000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

コルピソス所長のブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


piso60さん

仕事も生活も

フォローする

Calendar

Favorite Blog

台風北上中 New! 鵄杏さん

坐漁荘の畳 株式会社 新海畳店さん

久慈川サケ有効利用… h_t00164さん

娘の学費捻出の為に… Procちゃんさん
昭和懐古ちゃん 昭和懐古ちゃんさん

Comments

piso60@ Re:アドバスお願い(08/13) コシロさん >退職のメール お疲れ様です…
piso60@ Re:日章旗はあかんでしょ。(08/16) コシロさん >今さら、なんで日章旗を掲げ…
コシロ@ アドバスお願い 退職のメールも送ったと思うけど、資金が…

Freepage List

Headline News

2012年06月10日
XML
テーマ:住宅コラム(1204)
カテゴリ:スローライフ

京都の龍安寺の蹲に彫られた

吾唯足知(われ ただ たるを しる)

「次から次へと欲望を膨らませず、満足する事を知る事が大切です。」

寺は違いますが 

通し矢で有名な三十三間堂で、色紙を買ってきました。

吾唯足知.JPG

 この文字は 

「江戸に学ぶエコ生活術」で紹介されているが、

江戸後期、究極に発展した循環型生活を完成せしめた、

この国の人々の精神態度を的確に表現している。

・水田は連作障害を起こさず、先人の努力による灌漑設備は、現在でも使用し、米を生産可能にさせた。糞尿は買い取り、欧米の都市のように汚さず、米増産の手助けをしている。

・牛肉を食糧とするには、たくさんの飼料を家畜に食べさせ消費する。その飼料トウモロコシや大豆、草などを直接食べたほうが、多くの人々を食わせていける。

・衛生も貧しいながらも協力して、保持している。貧しくとも、手洗用の手水鉢はある。都会では、銭湯がある。農村では、共同で風呂を沸かし入る。夏など、盥に水を溜め、太陽熱で暖まった夕方、行水をする。少し温め、湯としても使う。

・ なんでも、徹底的に使い、修理し、とうとう壊れたら、別の物へ、再利用する。釜は修理い出来なくなったら、鎌や鋤へ、衣類は縫い直し、継ぎ接ぎする。その後、雑巾、最後は竈の焚付とする。

・協力しあい、助け合って生きていく。山林の利用や採取活動、灌漑システムの維持や利用はムラで取りきめ、守る。「結」と呼ばれる共同作業は屋根葺きや田植えで行われ、「労働」という対価で貸し借りをする。

 

地球が許容する、再生可能なエネルギー以上に使い、温暖化する現在は人間のエゴの象徴だと思う。

少ないエネギーで快適に暮らす家造りは大切であるが、エネルギーの総量も減らしたい。大きな家で大きな窓から、エネルギーを損失するのはいかがなモノか?

これからは、身の丈にあった、エネルギーを消費するのがクール(カッコイイ)だと思う。 

 

龍安寺 

http://www.ryoanji.jp/

江戸本.JPG 

江戸に学ぶエコ生活術 [単行本]

アズビー・ブラウン (著), 幾島 幸子 (翻訳)

 







Last updated  2013年10月06日 14時49分48秒
コメント(0) | コメントを書く
[スローライフ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.