208800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新生82歳のムッシューアラダ

新生82歳のムッシューアラダ

1937年9月27日生まれ74才。2010の誕生日に大動脈瘤が他の検査で偶然つかり、12回目の大手術である。とんだ誕生日だった。1月5日に4時間30分の手術。心臓血管外科医で執刀成功。
2002年8月から2004年8月の間心臓手術5回。11月6回目は開胸のため内視鏡検査後手術をすることになった。施術困難な冠動脈が2箇所。過去数例の方法を出来る限り開胸を避けるて試みる。この内科的手術が林助教授と谷口内科医局長を中心とする医師団で成功した。

2005,5,6,発熱、肺炎。緊急入院、運良くサーズでは無かった。
2006,5,内頚動脈90%狭窄が見かった。脳疾患を起こす寸前。手術をしても家族や周囲の人に迷惑をかける余生になる率が96.3%。この大学病院で2例目である。3.7%の中で完全回復。

脳神経外科手術の成功で退院日に病棟を替わってり再入院、次は眼科である。右目が黄班変性症で中心部が見ない。脳神経外科手術で、成功しなければ脳梗塞で殆ど寝た状態では目の手術は必要ない。成功したら手術する約束。稀な手術でビスダインによる眼底の新生血管焼縮術である。これは新しい手術方法で日本ではあまり症例がこの時点ではない。日本生命はこの50万円の手術に5万円しか払わなかった。

2009.11黄斑変性症が今度は左目に起きた、これを見逃すと両眼失明である。直ちに
手術、眼球内眼底部に針を差し込み薬剤を入れる。1月の診断及び検査で2回目を
施術する日程が決まる。恐怖である。これも無事終了。左は元に還ったが、右の手術
2回目は何とか進行が止まった程度で半失明状態。3回目を2011年3月、4回目を2012.3.17にした。

海外赴任、渡航回数70回以上、45ヶ国だけに話題豊富には自信がある。依頼で随筆本は書た。今ぼつぼつ取り掛かっているのは、フランスの文豪「ロマンロラン」の著書「ミィレー」を読み易く翻訳を始めている。この再訳を私のライフワークにしたい。日本では晩鐘、落穂ひろいなど農民画家として知られ、「ミレー」と言われているが、フランス発音なら「ミィレー」が正しい。
美術館、博物館を回った数はヨーロッパの中小を含めて100箇所以上を数える。日本でも70箇所以上訪れている。絵の収集は一時中止だったが年1・2枚は買う。ピカソやダリも所有していたが数年前手放した。ミロの「エル・ダンセーレ」大作は健在。最近ではルイ・イカール、行木(なめらぎ)正義を購入。

53年前からカメラを収集している。手元を通り過ぎた台数は1000台を優に超えている。最も多い所有台数の時は700台を超え最近手放す機会が増え250台位にやっと減った。写真関係書籍200冊。他に、骨董の銀食器、カトラリーは大きなレストランを始められるくらいあるが、銀器は手入れが必要で、それも楽しみ。オールドノリタケやコペンハーゲンの古い陶磁器のコレクションでコーヒーやブラックティーを楽しんでいるが、まだ使い切れていない。
昨秋より4ヶ月の日本脱出を終え3月5日に帰着。これから又ブログを書きたい。。

Shopping List

即納!1年安心保証!残量表示機能付 BCI371XLBK BCI371XLC BCI371XLM BCI371XLY BCI3…
コンディションの良い互換インクです。今日も注文します。[>>]
一人前にぴったりサイズ 味に自信のお肉の大きな至福の ビーフシチュー 170g×4袋 セ…
このビーフシチューはとても評判が私のところではよい。食酢時にじゃがいもとニンジンを別に茹でて加えま…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2022.01.02
XML
カテゴリ:料理
コロナ禍で半年ぶりにこれを書く。半年に一度とはあまりにも寂しい限りである。本日は2023年1月2日。お正月だが、現在は独身でここに住んでいる。家庭内事情は公開する気がない。
毎日風呂に入り、今日から5日までは年末に購入したお節料理の日々が大晦日
から続いていっる。京都の料亭からの取り寄せである。昔大阪で会社をしていた時の馴染みの店がここ数年御節を注文していれば、年末ぎりぎりに到着するように送ってくれる。単位は最低が2人前で、それでも今の小生には普段なら支払える額ではないが、正月ともなれば別である。
友人が訪ねてきたとき当地の人は皆口がこえた人が多いが皆さん異口同音に、本物の京風御節に感心する。
通販があるが、それとは一味ランクが違うのはわかるらしい。これが年初の贅沢である。
御節の接遇は1日、2日でほぼ終わる。ただし当地は餅がうまい。農家に杵つきを2枷だけ頼むが31日に到着し当分これは楽しめる。夏過ぎ迄は楽しんでいる。フランス料理にアレンジしたりイタリアンの味付けで賞味するが、スペインのパエリアに切ったものを使うと、海鮮の味に相性が良く、評判が良い。
最近は料理の開発が趣味で、84歳にもなると食い意地が張るのかチャレンジをよくする。海鮮料理にはあご出汁をよく使うが、カツオ、昆布、煮干しより西洋料理には相性は抜群である。あまりこれは公開したくないことだが正月ぐらいは書いても良いだろう。読んだ方はぜひトライされたい。






Last updated  2022.01.02 17:51:15
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.