000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

今日もプレイミス

PR

Free Space

 おおむねリンクフリーです。リンク報告もあってもなくてもかまいません。こちらもリンクフリーのサイトには連絡なしにリンクします。

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

はまち@ Re:【プレイ日記】友人宅ゲーム会(06/25) 芸風ってなんだよw 一応仮想最多得点者(…
shirohine@ Re[3]:【プレイ日記】友人宅ゲーム会(03/12) >ケアマネさん そうですねえ。4が簡単な…
ケアマネ@ Re[2]:【プレイ日記】友人宅ゲーム会(03/12) shirohineさん お返事どうもです^^ とり…
shirohine@ Re[1]:【プレイ日記】友人宅ゲーム会(03/12) >ケアマネさん  はじめましてー。レッド…
ケアマネ@ Re:【プレイ日記】友人宅ゲーム会(03/12) 初めまして、レッドドラゴンイン(赤竜亭…
2014.11.29
XML
カテゴリ:ボードゲーム

 久しぶりの秋葉原イエサブでのゲーム会。この日はまるみ屋がゲームマーケットで厳選購入した同人ゲーを中心にプレイした。まるみ屋、ハマチ、SSK、私の4人で。

●OLE-KAJI 船を出せ! 建物を建てろ! 俺はカジノに行ってくる!
20141129オレカジ1.jpg
公式サイトに詳しい解説ページがあり、ルールもアップされています。

 最初にこれ。2014年春のゲームマーケットに初出展し、話題をさらっていったゲーム……のはずだが、なぜかググってもあまり記事を見かけない。タイトルがいけてないのであまり期待せずに始めたが、この日一番、と言うより私の数少ない同人ゲープレイ経験の中でも一二を争う傑作だった。これはすごいわ。

 システムはいわゆるワーカープレイスメントで、ワーカー置いたら即アクションを実行するタイプ。そうして建物建てたり、外敵倒したり、航海したりして得点を稼ぐ。6ラウンドでゲームは終了し、そのあと各人が持つ秘密の恩恵カードに示されている条件から“全員が”得点を得て、最多得点プレイヤーの勝ち。

 私が受け取った恩恵カードが「イベントカードを2/3枚持っていれば4/10点」となる「騎士勲章」だったので、初っぱなから戦力の上がる建物を建築。この時点で私だけ、恩恵カードの得点は“自分だけ”に入るものだと思っていたのでこういうプレイとなった。実際には全員が影響を受けるのだからもう少し隠しておくべきだったが、なぜか他の3人は「誰かが『博愛主義(戦力が1/0だと4/10点)』持ってるかもしれないし……」と考えたらしく、最後まで誰も戦力を上げなかった。それもどうかと思うがw

 まるみ屋は建物による重視で、かつ統率力を振りきってワーカーを置ける幅を広げる戦術を取り、ハマチはほぼ航海一直線。SSKも建物重視だったが、どちらかというと特殊能力の発動に力を注いでいたようだ。私はもちろん、沸いてくるイベントカード(外敵)をちぎっては投げていたw

 競合相手がおらず、かつイベントで外敵が沸くことが多かった上、他プレイヤーが建物のアップグレードや航海カードの引きに恵まれなかったこともあり、最後まで勝敗争いに絡んだが、前述の通り勘違いして他プレイヤーの恩恵カードの存在をガン無視してたため、その分で離されて2位。そこもきっちり押さえて得点を稼いだまるみ屋の勝利となった。
20141129オレカジ2.JPG
 我が活動の記録。4回航海に行って2回失敗したのが痛かった。

 まあこりゃ傑作だわ。SSKにいたっては、このメンツでしかボドゲしないのでまるみ屋が持ってれば充分なのに、それでも自分で購入することを検討してた。それくらいよくできてる。カジノが目を引きがちだが、そこはあくまでもおまけ。実際にはさまざまな要素にランダム性が組み込まれており、このゲーム自体が大きなカジノみたいなもんじゃないかと思える。なのに運ゲー感がないのは、ランダム要素が出そろったあとで知恵を絞るか、ランダム要素に備えることができるかのどちらかばかりだから。ダイス振ってオールオアナッシング、なんて部分は(「カジノ」以外)ない。これはヘビーゲーマーには嬉しいところだ。何回航海に出ても交易権が埋まらないとちょっと凹むが、何も得られないということだけはない。これは運要素をゲームに組み込むときにとても重要なことだ。

 不満がないわけではない。一番気に入らないのは、キューブが資金マーカーにもなること。このシステムを使ってるゲームをもう1つ知ってるが、ゲーム世界の内側の存在であるキューブ(といってもオールマイティな資源なので、多分に抽象的ではある)が、ゲーム世界の外側の存在であるマーカーになるというのがどうにもなじめない。これは「キーフラワー」とかでただの黄色の駒が大事な黄金に見えたり、「電力会社」でただの赤い八角柱が貴重なウランに見えたりする人には分かってもらえるんじゃないか。お金のマネジメントを厳しくすることで「カジノ」に行く動機付けとしているんだと思うが、他の手法(所持金が一定額を超えたら多額の税金がかかるとか)にしてくれた方がよかったな。

 あとは(かかる人的/金銭的コストを度外視して言えば)得点トラックをクラマーフレームにして、プレイヤーの手元に用意するカード類を個人ボードにしてもらえれば言うことなしかな。もうほんとに、キックスターターなんかで出資募集してる海のものとも山のものともつかないワープレにぶっ込むくらいなら、これを2個買った方が間違いなく満足できる。ものがあればすぐ手に入るしねw

 もしかすると、序盤にアクション数が極端に少なくなるとつまらなく感じるかもしれないので、メンバーのボドゲ経験に応じて、初回の1ラウンド目のアクション数は4~6の任意の値にした方がいいかもね。

