1109344 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

今日もプレイミス

PR

Free Space

 おおむねリンクフリーです。リンク報告もあってもなくてもかまいません。こちらもリンクフリーのサイトには連絡なしにリンクします。

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

shirohine@ Re[1]:【プレイ日記】グルームヘイヴン会(04/21) おさわんさんへ はじめまして。拙い役です…
おさわん@ Re:【プレイ日記】グルームヘイヴン会(04/21) こんにちは、はじめまして。 マーシャンズ…
はまち@ Re:【プレイ日記】友人宅ゲーム会(06/25) 芸風ってなんだよw 一応仮想最多得点者(…
shirohine@ Re[3]:【プレイ日記】友人宅ゲーム会(03/12) >ケアマネさん そうですねえ。4が簡単な…
ケアマネ@ Re[2]:【プレイ日記】友人宅ゲーム会(03/12) shirohineさん お返事どうもです^^ とり…
2017.08.18
XML
カテゴリ:ボードゲーム

 いたるさんから「『タイニーエピッククエスト』が届いたんで、それと他の小物いくつかやって『グルームヘイヴン』やりましょう」とお誘いいただいたので参加。しかし、昼過ぎ集合の会で小物4つをインストからやったら、「グルームヘイヴン」やる暇はないわなw そんなわけでいろいろゲーム会。いたるさん、一味さん、私の3人。

●エンデンジャード・オーファンズ・オブ・カンディル・コーブ(Endangered Orphans of Condyle Cove)


 キックスターター発のこれから。いたるさんがルールも読まず見た目だけでバックしたいわくつき案件。タイトルは「危機に瀕しているカンディル・コーブ(地名なのだろう)の孤児たち」といったところ。

 これが久しぶりの駄目キックゲーで、もうルールの記述が足りてなさ過ぎる。まず詳しい設定がルールにも箱裏にも書かれてないので、プレイヤーの立場からしてよく分からない。まあ孤児なのは間違いないのだが、なぜか孤児院にいるとブギーマン(?)に襲われてぬっ殺されるので、抜け出して逃げようとする。しかししょせん無力な孤児なので、どこか安全な場所に逃げ切ることはできない。できるのは町をうろうろして力尽きる(アクションに必要な個人カードデックが尽きる)か、他の孤児全員がブギーマンにむっ殺されるのを待つだけ。そう、このゲームは負け抜けゲーなのだ。それにしても救いがなさすぎるがなw

 とにかくいろんな場所に移動して、その場所の効果を使って他プレイヤーを攻撃したり、手札を使って他プレイヤーを攻撃したりする。自分のデックの枚数を増やしたりする回復系カードもあるにはあるが、9割方は他プレイヤーを攻撃するしかない。駄目な人は駄目なゲームだろう。

 手番開始時に「孤児院」にいるとブギーマンデックからカードを引かなければならず、ここでずばり「ブギーマン」を引いたら即死なので、他プレイヤーを移動させる系の効果がかなり凶悪w だが「ブギーマン」以外のカードはプラス効果を持っているので、外れてくれれば有利になる。

 この日は序盤に「孤児院」で止まったいたるさんが、1/6の可能性を見事に引き当てて即死w 以降15分くらいは私と一味さんの一騎打ちとなった。さすがいたるさん、持っておるのう……w

 いいカードを立て続けに引いたので、デックの削り切りを目指せば間違いなく私の勝ちだったが、「一味さんにもブギーマンで昇天してもらおう」と欲をかいて「孤児院」に移動させたのが運の尽き。「ブギーマン」を外してみるみるうちにデックを回復したあと、ブギーマンデックが残り1枚(間違いなく「ブギーマン」)になったところで私を「孤児院」に移動させた一味さんが勝った。ちくしょーw



 謎のブギーマンに襲われて死亡。あー勝ってたのになーほんとは私が勝ってたのになーw

 ブラックなテーマ+不明瞭なルール+負け抜け+直接攻撃のオンパレードで満貫クラス。よっぽど酔狂な人にしかお勧めできないわw


●ジ・エンド・イズ・ナイ(The End is Nigh)


