191895 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新生82歳のムッシューアラダ

1937年9月27日生まれ74才。2010の誕生日に大動脈瘤が他の検査で偶然つかり、12回目の大手術である。とんだ誕生日だった。1月5日に4時間30分の手術。心臓血管外科医で執刀成功。
2002年8月から2004年8月の間心臓手術5回。11月6回目は開胸のため内視鏡検査後手術をすることになった。施術困難な冠動脈が2箇所。過去数例の方法を出来る限り開胸を避けるて試みる。この内科的手術が林助教授と谷口内科医局長を中心とする医師団で成功した。

2005,5,6,発熱、肺炎。緊急入院、運良くサーズでは無かった。
2006,5,内頚動脈90%狭窄が見かった。脳疾患を起こす寸前。手術をしても家族や周囲の人に迷惑をかける余生になる率が96.3%。この大学病院で2例目である。3.7%の中で完全回復。

脳神経外科手術の成功で退院日に病棟を替わってり再入院、次は眼科である。右目が黄班変性症で中心部が見ない。脳神経外科手術で、成功しなければ脳梗塞で殆ど寝た状態では目の手術は必要ない。成功したら手術する約束。稀な手術でビスダインによる眼底の新生血管焼縮術である。これは新しい手術方法で日本ではあまり症例がこの時点ではない。日本生命はこの50万円の手術に5万円しか払わなかった。

2009.11黄斑変性症が今度は左目に起きた、これを見逃すと両眼失明である。直ちに
手術、眼球内眼底部に針を差し込み薬剤を入れる。1月の診断及び検査で2回目を
施術する日程が決まる。恐怖である。これも無事終了。左は元に還ったが、右の手術
2回目は何とか進行が止まった程度で半失明状態。3回目を2011年3月、4回目を2012.3.17にした。

海外赴任、渡航回数70回以上、45ヶ国だけに話題豊富には自信がある。依頼で随筆本は書た。今ぼつぼつ取り掛かっているのは、フランスの文豪「ロマンロラン」の著書「ミィレー」を読み易く翻訳を始めている。この再訳を私のライフワークにしたい。日本では晩鐘、落穂ひろいなど農民画家として知られ、「ミレー」と言われているが、フランス発音なら「ミィレー」が正しい。
美術館、博物館を回った数はヨーロッパの中小を含めて100箇所以上を数える。日本でも70箇所以上訪れている。絵の収集は一時中止だったが年1・2枚は買う。ピカソやダリも所有していたが数年前手放した。ミロの「エル・ダンセーレ」大作は健在。最近ではルイ・イカール、行木(なめらぎ)正義を購入。

53年前からカメラを収集している。手元を通り過ぎた台数は1000台を優に超えている。最も多い所有台数の時は700台を超え最近手放す機会が増え250台位にやっと減った。写真関係書籍200冊。他に、骨董の銀食器、カトラリーは大きなレストランを始められるくらいあるが、銀器は手入れが必要で、それも楽しみ。オールドノリタケやコペンハーゲンの古い陶磁器のコレクションでコーヒーやブラックティーを楽しんでいるが、まだ使い切れていない。
昨秋より4ヶ月の日本脱出を終え3月5日に帰着。これから又ブログを書きたい。。

Shopping List

一人前にぴったりサイズ 味に自信のお肉の大きな至福のビーフシチュー170g×4袋 おう…
このビーフシチューはとても評判が私のところではよい。食酢時にじゃがいもとニンジンを別に茹でて加えま…[>>]
ハンガリーの国宝 大特価!フレッシュ ハンガリー マンガリッツァ豚 フィレ肉 約1kg…
今回はこちらレ買いましたが、フィレ肉は仔牛のシャトーブリアンと同等の美味しさで癖になります。頻繁に…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2021.01.13
XML
カテゴリ:評論
 1月10日のブログで国民に一人当たり840万円の借金がるという話を書いた。これはトンでもないないデマゴーグで、初めに言い出したのは竹中何某あるいはテレビタレントの池上某ではなかったかと思う。小生も初めは驚いたし国民の国家に対する借金の総額を人口で割れば840万円あることになると説いていた。単純明快な説得力のある話だから、ほとんどの国民は信じたと思う。
 かく言う少子も初めは納得した。そこで消費税が出てきた。小泉総理の時である。彼はある程度の人が思っているように少し軽薄に思えるところがあるから政治家としては面白いが早とちりか浅慮といえばよいか国民はのせられたようである。といえるほど我々は操られたようだ。
 それ以後小生の頭の片隅になんだか訳のわからないもやもやがあったが、ある時面白いことに気づいた。お金が大蔵省印刷局で印刷され日銀の大金庫に保管される。その紙幣は大蔵省や大銀行からいろいろな金融機関に流れ、お金の役割を果たすのだ。
 わたくしが貿易商をしていたころに三和銀行と取引していた。時々運転資金を借りては返しをしていたが、ある時大量の紙幣が日銀から届き金庫に収められるのを見た。日銀の担当者に受領の書類を資金課長と支店長がサイン印鑑を押した書類を渡し、一区切りついたとき応接で課長とコーヒーを飲んでいたら、そのお札について何気なくあれもこれから本物のお金になるとか言っていたことを思い出した。
 お札は銀行に何らかの形で銀行のものになりそれが企業や個人にお金として渡った時お金になるということでした。そこから発想を変えるとお金が自分のところに領収書と交換に手にして初めて貨幣価値が生じるとゆうことだということだ。だから国民は借金などはしていない。     続きはまた書く。






Last updated  2021.01.13 18:35:04
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.