161442 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ColorWellness

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Recent Posts

Category

Archives

2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08
2016.07

Calendar

Freepage List

Favorite Blog

ど・どいつ?! Blaumanさん
Color & Make Tender… りきまま☆さん
Milaimama AromaSho… Milaimamaさん
心身爽快ヨガノート nobo∴さん
mayajuneスタイル、… mayajuneさん

全128件 (128件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

2013.07.12
XML
カテゴリ:あなたは何色?
2012年に
ブログをこちらに移転していますが、

ありがたいことに
今現在もこの楽天ブログから飛んできてくださる方がいらっしゃるようなので、
このブログを、バックアップ用(ミラーサイトって言うのかな??)として
再度時折アップしてゆこうと思います。


追々、過去に書いた記事もタイトルや写真でまとめてゆきたいと思っていますが、
ひとまず今日は、先日の記事のUPから。




『毎日がカラーヒーリングになるレインボーワードローブ。(似合う色で虹を作ろう!)』

レインボーワードローブ

これは何の写真でしょうか?











正解は、こちら!

SAM_9747.jpg

いえ、この中です!

SAM_9737.jpg


これは、私のクローゼットの一部。



お仕事用のジャケット、ブラウス、スカートなどは

全て『白』にしている為

白の分量が多く見えますが、



それ以外は



赤、黄色、緑、青、藍色、紫、ピンク(マゼンダ)と、

虹色が揃っています。

SAM_9740.jpg


この虹は、『私に似合う色のグループで作られた』虹色。

(クールアンダートンで、鮮やかな色合いのグループ)




私の定番コーディネートは、

これらの羽織りものに

幾何学柄など比較的大柄のワンピースを合わせ、

そこにショール、アクセサリーを加えるというもの。





SAM_2603.jpg

ショールの一部。

赤~紫、マゼンダまで虹色のものをピックアップしました。

(子供部屋の窓際で撮ったので、うさぎのぬいぐるみの耳が・・・・)







そして、色別(虹色)にして、

クローゼットの内側に吊るしているアクセサリー。

(色の中ので黒っぽく見えるもの、実際はは紫色です。)

SAM_2537.jpg

SAM_2540.jpg












これらの虹色アイテムを用いて、

その日のカラーコーディネートを楽しみます。





例えば多色使いのワンピースに、

あえて柄の中にはない黄色等を合わせて

色をつないで遊ぶ事もあれば

rot.jpg


柄の一色を取り出して、色を重ねたりもします。

(この場合はターコイズ。しかし明るさの異なるターコイズを用いています)

22.jpg


又、補色(反対色)を楽しむコーディネートとして、

アクセサリーのみを補色にし、

コントラストを付ける場合もあれば

1.jpg


大きなアイテムである

カーディガンとワンピース自体を反対色にして

インパクトのあるコーディネートにしたりもします。

Unbenannt.jpg




こちらは、カラー診断にいらして下さったお客様に

後日メールでお送りする

カラーコーディネート例の一つ。

(個人個人、その方に合ったコーディネートを作らせて頂いています)

coodination.jpg

先ほども出てきた『補色使い』+『更に一色』(紫×黄色+サーモンピンク)

のコーディネートや、



類似配色のコーディネート、

(黄緑×ターコイズブルー)



同系色に、類似配色をプラスしたもの

(ピンク×ピンク+黄色)



など、配色の基本にスパイスを加えて

毎日のコーディネートの中で

色遊びを楽しめる例にさせて頂いています。




今、あなたのクローゼットの中を思い浮かべてみて下さい。



黒やグレー、茶色ばかり!になっていませんか?

(シックなのは勿論とてもお洒落だとおもいます。

けれども、色を取り入れることは素晴らしい事。

その理由を、この先進んでお読みくださいね♪)



この『レインボーワードローブ』は、

どなたでも作ることが可能です。



「でも私、赤が似合わないから・・・・・」


「黄色なんて、自分のワードローブには加えらないわ。似合わないもの・・・」



NO,NO,NO!

