2551369 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日もプレイミス

今日もプレイミス

PR

Free Space

 おおむねリンクフリーです。リンク報告もあってもなくてもかまいません。こちらもリンクフリーのサイトには連絡なしにリンクします。

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

Calendar

Archives

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

エコすけ@ Re[2]:【ゲーム紹介】ユーフォリア:無知は至福(Euphoria: Ignorance Is Bliss)(05/14) shirohineさんへ そうでしたか… ご丁寧に…
エコすけ@ Re:【ゲーム紹介】ユーフォリア:無知は至福(Euphoria: Ignorance Is Bliss)(05/14) おはようございます! はじめましてなので…
しゃみ・ぺけぺん@ Re:【プレイ日記】ヴェルサイユ1919会(11/10) 名前忘れてたやつ、わかりました! 「How …
2021.11.12
XML
カテゴリ:ボードゲーム

 「ついに念願の『クラッシュ・オブ・カルチャーズ』新版が届いたからやろうぜー」とお誘いいただいたので参加。いたるさん、旅団長さん、一味さん、私の4人。


Clash of Cultures: Monumental Edition


 旧版についての詳細はこちら↓
卓游選科:クラッシュオブカルチャー

 私の旧版プレイ記録はこちら

 見ての通りの文明発展ゲー。いわゆる4Xゲーだが、古代から近代(果ては近未来)を扱うのではなく、成長しきっても鉄器時代止まりなので、4Xの中でも割と“殲滅”の比重が大きい。時代に逆行したゲームだなw



 このように目の前に広がる未開地を少しずつ探索していき、町を作ったり町で収穫したり町を拡大したり町で軍隊を編成したりしていく。つまり何をするにもだいたい町がいるので、町をいっぱい作りたいが、作った場所によって収穫物が決まるので、いい感じの土地が見つかるまでマップをうろうろすることになる。



 私は青。こんな風に3つの町を隣接させてると収穫の効率が悪いのであまりよくない。でもしかたなかったんやw

 文明発展ゲーと言ったらその発展こそが醍醐味だが、このゲームでは同じ町で1手番中に複数回アクションするとすぐに幸福度が下がってひどい目に遭うので、複数の町でローテしながらちまちま発展させていくことになる。覚えられる技術の効果も小さいものが多く、ここらへんのカタルシスのなさは旧版からあまり変わっていない。

 旧版の記憶が朧気なので合ってるかどうか分からないが、たぶんNPCである蛮族の扱いががらっと変わってるっぽい。登場・行動頻度が桁違いに上がっているので、かなり序盤からそれぞれの文明の近くに蛮族が脅威として存在することになり、否応にも軍事力の増強を迫ってくるのだ。このゲームは終了条件が規定ラウンド制なので、旧版は「エクリプス」みたいに「最終ラウンドにしか大戦争が起こらない」という問題があったが、新版は蛮族によってこの問題を解決している。たとえ対蛮族用に軍事を増強したのだとしても、近くに無防備なプレイヤーがいたら殴りたくなるしなw 逆に軍事増強が必須なので序盤の動きが固定されるとか、殴り合いアレルギー持ちはじんましんが出るとか(そんな奴はそもそも4Xゲーすべきじゃないが)言うこともできるが、まあそのへんは好みの問題だろう。

 あと、たぶん拡張の要素だと思うが、各プレイヤーごとに固有能力と名前付きの将軍を持つ文明ルールもある。この日は私は砂地から麦を収穫できるエジプトを担当した。ゲームの性質上、軍事にボーナスがつく文明の方が強い気もするが、さすがに一方的に蹂躙できるほど強い文明はないし、大量にある技術のうち半分から2/3くらいは習得することになるので、そっち方面にボーナスがある文明でも充分戦えるだろう。いうまでもなく良拡張だ。

 時間の都合で途中打ち切りとなったが、全体として旧版のいいところを残しつつ、悪いところを修正した感じで、まさに新版のあるべき姿と言えるだろう。問題は旧版80ドルだったのが新版で150ドルになったところかなw ちょっと度胸のいるお値段だが、この手のゲームが好きなら外すことはないよ。


The LOOP


 旅団長さんが早退されたあと、3人でこれ。タイムマシンを使って悪さをしているドクター・フォー(ちょっと前まではフーだったが製品版では修正されたらしい。残当w)とその一味を取り締まるタイムパトロールものの協力ゲー。

 中央の塔の周辺にあるタイルがさまざまな時代を表しており、ここを右に左にぐるぐる移動しながら敵を倒したり、時空の歪みを修整したりする。「各時代で歪みを1回ずつ修正する」とか「特定の種類の敵を規定数ぶっつぶす」とかいった目的がいくつか公開されてて、達成すると次の目標が公開される。

 特定の時代があんまり歪みすぎると、その時代に対応していた目標が吹き飛ぶ。吹き飛びすぎたら負け。

 そんなに悪くはないのだが……ちょっと歪みの発生にランダム要素がありすぎw 中央の塔に歪みコマをぶち込むと、その正面・右・左にある時代のうちいずれかに排出されるのだが、これがまとまって1時代に出てくるとあっという間に詰むw この日は手番が一巡するあいだに敗北条件が半分満たされてしまって絶望的だったw

 ちょっと変わった協力ゲーをやってみたいならあり。比較的短時間で終わるし。


Whirling Witchcraft


 詳しくはこちら↓
treeボードゲーム日記:WHIRLING WITCHCRAFT / ワーリング・ウィッチクラフト

 最後にこれ。今度ケンビルから日本語版も出ることになってて、最近そこら中でプレイされてる流行のやつ。

 レシピを右回りでドラフトして、そのレシピを使って資源をこねこねして新たな(たいていは多くの)資源を生み出して全部左回りでプレゼント。もらった資源と増えたレシピを使ってまたこねこねして……と繰り返し、資源を回した相手が大釜に置ききれなくなったら、あふれた分だけ得点。規定得点で勝ち。
 
Level 99 Gamesの「Bullet 赤ハート」に似てるが、こっちの方が多少はテーマに則してるかな。ありそうでなかったゲームだし、レシピと資源のドラフト方向が逆向きなので、「特定のレシピを意図的に絞ってぶっ殺す」というのがやりにくくなってるのもいい。そこそこ運の要素もあるが、短時間で終わるからむかついたらもう一戦すればよろしいw

 優秀なフィラー。日本語版出たらマストバイ。







Last updated  2021.12.21 12:20:40
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.