6867693 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小鳥雑貨のことり屋(まろ眉 まろん の日記)

PR

サイド自由欄

鉛弾の使用禁止にご賛同をお願いします!maru-oowashi.gif
国の天然記念物であるオオワシやオジロワシは狩猟の際に撃たれたエゾシカの肉と一緒に鉛弾の破片を食べ鉛中毒になり苦しみながら死んでいます→ kira2.gifキャンペーン

a-irbj05.jpg

banner2.jpg

山階鳥類研究所

waiya-1.jpg

maron.jpg病気・怪我
金属中毒
ナスカン
扇風機
シードの殻
舌を伸ばす
足裏の怪我
フッ素樹脂加工
角膜検査
擦り傷
カウンセリング
パニック時のカチカチ音
多飲・未消化と湿度
血液検査
趾瘤症
ケージとかの殺菌
病と羽の関係
まぶたの内側に小さな傷
まぶたの外傷性内出血
肝臓疾患
超ヘビー換羽と趾瘤症
血液検査2014.05
換羽の程度としましま尾羽との関係


maron.jpg生活・環境 その他
まろんの家系図
ケージ強化
道路工事
日々のお世話
地震オカメパニック
脂粉
敷き紙
プラケース
鼻の穴にシード
自然木の止まり木1
自然木の止まり木2
換羽
NEKTONとRoudybush
聴力
インコのしつけ
猫よけスプレー
デコでバランス
鼻の穴にホワ毛
手の上の羽繕い
以心伝心
華道の嗜み
あとのせシード
ジャンピングV字
マウスさんお願い
ペレットCP/EP
おくちばしのマナー
ねむねむする前の習慣
まろんのけんすい
揺れているの好き
まろんにもたかいたか~い
真夏のお着替え(換羽)

cap

waiya-1.jpg

ジャパン バード フェスティバル

leica.jpg写真大好きanime-p-kawasemi.gif
現在、鳥撮り用に使用しているカメラはNikon D500
b-6424
レンズは「SIGMA 150-600mm F5-6.3
DG OS HSM Contemporary」
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6(2019.04~)
三脚不使用 手持ちです
b-1

​​

yotuba1.jpgわぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト
『第1回 わぉ!な生きものフォトコンテスト』で
「わこちゃん・おっくん賞」を受賞しました
7666-250.jpg
『タイトル:許さないぞ!』
受賞の記事はコチラです

siv-s.jpg
PENTAX「ぶれゼロ宣言 わが家の おまかせ一眼
K100D 」シルバー賞受賞の記事はコチラです

fx-3
Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FX
記事はコチラです


愛用しています!
すぐにカメラを構えられ肩への負担も減りますanime-p-yamasemi.gif

waiya-1.jpg

まろんグッズを作成して
くださったArtistさん

m-2.jpg
GreatMountainさん
m-1.jpg
小鳥屋さん
a-1.jpg
ハッピーケースさん

楽天以外のリンク先さま
M's hand~MI-YA
空に咲く花
Sippo☆のネイチャー探索記
ぴーちゃんの贈り物
昭和な団地で外国みたいなインテリア

素材・雑貨屋さん
ホビーズワールド
なすび野鳥園
しゃんぐりら
PhotoFunia
SHINROKU
chai*
夢幻のオルゴール工房

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


waiya-1.jpg

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

ブログでクチコミ B-Promotion



コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

Uside(ユーサイド)女性の流行ファッション・ビューティーマガジン

pixta.png

本ブログの記事、写真は全て著作権法によって保護されております。用途を問わず無断で利用することはできません。文章を加筆しての転載も著作権法違反です。

waiya-1.jpg

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

colorko@ 陽路乃さんへ 陽路乃さん コメントを残してくださり有…
Sippo☆@ お気持ちお察しします・・・ colorkoさん、大丈夫ですよ^^ 全てをま…
colorko@ dolceさんへ dolceさん このブログを忘れないでいてく…

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

きいろいとり と しろいとり

2010年09月26日
XML

前回までのおはなし

lin080.gif


「しろいとりよ 聞いておくれ...

