2553262 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日もプレイミス

今日もプレイミス

PR

Free Space

 おおむねリンクフリーです。リンク報告もあってもなくてもかまいません。こちらもリンクフリーのサイトには連絡なしにリンクします。

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

Calendar

Archives

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

エコすけ@ Re[2]:【ゲーム紹介】ユーフォリア:無知は至福(Euphoria: Ignorance Is Bliss)(05/14) shirohineさんへ そうでしたか… ご丁寧に…
エコすけ@ Re:【ゲーム紹介】ユーフォリア:無知は至福(Euphoria: Ignorance Is Bliss)(05/14) おはようございます! はじめましてなので…
しゃみ・ぺけぺん@ Re:【プレイ日記】ヴェルサイユ1919会(11/10) 名前忘れてたやつ、わかりました! 「How …
2021.12.25
XML
カテゴリ:ボードゲーム

 今年最後の定例会。ssk、まるみ屋、carroll、私の4人。


●テラフォーミング・マーズ


 最初のプレイ記録はこちら
 2回目のプレイ記録はこちら

 3年振り3回目のテラフォ。拡張も増えたし、今年もなんとかかんとか大賞を取ったしということでやることになった。私の評価は可もなく不可もなくといったとこだけど、プレリュードが入れば私の気に入らないところが改善されるらしいので、そこに期待してプレイ。なお、どんな拡張かまったく知らないが「動乱」を入れるといかにも長引きそうだったのでそれだけ抜いて、あとはすべての拡張を入れた。我々は何でも長時間ゲーにしてしまうので、この判断は正しかったと言えようw

 「どうせなら未プレイのマップにしよう」とsskがヘラスをチョイス……誰も何も言わなかったが、前回やったのもこのマップだった。まあ3年振りで何も思い出せないし、全部未プレイみたいなもんだw

 企業はsskがセレスティック(1アクション目で浮遊体アイコンがあるカードが2枚出るまでめくってそれらを得る。この企業カード上の浮遊体3個ごとに1点)、まるみ屋がヘリオン(温熱を金として使える)、carrollがアリドール(1アクション目でコロニータイルを1枚追加。イベント以外で新しいタグをプレイしたらお金収入+1)を選んだ。

 私が選んだのはフォボログ(チタンの価値+1)。この企業の評価はあまり高くないみたいだが、今回は初期手札10枚にチタンを使える有用なカードが3枚あり、そのうち2枚に木星タグもあって称号が狙いやすく、ゲーム中の引きが悪くてチタン使えるカードがなくなっても「エウロパより水の輸入」で消費できると考えて選ぶことにした。もう1枚は明けの明星(1アクション目で山から金星タグカードが3枚出るまでめくってそれらを得る。金星条件±2)で、こちらは最初のカードドローの結果に左右されるだろうし、正直金星のことはよく分からないので敬遠した。まあ基本や他の拡張のカードのことも全然知らないんだけどw

 プレリュードカードは「寄付(+21金)」と「供給体制(電力産出+2、建材4個)をチョイス。「供給体制」は可もなく不可もなくといったところだが、チタン産出/獲得系を1枚も引かなかったので、まあ早期にカード使って都市建てるのに電力産出もいるし……と思って選んだ。実際には交易するのに最も効率いいのが3電力支払いだったので、もっと電力を重要視してもよかったが、この日の私はほぼ都市建設にしか使わなかった。

 で、大量のチタン(+1金)を使って初手で「イオ採掘産業(チタン産出+2、お金産出+2)」を出し、コロニーを建設……するのはよかったが、「冥王星(まあカードいっぱい引ける)」があるのに「エウロパ(水タイル1枚配置)」に置くというどうしようもない選択をしてしまった。いずれ自分で「エウロパより水の輸入」を出すつもりだったのに、標準アクションより1金安いだけの水タイル置いてその枚数減らしてどうするんだw 結局交易でも1回か2回しか使われなかったし、ほぼ完全に無駄アクションだった。

 ある程度詳しく覚えてるのはここまで。あとは冥王星にもコロニー建設してリカバリーしたり、前回ボード上にまったく絡まず惨敗した教訓を生かして都市、森、水域を基本アクション以外で置けるよう努力したり(まあまあうまくいった)、称号や褒賞もちゃんと狙ったり(称号は1つ取って及第点だが、褒賞はチタンタグ最多が充分狙えたにもかかわらず他に3つ取られ、そのどれにも絡めなかった)、思ったよりずっと早く終わるはずだから中盤以降は拡大再生産カードをぐっと我慢して得点カード(駒置いて増えてく系ではなく、固定点がついてるやつ)を出すようにしたりした。

 その結果、TR、称号、褒賞、盤上、カード上の駒数による点まで数えた時点で少し離された3位だったが、カードの固定点で26点取ってまくりきった。



 最終盤面。片付け途中になっちゃったので緑と黒の駒が取り除かれてしまってるが、黒がボード右上、緑が中央付近の都市群だったので、青の私が盤上で一番広がってた。ボード右下の熱しか生まないあたりに広がってるのは称号狙いの名残。



 我がカードたち。あれも出したい、これも使いたいという欲をぐっとこらえ、1、2手番は最初の4枚を全部捨てることもあるくらいに絞ったが、それでもうまい人たちに比べるとまだ1枚2枚多い感じかな。強いていえば、結果として4人9ラウンドで終わるようなゲームで「家畜」はリスキーだったか?(2点しか取れなかった)。でもその分の金で他に2点以上取れるカード引かなかったし、ドラフトなしならこんなものかなー。

 効率のいい称号・褒賞から5点しか取れなかったにもかかわらず勝てたのは、sskとまるみ屋が「偏心王」を競い合って何手番もかけて(それ自体はあまり、またはまったく得点にならない)浮遊体の数を増やしていたので、その分だけ相対的にこちらが稼げた感じかな。攻撃系カードの標的にもほとんどならなかったし、やはり目立たないのが一番大事だw

 各拡張のうち、金星ボードはやはり空気となった。金星企業が複数いればここも大事になるのかねえ。だが「世界政府によるテラフォーミング」ルールでゲームが早く終わるので、短時間ゲーにしたければそれだけのために入れた方がいい。

 コロニーも高効率アクションが打てるようになるのであった方が加速するが、3人までしかコロニー作れないので、強コロニーボードが1枚だけ出るとそこに噛めなかったプレイヤーがだいぶ不利になる気がする。コロニー建てなくても交易はできるけどねえ。配置ボーナスはいいとして、コロニー建設は全員できるということにしてもいいんじゃないかな。電力の使い道が増えるのもいい。

 プレリュードは序盤のもっさり感や、拡大再生産カードを引けなかった場合の事故感を軽減してくれるので、マストと言っていい。4枚配って2枚プレイなら、プレリュードカード自体の配り運はそれほど気にならないだろう。私はもうプレリュード抜きではやりたくないレベルw

 短時間化する要素がかなり追加されてるのに、我々クラスになるとそれでも4人で6時間。ボドゲ体力が落ちてるのでそうしょっちゅうはやれないが、再インストが不要なうちにまたやってみたくはある。一度でいいから金星ボードを充分に活用してみたいんだよw







Last updated  2021.12.27 10:19:53
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.