1771001 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日もプレイミス

PR

Free Space

 おおむねリンクフリーです。リンク報告もあってもなくてもかまいません。こちらもリンクフリーのサイトには連絡なしにリンクします。

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ボードゲームの素人@ 和訳について shirohineさんへ ご返事ありがとうござい…
shirohine@ Re:和訳について(08/09) ボードゲームの素人さんへ こんにちは。公…
ボードゲームの素人@ 和訳について はじめまして ボードゲームに興味を持ちこ…
shirohine@ Re:何故か和訳が? >>フィローさん はじめまして。ご期…
フィロー@ 何故か和訳が?  非常に興味を掻き立てられるボードゲー…

はじめに――このブログの概要

 筆者の目的は、プレイしたゲームの個人的感想や、ルールを翻訳したゲームの第一印象などを心のままに書き殴ることです。勝利のためには、異なる感想を持つ閲覧者に気を遣う余裕はないでしょう。しかし安心してください。たとえゲームの感想が否定的であったとしても、それはそのゲームをプレイした閲覧者やその友人、そのゲームのデザイナー、パブリッシャー、販売ショップその他を否定するものではないのです。

 閲覧者の目的はさまざまです。閲覧者はアクションポイントを消費したり、ワーカーを置いたりすることなく、自分と同じ感想に同意したり、異なる感想に反感を持ったり、まだ日本で発売されていないゲームの(かたよった)情報を仕入れたりすることができます。勝利条件は2つです――このブログを見て楽しむか、この楽しめないブログを二度と見ないかです。コメント欄を荒らしたり、巨大掲示板で陰口をたたいたりすると、一時的には優位に立つことができますが、最終的には損害を被るでしょう。ワレスゲー以外で借金するようなものです。

 それでは筆者の書き込みから始めて、閲覧者は任意の順番で日記を読みましょう。

2019.10.05
XML
カテゴリ:和訳

ボックスアート


初期内容物。タイルが異常に少ないぞw


プレイ風景。



 筆頭デザイナーはRob Daviau。さまざまなゲームをレガシー化してきたデザイナーが、ついに自身の最高傑作をレガシー化した。他に共作者が5人いるが、おそらくはシナリオを数本ずつ担当しているんだろう。今回が2作目となるデザイナー(兼ディベロッパー)もいれば、「Tyrants of the Underdark」の共作者などもおり、幅広い才能を集めた感じがある。パブリッシャーはアヴァロンヒル。

 すでにプレイ日記でも述べたが、 2004年に初版、2010年に2版が発売された「Betrayal at House on the Hill(丘の上の裏切り者の館)」のレガシー版だ。もともとシナリオ式で1回性の強いゲームなので、レガシーシステムと相性もよく、本作が出るのは当然の流れと言えるだろう。

 主な要素は元ゲーと変わらないので、まずはこちらの紹介記事を読んでいただきたい。とても詳しく書かれているので、これ以上つけ加えることは何もない。

ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記:ボードゲーム 丘の上の裏切りの館(Betrayal at House on the Hill) リプレイ!

 ルールブックの冒頭に元ゲーとは異なる点が列挙されているので、「丘の上の裏切り者の館」の経験者ならそこだけ読めばだいたい理解できるようになってる(やり直しがしづらいので、さすがにプレイ前にルール全部に目を通した方がいいが)。レガシーなら当然ある要素(数ゲームに渡るキャンペーン制だとか、カードやタイルに書きこみしたり、それらを破棄したりすることがあるとか)を除くと、大きな違いはほとんどない。怪異の発生チェックが「バルダーズゲートの裏切り者」と同じ方式(出てる前兆カードの枚数分だけダイスを振る)になって超序盤で怪異が発生する事故を発生しにくくしたり、カードの使用に関するルールを整備したり、アクション回りのルールを明確にしたりといったプレイアビリティの向上に関するものが大半だ。



 各プレイヤーが持つ一族ボードが大型化して、よく使うアクションのサマリーがある。ちなみにクリップはいつも通りきつかったり緩かったりするw

 明白に違うのは、アイテムとイベントカードもタイルと同様に領域(1階と地下と上階と屋外)に属し、対応する領域にあるアイテム/イベントタイル上でしか得られなくなったところくらいだ。今のところ、これにどれほどの意味があるのか分からないが、たぶん何かあるんだろう。繰り返しプレイするのが大前提だから、覚えてれば狙ったアイテムを取りやすくなるかもね。

 あとはもう、レガシーなんで大して言えることもない。最初に必ずプレイすることになる序章の導入くらいは紹介してもいいかな?














 時は17世紀後半。所は新世界。ある館に住んでた一家が天然痘で全員死亡したが、1人の遺体は見つからなかった。生前から、この一家は館を建てたときに貴重なお宝を見つけたという噂があった。今、この館に主はいない。お宝は置きっ放しかもしれない……となればやることは1つ。忍び込んで家捜しだ! 死人の持ち物をもらっても悪くないよね(悪いです)。だけどそう考えたのは自分1人だけではなく、他のプレイヤーも集まってきた。急げ! 他の奴らにめぼしいものを奪われる前に自分の取り分を確保するのだ! ……もうこいつら全滅してもいいんじゃないかなw

 その後、怪異が始まったらどうなるかはぜひプレイして確認して欲しい。












 いろんなところに貼るシールシート、その名も“地獄の紙片”!



 スペースが空いてるルール!



 おなじみ英雄用と裏切り者用の怪異の書に加えて、ゲームブックよろしくパラグラフがびっしり書かれてる「陰鬱な日誌」もあるよ!



 初期デック、レガシーデック(パート1)に加えて“煉獄”デックもあるよ!



 キャンペーン終了時まで空けちゃいけない観音開きページ。普通にプレイしてても勝手に開きがちなので要注意w

 また、これまでのレガシーゲーにもあったかもしれないが、「裏切り者レガシー」はキャンペーン終了後も繰り返しプレイすることが想定された作りになっている。「パンデミック・レガシー:シーズン1」のように「がんばれば普通の『パンデミック』として遊べなくもない」というレベルではなく、もう普通に繰り返しプレイするためのルールが用意されてるので、「キャンペーン終わっちゃったけど、この粗大ゴミどうしよう……」と困る心配は無用だ。もうプレイをためらう理由は何もない。骨の髄までしゃぶり尽くせ!

ルールブック+初期カード和訳

更新履歴/解凍パスワード

序章和訳(パス付きzip)

第1章和訳(パス付きzip)

第2章和訳(パス付きzip)

第3章和訳(パス付きzip)

第4章和訳(パス付きzip)

第5章和訳(パス付きzip)

第6章和訳(パス付きzip)

第7章和訳(パス付きzip)

第8章和訳(パス付きzip)

条件つきカードなどのパラグラフ(パスなし)







Last updated  2019.10.05 09:09:22
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.