 そこで泣いている中心の森のきいろいとりは

 わしの孫なのだ


 中心の森の鳥達がどんなにひどいことをして

 あなたが辛く悲しい思いをしたのか

 先程の話を聞いていて良くわかった

 本当に申し訳なかった

 孫や中心の森の鳥達みんなにかわって

 心からお詫びする」


長老は

今の中心の森と離れの森の関係は

もうずっとずっと以前からのもので

自分達はそれが当然と思っていること

歳をとったり病や大きな怪我を負ったものが

離れの森で暮らすのは当たり前で

それは

病や怪我を治す薬を持たないきいろいとり達が

絶滅しないように生きて行く上で

必要なしくみであることを話しました


自分達も離れの森に来る前は

中心の森で暮らしていて

離れの森の鳥達のことを

気遣うこともなかったのだと


だから

孫もその他の中心の森の鳥達も

自分に”その時”が来なければ

離れの森の鳥達がどんな思いで暮らしているのかを

思いやる事ができなくても仕方が無い


そして

こうも言いました


生まれて初めてみた

自分達と姿かたちも習慣も

まったく違うしろいとりのことを

自分達との違いを認めることに

慣れていない中心の森の鳥達は

思わず遠ざけてしまった


でも長老は

しろいとりから初めてハピハピの森の話を聞き

そんな風に皆がひとつの森で

支えあって暮らせたらどんなに幸せだろうと

思ったと...


長老は長く話したので

少し疲れた様子でしたが

最後にしろいとりに丁寧に言いました


「どうかこの薬の実を中心の森の仲間達に使わせてください

 もし...

 もし それが叶わないのなら

 この薬の実は

 私達きいろいとりには必要ないものです」と


lin080.gif


~第19羽へつづく~




ウインク.gif皆様にコメント頂けるととても嬉しいです 

ランキングに参加しておりますので
宜しければポチっと応援して頂けるとブログ更新の励みになりますkaku4-2.gif

にほんブログ村.gif

有難うございましたピンクのハート  「小鳥雑貨のことり屋」まろ眉まろんの日記 TOPへ

 十字斜めに3つ ライフマイルを経由して楽天市場でお買い物をするとライフマイルポイント(楽天スーパーポイントに交換できる)と楽天スーパーポイントの両方が貯まってダブルでお得です。通常よりも1.5倍もお得にお買い物ができます







最終更新日  2010年09月26日 16時12分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年09月06日

前回までのおはなし


lin080.gif


しろいとりは

離れの森でお世話になったきいろいとり達へ

お別れの挨拶を始めました


それはこんな内容でした


自分が思いがけずきいろいとり達と出会い

中心の森のきいろいとり達に

冷たくされて

悲しく寂しい思いをしたこと


でも

離れの森のきいろいとり達に

優しくしてもらい

とても嬉しかったこと


そして最後にリュックから

小さな「いやしの実」をひとつとりだしこう言いました


「離れの森のきいろいとりさん達には

本当に優しく親切にして頂き感謝しています

この実はどんな病も治せる薬の実です

この実をすりつぶしてお水に溶かして飲めば

離れの森で怪我や病に苦しむきいろいとりさん達も

きっと元気になれるはずです」


そういって

親切にしてもらったお礼に

小さな「いやしの実」を片足のきいろいとりへ

渡しました


すると

片足のきいろいとりはしろいとりに

「この薬の実は中心の森で流行っているえき病にも効くのでしょうか?」

とたずねました


しろとりは答えました

「もちろんです「いやしの実」はどんな病も治せるはずですから」 

 
すると

片足のきいろいとりは長老と何やらうなずきあい

そばでがっくりと翼を落とし泣き崩れていた

中心の森のきいろいとりに

「この実を使って1羽でも多くの仲間を助けてあげてください」

と「いやしの実」を渡そうとしました


それをみたしろいとりはびっくりして言いました

「どうしてですか?あなた達も中心の森のきいろいとり達には

仲間と認められずにひどい扱いを受けているではありませんか

助けてあげる必要なんてないじゃないですか

それに

その小さな「いやしの実」では

どうせ中心の森のきいろいとり達全部を助けることはできません

どうか離れの森の皆さんで使ってください」と


すると

長老が静かに話し始めました


~第18羽へつづく~


ウインク.gif皆様にコメント頂けるととても嬉しいです 

ランキングに参加しておりますので
宜しければポチっと応援して頂けるとブログ更新の励みになりますkaku4-2.gif

にほんブログ村.gif

有難うございましたピンクのハート  「小鳥雑貨のことり屋」まろ眉まろんの日記 TOPへ






最終更新日  2010年09月06日 12時19分52秒
コメント(8) | コメントを書く
2008年07月15日

lin080.gif


長老はきいろいとりに低く静かな声で言いました


「それは100年に一度流行ると言われている疫病じゃ...

 残念ながら治す手立ては無い」


きいろいとりはそれを聞くと

狂ったように大きな声で


「仲間達が...うぅ...」


と泣き叫びました


しろいとりは思いました

「いやしの実 なら 絶対に病を治すことができる」 

そして直ぐに

「あの もし宜しければ私の...」



言いかけて

ハッと思い...口を閉ざしました


何故なら

仲間...?