↑〘 ここ、人差し指をワイパーのように左右に振りながら。 〙





どなたにも、似合う赤がありますし、

似合う黄色、似合うピンク、似合う青・・・・・・

そう、似合う虹があるのです!





淡くて優しい色合いがお似合いになる方は

ソフトな虹になりますし、

全体的にもっと温かみのある色合いが調和する方は

もっと温かみのある虹ができあがります。





虹色ワードローブを揃えておくと、

こうして毎日のコーディネートで『配色』遊びを楽しめるだけでなく、

その日の気分によって、

また、その日のシチュエーションによって色を選ぶ事ができます。





色を選ぶとき、自然とその時自分が求めている色を選んだり、

もしくは意識的に、色をコミュニケーションの道具として、表現の道具として選んだり。



真面目に見せたいのか

優しさを表現したいのか

元気な自分を映し出したいのか

大人しく控えめでいたいのか・・・・。



更に、色はそれぞれの波長(波長の長さの違いで色の違いがうまれます)、

換言すれば波動を持っているので、

身に着けた色と自分自身を一体化させて

その日合う相手、

身を置く場に、その、色の波動を伝達させる。



※例えば、活力が欲される場所に行く、

又、少し傷心がちなお年寄りを訪問する、

などのシチュエーション毎に、

色を波動として連れてゆく。





色の波動と意識的に一体化してというところまでいかなくとも、

(そこまで意識的にできたら、毎日がカラーヒーリング☆)



身に着けている色は、それ自体ひとりでにその波動を放っている。



なので逆に、

大切な場で、無意識のうちに適していない波動、

適していないコミュニケーションメッセージを放ってしまわないよう

色を知っておくことも必要かもしれない。





似合う色をに身に着けるということは、

それだけで自分自身と調和することだけれど、

その上級編として

ここまで色(身につける色)を使いこなせたら

それはもう、色が単なる色ではなくなってくるのです。







私自身、勿論そのすべてを意識的にしていますが、

衣服を身に着けるのは毎日の事なので

無意識のうちに、自動的にしてるともいえます。



又勿論そのどちらでもなく、

なんでもいいや、面倒だし。

と、そこにあるものを身につけるときだってあります。







いずれにしろ、

使いこなす程に面白くなってゆく、

深くなってゆく色たち。





知らないでも支障はないけれど、

知っていたらとっておお得かもしれない色たち。







少しでも多くの方々と、

この楽しみを、この効能を分かち合えるよう

私はここにいます。





皆さんが、色を存分に愉しまれますように!!☆☆☆


※この記事の元のブログ、
Blogger での『Colorful, joyful, peaceful life ]にも是非お越しくださいね☆






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2013.07.12 17:54:00
コメント(1) | コメントを書く
2012.03.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
この度、ブログをお引越しする事に致しました。



色は『好きな事』の延長で入った世界、

そしてセラピーは ”天に導かれるように”、

気が付けば、自分を癒すその浄化プロセスの快楽を、

周りの人たちともシェアしたいという想いから

お仕事と言う枠に含めて活動するようになっていました。



そう、いわばこれら、色、セラピーの領域は、

専門であり、お仕事と呼ぶものである一方で、

私の毎日の暮らしの一部だと言っても過言ではないと、常々想うのです。



こういった考えから、

プライベートブログとお仕事ブログを分けて書いている事に

自分の中で違和感が生じ、


この度重い腰を上げて、

二つのブログを統合した新しいブログへ移行する事に致しました。



こちらカラーウェルネスの過去の記事の幾つかは、

新ブログへそのまま移動したいとも思っているのですが

はたしてそれが可能かどうかは未開拓。



今後の展開は、自然の流れと私の心の声に任せてゆこうと思います。


これまで、過去のニュースレターを含め、こちらのブログをご購読下さっていた皆様、

本当にありがとうございます。

そして今後ともどうぞ、新しいブログを引き続きご愛顧頂けましたら

何より嬉しく感じます。


新しいブログのタイトルは、『Colorful, Joyful, Peaceful Life』。


タイトルどおり、

彩り豊かに、喜びに溢れ、穏やかで心がほっとするような暮らしが

皆様とともにありますようにお祈りしています。

ミッタークろみ

※新ブログはこちらです※

『Colorful, Joyful, Peaceful Life by Color Wellness』













楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2012.04.03 22:17:17
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
我が家のクリスマスデコレーション、2011年版の色をご紹介します♪



