷っているうちも楽しい時間ですスマイル






Last updated  2010.02.21 19:36:19
コメント(2) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.