そうだ

自分はかつてこのきいろいとりやきいろいとりの”仲間”達に

「仲間ではない」

と言われたのだ


仲間でもない自分が

きいろいとり達を救う必要などないのではないか...

自分には関係の無い話なのだ



そうです...

昔のしろいとりなら そんなことは思いもつかなかったのに

中心の森のきいろいとり達にさんざん冷たくされて

心が傷つき 1羽で寂しい思いをしているうちに

前よりも冷たく悲しい心が芽生えてしまっていたのです


~第17羽へつづく~


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ banner2.gif 

↑いつも読んで頂いて有難うございます↑
 ポチっと応援して頂けると嬉しいです


pk1.gif迷子のオカメインコを探していますpk1.gifkaku4-2.gifba_inco_maigohogo_jouhoukichi.gif

ずっと鳥さんを探し続けているご家族様がいらっしゃいます
どうぞ皆様ご協力をお願い致します






最終更新日  2008年07月15日 16時18分55秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年07月14日

lin080.gif


しろいとりは

長老から昔見たというしろいとりにそっくりの白い鳥を見た

森への行き方や

白い鳥が飛んで行った方向などを

詳しく教えてもらいました


「長老さま 片足のきいろいとりさん

 本当にありがとうございました

 どうやら これで

 わたしは ハピハピの森へ 帰ることが出来そうです」


しろいとりは それは もう嬉しくて 嬉しくて

天にも昇る気分でした


ハピハピの森に帰れるんだ!

また父さんや母さん

そして森の皆に会うことが出来るんだ


そうと分かれば もう直ぐに

ハピハピの森へ向けて出発したくなり

お世話になった離れの森の鳥達にお別れの挨拶をしようと思いました


しろいとりとのお別れの為に広場に集まってくれたきいろいとり達に

しろいとりがお別れの挨拶をしようと思ったその時

すごく慌てた1羽のきいろいとりが遠くから飛んできました


それは

中心の森で一番初めに出会った

あの無表情のきいろいとりでした


きいろいとりは珍しくひどく焦った口調で


「長老聞いてくださいっ

 中心の森で 数日前から 原因不明の恐ろしい病が発生しているのです


 くちばしに星形の青い斑点がでたと思ったら

 次の日から高熱におかされ あっという間に

 死んでしまうのです

 誰か どうか 助けて欲しいのです」


~第16羽へつづく~


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ banner2.gif 

↑いつも読んで頂いて有難うございます↑
 ポチっと応援して頂けると嬉しいです


pk1.gif迷子のオカメインコを探していますpk1.gifkaku4-2.gifba_inco_maigohogo_jouhoukichi.gif

ずっと鳥さんを探し続けているご家族様がいらっしゃいます
どうぞ皆様ご協力をお願い致します






最終更新日  2008年07月14日 17時22分59秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年07月11日
lin080.gif


離れの森に住むきいろいとり達は

皆 支えあい協力し合って生活していました


しろいとりはそんな離れの森のきいろいとり達をみて

ハピハピの森を懐かしく思い出すのでした


しろいとりにとっては中心の森のきいろいとり達よりも

離れの森のきいろいとり達の方がずっと身近に感じられたのです


それからは

しろいとりは離れの森で暮らすことにしました


そして

しろいとりが離れの森で暮らすようになって

すこしたったある日


片足のきいろいとりと一緒に種集めをしていると

片足のきいろいとりが

ふとこんなことを言いました


「そうだ!

 もしかして 長老さまなら しろいとりさんが暮らしていた

 ハピハピという森へ帰る方法をご存知かもしれません」



しろいとりはすぐに

片足のきいろいとりの案内で

長老の家を訪ねました


しろいとりがハピハピの森のことや

何故 今自分がここに居るのかなどを詳しく話すと

長老は目を閉じたままずっと

しろいとりの話に耳を傾けていました


しろいとりが話を終え

長老からの言葉を期待しながら待っていると

長老はこういいました


「しろいとりよ...

 残念だがそのハピハピの森とやらのことは

 わしは聞いた事がない


 しかし...

 ずいぶん昔の事だが

 中心の森でも この離れの森でもない 遠く離れた森で

 そなたに良く似た白い色の鳥が 大きなリュックを背負い

 ものすごい速さで 空高く飛んで行くのをみたことがある」


 しろいとりには直ぐにそれが

 昔 ちょうきょりレースで何度も優勝したことがある

 父さんだとわかりました

 
 大きなリュックの中身はいやしの実で

 いやしの森 から ハピハピの森へ帰る途中だったに違いありません


 「長老さま その森の方角はどちらですか?