★まず始めに、白とゴールドでまとめたフロアの飾りから。

これは、白いリボンで大きなリースを吊り下げたエントランスの扉を開けた時、

最初に目に入ってくる色が

外の色と少なからずリンクされるようにと考えています。


SAM_0132.jpg



★次に、ダイニングルームではうって変わって『赤!』。

典型的なクリスマス色。

SAM_0174.jpg

やはり『赤』はパワフル。

これだけで

室内にクリスマスの雰囲気が漂いますものね。




★リビングルームには、

モーヴをメインに、グリーンのアクセントを効かせてみました。


SAM_0114.jpg

SAM_0108.jpg

SAM_0313.jpg


モーヴ、そして紫と黄緑の組み合わせは、

以前にとあるインテリアマガジン(ドイツの)で見て感銘を受けたもの。


バカラの女性プレジデントの方が(確かそうだと思いましたが、記憶は遠く・・・・)

テーブルコーディネートに用いていたのですが、

それが非常に大人ゴージャスな色あわせで、本当に素敵なものでした。


それ以後私の中で、ファッション、インテリア、ギフトの包み等など

各機会でアレンジに取り入れている『マイブーム』な色の組み合わせです。





★さて、ミルクティー×シュガー×シャンパン色をコンセプトにしている寝室はというと

その空間を邪魔しないようにシンプルな白で最小限の飾り付けをしています。

白いリースはそれ自体も売っていますが、

スノースプレーでペイントしてみました。


SAM_0165.jpg


SAM_9359.jpg




★キッチンには、シャビーシックなイメージの白と赤。

他の空間に比べてカジュアルな飾り付けをしています。


kitchen.jpg




『クリスマスのデコレーションといえば、赤と緑!!』という概念は

最近の流れで既に取り払われているかと思います。

街では青のクリスマスライトをはじめ、

白、ゴールドなど、様々な色が目を楽しませてくれています。



室内の飾りに於いても、

こうして空間毎にテーマカラーを変えてみるのもまた、

楽しい演出になるのではないでしょうか♪



こちらに載せ切れませんでした他の空間、

又、デコレーションの詳細写真の数々を

Face bookのアルバムにしています。

もし良かったら、こちらものぞかれてみてくださいね☆



皆様のクリスマスが、

どうぞ素敵で愉しいものになりますように♪♪♪







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011.12.22 22:51:26
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
秋の定番とも言えるミニかぼちゃと松ぼっくりで、

『オレンジ×茶色』のデコレーション。

この色合いが、ダイニングルームを温かい雰囲気にしてくれています。

falldecororange.jpg



こちらはフロアーとリビングルームのデコで、

テーマカラーは

『パープル×茶色』です。

falldecorwhonfloor.jpg

実を言うと、『熟したベリー色』を表現したつもりだったのですが、

ガラス器の色味が”熟しきっていない”感じなので(笑)

パープルとしてみました。



自然素材は全て、森で拾ってきたものたち。

息子が『森の”プレ幼稚園』に通い始めた事もあり、

自然、そして自然の色に触れる機会が今まで以上に増えています。



話はそれましたが、これらのデコレーションもそろそろ見納め。

ゆっくりと、

クリスマスに向けての飾り付けへ

移行する準備をしています。


※Face bookに載せた時に質問メッセージを頂いたので
ここに書いておきますが、

写真の中に見られる『色見本』のようなものは、
ドイツであれば「Baumarkt」系の所で手に入ります。

他の国であれば、DIY系のお店においてあるかもしれません☆







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011.11.15 22:35:19
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
神の国、バリ。