 続いてこれ。やがて直径2マイルの小惑星が地球に衝突することが明らかになったので、先にシェルターでの居場所を確保したプレイヤーたちは、あとから来た者のうち誰を受け入れるかを調査と投票で決める。中には頭のイカレた滅亡主義者がいて、そいつを受け入れるとシェルターの危機なので投票で弾かなければならない。しかしプレイヤーの中にも、すでに滅亡主義者がいるかもしれない(いないかもしれない)……といった感じ。

 ここまではいいが、なぜかこの遅れてきた人たち、自分の主張をころころ変える。つまり、特殊能力によって「さっきまでAが滅亡主義者だったのに、今はBが滅亡主義者になっちゃった」ということが起こる。さらに、これまた特殊能力によって「俺はAをハブるために一生懸命投票してたが、なぜかBに投票してたことになった。何を言っているのか(ry」ということまで起こる。まあめちゃくちゃだw

 プレイ前はこんな推理もへったくれもないルールでゲームになるかと思ったが、存外よくできてた。確かにトンデモ効果ばかりなのだが、手番数が極めて少ないので、ぎりぎり推理とコントロールができる範囲に収まってるのだ。強いて言えば、ゲーム開始時に配られる特殊カードが役に立たないのが気になった。あってもなくても変わらんw

 今回は私が裏切り者となった。2人いる滅亡主義者のうち、1人が1回目の投票で追放されてしまい、苦しい展開に。しかし最後の1手番で「特殊能力でこいつを滅亡主義者にした上で、すでに1票入ってる確定シロなあいつに投票すれば、私が滅亡主義者であることに他の2人が気づいて協力したとしても勝ち確」の状態になった……確認したカードの中に「このカードを見たプレイヤーは、この人物が滅亡主義者であると宣言してこの人物に投票しなければならない」などというトンデモカードがなければな! おかげで完璧な計画が全部瓦解し、シェルターはすべての滅亡主義者を追放して安寧を得たのであった。ちくしょーw

 思ったほど影響しないとはいえ、情報が常に変化する推理ゲーであることは間違いないので、これも人を選ぶだろう。がちがちの論理はゲーマーにはまったくお勧めできない。でも短時間でユルーくやるにはいいよ。


●タイニーエピッククエスト(Tiny Epic Quest)


 「キングダム」「ディフェンダー」「ギャラクシー」「ウェスタン」に続くタイニーエピックシリーズ第5弾。シリーズと言ってもそれぞれ全然システムが違うし、好みの差も当たり外れも大きいので注意が必要だ。私は「ディフェンダー」と「ウェスタン」しかやってないが、前者は大いにあり、後者はまったくなしという感想。

 全5ラウンド。各ラウンドは移動/準備フェイズ(昼)とダイスロール/アクション実行フェイズ(夜)に分かれてる。夜にMPの最大値を増やすために魔法を学んだり、HPの最大値を増やすためにゴブリン倒したり、伝説の武器防具を手に入れるために神殿で修行したりするために、昼のあいだに3人の騎士ミープルを移動させる。当然、好きなところに行きたいわけだが、移動手段も移動回数も限られている上、移動方法の選択は「プエルトリコ」のアクション選択と同じ方式なので、どの移動手段でどのミープルをどこに移動させるかに知恵を絞ることになる。

 夜は一変してダイスゲーとなるw 時計回り順でダイスを振り、いくつかの効果は全員に、いくつかの効果は手番プレイヤーから時計回り順に1個ずつ適用する。しばらく待っているとあたりの魔力が濃くなり、強力な魔法を学べるようになるのだが、同時にゴブリンから受けるダメージもでかくなるため、どこまで耐えられるかを見越して、昼のあいだに学べそうな魔法学校に行っていなければならない。想定外にダメージを受け、早期に退却することになったら完全に無駄になるw

 武器防具などを装備できるプラ製ミープルばかりが話題だが、ゲームとしてもよくできてる。理詰めで考える昼の移動も楽しいし、夜のダイス目に一喜一憂し、ぎりぎりまで耐えるのも楽しいw この日は伝説の武器を3つとも解放したが、出てくるカードと実行したアクションがかみ合わず、なかなか偉業を達成できずに伸び悩んだ。勝ったのはものすごい勢いでゴブリンを狩りまくった一味さん。やはり王国を守るのが騎士の本分だからなw