  そしてその森までの距離と

  その白い鳥が飛んでいった方向を教えてください

  その白い鳥は私の父さんです」


~第15羽へつづく~


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ banner2.gif 

↑いつも読んで頂いて有難うございます↑
 ポチっと応援して頂けると嬉しいです


pk1.gif迷子のオカメインコを探していますpk1.gifkaku4-2.gifba_inco_maigohogo_jouhoukichi.gif

ずっと鳥さんを探し続けているご家族様がいらっしゃいます
どうぞ皆様ご協力をお願い致します






最終更新日  2008年07月11日 06時44分16秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年07月10日

lin080.gif


しろいとりは種を抱えて

片方の翼のきいろいとりの住む森へと向かいました


するとそこにはやはりたくさんのきいろいとりが住んでいましたが

皆ずいぶんと年老いたきいろいとりばかり...


年老いていないきいろいとりは

片方しか翼がなかったり

羽がボロボロだったり

鳴くことが出来ない鳥達で


皆 何かしら特徴のある鳥達のようでした


しろいとりは疑問に思っていることを

思い切って言葉にしてみました


「どうして他のたくさんのきいろいとりさんたちと暮らさないのですか?」


すると

さっきの片方の翼のきいろいとりが


「ここは ”離れの森” といって

 ”中心の森” に住んでいる他のきいろいとり達に

 仲間と認めてもらえない鳥達が

 ひっそりと暮らしているのです」


しろいとりは続けて質問しました


「どうして仲間ではないのですか?

 白い色の羽をした私と違って

 皆さんは同じ黄色い鳥さんではないですか」


すると片方のつばさのきいろいとりは答えました


「私たちは 中心の森 に住む他の黄色い鳥達のようには

 上手く飛べなかったり

 上手く鳴くことができなかったり

 歳を取り過ぎていたりするのです」


それを聞いたしろいとりは

自分が仲間と認めてもらえなかった時よりも

更にショックを受けました


なぜなら

月日が経てば歳を重ねるのは当たり前だし

実際

しろいとりはそんな鳥達から

昔話を聞くのがとても好きでしたし

何より

上手く飛ぶことが出来なくても

上手く鳴く事ができなくても

そんなことはどうでも良いことで

他の事でどんなに素晴らしく褒め称えるべき事が

あるかも知れないと思ったからです


~第14羽へつづく~


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ banner2.gif 

↑いつも読んで頂いて有難うございます↑
 ポチっと応援して頂けると嬉しいです


pk1.gif迷子のオカメインコを探していますpk1.gifkaku4-2.gifba_inco_maigohogo_jouhoukichi.gif

ずっと鳥さんを探し続けているご家族様がいらっしゃいます
どうぞ皆様ご協力をお願い致します






最終更新日  2008年07月10日 08時31分39秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年07月09日

lin080.gif


それからのしろいとりは

できるだけきいろいとり達と顔を合わせないように

いつも離れた場所に1羽でいました


誰とも話をしないで

独りぼっちで過ごしました


いつも楽しく幸せだったハピハピの森の事を思い出しながら

1日1日を過ごしていました


今すぐにでもハピハピの森に帰りたかったのですが

どちらの方向に飛んで行けば良いのか見当もつきませんでしたし

まだ体力も充分に回復していなかったのです


「そうだ!今日はほんの少し遠くまで歩いてみよう」


しろいとりは日の出とともに東に向かって歩き始めました

半日くらい歩いて

さて

少し休もうと思ったとき

すぐ近くにきいろいとりがいることに気がつきました


しろいとりはとっさに

後ろへさがり今度はどんなひどい事を言われるかと

身構えました


でも

そのきいろいとりは何も言いませんでした


下に落ちている小さな種を拾うとしているようでしたが

そのきいろいとりは片方の翼がなく

上手く拾えないようでした

きっと大きな怪我をして翼を失ったのでしょう


しろいとりは恐る恐る小さな声で話しかけました


「大丈夫ですか?片方翼がなくてご不便でしょう

 わたしにお手伝い出来ることが何かありますか?」


すると片方の翼のきいろいとりはびっくりしたように


「あなたは この辺では見慣れないお顔ですね

 もし宜しければ

 この種を私が住む森まで運ぶのを手伝って頂いても宜しいですか?」

と とても穏やかな声で言いました


しろいとりはその片方の翼のきいろいとりが

自分へ返事をしてくれたのが嬉しくて

お話出来たのが嬉しくて

そして

種を運ぶお手伝いをさせてもらえることが嬉しくて

幸せな気持ちでいっぱいになりました


~第13羽へつづく~


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ banner2.gif 

↑いつも読んで頂いて有難うございます↑
 ポチっと応援して頂けると嬉しいです


pk1.gif迷子のオカメインコを探していますpk1.gifkaku4-2.gifba_inco_maigohogo_jouhoukichi.gif

ずっと鳥さんを探し続けているご家族様がいらっしゃいます
どうぞ皆様ご協力をお願い致します






最終更新日  2008年07月09日 08時47分02秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年07月08日

