6790016 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小鳥雑貨のことり屋(まろ眉 まろん の日記)

PR

サイド自由欄

鉛弾の使用禁止にご賛同をお願いします!maru-oowashi.gif
国の天然記念物であるオオワシやオジロワシは狩猟の際に撃たれたエゾシカの肉と一緒に鉛弾の破片を食べ鉛中毒になり苦しみながら死んでいます→ kira2.gifキャンペーン

a-irbj05.jpg

banner2.jpg

山階鳥類研究所

waiya-1.jpg

maron.jpg病気・怪我
金属中毒
ナスカン
扇風機
シードの殻
舌を伸ばす
足裏の怪我
フッ素樹脂加工
角膜検査
擦り傷
カウンセリング
パニック時のカチカチ音
多飲・未消化と湿度
血液検査
趾瘤症
ケージとかの殺菌
病と羽の関係
まぶたの内側に小さな傷
まぶたの外傷性内出血
肝臓疾患
超ヘビー換羽と趾瘤症
血液検査2014.05
換羽の程度としましま尾羽との関係


maron.jpg生活・環境 その他
まろんの家系図
ケージ強化
道路工事
日々のお世話
地震オカメパニック
脂粉
敷き紙
プラケース
鼻の穴にシード
自然木の止まり木1
自然木の止まり木2
換羽
NEKTONとRoudybush
聴力
インコのしつけ
猫よけスプレー
デコでバランス
鼻の穴にホワ毛
手の上の羽繕い
以心伝心
華道の嗜み
あとのせシード
ジャンピングV字
マウスさんお願い
ペレットCP/EP
おくちばしのマナー
ねむねむする前の習慣
まろんのけんすい
揺れているの好き
まろんにもたかいたか~い
真夏のお着替え(換羽)

cap

waiya-1.jpg

ジャパン バード フェスティバル

leica.jpg写真大好きanime-p-kawasemi.gif
現在、鳥撮り用に使用しているカメラはNikon D500
b-6424
レンズは「SIGMA 150-600mm F5-6.3
DG OS HSM Contemporary」
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6(2019.04~)
三脚不使用 手持ちです
b-1

​​

yotuba1.jpgわぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト
『第1回 わぉ!な生きものフォトコンテスト』で
「わこちゃん・おっくん賞」を受賞しました
7666-250.jpg
『タイトル:許さないぞ!』
受賞の記事はコチラです

siv-s.jpg
PENTAX「ぶれゼロ宣言 わが家の おまかせ一眼
K100D 」シルバー賞受賞の記事はコチラです

fx-3
Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FX
記事はコチラです


愛用しています!
すぐにカメラを構えられ肩への負担も減りますanime-p-yamasemi.gif

waiya-1.jpg

まろんグッズを作成して
くださったArtistさん

m-2.jpg
GreatMountainさん
m-1.jpg
小鳥屋さん
a-1.jpg
ハッピーケースさん

楽天以外のリンク先さま
M's hand~MI-YA
空に咲く花
Sippo☆のネイチャー探索記
ぴーちゃんの贈り物
昭和な団地で外国みたいなインテリア

素材・雑貨屋さん
ホビーズワールド
なすび野鳥園
しゃんぐりら
PhotoFunia
SHINROKU
chai*
夢幻のオルゴール工房

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


waiya-1.jpg

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

ブログでクチコミ B-Promotion



コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

Uside(ユーサイド)女性の流行ファッション・ビューティーマガジン

pixta.png

本ブログの記事、写真は全て著作権法によって保護されております。用途を問わず無断で利用することはできません。文章を加筆しての転載も著作権法違反です。

waiya-1.jpg

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

colorko@ 陽路乃さんへ 陽路乃さん コメントを残してくださり有…
Sippo☆@ お気持ちお察しします・・・ colorkoさん、大丈夫ですよ^^ 全てをま…
colorko@ dolceさんへ dolceさん このブログを忘れないでいてく…

こんにちはk110b.gif ひとり娘のまろんとの日々の暮らしやお外の鳥さんanime-p-suzume.gifやガーデニングのお話の他、皆様のお役に立つような各種メーカーさまのプレス発表会&イベント参加やコスメと家電を中心とした新商品や人気商品のモニター記事を多数掲載しております。

まろんとブログが掲載されている本ですk110b.gif大変好評で増刷がかかりましたk110b.gif

雑誌「コンパニオンバード」の出版社誠文堂新光社さんより小動物ビギナーズガイド「オカメインコ」が出版されました。たくさんのまろんの写真やプレイシートもご紹介頂いております。書店で見かけましたらお手にとってご覧頂けると嬉しいです。 ご紹介記事→ 「まろんがついにモデルデビュ~!」
2019年09月26日
XML
カテゴリ:まろんのお話


