168075 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

トチタロスの説教部屋

ハムハムハム!!

じゃじゃじゃーーーん!!


10年位前に飼っていたハムの写真を載せる事ができました!!

プロフィールは随分と簡素ですが、なんせちょっと古い話なので
詳しく書けないでゴメンなさい。


  ~ハムハム1号 ハゲPの場合~

  ハゲP見参!!あっちはよく見えないなぁ

彼はホント10年ほど前に急に飼い始めたハムスター。初めてのジャンガリアンです。
色は見たままノーマル、男の子です。
最初は「ハムP」と呼ばれていたんですが、お腹にハゲができた事からハゲPに
なりました(笑)
とてもおっとりした性格で、今思えば鈍いほどでした(笑)顔に穏やかさが滲み出てるでしょう??

最初はすごく元気だったんですが、最後の方はやはり体調を悪くして時々病院へ。
3年近く生きたと思います。



  ~ハムハム2号 ハニュハニュの場合~


 ハニュっ?何かくれるん?

まず名前がおかしい(笑)最初はもっと普通の名前だったんですが、この子は
本当に思い出深くて。チヤホヤしてたのでいつの間にかこんな名前で通ってしまいました。

色はブルーサファイヤ系だったんですが・・・なんか違う気がします(汗)途中から黒っぽくなり、
雑種・・・(笑)などと言った方がいいのかも?
男の子で、ハゲPの次に繁殖目的で飼ったので、後にお嫁さんも飼う事になるのですが・・・・。

体は一番大きく、二本足で立つとどのハムスターよりも頭半分くらい出てました。

どうもこの子は腫瘍ができやすい血統だったらしく、腫瘍が二つほど見られました。来てすぐに左手に大きな腫瘍が・・・・。
そして下の歯を傷付け折ってしまい・・・二度ほど麻酔を受けて歯を削り、かなり過酷な
処置をしなくてはいけなくなりました。

そしてある年の冬、クリスマスイブに脱走をし、近くにあったコタツを駆け上がり
そして飲み残しのビールのコップに落ち込み・・・・。仕事から帰った時、机が濡れていたので
おかしいと思い辺りを見回すと、ハムがコタツ布団の中でうずくまって震えていました。
急いでダッコし、温め続け・・・・。

その日の夜のテレビでの映画番組は、クリスマスという事で「天空の城ラピュタ」を
やっていました。この子をダッコしたまま、ラピュタをずっと一緒に見ました。

それがこの子との最期の思い出。次の日に他界しました。

それから今になっても、その番組のオープニング曲(久石穣さんの曲)を聞く度
その日の事を思い出します。

一番最初に居なくなり、生きた期間はかなり短かったけど思い出の数は一番多いハムです。


 ~ハムハム3号 おかんの場合~


  おかんーーー!!出せ~!


おかんは2号のお嫁さんとしてやってきました。名前の通り、子孫を残して欲しいハムでした。
しかし思い通りに行かないのもハムスター。相性が最悪で繁殖は即諦めました。

色はブルーサファイア系(えらく黒いが)で小さい女の子。可愛かったです(^^)
この写真の通り、かなりガサツで素早くなによりおもろい子(笑)

毛づくろいが上手でいつもキレイでしたね。最初は汚かったハゲPが、年を負うごとにキレイになっていったんですが
この子は最初から最期まで素晴らしい毛艶でした。

病気も何もなく健康そのもので、ハゲPともども長生きしました。しかし寄る年波か
白内障になり、瞳孔だけ真っ白。元々目に頼らない動物なので、本人的には気にならないと
本にあったので、病院に行くのもやめ(やっぱり麻酔はかわいそうです)家具(?)の配置を
全く変えず対応しました。最期も、ほぼ老衰だったと思います。

全然おっとりしていないので変な顔の写真ばかり(笑)でも性格は優しく本当に可愛かったです。


 ~ハムハム4号 ハムの場合~

基本的に名前が付かないのがうちのハムスター。ハムはハムであってハム以上にも以下にもならないのです(笑)

ハム4かっこいい?

長男を妊娠する前に飼っていたハム。最初に書きますが、長男が生まれてからその忙しさで
世話が満足にできず、かなりひどい目にあわせてしまったハムスター。
この子が他界した時「世話ができないからもうハムは飼わない」と決意しました。
それから約4年が過ぎ、この子の過ちを繰り返さないと誓い、ロボロフスキー夫妻を家に招く事に。

ハゲPが懐かしくなり、久々にノーマルの男の子を選びました。性格はおとなしく、見た目もかなり
可愛いハムです(^^)ただ、長男の予定日が8月25日で、よく実家に戻ってダラダラしていたので
この子も一緒に毎日車に乗り帰っていました。この子に限り家が2個あったのでした。
移動は紙製のおにぎりケースに入り、着くと別宅に入るというゴージャスな生活(笑)
それも過去に3匹まとめ飼いをしていたため小屋その他が揃っていたお陰でした。

病院に行く事もなく、すごく元気だったのに・・・・。もうちょっとよく構ってあげていたら孤独死しなくても済んだのに、と
やはりまだ悔やみきれません。

2000年10月に他界。短い生涯でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうしてでしょう?このネット上で写真を見ると涙が出てきます(T_T)普段、普通に「可愛いだろ?」と子供に見せられてる写真ばかりなのに。




できる事なら、この4匹にまた会ってみたいですね!!



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.