そこで見つけた・・・というより、
至る所で目に入ってきた色があります。


それは、『白と黒』


image.jpg


これら白と黒の格子柄の布は『ポレン』と呼ばれ、

神聖な場所やもの、
聖なる儀式、

そしてケチャック等の舞踊の際に男性の腰に巻き付けらる尊いものだとか。

image2.jpg


【白と黒が意味するもの】


バリヒンドゥーには、

世の中は、相対する二極のものが共存し、
バランスを取り合いながら成り立っているという
基本概念があるのだそう。

二極のものとは例えば

「生と死」、「光と闇」、「善と悪」、「昼と夜」等。



そしてこれらを象徴する【色】として、

【白と黒】という対の色が用いられているとの事。



この、対極を表す二極の色を身にまとう事は

『魔よけ』にもなり、又、『悪を締め出す』とも言われている様です。



他にも、バリヒンドゥーにおいて

【色】は様々な神様と結びつき、
それらは又、各方角自然とも結びついています。



白 : イスワラ神(太陽の神)/ 東 / 日の出

黒 : ウィヌス神(水の神) / 北 / 山

赤 : ブラマナ神(火の神) / 南 / 海

黄 : マハデワ神(土の神) / 西 / 日没




この4色は、下の写真の様にバリ舞踊の中でも随時見られる色。






balicolo.jpg



色のブログである此処では【色】を主体として記してみましたが、

つまりバリでは、 

どの方角にも神が居て、其々の色を持っており(音もあるそう)、

それらに従って生活、建築、ものの配置などがなされている


のだそうです。



こう聞くと、細部は異なるものの

”陰陽五行説”の思想に大変近いものを感じますよね。


やはり同じくアジアの地、

自然と共存し、そこに神をも見いだし尊ぶ姿は

古来から受け継がれてきた私たちの原点なのかもしれません。




こんな事をぼんやりと考えながら、
奥の深~いバリ島で、の~んびりと過ごしてきた休暇、

自然の色が一杯の旅行写真をこちらにまとめてあります。

どうぞご覧下さいね~!




そして又、バリ島に足を運ばれる際は、

目にされるでしょう【色】について、

その背景をちょっぴり思い出されてみてくださいね♪


あなたの旅が、また何倍も、興味深く楽しいものになりますように☆☆☆





◆おまけ◆

※私です↓笑

SAM_5427.jpg







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011.09.23 20:44:37
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
in.jpg

細部まで丁寧に色付けられた、
ヒンドゥー教の寺院。



今、街中暖かい色に溢れたインドに来ています。

indian.jpg




.
.
.
.

と云うのは, 真赤な嘘。笑




本当は、中国にいます。

china.jpg





って、もう、フェイント掛けはお仕舞いにしますね。苦笑



カンの良い方は、既に気付かれているかもしれません。

また、プライベートブログに於いては既にUP済みということもあって、
フェイントをかけている意味が自分でも良く分かりませんが....汗



そう、実際は此処、シンガポール !


sx.jpg

obst.jpg


早いもので、シンガポールでの暮らしも
1ヶ月が経とうとしている所です。


いつもの如く、『色』との出会いにアンテナを張って
カメラのファインダーをのぞいていますが、


ここシンガポールで特徴的に浮かび上がってくるのは、

何と言っても、『多様性』




多種多様な人種と共に、それぞれの宗教もが同時に共存し,

例えばチャイナタウンには、

当然仏教の寺院が幾つも建つそのすぐ近くに

冒頭にてご紹介したヒンドゥー教の寺院を始め、

キリスト教の教会や、

更には イスラムのモスクも建っているのが見られます。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

さて、これらが 象徴しているのは、一体どんな事でしょうか?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