もうすぐまろんの誕生日です
生きていれば14歳
虹の橋に旅立ってから
もうすぐ5年
でも
私の心の中では今でもずっと生き続けています

今日は久しぶりに
まろんのことについて
お話します

まろんには健康でずっとずっと
長生きして欲しかったので
大きな課題の発情について
具体的には
肝臓への影響や
卵詰まりなど
女の子特有の病気がとても怖かったです

肝臓を患っていたこともあり
身体が弱く
室温は下げることができなかったので
発情抑止については
睡眠時間の調整や
食事制限をして
分割給餌をしていました

私は少ないご飯を一度にあげてしまうと
すぐに食べ切ってしまい
可哀想だからと
多い時では日に十数回に分割し
私の毎日はそのほとんどが
まろんへのご飯の給餌で終わっていました

だから
私の時間が無くて
どうこうではないんです
まろんと一緒のその時間が
とても幸せでしたから
今でも大切な宝物の思い出です

お話したいのは
まろんに対する分割給餌は本当に
発情抑止になっていたのか?
まろんの為になっていたのか?
と後から
疑問に思い始めたことです

当時は良かれと信じて
そうしていました
でも
まろんがいない寂しさを
野鳥撮影で紛らわすようになり
野鳥(特にカワセミ)を観察する機会が増えて
女の子への何よりの愛情表現が
男の子からの求愛給餌であり
ご飯のプレゼントだと
知ったからです

ペアで飼っていらっしゃる方は
当たり前のように
ご存知のことだったのかもしれません
でも
私はいつもまろんとふたりきりで
過ごしておりましたし
男の子から給餌を受けることが
求愛を受け入れる(=結婚する、産卵する)
意味だということを
知りませんでした

まろんの発情の対象は私だったので
その私から空腹な時に
日に何度も給餌されるのは
どうだったのか…
それで発情抑止に本当になっていたのか…
逆に悪影響だったのではないか...
そんなふうに思うようになったのです

本当はもっと毎日お腹いっぱい
食べさせてあげたかったのに…
食事制限や分割給餌なんて
しなくてもよければ
したくなかったのに…
そんな風に考えたら
後悔とともにとても悲しくなりました

きっとたくさんご飯を与えたとしても
一緒にいる時間を少なくし
まろんがひとりで楽しく過ごせる時間を
作れるようにしてあげられれば
良かったのかもしれません

実際にひとりご飯ができるように
当時も色々工夫しましたが
私がいないとまろんは何時間でも
(ビデオで確認)
動かずじっと黙ったままでした

そんなふうに寂しがりやさんに
育ててしまったこと
もっと心を鬼して寂しさを
克服させて自立した子に
してあげるべきだったのだと
思いますが
きっと
いちばんの問題は
私自身がまろんに依存していた
ことだと思います

まろんが最後に入院した時
私は悲しみに耐えられず
ストレス心筋症と心筋梗塞を発症し
入院してしまい
結局まろんとは
最期のお別れも叶いませんでした
それくらい私にとってまろんは
日常の全てでした

ウルトラ心配性なので
まだ起こってもいないことを
あれこれ心配し
まろんが体調を崩しやしないかと
まろんを失うのではないかと
毎日ビクビクして暮らしていました

当時の私に今
声を掛けることができたなら
「起きてもいないことを心配ばかりしていないで
もっともっとたくさんまろんとの時間を楽しんで!
愛情表現を心配することばかりに費やしてしまわないで...」
と伝えたいです

そもそも
生態系の異なる生き物と
一緒に暮らすこと
人間の生活の場に連れ込んでしまうことは
人間の勝手な都合であり
本当に無理があることだと思います
考えれば考えるほど周りは
鳥さんにとって
危険なものであふれています

そして何より人間が
与えてあげる環境下でしか生きられない

私がまろんと暮らしていたのは
もう5年も前なので
今は発情抑止の考え方も異なるのかもしれません
それに私のように病的に
毎日十数回も数グラム単位で
分割給餌しているような方は
いらっしゃらないと思いますが
何事もほどほどに
ひとつのことに縛られないで
広くいろいろな可能性を
探って欲しいと思っています

そして鳥類の医学がもっともっと普及と発展をし
鳥類(飼鳥)の病や望まない発情が
今より少しでも恐れるもので
なくなることを心から願っています

にほんブログ村 にほんブログ村へ






最終更新日  2019年09月26日 20時43分39秒
コメント(3) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.