694874 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あそぶきもち(五十路親父とJr.の自転車パワートレーニングでもがく)

August 24, 2015
XML
テーマ:自転車(11172)
カテゴリ:自転車レース
土日でシマノ鈴鹿へいってきました。
今回は桜台レーシングでの参加です、わいわい楽しく遊べるチームです。

土曜日:3周の部レース
 今年からカテゴリー名が変わってますが、中級クラスのレースだとおもいます。
結果:
 44位 タイム24:58.49  トップとの差00:06.35  平均速度41.80km/h

展開:
 スタートで久々クリート入らず・・・スピードプレーですが・・・
落ち着いて入れなおして、仕切り直し少し順位を落としてしまうが、シケインの登りまでで挽回して20位くらいか、130Rからのストレートは中々前に出る人いないのだが、ミソノイのA野さんが積極的に前々展開をされているようだ。 私も落車に巻き込まれないように順位を上げたり落としたり。

ラップも8分30秒くらいなので、しんどさはそれほどない、それでもやはりシマノ鈴鹿は斜行多いし、前を見ていない人多い、それと名物なのかやたら”怒鳴る”人が確実に多い。

3周目にヘアピンから動きが活性化してくる、いままで後ろの人も一気に上がってくる、ダンロップまでで少しふさがれてしまい、結構脚を使ってS字下りへ突入、30番手くらいか? やや落としすぎた、挽回を試みて1コーナーまでで10人ほど抜いて一番IN側からさらに上げようとしたところ、前の方が横から入った来て人に押されて私の前輪とヒット・・・逃げるところは芝生なところ・・・・少しダート走行を楽しみます、これくらいでは転びません。

やっとこコース復帰した時にはすでに先頭ははるかかなた。

やはりヘアピンからダンロップまでの位置取りが大きな敗因でしょうか、スプリント力がないのはしかたないか。

<データ>
 最大ケイデンス:136.0 [rpm]
 平均ケイデンス:98.8 [rpm]
 最大スピード:62.4 [km/h]
 平均スピード:42.2 [km/h]
 最大ペダリング・パワー:818.7 [W]
 平均ペダリング・パワー:224.9 [W]
 最大ペダリング効率:71.5 [%]
 平均ペダリング効率:45.5 [%]
 nPower:287.8 [W]
 平均パワーバランス:50.9:49.1 [%]

日曜日:マスターズ50+

結果:6位 タイム17:03.18  トップとの差00:01.91 平均速度40.81km/h

展開:
 このレースの良いところは8時にはレースが終わること、50歳を超えると朝早起きは全然問題ない! 暑い日中はそれだけで体力消耗してしまう。 シマノさんもいい時間設定してくれてます!

一緒に走ってる人はみんな同じジェネレーションなので、あまり無理をされる方もいないです、ただ土曜日と違って風が強い、特にバックストレートが向かい風でした。 こうなると誰も前に出てくれません、しかし! 献身的な方が”俺に付け”と合図を送ってくれます、すかさず皆さん張り付き、人生経験豊富な年齢、無駄な苦労はしない! さすがです。 私もちゃっかり10番手位につける。 スプーンの登りで速度ががっくり落ちてしまい、せっかく引いてくれたのに~、ここからヘアピンまで私引きます! そんなに上げていませんが意外と乗ってくれないのね。

下りも安全に下り、ポイント賞はもがかず14位通過、タイムの8分40秒余裕の走り・・・

展開は1周目と全く同じ、ヘアピン立ち上がりからは土曜日のミスはしません、しっかり上げていく、ダンロップも10番手位で通過して下りへ突入、1コーナーは若干アウト寄りで走りそこからスプリント体制、いいポジション確保・・・・ですが、前の黄色いジャージの方失速ですよ、先頭3名が抜け出ていく・・・行きたいぞ! 一瞬我慢すると左の方が失速、そこへ頭ねじ込んで前を追う、3人くらい抜いて、もう少しのところまできたけれども、脚はパン竹林で万事休す、息子からはハンドル投げれば5位だったのに! ですと、5位も6位も同じさ~(負け惜しみ)
スプリントって位置取りやかけ始めるタイミング難しいです。

<データ>
 最大ケイデンス:132.0 [rpm]
 平均ケイデンス:103.6 [rpm]
 最大スピード:65.9 [km/h]
 平均スピード:39.4 [km/h]
 最大ペダリング・パワー:921.3 [W]
 平均ペダリング・パワー:256.5 [W]
 最大ペダリング効率:72.5 [%]
 平均ペダリング効率:49.4 [%]
 nPower:320.3 [W]
 平均パワーバランス: 55.6:44.4 [%]

900W越えは人生初! やはり立体交差抜けて左に曲がって前に出るときの出てます、火事場のくそ力ってでるな!

息子(Jr.)のレース:
 Jr.は桜台Rから5ステージに参加させていただいた、これは力的には全く無理だと思うが、経験値UPのため若手育成の計らいで出していただいた。

Jr.はやはり、力は全く及ばず特に個人TTとチームTTはひどかった、2週間くらい前からTT練はしてきたけど所詮付け焼き刃だった。 1日目は自分の不甲斐無さに肩を落としていたし、夜の反省会でもダメ出しで・・・自分の弱いところと強化すべきポイントは分かったと思う。
翌日は、なにかやってみると思う気持ちはあったようで、5ステージ目の3周目で集団から単独でアタック、気持ちは桜台Rのみんなに動きやすい位置取りをしてもらうつもりだったようだ(できればポイントゲット・・・無理)、案の定1周は持たず1コーナ立ち上がりで抜かれた、その後は淡々とチームメイトのAKI君とゴールをめざした。

桜台Rは昨年5ステージでチーム総合優勝だった、豪雨でTTがなかったからねぇ~とか言われていたかも、今年は力で連覇をと心は一つで望んだ! 残念ながらTTで失敗(Jr.の力不足も要因)して第4ステージ終了までで総合4位、タイム差は40秒あまり、だれが考えてもこれをひっくり返すことなどできないと思うだろう。  しかし、団結力の桜台R、前夜の反省会でもT橋さんを中心に挽回シュミレーションを繰り返す(酔うまではね・・・その後は?) まず第4ステージで一回目のトライ、逃げた! つかまって失敗。 疲労はたまる、残り第5ステージまでで作戦を考える、役割が決まる。
第5ステージはこんなに凄い展開があるのだろうか、見事作戦通りタイム差をひっくり返してチーム総合優勝! 昨年に続いての連覇、全ステージをこなしての優勝! 感動した、桜台Rの団結力、チームワーク、作戦の頭脳、各自の責任、最後にみんなの想いの強さ! 展開を見てた人はハラハラだったと思う。

桜台Rは実業団チームではない(実業団チーム所属者は多い)がこのように結構強い、といって、多くは普通の人、強い人もそうでない人もみんなでトレーニングしている、だからみんなそこそこ速い、このそこそこが良い、おかげで敷居が高くない、所詮われらはプロ選手ではない、楽しまなくては、そのためのちょっぴり苦しい練習もやり切れる、練習後の話なんて自転車の自の字も出てこない、とても公開できないくらい楽しいことばかり、これぞクラブチームではなかろうか!


すでに感動で泣きそうなJr.(向かって右隅)
鈴鹿2015.JPG







Last updated  August 25, 2015 10:08:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
[自転車レース] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.