それは、一言で言うと、『調和』




友人になったシンガポーリアンが、こう話してくれました。


「様々な人種と宗教が集っているの。全てが、調和の上に成り立ちながら。

そしてさらに加えると、それぞれが、お互いに尊重しあいながらね。」




「へえ、それって、とても素敵な事よね。」←私


「うん、それが、シンガポール。」




尊重の上にある、調和。

自分と異なるものを、尊重しながら受けいれる、自然体の姿勢。




ここは、 単なる人種の坩堝、国際都市という場所のみならず、

歴史の上に出きあがった、
深い懐を持つ都市国家と言えるかもしれません。



新しい地で楽しく浮き浮き暮らしながらも、
私は何か、とても大きなものを学んでいる様な気がしています。







☆おまけ☆

アラブ街にて、模様のついた壁で遊ぶ息子。

arab1.jpg




同じくアラブ街、カラフルな通りでカラフルな椅子に座る息子。

taiyositting.jpg







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011.06.08 17:07:27
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、今日はお知らせが二つあります。マル秘



◆まず一つ目は、ニュースレター配信停止について。


これまで、カラーウェルネスのニュースレターは、

欧州通信さんのシステムを通して配信させてた頂いてきました。


多くの方にご登録いただき、個人的にメッセージを頂いたり、

街や何かのイベントでお目にかかった時などに

「ニュースレター読んでます」とおっしゃってもらったり

(こんなにサボりがちな、拙いものなのに・・謝!)、



皆様に感謝すると同時に

欧州通信さんには本当にお世話になって来ました。きらきら



2008年には、欧州通信さん主催のサロンにて

 『おもてなし編』のゲストトークをはじめ、

 『お嫁に行っても女磨き』 という、魅力的なセミナーにて

講師をさせていただいた事もありました。ピンクハート


様々な方との出会いがあり、

それらの多くは又他のお仕事に繋がったりと、

私のドイツでの活動がぐんと広がっていったのも

欧州通信さんのお陰だといっても過言では無いほど。




ドイツ、ヨーロッパでの生活を潤いのあるものにする

ウィークリーニュースレターでは、

3年間に渡ってコラムを書かせて頂いてもいました。




しかしこの度、残念ながら

その『欧州通信』さんが閉鎖される事になったそうです。涙ぽろり


理由は、運営をしておられる会社の事業の展開を

他のベクトルへ集中させるため。


つまり、事業が好展開しておられるというポジティブな理由。グッド



私自身は正直とても残念に思っているものの、

そういった理由ですもの、

これからもどんどん応援してゆく気持ちで一杯です。



これまでニュースレターを読んで下さっていた皆様、

心から感謝しています。きらきら



実際、まぐまぐなどの他のシステムを利用して

配信を続ける方法もあるものの、


カラーウェルネスのニュースレターは、今回で配信を終了させて頂こうと思います。



今後はどうぞ、同内容でお読み頂けます

こちらのブログにて、

引き続きご愛好頂けましたら嬉しい限りです。



また、上述の過去のコラム

『色彩サプリメント』につきましては、


いつの日か(笑)リニューアルをしようと思いつつ放置されている(泣)

カラーウェルネスのメインウェブサイトに掲載をしてゆく意向です。


UPのご案内をさせて頂けるまで、長~い目でみてお待ちを~。ウィンク





◆2つ目のおしらせ、


実は明後日から、しばらくの間ドイツを 離れます。飛行機

まあ、しばらくとは言っても 2ヵ月のみですが。ウィンク



その期間につきましては、

カラー&イグループメージコンサルティン グ及びセラピーのご予約を

お休みをさせて頂きます。


ご希望の方は、恐れ入りますが

又8月過ぎにご連絡を頂けましたら光栄です。eメールダブルハート




行き先はといいますと・・・・・・


それは、次のブログで、現地からお伝えしま~す~!うっしっし
(ヒントは、常夏!晴れ)



それではこれから、
スーツケース詰めに集中します、、、。

皆様、次回まで、ごきげんよう~♪どきどきハート







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011.05.11 23:44:12
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
まずは、この度の東北震災にて被災された多くの方々へ
心よりお見舞い、そしてお悔やみを申し上げます。