 たとえば、これが今回の私のキャラクターシートなんだけど、剣/盾/杖を手に入れるためにはそれぞれ最初に水/氷/森の神殿に行かなきゃならない。これがキャラごとに違う。その上で場に出てる偉業カードが「闇/砂漠/火山の神殿に最初に行ったプレイヤーはこのカードを得る」的なものばかりだとかなり不利なわけだ。他プレイヤーはそれを狙うだけで伝説の武器の獲得にも近づけるが、こちらはそうはいかないので。気になるのはこのくらいかな。

 全体として「ディフェンダー」に勝るとも劣らないくらいに面白い。上記のような少々の運要素はあるが、そもそも半分はダイスゲーだしw どちらかというと「タイニー」シリーズであることにこだわりすぎ、全コンポーネントが小さくて取り回しづらいことの方が問題だ。いっそ4つ折りボードの一般的なボドゲにしてくれたら絶対自分で買うんだが。


●ストップシーフ!(Stop Thief!)


 最後にこれ。なんでも1979年に出た「Stop Thief」というボドゲのリメイクらしい。当時は電池が必要なトランシーバー的アイテムが同梱されてたようだが、現代ではそれをスマホで代用することができる。これは素晴らしい発想だよね。発掘すれば、他にも「昔は電池+電子機器が必要だったから高価になっちゃったけど、今ならアプリ併用で安くできる良作」はあるんじゃないかな。

 アプリに表示されるテキストと、アプリから出る音を頼りに泥棒の居所を推測する。窓が割れる音がしたら窓を通過したことが分かるし、雑踏を歩く音がしたら屋外にいることが分かる……といった感じ。

 「泥棒はここにいる!」と確信したら、その場所の数値をアプリに入力する(ずばりその場所か、隣接している場所にいなければならない)。当たれば逮捕して賞金を得る。外れたら罰金(安い)を払う。何人か逮捕して規定のお金を得たプレイヤーの勝ち。

 犯人は「逮捕時に手札に残してるカード1枚ごとに賞金+1000ドル」といった特殊効果を持っていて、逮捕するうまみが変わってきたり、逮捕しにくかったりする。当然プレイヤーも特殊能力を持ってる。この日はいたるさんが「とにかく移動力がものすごい」で、一味さんが「特定のカードをプレイしたとき、他プレイヤーから1000ドル盗む」だった。所持金が得点なのにこれはひでえw

 だが、私の「アプリ上で犯人の居場所のヒントをもらえるカードが2枚ある」に比べれば可愛いものだった。このヒントカード、他のキャラも1枚ずつは持ってるのだが、これが2倍。ヒントと言ってもぼやーっとしたものではなく、今犯人がいる場所の番号がずばり出てくるw さすがに1枚は「移動の“あとで”ヒントをもらう」なのだが、それでも十二分に強かった。そもそも、最初に犯人が登場した時点で犯人がいる建物名は分かっているため、居場所はボード上のほぼ1/4に絞られる。そこからどんどん選択肢が減っていくので、正直移動力そんないらないのよねw 一味さんに9000ドルくらい吸い上げられたけど、さすがに勝った。



 逮捕した犯罪者たち。皆悪い顔しておる。

 面白い。短時間でプレイが終わるように情報量がかなり多めになっており、賞金に対して罰金の額が小さいので、4択5択からでもどんどん勝負すべきゲーム。それを知っておいた方が断然面白いだろう。何より秀逸なのが、犯人の居場所を外したときにアプリから流れるラッパの「ファンファンファ~~~ン」という気の抜けた音。今あなたの脳内で再生された音、まさにそれw これがこのゲームの面白さの1/3くらいだと言っても過言じゃないよw

 キャラ性能差はちょっと気になる。他はともかく、多少は真剣にやりたいなら赤のカードセットは封印した方がいいかもね。







Last updated  2017.09.06 12:56:23
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.