lin080.gif


しろいとりはがっくりと翼を下げて

その場に立ち尽くしていました


そして

お日様が傾き始め

夕暮れが近づいてきた時

きいろいとり達は

一羽また一羽と森の中へ消えて行きました


そして最後の一羽がしろいとりの前から姿を消した時

しろいとりの目から

大粒の涙がこぼれました


そう

しろいとりはずっと涙を我慢していたのです

でも

涙が一粒こぼれたら

もう止まらなくなって

たくさんたくさん泣いてしまいました


そして

いつしか泣きつかれ

そのまま

見知らぬ場所で眠りにつきました


~第12羽へつづく~


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ banner2.gif 

↑いつも読んで頂いて有難うございます↑
 ポチっと応援して頂けると嬉しいです


pk1.gif迷子のオカメインコを探していますpk1.gifkaku4-2.gifba_inco_maigohogo_jouhoukichi.gif

ずっと鳥さんを探し続けているご家族様がいらっしゃいます
どうぞ皆様ご協力をお願い致します






最終更新日  2008年07月08日 18時14分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年07月07日

lin080.gif


しろいとりはきいろいとり達に

「仲間ではありませんね」

と言われて

とてもショックを受けました


そして心の中でこうつぶやきました


「白いことはいけないこと?

 何故 羽が黄色くないと仲間ではないの?

 他の鳥と異なることは悪いことなの?」



きいろいとりたちは更に声を大きくしてこうも言っていました


「尾羽が長すぎる」

「くちばしが小さすぎる」

「やせ過ぎている」...


それはもう

いろいろなことを言われました


しろいとりは今にも泣き出しそうになりました


ハピハピの森では皆が誉めたたえてくれた

しろいとりの個性のひとつひとつを

きいろいとり達は全て否定したのです


そう

この黄色い鳥の森では

皆と異なることなどあり得ないのです

そして

皆と異なることは 悪いこと ダメなこと なのです


お話を読んでいる皆さんはどう思いますか?

皆と異なることはやはり 悪いこと ダメなこと ですか?


~第11羽へつづく~


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ banner2.gif 

↑いつも読んで頂いて有難うございます↑
 ポチっと応援して頂けると嬉しいです


pk1.gif迷子のオカメインコを探していますpk1.gifkaku4-2.gifba_inco_maigohogo_jouhoukichi.gif

ずっと鳥さんを探し続けているご家族様がいらっしゃいます
どうぞ皆様ご協力をお願い致します






最終更新日  2008年07月07日 09時54分38秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年07月06日

lin080.gif


しろいとりは勇気を振り絞って

一番初めに現れたきいろいとりの前まで行くと

ハピハピの森の挨拶のように

こう言いました

(ハピハピの森の挨拶を忘れてしまったら第2羽を思い出してね)


「きいろいとりさん 初めまして

 黄色く美しい羽がお日様に映えて 黄金のように輝いていますね

 皆さん とても美しいです

 わたしはしろいとりと申します

 どうぞ宜しくお願いします」


そして羽をパタパタとくっつけようと近寄ると


きいろいとりは

まるで信じられないとでも言うように

大きく後ろへ仰け反りながら

しろいとりをその大きな翼で振り払いました


しろいとりはびっくりしてバランスを崩し

その場に倒れこんでしまいました


一瞬 何が起こったのか理解出来ずに

きいろいとりを見上げると

きいろいとりは変わらず無表情な顔で


「なんであなたは白いのですか?

 私たちの仲間ではありませんね」


と氷のような冷たい声で言いました


そして

周りを取り囲んでいた他のきいろいとり達も

皆一様に


「仲間ではありませんね」


と繰り返しました


~第10羽へつづく~


にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ banner2.gif 

↑いつも読んで頂いて有難うございます↑
 ポチっと応援して頂けると嬉しいです


pk1.gif迷子のオカメインコを探していますpk1.gifkaku4-2.gifba_inco_maigohogo_jouhoukichi.gif

ずっと鳥さんを探し続けているご家族様がいらっしゃいます
どうぞ皆様ご協力をお願い致します






最終更新日  2008年07月06日 11時33分52秒
コメント(0) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.