海外に住む日本人の間では、故郷を思い、心を痛めながら
何か自分たちに出来ることは無いかと
大きなものから小さなものまで様々な活動が行われています。

ここ、ドイツWiesbadenに於いても先日3回に渡って
チャリティーコンサートが開かれました。

それはこの街に住む日本人音楽家たちが主催となって行われたものですが、
バッハやビバルディーという日本人に馴染みのある曲の演奏に加え、
ソプラノ歌手であるAさんの、懐かしき日本の唄の歌声に
思わず涙がこぼれてくる程感動的なものでした。


私はこのコンサートの間、しばし目を閉じて日本の事を思いつつ、
「この音楽が癒しの音となって日本の空に届きますように」
とお祈りをしていました。


被災された方の中には、普段は音楽に親しまれている方もいらっしゃる事でしょう。

弾きたくても弾けない、ましてはその様な状況ではない今現在、
不安や疲労やストレスを抱えたまま過ごされている人々の事を思うと、
本当に胸が苦しくなりました。


一ヶ月以上たった今でも、現状は様々な不安要素に包まれたまま。


復興を心から祈りながら、寝る前に『癒し』の光を想像しています。




癒しの色は、紫。

image.jpg



紫色を、癒しの光としてイメージしながら
それが被災地区に、そして日本全体にシャワーの様に降り注ぐように。
そして人々を包み込んで、安堵と平安が一刻も早く訪れるように。。。




いつの日か、この時期を『力』に変えて、
日本全体が活力に溢れた、同時に日本古来の質素で伝統深い魅力に溢れた国として
再建してゆける祈っています。





日本は、

日の昇る国。

闇の後には、いつでも光が待っています。


imaged.jpg

imagesun.jpg






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011.04.21 23:44:55
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
皆さん、どのようなクリスマスを過ごされましたか?♪

日本では既にお正月の飾りへと取り替え、
年越しの仕度に精を出されている頃かと思います。

こちらでは、クリスマスの飾りは1月の6日まで保たれ、
ツリーの回収もその日から一斉に行われます。

と言うことで、我が家の飾りも未だ健在。

ちょっと時期遅れにもなってしまいましたが
それら、我が家のクリスマスデコをご紹介いたします♪
(本当は、体調を崩していて記事をアップできませんでした~・汗)


今年は、ちび君のいたずらを考えて大きなツリーは買っていません。

ですのでちょこちょこと、飾れる場所にのみデコしてみました。

image.jpg

毎年恒例、暖炉の上のデコ。

xmas.jpg

詳細はこんな感じです。

「ボール、ボール。取って、取って。」とせがむ息子に、
「これは遊ぶボールじゃないのよ」と何度も言い聞かせているクリスマスボール(?)。

ベル型のガラスにぎっしり詰めて飾りました。

ランプの横には、プラスティックのミニツリーを。




xmas2.jpg

こちらはしっとりと落ち着いた色調で。

入り口の扉は、松ぼっくりのリースに白いリボンをかけただけのシンプルなデコ。

そのイメージを繰り返す如く、中に入ってすぐあるコンソールの上には
同じく白いリボンで飾り付けしたアドヴェントキャンドル。(アドヴェントクランツ)

シルバーの器の上に4本のキャンドルを置き、
隙間を松ぼっくりや胡桃などで埋めただけの超簡易版。


そして右上のものは、キッチンのキャビネット。
いつもかけているラベンダーのリースを単に、赤いりんごのものに換えただけ。
(ラベンダーバージョンは、次の機会にご紹介しますね♪)