●ブラック・フリート
20141129ブラック・フリート1.JPG
 詳しくはこちら↓
ふうかのボードゲーム日記:ブラック・フリート

 続いて私持ち込みのこれ。商船で品物運ぶか、海賊船で商船襲って品物奪って浜辺に埋めるか、軍艦で海賊船沈めるかして金を稼ぐ。その金で自国の艦隊をグレードアップして、最後にさらわれた総督の娘のために身代金を支払ったプレイヤーの勝ち。

 システム上、殴らないと話にならないので殴る。とにかく殴る。「殴ることができる」ゲームで殴ると、場合によってはヘイトが(ゲーム内でもリアルでも)貯まるが、「殴らないと話にならない」ゲームではそんな心配も無用だw 商船にしても海賊船にしても、沈んだってまた復活するしね。どっちかというと品物1個残して商船が盤上に残ってる方がきついくらいだったw

 序盤は割と淡々と進むが、全員が1、2枚の改良カードを表向けたあたりから一気にヒートアップする。特に火力系のカードが表向きになるとゲームが激変すると言っていい。味方だと思ってた軍艦に殴られたり、おとなしかったはずの商船が牙を剥いてきたりするからねw

 カードの巡りがよかったこともあり、これまた最後まで勝敗に絡んだが、最後の最後で海賊に殴られて品物を1個奪われたのがたたり、4金差くらいで負けた。勝利カードをめくるとこまではいったんだがなー。勝ったのはハマチ。軍艦が殴ってくると手に負えないわw
20141129ブラック・フリート2.JPG
 我が国の改良セット。めくる順番間違えたかなー。

 がんがん改良してがんがん手札使ってばりばりコンボ決めるゲーム。interestingではなくfunなタイプのゲームで、そのつもりでプレイしてれば面白い。改良カードの組み合わせ次第でプレイングが変わるので、リプレイ性も高い。手番ごとに1枚しか改良/勝利カードを表向きにできないので、ゲームが加速する終盤に出遅れていると追いつけないかもしれないが、まあそういうことを気にするゲームじゃないだろうw 比較的短時間で終わるので(勝利カードを10金から20金にしても1、2手番くらいしか変わらないと思われる)、負けて悔しかったらもう1回やればいいのだw

●ペクーニア
20141129ペクーニア.jpg
詳しくはこちら↓
げ部:Pecunia(ペクーニア)レビュー

 続いてこれ。配られたカードを配られた順で4つのイベントスペースに出すか、すでに1スペースに置かれているカードを取ってラウンドから抜ける。ここのところのジレンマは「コロレット」に近いが、カードを置いたり取ったりイベントが起きたりしたときにカードの特殊効果が発生する。起きたイベントによって取ったカードを失ったり得点を得たりして、山札が2回切れたらゲーム終了。最多得点プレイヤーの勝ち。

 戦力が高く、「襲撃」イベントで得点を稼げる「傭兵」がたまたま2枚確保できたので、まずは「襲撃」がたくさん起きるように画策。その結果「魔女」も2枚来たので「夜宴」も起こしにいった……その結果食料が不足し、1回の「飢饉」で大被害を出す羽目にw 「礼拝」で大量得点を稼げる体制を構築したまるみ屋が独走するかと思われたが、やはり「飢饉」で失速(それでも私より被害は小さかったが)。勝ったのはハマチ。最も人が減る要因となる「飢饉」に備えたのが勝因かなあ。

 んー、たぶんよくできてるんだと思う。けど「手札の並び替え不可」「基本的に負のイベントに対応する」という2点が好みじゃないので、私の評価は低め(同様の理由で、私は「ボーナンザ」も「ドラゴンイヤー」も嫌いだ)。手札から選んで出すではダメかなあ? ちょっと自由度高くなりすぎるか? あえてこのルールを採用した以上は何かあるんだろうけど、私にはよく分からない。この2点が問題ないなら楽しめるんじゃないかな。

●エイジ・オブ・リバイブ
20141129エイジ・オブ・リバイブ1.JPG
公式サイトにルールがアップされています。

 最後にこれ。ちょっと時間なかったので終盤駆け足気味になってしまったのは残念だった。

 みんなでロンデルを構築していくゲームかな。ロンデルを抜けて輪の中央に戻ると一部資源が回復するところがちょっと違うけど。ロンデル内での自分のエリアに建物建てていき、これが得点につながるのだが、なにせロンデルなので他プレイヤーも踏んで効果を利用することができる。王の支援シンボルがある建物が規定数建設されたらゲーム終了で、最多得点プレイヤーの勝ち。

 まずは選択肢を増やすため、がれきを2回ほど撤去して手札を獲得。しかし大した建物がこなかった。そうしてるうちにまるみ屋とSSKがイケてる建物を次々建てたので、みんなでその建物を利用するループに入った(そういうことが可能な建物だったのだ)。さくさく進めていってSSKが勝ったが、展開はよく覚えていない。
20141129エイジ・オブ・リバイブ2.JPG
 私が建てた建物群。全部で数回しか使わなかった気がするw

 これも悪くはないが、この日は時間に追われてプレイしたのと、4人プレイだったのが災いしたかな。ロンデルが結構でかくなるので、4人いると正直対面の建物までいちいち把握するのがおっくうだ。3人がベストかなーという気はする。あと、他プレイヤーの建物を使っても基本的にはデメリットがいっさいないので、役に立つカードを自分で出す必要があまりない。建設者特権が何かあってもよかったかもね。私は前作の「エイジ・オブ・クラフト」の方が好きかな。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.12.08 20:33:30
コメント(0) | コメントを書く
[ボードゲーム] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.