と、どれも簡単なデコばかりではありますが、
今年はこんな感じでこじんまりとまとめました。


さてさて、数日後に日本へ飛んでしまうので、
この記事が今年最後のものとなります。


今年は、本当にスローペースでのお仕事でしたが、
お仕事を依頼して頂く度に

「今はこのペースが最適。そして、それでもお仕事をさせてもらってありがとう」

という気持ちに溢れていました。


こちらのブログで公に「お仕事再開」とお知らせする予定ではあったものの、

その前にポツポツと、友人、知人を通してのお客様で

私の手が一杯になってしまっていたのが現状です。


本当に、皆さんに支えてもらっている事への感謝の気持ちを

花束にして空に投げ、それがハラハラと舞って

おひとりおひとりの上に届けたい。

そんな思いで今、このブログを書いています。



早いもので、今年残された日はあと数日もありませんね。

信じられない・・・・汗



どうぞ、ハッピーな年越しをお過ごし下さい♪

そして来年も、皆様にとって素敵な年になりますように☆






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2010.12.29 03:42:01
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.03
IMGP29941.jpg

思わず「にくい!」と言ってしまう程の組み合わせ。

窓の色と車の色でカラーコーディネートなんて、洒落てますよね~。



IMGP31931.jpg

そしてこちらも
これまた私のツボにはまってしまった図。

教会の赤い屋根に合わせて・・・・って、おそらく合わせた訳ではないのでしょうが、
意図的なコーディネートと言ってもぴったりはまる
この男性の赤いシャツ。





ここは、ギリシャ、地中海のミコノス島。



前回のサントリーニ島で際立って美しかった『青』に比べ、
こちらミコノス島で目に入ったのは、教会の屋根の『赤色』でした。


そしてその赤をリピートするかの様に、
街中にも赤のアクセントが見られます。

IMGP30451.jpg



又、赤のみではなく
こ~んなにカラフルな扉だらけで
なんとも目を愉しませてくれる街でしょうか!

mosaic0c2b719e7b1a4c4425e79ea65ad38a810c5741b0.jpg


これら扉や手すりの豊かな色は
船の色からとられているとの事で、
船を見てみると・・・・・・

本当です!目が覚めるような色彩の船たち。

IMGP30241.jpg

IMGP30231.jpg



さて、『船の色で、扉の色を塗装する』


そう聞いた時に思い出したのは、新婚旅行で訪れたアルゼンチン、
ブエノスアイレスの中のラ・ボッカという地区です。

ラ・ボッカでは、船の余りのペンキがこんな風に使われていました。
ご覧下さい。


lrg_10505232.jpglrg_10505233.jpg

lrg_10505211.jpg


この様に、ラ・ボッカにおいては
一つの扉に多色使いをしている事や
扉のみではなく建物全体が様々な色で塗られているという点で
ミコノスとの違いが見られます。

船の色が街に使用されているこれら二つの街ですが、
比較してみると、

ラ・ボッカの色彩は無秩序とさえいえる程自由で遊び心があるのに対し、

今回のミコノスは調和に溢れ、まとまりのある感じ。
それはやはり、ベースとなっている漆喰の白がものを言っているのでしょう。

IMGP3311.jpg

そこには、誰が見ても心地良いと感じるであろうバランスが保たれています。



◆これ、インテリアでも使えますね~♪◆

白やナチュラルカラーでベースを作り、大きな面積を占めさせておいて
カラフルな色使いをアクセントに持ってくる。
空間が、うるさくならまさにミコノスの街のテクニック♪


と、まあ、ミコノスから離れて話があちこちに飛んでしまいましたが、
この辺りで最後の締めを・笑



ミコノスの、調和のとれた豊かな色たちは、
地中海の色は『青と白』という先入観を持ってしまっていた私にとって
良い意味での裏切りとでも言いましょうか、
更に心を弾ませてくれるものでありました。


良かったら、引き続きミコノスの写真旅行記もご覧下さいね☆

ここでご紹介できなかった他の沢山の色、
子供たちの色なども載せています♪

ミコノス写真旅行記Part1
ミコノス写真旅行記Part2


それでは皆さん、ごきげんよう~♪








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2010.12.13 23:06:46
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全128件 (128件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.